ダンス 草刈正雄に関するニュース

草刈正雄を号泣させた娘・紅蘭のド肝を抜く“留学方法”とは?

アサジョ / 2016年10月10日17時59分

もともとダンスをやっていて、ぜひ本場に留学したいと思ったものの父親に反対されると思い、ダンススクールなどの留学先から寮、航空券まですべて自分で手配して、最後の支払いのところで初めて書類一式を母親に見せたといいます。父親に話すとショックを受けるからどうしようと悩むうちに出発前日になり、夜中に目覚め、荷物をまとめていることに父親が気づき、そこで初めて話したのだ [全文を読む]

紅蘭に“ポジティブ力”を身につけさせた父・草刈正雄のユニークな教育とは?

アサ芸プラス / 2016年10月13日09時59分

例えばティッシュを投げられたらティッシュになりきって、音楽、ダンス、お芝居、何でもいいからティッシュを表現することを求められるのだそうです。これは演劇でいうところのインプロビゼーション(即興演劇)といって、台本や打ち合わせがなく、その瞬間に起こったことをその場で表現する、演劇のワークショップなどで行われたりする練習方法です」(女性誌記者) 実はこのインプロ [全文を読む]

大久保「おまえヤベー!」草刈正雄の娘にドン引き

日刊大衆 / 2016年10月07日15時00分

紅蘭は16歳のときに本場でダンスを習いたいと思い、1年間のロサンゼルス留学を決断。父の草刈には、渡米前日になって報告したことを明かし、後藤らを驚かせていた。その後、22歳までに10回以上短期留学をした紅蘭は、アメリカでクラブやホームパーティー、バーなどで遊びまくり、現地の人たちからも「クレイジー」と言われていたと明かした。 その後、後藤から泥酔して知らない [全文を読む]

遠藤憲一『民王』共演の菅田を「お父さんと呼びたい」

WEB女性自身 / 2015年08月24日06時00分

外交のピンチでは、遠藤が踊る、翔お得意のモフモフン(番組キャラクター)のダンスで窮地を一発逆転するなど、想定外の展開に笑いが止まらない。「ダンスは、何人かで踊るときに周りに動きを合わせなきゃダメなのが苦手で(笑)。翔の発言って。もちろん政治家らしくはないけれど、的を射てる。バカそうに見えて、実は物の見方が鋭くて、ピュアなんです。そういう意味でも、今回は、翔 [全文を読む]

草刈正雄の長女・紅蘭が業界の大先輩芸人を「呼び捨て」し、視聴者があ然

アサジョ / 2016年11月16日10時14分

紅蘭はLAやNYにダンス留学していた経験があることから、他人との接し方がアメリカンスタイルというべきか、やたらフランクなのも特徴。しかし、それを差し引いてもこれはいただけなかった。「番組MCの有吉弘行が紹介した紅蘭のエピソードにおぎやはぎの小木博明が登場したのですが、紅蘭は業界の大先輩を『小木』と呼び捨て。さすがに視聴者もあ然としたようで、『親の七光りの [全文を読む]

フォーカス