子役時代 安達祐実に関するニュース

安達祐実、久々のドラマ復帰に「可愛すぎる」の声が殺到! “狂気の母“役でさすがの演技力も発揮

メンズサイゾー / 2016年11月25日18時05分

「いまだに子役時代のイメージが残っている視聴者も多いのですが、2014年公開の主演映画『花宵道中』では花魁役で初のオールヌードの過激な濡れ場に挑戦。さらに連続ドラマ『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』(TBS系)で不倫に溺れるセレブ妻を演じるなど、かつてのイメージを払拭するセクシー路線に体当たりで挑んでいく女優魂を見せています。また、昨年放送されたドラマ『 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松岡充、安達祐実と扱いの違いに動揺 辻仁成監督に「ちょっと待ってください!」

TechinsightJapan / 2017年05月17日16時17分

安達祐実は子役時代から知られるベテラン女優だが、松岡充もドラマや映画、舞台で俳優として活躍するだけに辻監督の言葉には黙っていられなかったのだろう。ただ、辻仁成は彼と同じくミュージシャンなのでお互いに軽いノリでやりとりしたのかもしれない。 ちなみに本作の見どころを問われて辻監督は「醍醐味は“坂上忍”ですよ」「坂上忍が全部かっさらいますから安達祐実とのベッド [全文を読む]

いくつになっても可愛い!『安達祐実』のスタンプがついにLINEクリエイターズで配信開始!!

DreamNews / 2016年09月02日17時00分

日常で使えるスタンプから子役時代のあの名場面、人気CMからのひとコマ、また最近出演した映画のワンシーンまで幅広くご用意しております。 是非この機会にご利用下さい。 《商品概要》 ■商品名 安達祐実 ■販売開始日 2016年9月2日 ■コンテンツ概要 1セット40種類 ■購入方法 ○アプリ「LINE」から購入[価格:50LINEコイン] スタンプショップにて [全文を読む]

童顔の中にエロスを漂わす安達祐実、14歳の花魁姿に驚きと絶賛の声!

メンズサイゾー / 2015年10月31日15時00分

私生活においては、結婚・出産・離婚・再婚と、さまざまな経験を積んでいるが、いまだに子役時代を思い出す人も多いことだろう。それだけ、安達が12歳のころに主演を務めた連続ドラマ『家なき子』(日本テレビ系)が大ヒットしたワケだが、女優として考えた場合、子役時代のイメージは"呪縛"にもなりかねない。しかし、安達はその偏ったイメージを存分に生かしているようだ。 今月 [全文を読む]

ヌード披露の安達祐実 「子役」イメージからの脱皮に葛藤抱えた

NEWSポストセブン / 2014年09月11日07時00分

子役時代のイメージに捉われないで私を見てもらうにはどうしたらいいかと、ずっとジレンマを抱えてきたんです」 ドラマ『家なき子』で「同情するなら金をくれ」の名セリフを発したのは12才の時。それから多くの役を演じたが、その強烈な“子役”のイメージを拭い去ることができずにいた。 2005年に結婚し、翌年に長女を出産。2009年には離婚も経験したが、大人の女としての [全文を読む]

安達祐実、驚きのすっぴん美肌の秘訣明かす

モデルプレス / 2017年09月13日19時35分

小学生の頃からメイクをしていたという安達は「役的にも泥だらけとかが多かったので、落とすのにも肌をこすったりして、負担をかけていたと思います」と子役時代の苦悩を吐露。 「仕事によってはクレンジングがないと落ちないメイクをすることがあるんですけど、そうじゃないときは、なるべくクレンジングなしで落ちるメイクを心がけていたら、(肌の状態が)本当に変わってきてビッ [全文を読む]

安達祐実、生々しいセクシーショットで話題に...オフィシャルサイトは“お宝写真館“!?

メンズサイゾー / 2016年06月29日10時00分

「いまだに子役時代のイメージで語られることもある安達さんですが、14年公開の『花宵道中』で約20年ぶりに映画主演を果たした際には、花魁を演じて初のオールヌードを披露し、過激な濡れ場に挑戦した。その後、連続ドラマ『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』(TBS系)で不倫に溺れるセレブ妻を演じたり、NHKの時代劇『吉原裏同心』で再び花魁役に挑んだりするなど、セク [全文を読む]

あの美女たちの「まさかの艶シーン」大全(2)<清純派の一大決心>安達祐実は映画「花宵道中」で…

アサ芸プラス / 2017年09月20日17時57分

子役時代からの成長を日本中が見守ったのは安達祐実(35)だが、本格的な脱皮となったのが「花宵道中」(14年、東京テアトル)である。安達は、江戸・吉原の遊女に扮し、客に抱かれるシーンで何度となく全裸を披露。「‥‥見ないでくださいまし!」 ほれた男の目の前で、お大尽に着物の裾をまくり上げられ“孔雀スタイル”で貫かれる。さらに、柔軟で形のいい乳房をわしづかみに [全文を読む]

女囚セブンで食い逃げ犯演じる安達祐実「私自身は真逆です」

NEWSポストセブン / 2017年05月03日07時00分

ほかの演者は殺人罪とか大きな十字架を背負っているのに、その罪でいいのかな?って」 子役時代から現在まで数多くの役柄を演じてきたが、新しい作品と出合うときはいつも新鮮な気持ちだという安達。 「奈津は刑務所内の情報通でもあるんですけど、私自身は真逆。みんなが知ってることなのに“え、そうだったの?”ということが多くて。演じながら、情報の集め方を学習しています(笑 [全文を読む]

美山加恋、元天才子役の「美人化」に驚愕する人が続出! 20歳の誕生日に開始したインスタが好評

メンズサイゾー / 2016年12月13日18時00分

これにネット上のファンからは「加恋ちゃんがもう20歳!? めっちゃ美人になってる」「子役時代のイメージが強いから大人の女性になってるの衝撃」「やっぱり美人さんになったなあ」「面影はあるのに昔より可愛くなっててビックリした」などと、時の流れの早さを感じながらも美人に成長したことを称賛する声が数多く寄せられた。 一部のネット掲示板では人気子役が成長すると「劣 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安達祐実、一夜にしてロングヘアに 息子に分かってもらえず「さみしすぎる!」

TechinsightJapan / 2016年10月06日10時04分

子役時代の大ヒットドラマ『家なき子』にもみられるように、以前はロングヘアのイメージが強かった安達。しかし今年に入り第2子を妊娠して初めてのショートヘアにチャレンジ、現在はショートボブが定着している。 写真では、パーマがかったロングヘアでこちらを見つめる安達の姿が写っている。普段の健康的な美しさとは異なりどこかミステリアスな雰囲気を漂わせており、フォロワー [全文を読む]

安達祐実、吉岡秀隆...「天才子役」と呼ばれた俳優たちの、正しい成長の仕方とは?

tocana / 2015年10月12日10時30分

子役時代に染みついたイメージについて吉岡はどう思っていたのだろう。2014年7月6日放送のトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)で吉岡はこんな風に明かしている。 「脱げないじゃない、着ぐるみだったらいいけど。それを無くすためには辞めるしかないかなぁ、と。それで辞めようと思ったときに黒澤監督のオーディション(映画『八月の狂詩曲』/1991年)の誘いがあ [全文を読む]

再婚・安達祐実の不可解な暗部 ヌードやAV出演の母との確執の“真相”

Business Journal / 2015年01月19日23時00分

憎しみ合っているわけではないですが、ビジネス上は距離をとっておくほうがいいという祐実サイドの判断なのです」 祐実の子役時代の活躍は有里のお陰といわれてきたが、祐実自身も仕事に対してシビアだ。初めてのヌードを披露した映画『花宵道中』のPRをかねた女性限定の舞台あいさつの際には、出産のために人生で初めて長期間仕事を休んだことを振り返り、「私の場合は出産後、うま [全文を読む]

何年たってもカワイイまま! "童顔美人"芸能人ランキング

NewsCafe / 2014年12月01日12時00分

そして約2割の票を獲得しての2位には、子役時代から顔の作りが変わらない安達祐実がランクインしている。その他にも「八千草薫さん。現在83歳。若々しいというよりかわいらしい方。しかもお美しい」「千秋さん。どう見てもお子さんのいるママには見えないです…」「今井美樹は50代に見えない」「YUKIでしょ。元JUDY AND MARYの」「吉永小百合! 年相応に見えな [全文を読む]

安達祐実はなぜフルヌード&大胆濡れ場に挑戦したのか?

tocana / 2014年11月09日14時00分

しかし子役時代のイメージが強すぎるためか、脇役を演ずることが多く、あまり目立っていないのが実情です」(芸能記者) 『週刊文春』(文藝春秋/11月13日号)でも、芸能レポーターの石川敏男氏が「大人の女優へ脱皮するためのヌードだったのでしょう。私はこの映画を機に女優としてブレイクすると思いますよ」と語っているように、映画で"脱ぐ"ことで、再ブレイクにつながる女 [全文を読む]

脱『家なき子』なるか...安達祐実、主演映画で全裸&過激濡れ場を見せたワケ

メンズサイゾー / 2014年09月06日15時00分

安達といえば、往年の名ドラマ『家なき子』(日本テレビ系)などの子役時代のイメージが強く、大人になってから伸び悩んでいたのは本人も周囲も認めるところ。結婚や出産、さらには離婚を経た現在も世間のイメージはあまり変わっていない。 だからこそ、そのイメージから脱皮するためにオールヌードと過激な濡れ場に挑んだというわけだ。「安達ほどのネームバリューがあり、なおかつ [全文を読む]

安達祐実、フルヌードに初挑戦「体を張って頑張りました」

WEB女性自身 / 2014年09月02日23時00分

「長年、子役時代のイメージを引きずって人生の大半を過ごしてきたので、そろそろそれを壊して次のステップに進みたいと思った」と安達。「体を張って頑張ってみました。スタッフさんがたくさんいたので、緊張したり恥ずかしくなったりしました」と振り返るも、豊島監督は「芝居が上手な人は濡れ場も上手ですね」と絶賛していた。(撮影/江口明裕) [全文を読む]

子役出身の福原遥が素直に成長、トマトづくし料理堪能 〈Kinki kidsのブンブブーン!〉(フジテレビ系)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年08月23日12時00分

子役出身といえば、ひと昔前は、坂上忍や杉田かおるのような、可愛かった子役時代の面影はどこへやら、かなり強烈な鼻持ちならないオトナに成長し、キャラ勝負のタレントになった例が多いが、近頃はそのままのイメージを保ちつつ、素敵な俳優に成長した例が少なくない。安達祐実や濵田岳、柳楽優弥、神木隆之介......。今春、名門中学に入学した芦田愛菜も将来が楽しみだし、福 [全文を読む]

こんな友達ほしかった! 映画に登場する子供の素晴らしき友達まとめ

GIZMODO / 2017年08月13日12時16分

邦画なら子役時代の安達祐実がティラノサウルスと友情を育む『REX 恐竜物語』も外せませんね。なにせ、2002年に『ロード・オブ・ザ・リング』が公開されるまで松竹の歴代興行収入1位だった作品ですし。 さて、みなさんの憧れた友情は入っていましたか? Image & Video: Burger Fiction / YouTubeSource: Youtube [全文を読む]

高校生タレント・青木珠菜の「学業を理由に引退」はホント!? 子役たちの“学業専念”遍歴

日刊サイゾー / 2016年10月31日21時00分

いずれも個人で活躍していたので、芸能界の裏事情や、他の芸能人との確執といったものが関係しているとは、まず考えられません」(同) 芸能界のジンクスとして子役時代に人気を博した人間はその後、芸能界で大成しないといわれる。12歳の時、『家なき子』(日本テレビ系)で一世を風靡したあの安達祐実ですら、一時期は女優として伸び悩んでいたのはよく知られている。子どもであっ [全文を読む]

フォーカス