息子 渡瀬恒彦に関するニュース

フジテレビアナウンサーに藤井フミヤ長男、テレビ不況でもコネ入社なのは芸能人ペアレンツの親心?

messy / 2016年04月09日00時00分

「近年では俳優の陣内孝則の息子・太郎の入社が話題となりました。彼はTwitterアカウントでプライベートな情報が駄々モレになっており、『一秒でも長くニュースに映るために生田竜聖くんの隣にいよう』『入社式からのまさかの赤坂で家族でご飯わず。開店50分前なのに店を開けてしまう父さんの影響力は改めてスゴさを感じた^^;』などの投稿のほか、局内の研修内容や人事部と [全文を読む]

『十津川警部シリーズ』から渡瀬と伊東が降板!惜しむ声続々

しらべぇ / 2016年08月26日20時30分

・合わせて読みたい→高畑淳子へ息子・裕太の性癖を聞くフジテレビ記者に非難殺到「最低な質問」(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日対象:全国20代~60代の男女1352名(有効回答数) [全文を読む]

安倍晋三の甥も…TV業界の“コネ入社”列伝

デイリーニュースオンライン / 2015年08月08日08時00分

実は息子同士が同じ超有名私立校だという“パパ友”の2人。芸能人の子どもがコネで有名私立校に入るのはよくある話だが、フミヤの長男である藤井弘輝氏(23)は来年4月、フジテレビにアナウンサー採用が“内定”していることが一部週刊誌で報じられたばかりだ。 田淵、陣内、かまやつひろし……実例はたくさん ヒロミとフミヤの“コネ力”を詳報したのは、8月6日発売の女性セブ [全文を読む]

スタートダッシュを切るのはどれか…春ドラマ初回ランキング

しらべぇ / 2017年04月07日06時30分

3歳の時に連れ去られた息子が、9年後に戻ってくるという設定で、主演の沢尻エリカがその難しい母親像をどう演じるのか、注目が集まりそう。■第4位:緊急取調室(103票)(画像はテレビ朝日公式サイトのスクリーンショット)木曜日夜9時放送、4月20日スタートの『緊急取調室』(テレビ朝日系)が第4位に。2014年の冬クールでも同じく木曜ドラマ枠で放送され、今回が第2 [全文を読む]

藤井フミヤの息子だけじゃない!テレビ局に蔓延する“コネ入社”の実態

アサジョ / 2016年04月25日09時58分

さらには、陣内孝則の息子もフジに入社。かまやつひろしの息子・TAROかまやつは、“サラリーマンシンガーソングライター”としてメジャーデビューも果たしたフジの元社員だ。 渡瀬恒彦の息子・暁彦氏はTBS。ドラマ「クロコーチ」の演出や「私を離さないで」などのプロデューサーとしても知られている。 森進一の次男・智寛氏はテレビ東京に入社。NHKの魚住優アナは、浅野 [全文を読む]

代々「信」か「幸」つける真田信幸の子孫 子の名付けに苦労

NEWSポストセブン / 2016年04月25日11時00分

そんなにたくさんパターンはないから、息子の名前を考える時には苦労しましたよ」と苦笑する。 「地元の信州では車を運転していても緊張する。もし違反切符を切られて名前を見られるようなことがあれば、真田家の人間であることがバレバレになる名前ですから(笑い)」 当主として、現代でもやるべきことは多い。 「毎年10月の『真田十万石まつり』への出席、7年に一度に行なわれ [全文を読む]

『ナースのお仕事』超えられない観月ありさの苦悩……『出入禁止の女』は“史上最低”6.5%発進

日刊サイゾー / 2015年01月16日17時00分

離婚歴があり、中学生の息子と暮らすシングルマザーという役どころ。共演に、財前直見、小林稔侍、甲本雅裕、前田旺志郎ほか。 同枠は、前期で14作目が放送された沢口靖子主演『科捜研の女』をはじめ、名取裕子主演『京都地検の女』、渡瀬恒彦主演『おみやさん』など、ドラマ史に残る人気シリーズを多数輩出。最近は初回視聴率14%前後と、好スタートを切ってきた。 「『出入禁止 [全文を読む]

TBSの“ヤマザキのランチパックな”ドラマ、なぜ豪華出演陣なのに観る気になれない?

Business Journal / 2014年08月19日19時00分

3話は倉本聰・作で西田敏行(昔気質のワガママ社長が自作自演の失踪騒動でてんやわんや)、4話は鎌田敏夫・作で渡瀬恒彦と中村勘九郎(闘争時代を生き抜いた頑固な父と反発する息子の見解の違いと小競り合い)。3話と4話に関しては、時代というか、年代を感じる内容で、50~60代には芳ばしい内容だったのかもしれないが、いかんせん「懐古主義」が強くて。5話はグンと若返って [全文を読む]

TBSおやじの背中 「設定が特殊すぎて共感しようがない」の声

NEWSポストセブン / 2014年08月11日16時00分

渡瀬恒彦の息子をやった中村勘九郎の芝居は端的に言って大根だったが、その妻役のともさかりえは感情表現がたくみで良かった。俳優陣は、トータル、悪くはない。 [全文を読む]

50作目迎えた『十津川警部』 過去の撮影警察が来る騒ぎも

NEWSポストセブン / 2013年09月09日07時00分

自身もこの作品では息子の伊東孝明(42才)と親子共演を実現。本人は「孝明とはもう何度も一緒にやっていますので」とそっけないが、プロデューサーを務める森下和清さんによれば「すごくうれしそうだった」とか。 相棒・渡瀬の印象を聞くと、 「私は『この作品で、渡瀬さんご本人とは会ったことがない』ってよく言うんです。渡瀬さんが私服で来たのを1回も見たことがなくて、家を [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(2)「もう一度見たいドラマ」 1000人アンケート

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時54分

サラリーマンの1人息子・一郎(松山英太郎)は転勤で嫁・芙美(松原智恵子)とともに「松の湯」を去る。女将・まつ(森光子)と主人・祥造(船越英二)の2人がしみじみと語り合う。 7位の「101回目のプロポーズ」(フジテレビ・91年)のラストは賛否両論。司法試験に落ちて結婚も諦めた達郎(武田鉄矢)の前に、薫(浅野温子)がウエディングドレス姿で現れる。工事現場に落ち [全文を読む]

フォーカス