実家 竹内結子に関するニュース

『A LIFE ~愛しき人~』最終回 木村拓哉を“主役から外す”という大英断、そして神話の崩壊

日刊サイゾー / 2017年03月20日18時00分

沖田はノートを携え、マサオの実家を訪ねます。マサオは、かつて小さな医院だった実家の診察室でウィスキーを煽り、やさぐれていました。 [全文を読む]

NHK朝ドラ女優「表舞台から静かに去って…」

アサ芸プラス / 2013年06月25日10時00分

「離婚後は実家に戻り、2人の息子を育てながら現場復帰しています。ただ、目立たないほど地味な役が多いから‥‥」(スポーツ紙芸能担当記者) 昨年、実家を離れて親子3人で暮らし始めたようで、目黒区内のイタリア料理店「P」に家族そろって立ち寄っている。 「カジュアルな服装で、多い時は月2回のペースで来店するそうです。お気に入りは湘南しらすとニンニクのピザ」(女性 [全文を読む]

“恋多き男”堺雅人&“8年間の一途愛”菅野美穂、真逆の恋愛遍歴を振り返る

サイゾーウーマン / 2013年03月23日13時00分

この間には、双方の実家にも挨拶をしていることが伝えられ、また稲垣の逮捕という大トラブルも発生したが、2人の交際はずっと続いていた。 しかし稲垣は菅野に、「君が30歳になるまでに結婚しよう」と伝えていたものの、いつまでも決意を固めようとせず、菅野は見切りをつけてしまったようだ。「週刊文春」(文藝春秋)3月14日号によると、両者は08年夏には完全に決別していた [全文を読む]

中村獅童、がんから復帰&妻の第一子妊娠でも「喜べない事情」

Business Journal / 2017年08月04日20時00分

そうした困難を獅童はすべて乗り越え、都内にあった実家を取り壊し、新居の建築予定もあり、子どもの誕生を心待ちにする日々が訪れそうな兆し。しかし、そんな幸せな時期を迎えても、獅童としては今なお手放しでは喜べない歌舞伎界の事情があるという。松竹関係者が語る。 「11月から始まる歌舞伎の製作発表会見は、通常は6月下旬に行われます。しかし、今年の6月といえば、22 [全文を読む]

木村拓哉が実質的な主演の浅野忠信に完敗も「A LIFE」最終回は有終16%

デイリーニュースオンライン / 2017年03月21日11時52分

病院を追放され、実家で無精ひげを伸ばしながら酒を飲んで過ごす「やさぐれまさお」にも、「スーツ着て髪の毛整えてビシっとしてるより、頭ボサボサで無精髭生やしてグダーっと自堕落にしている姿がずっと素敵」「ボロボロになった壮大の演技が凄く良かった」「追放されてからのやさぐれ壮大、やたらかっこよくなかった?」など、存在感をたたえる声が集まりました。 「もしかして演 [全文を読む]

『A LIFE』、壮大な「マサオ」の物語が完結…ラスト・マサオ爆走、廃人→奇跡の生還

Business Journal / 2017年03月20日06時00分

そんなマサオの“葛藤っぷり”の印象が強すぎ、「もはや主人公は沖田ではなく、マサオ」現象が発生しているが、今回放送回でも、病院を追い出されたマサオが、ボロボロになったシャツとコート姿で街を徘徊した末に廃屋化した実家に引きこもり、髭モジャモジャ&髪ボサボサ姿でウイスキーをあおる“廃人・マサオ”が、強烈なインパクトを視聴者に与えた。 ●救い そんなマサオを沖田 [全文を読む]

表情は硬い、でも複雑な感情を読み取らせる浅野忠信の演技がスゴい。『A LIFE~愛しき人~』/第三話レビュー

messy / 2017年01月31日01時00分

実家に娘を預けた夜にその症状が出るため、他の病院では心因性によるものだと診断されたと母親はいう。沖田とともに原因を探るうちに、腸捻転が起きている可能性に思い当たる深冬。二人は検査では確たることが言えないとして手術の検討を始めるが、そのとき一本の電話が虎之助のもとにかかってきた。相手は、小児外科治療学会のトップ・蒲生(越村公一)だ。女児は、かつてジャングルジ [全文を読む]

過去最低の13.9%……木村拓哉『A LIFE~愛しき人~』ドラマの根幹を揺るがす、院長の“キャラ変更”

日刊サイゾー / 2017年01月30日21時00分

お母さんの実家に預けられているときだけお腹が痛くなるので、どうやら原因は心因性らしいということでしたが、その診断に納得ができないお母さんがセカンドオピニオンを取りに来院しました。 何を隠そう、沖田(木村)の専門は小児外科。今回も、院長の娘である小児科医・深冬(竹内結子)とともにサクっと原因を突き止め、さっそく手術の準備を進めます。 しかし、ここで問題が。 [全文を読む]

竹内結子の小悪魔ぶりが話題に!! 大河ドラマ『真田丸』の淀殿ってどんな人? その最期とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月11日17時30分

淀殿(1569~1615年)の本名は浅井茶々(当時は結婚しても実家の名字を用いる)。近江の戦国大名浅井氏と、織田信長の妹・お市の間に生まれる。戦乱により、二度の落城を経験。一度目の落城では父と兄、二度目の落城では義父と実母を亡くす。その後、秀吉の寵愛を受け、鶴松、秀頼という二人の男児を産む。秀吉の死後、大坂城で権勢をふるったが、大坂の陣で秀頼と共に自刃し [全文を読む]

獅童の母 息子の不祥事でひいき筋に何度も頭下げ詫び手紙も

NEWSポストセブン / 2013年12月30日07時00分

ただ、ふたりの結婚への意志は固く、A子さんは獅童の実家を訪れ、陽子さんに梨園の妻となるべく手ほどきを受けていたそうですよ」(歌舞伎関係者) 陽子さんやA子さんの頑張りに獅童も応えた。2013年11月に明治座で行われた『十一月花形歌舞伎』では、初めて座頭を務めた。 「陽子さんは本当に嬉しそうで、“錦ちゃん(萬屋錦之介さん)に似てきた”と言って大喜びされていま [全文を読む]

フォーカス