大坂城 新府城に関するニュース

真田丸『第47話』解説。女たちの和平交渉は家康側も考えていた?

まぐまぐニュース! / 2016年11月27日22時00分

今回のワンポイント解説(11月27日) なかなか落ちなかった大坂城。何はともあれ一旦、和睦、ということになって、停戦合意を取り付けるために、徳川方が出してきた全権大使は、家康の愛妾だった阿茶の局。豊臣方も、これに対応して(釣り合うように)大蔵卿の局を全権大使に。 冬の陣の停戦交渉が、なぜ女性同士で話し合われたのか、という問題については、いろいろな考え方が [全文を読む]

真田丸『第44話』裏解説。今も不明、「真田丸」の形に2つの説アリ

まぐまぐニュース! / 2016年11月06日22時00分

今回は、幸村が大坂城の平野口に構築した出丸「真田丸」の本当の形について。今まで研究者などが発表した説はいくつもありましたが、なかでも有力なのが「巨大な丸馬出のような形」という説と、「直線的な長方形に近い形」という2つの説。ドラマ『真田丸』の軍事考証を担当する西股総生さんは、どちらの説を有力視しているのでしょうか? 今回のワンポイント解説(11月6日) 大坂 [全文を読む]

真田丸『第45話』解説。敵に余計な一手間をかけさせる築城のセオリー

まぐまぐニュース! / 2016年11月13日22時00分

大坂城攻略を目ざす徳川軍にとって、なぜ真田丸が「目の上のタンコブ」だったのか? ドラマ『真田丸』の軍事考証を担当する西股総生さんが考察しています。 今回のワンポイント解説(11月13日) 大坂城攻略を目ざす徳川軍にとって、真田丸は「目の上のタンコブ」のような存在だった。なぜか。大坂城の惣構に攻めかかろうとする徳川軍の横っ腹を衝く場所に、真田丸が築かれていた [全文を読む]

真田丸『第46話』解説。淀殿は本当に豊臣家滅亡の戦犯だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年11月20日22時00分

大坂城が家康の大砲によって大破し、侍女たちが死傷したのを見て戦意を失ったという通説は、果たして本当なのでしょうか? 今回のワンポイント解説(11月20日) 大坂城が一向に攻略できないことに業を煮やした家康は、イギリス人から仕入れた高性能の大砲を撃ち込み、これに恐怖した淀殿が和睦を決意した、ということになっている。通説では。でも、 僕はこの通説そのものに、ち [全文を読む]

真田丸『第41話』裏解説。家康はなぜ豊臣家との決戦を急いだのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月16日22時00分

(西股総生) 《今週のワンポイントイラスト》 大坂城。足軽として有象無象もいっぱい集まったはずだけど…!?(みかめ) 文・絵/TEAM ナワバリング(西股総生・みかめゆきよみ) ナワバリスト(城郭研究家)の西股総生率いる、お城(主に山の城)と縄張りを愛する3人組 メルマガ『TEAMナワバリングの『真田丸』ワンポイント講座』 本メルマガでは大河ドラマ『真田丸 [全文を読む]

真田丸『第40話』裏解説。大坂と江戸に権力が並ぶ「二重公儀体制」

まぐまぐニュース! / 2016年10月09日22時00分

さて、豊臣家(正しくは羽柴家)の本領は摂津・河内・和泉で、本拠(戦略拠点)は大坂城。「天下」はもともと京都だったから、全国政権としての「本来の」所在地は伏見。秀頼が成長して関白に任じられれば、おそらく伏見城に入ったことであろう。 一方、徳川家の領地は関東で、本拠(戦略拠点)は江戸。でも、征夷大将軍を秀忠に世襲させた家康は、大御所として駿府城にいた。かつて [全文を読む]

フォーカス