手数料 マネックス証券に関するニュース

2013 年9 月23 日(月)より米国株取引手数料を改定

PR TIMES / 2013年08月26日17時56分

~最低手数料 5.25 米ドルより~マネックス証券株式会社(以下、「マネックス証券」)は、2013 年9 月23 日(月)(米国東部標準日付ベース、以下同様)約定分の取引より、米国株式の国内取引手数料(以下、「米国株取引手数料」)を改定いたしますので、お知らせいたします。現行の手数料体系では、前月の取引回数(約定回数)により当月の手数料が決まっていましたが [全文を読む]

株式取引手数料大幅引き下げのお知らせ~ 11月21日(月)より手数料・信用買方金利とも業界最低水準 ~

@Press / 2016年11月18日16時00分

)は、当社のオンライントレードサービスである、「むさし証券トレジャーネット」において、2016年11月21日(月)より、日本国内株式の取引手数料を大幅に引き下げることといたしましたので、お知らせいたします。なお、この手数料引き下げは2016年11月21日(月)より適用いたします。トレジャーネット手数料の引き下げは、1注文の約定代金600万円までの約定金額別 [全文を読む]

投資信託の最低購入金額引き下げのお知らせ ~投資信託の購入・積立がワンコインで!100円から購入可能に~

PR TIMES / 2017年06月21日09時00分

マネックス証券はこれまでも、個人投資家の中長期的資産形成をサポートするため、NISAへの取り組みをはじめ、ロボ・アドバイザーを活用した少額・低コストのラップサービス「マネラップ」の提供や販売手数料が無料のノーロード投資信託の取扱い本数の大幅拡充などに注力してまいりました。 今般、投資信託の最低購入金額を引き下げることで、これから資産形成を目指す若年層や子 [全文を読む]

「米国株をプレゼント!?」キャンペーン実施のお知らせ

PR TIMES / 2014年02月03日18時46分

キャンペーンエントリー期間2014年2月3日(月)~3月31日(月)米国株買付期間2014年4月1日(火)~4月30日(水)注1)2014年2月3日(月)~3月31日(月)(約定日ベース)の日本株の株式売買手数料の合計が2万円以上の方が対象です。注2)2014年4月1日(火)~4月30日(水)(現地約定日ベース)の初回の米国株のお買付に関して、一株分の買付 [全文を読む]

おかげさまで17周年&200万口座突破 大手ネット証券最低水準の新手数料はじまる!

PR TIMES / 2016年03月22日11時44分

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、2016年5月2日(月)約定分より、国内株式手数料「超割コース」の手数料体系を改定し、国内株式取引手数料を20%~59%値下げします。さらに、国内株式や海外株式等の取引手数料の1%をポイントバックします。また、取引が大きいお客様や貸株・投資信託の残高が大きいお客様向けの [全文を読む]

「マネックス・マーケットステーション」パワーアップ版リリースのお知らせ ~スピーディな発注操作や他ツールとの登録銘柄共有が可能に~

PR TIMES / 2014年07月22日09時23分

手数料等(税抜)>国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100 万円以下のときは、成行で最大1,000 円、指値で最大1,500 円が、約定金額100 万円超のときは、成行で約定金額の0.1%、指値で約定金額の0.15%を乗じた額がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300 万円ごとに最大2,500 [全文を読む]

米国 ETF 手数料実質無料プログラム「ゼロETF」の提供開始について~米国 ETF で実現する安定的な資産形成を~

PR TIMES / 2017年02月27日09時19分

マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、本日、2017 年2 月27 日(月)(現地約定日ベース)より、国内ではじめて米国ETF の株式売買委託手数料を実質無料とする「米国ETF 売買手数料実質無料プログラム(以下「ゼロETF」)」の提供を開始しますのでお知らせいたします。 「ゼロ ETF」のサービス提供にあたり、米国ETF 業界で配当加重型E [全文を読む]

“NISA利用率No.1を達成” 2015年もNISA口座の国内株式売買手数料が0円!

PR TIMES / 2014年09月12日16時30分

海外ETFの買付手数料も実質無料に 楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都品川区、以下「楽天証券」)は、2014年に引き続き、2015年中のNISA口座内の国内株式売買手数料を無料にします。同様に、海外ETF(米国・中国・シンガポール)の買付時の取引手数料を全額キャッシュバックします。 楽天証券のNISA口座では、2014年の国内株式売買 [全文を読む]

他社からの米国株式およびETF の移管サービス開始のお知らせ ~マネックス証券への移管(入庫)にかかる当社手数料は無料~

PR TIMES / 2013年01月04日15時30分

記1.米国株式およびETF の移管サービスの概要移管(入庫)対象銘柄:マネックス証券での取扱い銘柄のみ移管手数料(振替手数料):移管手続き(入庫): コールセンターにお電話いただき、必要書類(「外国証券証券会社間移管申込書」)をご請求後、必要事項をご記入、ご捺印のうえ、確認書類を添付してマネックス証券へご返送ください。移管元の金融機関とマネックス証券との [全文を読む]

個人型確定拠出年金(iDeCo) 運営管理手数料を完全無料に 幅広い選択肢を取り揃えた商品ラインアップを決定

PR TIMES / 2017年09月12日16時11分

9月30日(土)より申込受付開始予定 マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:勝屋敏彦、以下「マネックス証券」)は、2017 年9月30日(土)より申込受付開始予定の個人型確定拠出年金(以下「iDeCo」)につきまして運営管理手数料と商品ラインアップを決定しましたのでお知らせいたします。■マネックス証券の運営管理手数料は「完全無料」お客様 [全文を読む]

2017年7月31日(月)より主要オンライン証券最安水準へ!中国株取引手数料引き下げのお知らせ

PR TIMES / 2017年07月14日15時00分

~あわせて取引手数料が実質無料になる入庫キャンペーンを実施中~ マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:勝屋敏彦、以下「マネックス証券」)は、2017年7月31日(月)(予定)より、中国株取引の国内取引手数料を約定金額(香港ドル)の0.25%に引き下げ、手数料に上限を設けることを決定しましたので、お知らせいたします。加えて、現地諸経費を原 [全文を読む]

NISA 口座およびジュニアNISA 口座における株式手数料の恒久的な実質無料化のお知らせ

PR TIMES / 2015年11月16日15時26分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5159/131/resize/d5159-131-554484-1.jpg ]マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、NISA 口座およびジュニアNISA口座における国内株式の売買手数料および外国株式の買付時手数料について、2016 年1 月4 日(受渡日ベース)以降、現行制度下において恒久 [全文を読む]

2015年5月25日(月)の初取引日から「日経225 Weeklyオプション」取引サービス開始

PR TIMES / 2015年04月03日17時29分

業界最低水準の手数料・スマホアプリにも対応 楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都品川区、以下「楽天証券」)は、2015年5月25日(月)に、大阪取引所にて取引初日を迎える予定の日経平均オプション取引の「Weeklyオプション」につきまして、同日より「日経225Weeklyオプション」取引として、サービスを開始することをお知らせいたします [全文を読む]

NISA 取扱い全商品買付時手数料全額キャッシュバック ~ 2015 年から対象商品に株式等が加わります ~

PR TIMES / 2014年08月18日15時19分

マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、2015 年分よりNISA 口座でお取引いただける全商品について買付時手数料を全額キャッシュバックいたしますので、お知らせいたします。 マネックス証券では 2014 年末まで、NISA 口座における国内公募株式投資信託の購入時手数料及び米国ETF の買付時国内取引手数料の全額キャッシュバックを実施中です。 [全文を読む]

松本大著書発売のお知らせ:「世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由」

PR TIMES / 2013年11月28日17時43分

)■ 「米国株スーパーフェスタ」についてマネックス証券は、ちょうど1 年前の2012 年11 月28 日より、グループ会社である米国オンライン証券、TradeStation Securities, Inc.およびTradeStation Technologies, Inc.が開発した米国株取引システムを導入し、現在、◎オンライン取引では国内証券最多(注1) [全文を読む]

大手オンライン証券初、米国株取引で特定口座の利用が可能に

PR TIMES / 2013年11月15日15時23分

マネックス証券は、2012年11月28日より、グループ会社である米国オンライン証券、TradeStation Securities, Inc.およびTradeStation Technologies, Inc.が開発した米国株取引システムを導入し、オンライン取引では国内証券(注2)最多の取扱銘柄数、国内証券初の時間外取引対応、国内証券最安水準の手数料体系 [全文を読む]

「お客様本位の業務運営に関する方針」の宣言について

PR TIMES / 2017年06月22日15時00分

マネックス証券は、日本において株式委託手数料が完全自由化された1999年に営業を開始してから今日まで、常に日本の個人投資家に最善・最良の金融サービスを提供することに努めてまいりました。 具体的な取り組みとして、以下をはじめとした、個人投資家の利益を考えた商品・サービスを率先して数多く導入・提供してまいりました。 ・販売手数料無料(ノーロード)の投資信託 [全文を読む]

Yahoo!ファイナンスの米国株情報ページに初心者向けコンテンツ「はじめての米国株」を提供~あわせて外国株取引口座開設キャンペーンを実施します~

PR TIMES / 2015年08月03日10時45分

URL: http://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/■マネックス証券提供の「はじめての米国株」についてマネックス証券は、親会社であるマネックスグループ株式会社が2011 年に米TradeStation社を買収して以来、米国株取引サービスについて、業界最安水準の手数料や3,000 超の取扱銘柄数、主要オンライン証券初の特定口座 [全文を読む]

主要オンライン証券初!投信積立の手数料が実質無料に 「ゼロ投信つみたて」開始のお知らせ

PR TIMES / 2017年09月12日16時11分

~投資信託の積立買付にかかる申込手数料を恒久的に実質無料に~ マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:勝屋敏彦、以下「マネックス証券」)は、2017 年9月1日(金)積立買付分(約定日ベース)より、投資信託の積立買付にかかる申込手数料を恒久的に実質無料とする「ゼロ投信つみたて」プログラムを開始しますのでお知らせいたします。 投資信託の積立 [全文を読む]

株式投資も、日本を飛び出し米国へ。~粋だと思うよ、アメリカ株。~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年04月11日09時00分

インターネットバンキングに対応する銀行口座から入金すれば、ほとんどの場合、入金手数料は不要です。 米ドルを購入(※日本円決済非対応の場合) 当然ですが、アメリカ株は、現地通貨であるUSドルでしか購入できません。 ですので、証券会社が日本円決済に対応していない場合は、入金した日本円をUSドルに両替する必要があって、それは証券会社の外国株口座の管理画面から実 [全文を読む]

フォーカス