衣装 竹内結子に関するニュース

『真田丸』出演女優が悩む「衣装格差」と「食事の不自由」

WEB女性自身 / 2016年08月25日06時00分

自ずと、豊臣家の衣装は豪華なものになります。家康の側室、阿茶局(あちゃのつぼね)役の斉藤由貴さん(49)が竹内結子さんの衣装を見て、『豊臣家は着物もセットも豪華でいいなぁ』と笑っていました」(芸能事務所関係者) 時代劇特有の苦労もある。 「衣装を汚さないように、ご飯を食べるのが大変なんです。局の食堂でお食事をとる方も多いのですが、長澤さんは、着物の袂(たも [全文を読む]

竹内結子「菜々緒にネコパンチ」が大反響!

日刊大衆 / 2017年02月24日10時00分

たとえば現在放送中の『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)のインスタには、ドラマに出演する鈴木亮平(33)が、同局で2月10日に放送された『銭形警部』の衣装のまま登場したりと、現場の楽しい雰囲気が伝わる写真がたびたびアップされるんですよね。そのたびにファンのコメントが殺到しますから、出演者やスタッフも反応を見て楽しんでいるようです」(テレビ誌ライター) 『A [全文を読む]

どんどん昌幸に似てくる幸村が格好いい! 視聴率なんか少しぐらい低くても気にすんな!!『真田丸』第43話「軍議」レビュー!!!

おたぽる / 2016年11月02日13時00分

身につけた衣装といい、碁石を使って作戦を考えるそぶりといい、ハッタリを当意即妙に繰り出してみたり、「負ける気がせん」というセリフだったり、幸村が昌幸(草刈正雄)にどんどん似てきているのが、本当に楽しい。また信之(大泉洋)が「源次郎の好きにさせてやりたい」と、弟の心情を思いやるシーンも胸打つものがあった。 そのほか、てっきりただの風見鶏かと思っていた大野治長 [全文を読む]

堺雅人「年をとったら芸名を小日向文世に変える」だって!

WEB女性自身 / 2016年04月23日06時00分

「とにかく秀吉は衣装の数がスゴいんですよ。いつか信長を超えるっていうのがひとつの目標でもあったわけだから、信長に輪をかけて豪華絢爛。毎回衣装は替えるし、家臣たちがいつも『ははーっ』と崇めてくれるのは気持ちいいですよね(笑)。すごくいい気分で現場にいさせてもらっています」 NHK大河ドラマ『真田丸』で羽柴(豊臣)秀吉役を演じる俳優・小日向文世(62歳)。第1 [全文を読む]

竹内結子が”おひとり様”なプライベートを告白 「焼き鳥屋さんも行けます」

Smartザテレビジョン / 2016年01月28日01時59分

松岡からの「勝負下着を教えて!」の質問には、「(ドラマの初日には)基本的に衣装に響かないものを」と答え、松岡に「勝負の時はどういうものをつけたらいいんでしょう。黒と白だとどちらが好きですか?」と逆質問。不意の質問に、松岡は「黒が好きです」とはにかみながらも素直に答え、スタジオを沸かせていた。 竹内からは、TOKIOに「焼き肉としゃぶしゃぶ、ひとりで行くな [全文を読む]

「全てが新鮮」竹内結子が本格時代劇映画に初挑戦!

Smartザテレビジョン / 2015年11月10日04時15分

時代劇映画初ということでメーク、衣装、美術、セットなど全てが新鮮で和やかさといい緊張感を持って撮影に臨むことができたと感じています。 この作品は、町を救いたい一心で、人のために尽くす庶民たちのお話なのですが、何でも誰かに言いたがり広めたがりの時代に、報われたい欲を捨てあえて『慎む』ことを選んだ人々の、その心のあり方がとても美しいと私は思います。ぜひ、多くの [全文を読む]

『殿、利息でござる!』で竹内結子が時代劇初出演!松田龍平ら豪華キャスト発表!

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月10日04時00分

時代劇映画初ということでメイク、衣装、美術、セットなど全てが新鮮で和やかさと良い緊張感をもって撮影に臨むことが出来たと感じています。この作品は、町を救いたい一心で、人のために尽くす庶民たちのお話なのですが、何でも誰かに言いたがり拡めたがりの時代に、報われたい欲を捨て敢えて「つつしむ」ことを選んだ人々の、その心の在り方がとても美しいと私は思います。そんな人た [全文を読む]

中村獅童の“お花畑”再婚に「竹内結子と子供の立場がない」と集中砲火!

アサ芸プラス / 2015年06月08日09時58分

沙織さんの衣装は獅童の亡き母の形見だったようですし、あれでは元妻の竹内結子の立場はないですね」(週刊誌記者) 案の定、この獅童の振る舞いは「40過ぎてるのに、頭の中はお花畑!」「竹内さんがかわいそう」「事故のときに助手席に乗ってたタレントはもはやいなかったことになってませんか?」などとネットで集中砲火を浴びることになった。「新婦も『子供が3人ほしい』などと [全文を読む]

松田龍平のウォーキングはモデル級? 「歩くだけじゃダメ」と照れ笑い

しらべぇ / 2017年09月24日07時00分

■Tシャツ・短パンじゃダメ?©sirabee.comパーソナリティとして起用されたきっかけについて、「カンヌ映画祭でレッドカーペットを歩いたときの衣装がゼニアで、それをゼニアさんに見ていただいたんです。僕はデビュー作の『ご法度』で初めてカンヌに行ったんですけど、それからなかなか機会がなくて。そういう意味では19年ぶりの、僕の中では大切なタイミングで、50周 [全文を読む]

竹内結子に報道陣がザワつく「超大胆ドレス」を着させたのはイモトアヤコ!?

アサ芸プラス / 2017年09月19日17時59分

『いいね!』を集める快楽のため、本人史上もっとも大胆だろうと思われる衣装にチャレンジした側面もあるんじゃないでしょうか」 彼女にインスタを勧めたイモトに心から感謝したい。(白川健一) [全文を読む]

長友佑都&平愛梨、「結婚披露宴」開催を発表! 世間をドン引きさせた芸能人の“ド派手婚”

サイゾーウーマン / 2017年04月08日15時00分

どうやら、観月がショート丈のドレスをまとってキメキメのポーズを決める姿や、青山氏のハートマークがちりばめられた衣装が『サムイ』『ダサい』と受け止められてしまったよう。また青山氏といえば、前妻・上原さくらと泥沼離婚劇を繰り広げた“いわくつき”の人物。そんな相手との結婚に大はしゃぎしている観月の姿を“痛い”と感じる人も少なくありませんでした」(同) さらに、1 [全文を読む]

2016秋ドラマの「ドロドロ潰しあい現場」が地味にヤバイ!(1)「ドクターX」のあおりを受けた天海祐希

アサ芸プラス / 2016年11月12日09時57分

石原さとみがド派手な衣装で「校閲ガール」を熱演すれば、新垣結衣はキュートな「恋ダンス」で男心をわしづかみにする。「潰しあい」の様相を帯びてきた秋ドラマの舞台裏を現役テレビマンがクビを覚悟で語り尽くした。校閲厳禁のトークは地味にヤバイ!A(民放編成マン) 秋のドラマは「ドクターX」(テレビ朝日系)が20%超えを連発して、まさに一人勝ちの様相だ。米倉涼子サマサ [全文を読む]

竹内結子「真田丸」での小悪魔演技に主演の堺雅人もタジタジ?

アサ芸プラス / 2016年05月29日17時57分

時代物ゆえ今作での衣装は着物となるが、その下はノーパン・ノーブラだという。堺は、身分の違いもあり、たじろぐが、それでも竹内が引くことはなく、みずからの上半身を押しつけて、抱きつく。 薄い布地越しに触れる、竹内の生肌から逃れようとする堺。だが竹内はついに堺に抱きつき、その体をまさぐり、潤んだ瞳で頬を堺の胸に押しつけ、身を委ねるのだった。今回のラブシーンにあた [全文を読む]

「羽生結弦は殿様というより……」元祖・氷上の殿様、織田信成が後輩の演技に物申す!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年05月04日23時55分

司会者から「自身も節約したことはあるか」と聞かれると、「衣装だったり、振付代だったり、スケートですごくお金がかかったので……なるべく飲み物は買わずに持って行くとか、自分のできるところで切り詰めていこうというのは、子どもながらにありましたね」と、真面目で堅実な金銭感覚も明かした。また、親子愛も大きな一つのテーマとして描かれる本作。印象的なシーンを聞かれると、 [全文を読む]

「真田丸」竹内結子が“天真らんまん”な茶々を語る!

Smartザテレビジョン / 2016年04月19日23時20分

実際の衣装は、茶々の立場が上がるにつれて立派になっていくので、身動きが取れなくなっていく感じがしました。「偉くなるって大変だな」と思います(笑)。――大河ドラマの現場で驚いたことはありますか? セットを見て「修学旅行に来ているみたいだな」と思いました。いわゆる大阪や京都の歴史的な建造物の新築状態を見ているようで、かつての暮らしの疑似体験ですね。ふすまの絵や [全文を読む]

ドラマ美女たちの「フェロモン合戦」をナマ報告!(2)女性もウットリする吉田羊の着物姿

アサ芸プラス / 2016年01月30日17時57分

衣装合わせでは、着物姿の凛としたたたずまいに女性スタッフさえウットリしていた」(NHK関係者) 吉田の衣装姿には、エキストラ男性も拍手を送る。「張り出して持て余すことのない和尻は、江戸の花街・柳橋で働く芸妓のように、しゃなりしゃなりとした“柳尻”でしたね」 映画評論家の秋本鉄次氏も吉田の尻をこう評する。「スレンダーでありながら肉感的。これまでの出演作品でも [全文を読む]

“本当に良い映画は観客に追体験させてくれる” 第28回TIFFの受賞者記者会見レポート

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月04日15時59分

この映画は照明、ロケ、衣装にすごくこだわりました。インディペンデントだからといって、ストーリーだけではなく、技術面でも作りこんだ方がいいのではないかと思います」と回答。200万円という破格の低予算で、世界観を作りこんだ小路監督の発言は強い説得力を感じさせた。■世界の片隅のドラマが東京で体験できる喜び次回の東京国際映画祭にも期待審査員特別賞には『スリー・オブ [全文を読む]

桐谷美玲が「サイテー!」を連発!過去の“最低エピソード”も暴露

Woman Insight / 2015年10月27日16時06分

どこよりもおトクな低運賃で快適な空の旅を提供 するジェットスターの “最低価格保証” サービスを、桐谷美玲さん演じる “キリ谷” と、子役の桃音ちゃん演じる “マメ谷” が「サイテー」というキーワードを多用しながら表現した「サイテー篇」、キリ谷に憧れ背伸びをするおしゃまな女の子・マメ谷が、興奮のあまり思わず台北を “ダイホク” と読み間違えてしまう「ダイ [全文を読む]

セクシードレスの大島優子、日本アカデミー賞授賞式で“華“となる存在感

メンズサイゾー / 2015年02月28日19時00分

魅惑的な衣装に合わせてのワンサイドヘアも色っぽく、大人のセクシーさをふりまく彼女にはたくさんの視線が集まった。その後、ステージに登壇した彼女は司会を務める西田敏行(67)から「(演じた)役と自分を比べてどう?」と聞かれると「そっくりですね。ウソです(笑)」と余裕の返事。さらに西田から「ここにいるって存在感があった」と演技を絶賛されると「"ありがち"がテーマ [全文を読む]

シノラーから清楚系へ、篠原ともえ「再ブレイク」の陰に“ある男”の存在が

アサ芸プラス / 2015年02月06日17時58分

最近の篠原はバラエティはもちろん、松任谷由実のコンサート衣装のデザインをしたり、映画「海月姫」では能年玲奈と共演するなど女優としても活躍。テレビから姿を消していた空白の10年を経て、みごとな再ブレイクを果たしている。 「最近はすっかり綺麗になったと評判の篠原ですが、もともと彼女は、デビュー前から今井美樹のようなしっとりとしたタイプの歌手になることを希望し [全文を読む]

フォーカス