ラップ 桐谷健太に関するニュース

桐谷健太「目標は作らないようにしています」

anan NEWS / 2016年09月21日22時00分

映画『BECK』のラッパー役の時は、最初、ラップはアテレコでやるって言われたんやけど、ラップのシーンだけ俺の声が急に変わっても興ざめですよね。だから監督と原作のハロルド作石さんに、俺のラップを録画したビデオレターを送りました。それで2人に認めてもらって、劇中のシーンのリリック(詞)も自分で書いて歌ったり。それらは全力で遊び心を持ってやったからこそ、次につな [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】長瀬智也、フリースタイルラップで桐谷健太を地獄へ落とす!?

TechinsightJapan / 2016年01月13日21時16分

その後、感想をキャストが述べていく中、桐谷のコメント終わりに長瀬がまたもや横からリズムを取り出しフリースタイルラップを披露。それに韻を踏んで応えた桐谷は「ほんまの鬼や!」と叫び、「健太はギリギリになると輝く男なんです!」と満面の笑みで答えた長瀬に拍手が送られた。 イベントには宮藤官九郎監督のもと、尾野真千子、森川葵、清野菜名も登壇し、長瀬智也と桐谷健太の [全文を読む]

桐谷健太、初のアルバム発売日にLINE LIVEで生ライブ配信! “あの大ヒットCM曲”を唄う!?

Entame Plex / 2016年09月25日10時27分

過去、出演映画やCMでドラムやラップ・ボーカル、パワフルな歌声に三線など、演技だけでなく多彩な音楽の才能を披露してきた桐谷だけに、初のアルバムにも注目だ。 生ライブでは、あの「海の声」が披露されるのか……、乞うご期待! [全文を読む]

海辺でサザンとTUBEにもう1曲……ならコレ!

okmusic UP's / 2016年07月14日18時00分

ケンタッキー社のCMでは軽妙なラップも披露、バンド活動も行い、今秋にはアルバム『香音-KANON-』をリリース予定。桐谷さんの音楽への愛もまた、海のように深いのです。(選曲・文:石井由紀子) https://www.youtube.com/watch?v=-zQWavER7to■2.「YURAMEKI SUMMER」/KEYTALK●今時の海辺の夏祭りとい [全文を読む]

桐谷健太、長瀬智也の鬼指令に「長瀬君はむちゃくちゃ」

Smartザテレビジョン / 2016年06月21日17時27分

続く神木は「けん兄(桐谷)が、頻繁に長瀬さんから即興ラップをむちゃぶりされていたのが、面白かったです」と語り、桐谷も「基本、長瀬君はむちゃくちゃですからね! 焼き肉食べながらもよくむちゃぶりされてましたし! 普通に食べさせてくれよ…」とぼやく。 [全文を読む]

「本能で決めた」桐谷健太の結婚報告ブログが気持ち悪い!!

messy / 2014年04月03日16時30分

俳優として、コミカルで破天荒な役柄から隙のないクールなキャラクターまでこなす幅広い演技力に定評があり、映画『BECK』でラッパー役を務めた際には製作陣に直訴の末、ラップ部分を吹き替えなしで敢行する等、演技に情熱を注ぐことで知られる桐谷。そんな彼ならではのアツい結婚報告とも言えるが、昨年末に急接近からの年内出産というスピードデキ婚に加え、「(結婚を)決めた [全文を読む]

脳内リピートが止まらない! 気になるCMソング5選

okmusic UP's / 2017年02月20日18時00分

ポップスの域で勝負した歌とラップ、TeddyLoidによるパンチの効いたダンスミュージックが、ダイスキを貫くパワーとなり、若者の背中を強く押してくれるはず。完成度がとても高いので、フルで聴いてノックアウトされてほしい曲です!■3.「STAY TUNE」('16)/Suchmos今もっともホットなCMソングといえば、Suchmosの「STAY TUNE」。一 [全文を読む]

FTISLAND、CNBLUEら大集結、4度目のFNC KINGDOM開催、5時間の大熱演!

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年12月13日11時53分

ヨンファは「Mileage」のラップパートにヨンビン、チャニを迎え、さらに「3人で猛練習した」というフォーメーションダンスまで披露。さらに、FTISLANDのジョンフンが初のKINGDOMソロステージに挑戦。ファンミーティングで大ウケした浦島太郎(桐谷健太)の「海の声」を三線を持ちながら感情を込めて歌う彼の貴重なステージにファンも大満足の様子だった。ヘッド [全文を読む]

及川光博もホメようがない!?桐谷健太の音楽活動は「遊助を彷彿とさせる」

アサジョ / 2016年10月12日09時59分

映画『ソラニン』でのドラムや『BECK』でのラップなど、役の中で音楽をやるぶんには熱さも伝わってきていいのですが、音楽番組では前後に出演した歌手たちとどうしても比べられてしまい、ガッカリさせられてしまうんです」 10月からは月9ドラマ「カインとアベル」(フジテレビ系)に出演する桐谷。俳優として上り調子な今、歌でその評判を落とさなければいいのだが。 [全文を読む]

いったい何が?神木隆之介「地獄に揉まれた感じ(笑)」

Woman Insight / 2016年01月13日22時02分

笑いが絶えなくって、でもわからなくなってきて(笑)地獄に揉まれた感じ」と本作の感想を語りましたが、桐谷さんの番になり感想をまじめに話していると急に長瀬さんがパーカッションをはじめ、それにラップで応えた桐谷さん。映画が終わってもチームワークは健在でした。 「こんな地獄なら落ちてもいいかな?」と思わせる映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』。ど [全文を読む]

長瀬智也、過激拷問に耐えた神木隆之介を「全然へこたれない」と絶賛

Movie Walker / 2016年01月13日19時56分

また、長瀬のボイスパーカッションにより、桐谷がラップを披露させられるなど、長瀬の桐谷への無茶振りに会場も大喜びだった。【取材・文/成田おり枝】 [全文を読む]

福山雅治が新番組で見せた「ヒゲ面&下ネタトーク」に賛否

デイリーニュースオンライン / 2015年10月05日08時00分

そして、曲の途中では桐谷健太(35)がラップを披露し、大盛り上がり。リリーフランキー(51)のハーモニカも曲に深みを添え、三沢またろう(54)によるジャンベが曲のリズムをしっかりと刻んでいた。福山が小室の書いた歌詞を歌いなおすシーンがあり、本当にリハーサルなしでやっていることを感じさせるものだった。 また、福山の「本当に歌いたい歌を歌っていいですか」の一言 [全文を読む]

福山雅治「冠番組」で小室哲哉と約20年ぶりに共演

Smartザテレビジョン / 2015年10月01日07時20分

ラップを披露した桐谷も「できちゃうんですね」と大きな声で感動を伝えた。お酒を酌み交わしながら音楽を奏でるという状況の中セッションはさらに続き、福山が「本当に歌いたい歌を歌っていいですか」と意外な選曲で周りを驚かす一幕も。 収録後、福山は「企画の打ち合せを重ねていく中でこの番組は音楽番組だということが分かりまして、それは楽しそうだなと。その反面言い訳ができ [全文を読む]

フォーカス