インタビュー 竹内結子に関するニュース

【エンタがビタミン♪】佐々木蔵之介の恐怖体験に『残穢』共演者も耳を塞ぐ

TechinsightJapan / 2016年01月24日12時12分

映画『残穢』の監督とキャストがバラエティ番組『王様のブランチ』からインタビューを受けた。竹内結子や中村義洋監督が明かす映画制作にまつわる裏話も怖かったが、佐々木蔵之介の学生時代の体験談には他のキャストやインタビュアーも耳を塞いでしまうほどであった。 テレビで放送中の予告編を見るだけで、これまでのホラーとは違う怖さを予感する映画『残穢【ざんえ】―住んではいけ [全文を読む]

木村&草なぎ、旧ジュリー派と共演活発化! 「20年ぶり」「大緊張」のジャニタレも

サイゾーウーマン / 2017年01月13日08時00分

11日に行われた同ドラマのプレミア試写会&舞台あいさつの会場では、丸山の姿が目撃されており、同日更新の『サタデープラス』公式Twitterは、丸山が木村をはじめ共演者の竹内結子、松山ケンイチに直撃インタビューを行ったことを告知。「同じジャニーズ事務所でありながら、ほとんど接したことのなかった木村さんに大緊張の丸山さん。いったいどんなインタビューになるのか、 [全文を読む]

乱世にその名を知らしめた真田信繁の激烈な後半生をガイダンス!堺雅人ほか主要キャスト陣にインタビューで迫る!

PR TIMES / 2016年05月20日10時32分

[画像: http://prtimes.jp/i/6568/61/resize/d6568-61-416149-0.jpg ] ◆主要キャストインタビュー 堺雅人、大泉洋、長澤まさみ、山本耕史 片岡愛之助、竹内結子、小日向文世 鈴木京香、内野聖陽、草刈正雄 ほか ◆登場人物詳細関係図 ◆ドラマのワンポイント年表 ◆「真田丸」これまでのプレイバック&後半プ [全文を読む]

「第38回日本アカデミー賞 授賞式」日テレプラスで3/14(土)に「完全版」を放送!

PR TIMES / 2015年03月04日11時29分

受賞者へのインタビューなど、地上波未公開の映像を交えた「完全版」です! [画像: http://prtimes.jp/i/9198/54/resize/d9198-54-994296-0.jpg ] 株式会社シーエス日本(東京都千代田区)は、当社が運営するCSチャンネル「日テレプラス ドラマ・アニメ・スポーツ」にて、3/14(土)に「第38回日本アカデミ [全文を読む]

矢口真里の元夫・中村昌也がグラドルと熱愛?芸能人”離婚カップル”のその後

デイリーニュースオンライン / 2017年09月12日08時00分

昨年は雑誌のインタビューで最初の結婚について、でき婚は計算だったこと、自殺も考えた過去について語ったが、それを話すことができるのも、今が落ち着いて充実した私生活を送れているからなのでしょう」(同・記者) 離婚しても再婚して幸せになっているタレントもいれば、まだ傷が癒えていない芸能人もいるようだ。結婚・離婚も話題を集めるのは、注目される芸能人ならでは。これか [全文を読む]

武井咲がいかに馬車馬のごとき働きをしてきたか 7年で主演ドラマ13本・CM10社、それでもブレなかった「23歳で結婚・出産」

messy / 2017年09月03日00時45分

昨年放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)でも「若いときに結婚して子ども産むってのが理想」と言い、同じく『東京カレンダー』インタビューで「今の一番の夢は家庭を持つこと」と宣言。全くブレがない。 『黒革の手帖』のヒットで<人気絶頂期>と呼んでも差し支えない今、なぜ、よりによって……という見方もあるだろう。先々までドラマ出演が決定しており、未婚女性のタレントイ [全文を読む]

5月28日放送!WOWOWオリジナルドキュメンタリー:ノンフィクションW 乾貴士 そのドリブルで未到の領域へ ~スペインで戦う孤高のフットボーラー~

PR TIMES / 2017年05月26日13時00分

番組では5月21日に行なわれたリーガ・エスパニョーラ最終節、バルセロナvsエイバルまで追っており、乾選手がバルセロナ相手に2ゴールを決めるという快挙を成し遂げた試合直後の独占インタビューも収録している。 日本人がこれまでたどり着いたことのない境地で、乾選手がどんな挑戦を繰り広げているのか、是非ご覧ください。 [画像3: https://prtimes.jp [全文を読む]

癖が強すぎる“大坂五人衆”集結! そして『真田丸』が一瞬で『真田丸どうでしょう』に!? 『真田丸』第42話「味方」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月26日18時00分

“大坂五人衆”は、『真田丸』公式サイトで明石全登役小林顕作インタビューが掲載されているし、軽くググってみただけでも哀川又兵衛、元ジャニーズ・毛利勝永役岡本健一のインタビューが他誌・他サイトで掲載されているのが見つかるので、興味があれば読んでみてもいいかもしれない(個人的には哀川又兵衛の「大河の撮影現場で、ノコギリクワガタを捕まえた」という一言を、記事のタイ [全文を読む]

竹内結子&橋本愛の共演に中村監督「吹き出しそうに」

Smartザテレビジョン / 2016年06月30日22時29分

ブルーレイ、DVD発売を前に、中村監督がインタビューに応じた。──中村監督の最近のイメージからはホラーと結びつかない人も多いと思いますが、本作を撮ることになった経緯は?原作の小野不由美さんが、「ほんとにあった! 呪いのビデオ」(中村監督が構成・演出を務めたビデオシリーズ)をもともとお好きだったんです。「残穢」の編集者の方が、「映画になったらいいですよね」と [全文を読む]

西島秀俊と竹内結子「黒沢清監督の現場は催眠術にかけられたよう」

Movie Walker / 2016年06月17日16時00分

前川裕による日本ミステリー文学大賞新人賞受賞小説を、黒沢清監督が映画化した『クリーピー 偽りの隣人』(6月18日公開)で共演した西島秀俊と竹内結子にインタビュー。『ストロベリーナイト』シリーズで共演した時は、西島演じる部下が、竹内演じる上司を思う一方通行的な恋心が切なかったが、今回は晴れて(?)夫婦役ということで、大いに喜んだと言う。ただ、後半では怒涛の展 [全文を読む]

【画像あり】え!羽生結弦くんがちょんまげって!?

Woman Insight / 2016年02月04日04時00分

「10回以上も繰り返し観た」【GUN WOO インタビュー】 ※TSUTAYAスタッフおすすめ!寒い夜に観たい「恋愛でうっとり映画&ドラマ」5選 ※3年ぶりのアルバムは“ピアノバンドである強み”を詰め込んだ渾身作【WEAVERインタビュー】 ※菅田将暉、豆まきに「鬼ちゃんも仲間に入れて!」 ※TSUTAYAスタッフがおすすめ!冬休みに観たい「ちょっぴりエッ [全文を読む]

竹内結子と橋本愛、ビクビクしたミステリーの現場を語る!

Movie Walker / 2016年01月28日11時09分

竹内と橋本にインタビューし、撮影秘話を語ってもらった。 原作は、第26回山本周五郎賞に輝いた小野不由美の同名小説。ある小説家(竹内結子)が、奇妙な“音”のする部屋に住む女子大生(橋本愛)から投書を受け取ったことをきっかけに、その謎の原因を探っていく。謎は連鎖していき、やがて過去の謎へとつながっていく。 本作で初共演となった2人に互いの印象を聞いてみた。竹内 [全文を読む]

【プレゼント】映画『X‐ミッション』女性限定試写会にご招待!

Woman Insight / 2016年01月24日20時00分

『X‐ミッション』(原題:POINT BREAK/全米公開:2015年12月25日) ■監督・撮影:エリクソン・コア(『ワイルド・スピード』撮影) ■脚本:カート・ウィマー『完全なる報復』『ソルト』 ■出演:エドガー・ラミレス『ボーン・アルティメイタム』『ゼロ・ダーク・サーティ』『悪の法則』、ルーク・ブレイシー『スパイ・レジェンド』、テリーサ・パーマー『 [全文を読む]

竹内結子、初めてのアレは「簡単にピュ!」

Woman Insight / 2016年01月14日22時06分

(平山正子) 公式サイト:http://zang-e.jp/ 配給:松竹 (C)2016『残穢―住んではいけない部屋―』製作委員会 【あわせて読みたい】 ※竹内結子、主演映画を「私、観なくていいですか?」 ※いったい何が?神木隆之介「地獄に揉まれた感じ(笑)」 ※小関裕太、“成人の企み”に、ナオト・インティライミの影あり? ※夏帆、嫉妬!?中島裕翔と菅田将 [全文を読む]

Perfume映画監督が語る3人の素顔「まるで一歩一歩進んできた木彫り職人」

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月23日18時20分

そんな佐渡監督に、本作のことや、監督だからこそ知るPerfumeについて、インタビューを行った。■Perfumeの成長を長年見てきたからこその“皮膚感”で――今回、約500時間という素材を撮ったということで、かなり膨大な量だったと思います。どういったポイントでシーンをピックアップされたのでしょうか。「僕が一緒にいて、“ココは”と思ったところを基本的にはピッ [全文を読む]

結婚の条件1位はコレ!アツイ男20人にガチンコアンケート調査【ハダカの劇プレ】

Woman Insight / 2015年07月23日21時00分

チケット代は高いのですが、この縁を信じてぜひ観に来てください! アラサーの男だらけが、汗だくで歌って踊って言葉を発しています! 滑稽ですよ!笑 ★結成10年で崖っぷち!?アミューズの演劇集団“劇団プレステージ”が8月の公演で大勝負に出る! (撮影協力/樋口涼、文/さとうのりこ) 【あわせて読みたい】 ※アミューズオーディション、グランプリは12歳の美少女に [全文を読む]

前田敦子にとって梨園嫁入りは“普通ゾーン”? 家族もOKで、まさかの結婚カウントダウンか

messy / 2013年11月19日19時55分

というのも松也の実母で新派の女優である河合盛恵が、11月19日発売の「女性自身」(光文社)のインタビューに答えたからだ。 まず、二人の結婚の見通しを問われた松也ママのお答えは……「歌舞伎役者の妻になる人は、以前から業界のことを少しでも知っている人がいいなと思っていましたから、前田敦子さんのような方なら結婚は大賛成です。明日にでもOK!」 なんてフランクな松 [全文を読む]

木村拓哉、「さんタク」に続き「無限の住人」も爆死なら“海外移住説”に現実味が…

アサ芸プラス / 2017年04月19日09時58分

番組放送前には、フジの朝の情報番組の独占インタビューにも応じるなど番宣にも余念がなく、ジャニーズ事務所サイドも、旧知の間柄のメリー喜多川副社長みずから、さんまさんに連絡を入れたと言われています」(フジテレビ関係者) ところが、4月10日に放送された同番組は平均視聴率10.4%と大惨敗を喫してしまった。「これには木村さんも相当落ち込んでいるようです。一部で取 [全文を読む]

二宮和也の理想の女性像は「都合のいい女」! ブーイングを浴びるその鬼畜っぷりとは!?

messy / 2017年03月14日20時15分

2010年の雑誌インタビューではモテる女性について「気遣いができてよく気づく人はモテると思う」「空気が読めて気が利いているっていう性能は大事」と答え、「ぶりっ子が好き」と宣言。というのも、ぶりっ子女性は自分を異性として意識してくれているとわかりやすく感じるかららしい。「ぶりっ子好き」というのも、ブリブリする行動が好きというより、場に応じた行動ができること [全文を読む]

『A LIFE』、浅野忠信だけ「空気感が違う」の声……業界も「謎が残る起用」「狙いが不明」

サイゾーウーマン / 2017年02月21日18時00分

彼がいかに映画に比重を置いてきたかがわかります」(同) 浅野は、かつてインタビューでテレビドラマと自身の相性についてこう語っていた。「テレビはシステムに縛られて撮影している感じがして、撮って放映されて、また撮ってすぐ放映されてというサイクルが自分に合わなかったんですよね」。一方で映画は、「感情的につくる印象が強かった」と、自分の肌に合うことも明かしている。 [全文を読む]

フォーカス