兄弟 安達祐実に関するニュース

伊東潤×高島礼子「歴史を動かした女たち」

文春オンライン / 2017年07月03日17時00分

この作品では、政子を主人公に夫婦の絆、親子の絆、兄弟の絆など、様々な絆を描こうとしました。実は、『極道の妻たち』に出演されていた高島さんの姿が、執筆中に度々浮かんできたんですよ。というのも、『地獄の道づれ』(2001年)では、組長の夫が陰謀で服役している最中、高島さんの演じる姉御は組を守るために自ら組長の代理になるじゃないですか。それが政子の姿に重なってし [全文を読む]

安達祐実「歩けない…」最愛の祖母が自宅介護生活の悲痛!

WEB女性自身 / 2015年06月09日00時00分

1階にキヨさん、2階に有里さんや祐実の兄弟たちが住むことで、介護しやすい態勢を整えている。キヨさんが外出する際は車いすが手放せず、食事の用意や入浴の介助、着替えの手伝いなど、負担は増えていく。有里さんも苦労しているはずだが、彼女は笑顔でこう答えた。「大変だとは思いません。スケジュールは私に合わせてもらっていますし、食事も作り置きしたものや買ってきたものも出 [全文を読む]

鈴木梨央はじめ注目株が続々 新たに“子役ブーム”が訪れるか!?

日本タレント名鑑 / 2016年04月21日10時55分

この作品には、かつて"子ども店長"として一世を風靡した加藤清史郎くんも出演するほか"子役オールスター"と銘打ち4兄弟の共演が話題になっています。 さて、芦田愛菜さんの活躍で子役ブームが巻き起こったのが2011年頃。鈴木福くん、谷花音さん、小林星蘭さん、本田望結さんら次々と人気子役が登場しました。 それから約5年。上記の5人はいずれも小学6年生になりましたが [全文を読む]

独自路線!紅白の裏でテレビ東京が放送していた番組(平成3年~5年編)

しらべぇ / 2014年12月23日18時00分

■平成3年 『第42回NHK紅白歌合戦』(司会:紅組=浅野ゆう子、白組=堺正章 総合司会=山川静夫アナウンサー) 人気絶頂だった若貴兄弟(←弟が兄のことを“まさる氏”と言ってない頃)の開会宣言でスタート。初出場のとんねるずはパンツ1枚で『情けねぇ』を熱唱。最後に後ろを振り向くと背中に『受信料を払おう』とボディーペイントがされていた。(視聴率:1部=34. [全文を読む]

戦艦大和17歳の乗組員が故郷の母に別れを告げる場面を再現

NEWSポストセブン / 2012年05月01日07時00分

兄弟がおっても、私にぴったりくっついたままでした」 その晩、戸田の大好きなお汁粉を母は出してくれた。 「砂糖のないあの時代に、どっかで調達したんだと思います。こんなに子供のことを見とるんかなあと思ってねえ。妹に聞いたら、おふくろは、お百度を踏んどる、と。朝、この寒い日にも、氏神さまの鳥居から拝殿まで、百回もまわるんだそうです、毎日、毎日……。それを聞いて、 [全文を読む]

フォーカス