主題歌 絢香に関するニュース

絢香、新曲「にじいろ」がNHK朝ドラ主題歌決定

okmusic UP's / 2014年02月20日17時00分

絢香が3月31日よりスタートするNHK連続テレビ小説「花子とアン」の主題歌を歌うことが決定した。楽曲タイトルは「にじいろ」となる。 【その他の画像】絢香NHK連続テレビ小説の記念すべき90作品目となる「花子とアン」は、「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の明治・大正・昭和にわたる、波瀾万丈の半生記を描いた作品となっている。山梨の貧しい家に生まれ、東京の女学校で [全文を読む]

絢香「大阪で過ごした時間があるから今の私がある」凱旋フリーライブにファン3000人熱狂

Entame Plex / 2016年07月13日19時30分

ライブではデビュー曲「I believe」、NHK朝の連続ドラマの主題歌として大ヒットした「にじいろ」、「三日月」、さらにベストアルバムに収録されている書き下ろしの新曲で、今の自分の気持ちや10年前、そして10年後の自分への想いをストレートに表現した「I believe」のアンサーソングともいえる楽曲「THIS IS ME」を初披露。 歌い終えた絢香がス [全文を読む]

絢香 地元大阪で開催された凱旋フリーライブに3000人が集結

dwango.jp news / 2016年07月14日13時16分

ライブではデビュー曲の『I believe』、NHK朝ドラの主題歌として大ヒットした『にじいろ』、そして楽曲投票でも1位となった『三日月』、さらにベストアルバムに収録されている書き下ろしの新曲で、今の自分の気持ちや10年前、そして10年後の自分への想いをストレートに表現した『I believe』のアンサーソングともいえる楽曲『THIS IS ME』を初披 [全文を読む]

絢香、アコースティックツアー初日にて早くも追加公演のスペシャルライブを発表

okmusic UP's / 2014年08月24日10時00分

ライブではNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」主題歌の最新シングル曲「にじいろ」も披露。イントロが始まると、会場はオールスタンディングで手拍子、観客と絢香との大合唱となり一体感で温かい感動の空気に包まれた。 また、ライブ中のMCではツアーの追加公演発表の嬉しいサプライズがあった。絢香ツアー史上最少編成で始まったアコースティックツアーから一転、大阪城ホー [全文を読む]

よっ、水嶋ヒモ!絢香&水嶋ヒロの結婚7周年報告に「どうせ費用は絢香持ち」の声

アサ芸プラス / 2016年03月05日09時59分

朝ドラ主題歌などの印税収入もかなりあったと言われている。絢香の収入が夫婦のライフラインになっていることは明白だ。 最近の水嶋はインスタグラムへの投稿が話題になる頻度も多くなっているが、そのたびに「ユーチューバー並みに悠々自適だなぁ」「よっ、水嶋ヒモ!」など、完全に女に貢がせる暇人としての扱いだ。とはいえ、養っている側の絢香が文句を言っているわけではないだけ [全文を読む]

NHK朝の連ドラ「まれ」が出してきた「主題歌の歌詞募集」という変化球

メディアゴン / 2015年05月05日10時23分

NHK「朝の連続テレビ小説」の主題歌を歌ったミュージシャンである。どの楽曲も当代の一流どころによる名曲。毎朝、観る者を元気にしてくれた。「あまちゃん」のマーチ曲(作曲・大友良英)も忘れられない。今季のNHK朝の連ドラ「まれ」の主題歌「希空〜まれぞら〜」は、うってかわって合唱ソングだ。前作までの著名ミュージシャンによるインパクトのある曲と歌唱からすると、最初 [全文を読む]

絢香 朝ドラ主題歌好調の陰で「億ション引っ越し」の印税生活

WEB女性自身 / 2014年06月19日07時00分

ストーリーやスタッフの思いを組んで書いていただいた曲なので、反響の多さも納得です」(NHK関係者) NHK朝ドラ『花子とアン』の主題歌『にじいろ』を歌っている絢香(26)。そんな彼女を目撃したのは6月中旬。都内にある高級寿司店の前に一台の大型車が横付けされると、そこから降りて足早に店のなかへ入って行った。「この店は白木のカウンターのみ。1人2~3万円予算で [全文を読む]

絢香、NHK ドラマ10『ツバキ文具店』主題歌として書き下ろした新曲を5月にリリース

okmusic UP's / 2017年03月25日12時00分

【その他の画像】絢香表題曲「コトノハ」はNHK ドラマ10『ツバキ文具店 ~鎌倉代書屋物語~』(2017年4月14日22時スタート)主題歌として書き下ろされたもので、"コトノハ"は"心を種にして出た葉"という意味を持つ。「手紙」をテーマに、"言葉"を通して繋がる心を表現した、珠玉のミディアムナンバーとなっている。■シングル「コトノハ」2017年5月10日( [全文を読む]

話題の映画『黒執事』の主題歌「Through the ages」を歌うのは虹色の歌声を持つ英国出身の21歳、ガブリエル・アプリン!!

PR TIMES / 2013年11月08日09時30分

映画のために主題歌を書き下ろしたのは絢香。海外アーティストに彼女が楽曲を提供するのは初。1位「水嶋ヒロ」、2位「黒執事」、3位「シエル」、4位「セバスチャン」――これは『黒執事』の実写映画化が発表された日のYahoo!リアルタイム検索(2013年1月9日)の「注目のキーワード」。ベスト10のうち7個を『黒執事』関連ワードが占拠。そんな話題の映画『黒執事』の [全文を読む]

【堺屋大地のドライブデート必勝テク14】女子のタイプ別!ドライブBGM10選《邦楽》

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年02月15日09時00分

back number/『クリスマスソング』 UNIVERSAL MUSIC JAPAN 現在ブレイク中のスリーピースロックバンド「back number」が昨年11月にリリースした曲で、2015年冬クールの月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』の主題歌でした。 ぶっきらぼうな言葉で綴られた歌詞が、男のピュアな想いが滲み出ているようでキュンキュンして [全文を読む]

アァ気まずい!「世代間ギャップ」なカラオケママ友会を上手に切り抜ける方法

WooRis / 2016年01月13日09時00分

メドレーを予約して、みんなで大合唱すれば、カラオケ苦手ママも場の空気を壊さず乗り切れます!また、アーティストが手掛ける大人も楽しめるアニメソングなら、男性編で6位に入っている映画『ドラえもん』の主題歌である“秦基博”の「ひまわりの約束」はいかがでしょうか?残念ながら、今回はランキング外の“SEKAI NO OWARI”も『クレヨンしんちゃん』の主題歌をきっ [全文を読む]

「月」の歌カラオケリクエストランキング

PR TIMES / 2015年09月26日10時57分

3位はTVアニメ「美少女戦士セーラームーン」の主題歌、DALI「ムーンライト伝説」がランクイン。また、14位にはセーラームーンシリーズの最新作「美少女戦士セーラームーンCrystal」の主題歌、ももいろクローバーZ「MOON PRIDE」もランキングされており、新旧の美少女戦士セーラームーン主題歌が多くの支持を集めています。 月の満ち欠けに、時間の流れや気 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】絢香、期間限定ブログで“出産前、最後の歌唱”となる『Mステ』出演に触れる。

TechinsightJapan / 2015年04月03日15時15分

本日の『Mステ SP』では、昨年放送されたNHK連続テレビ小説『花子とアン』の主題歌として書き下ろした『にじいろ』を披露する予定だ。 ※画像は『期間限定ブログ AYAKA Blog』のスクリーンショット。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

2014年思い出に残った曲のランキング1位は「アナ雪」

Walkerplus / 2014年12月15日14時09分

3DCG映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌である。ゲームとアニメの分野で社会現象にまでなっている「妖怪ウォッチ」のテレビアニメオープニング&エンディングテーマも、10位と17位にランクインしている。「麦の唄」(中島みゆき)や「にじいろ」(絢香)など、話題となった朝の連続テレビ小説の主題歌もランクイン。2014年のランキングは、ヒットした映像 [全文を読む]

テレビ局、制作会社関係者が愚痴る! 「一緒に仕事をしたくない若手アーティスト」

サイゾーウーマン / 2014年08月04日13時00分

10年放送の朝の連続ドラマ小説『ゲゲゲの女房』の主題歌を担当し、すっかりNHK御用達の優等生イメージの彼らですが、本人たちはどちらかといえば、頑固な職人といった印象。音楽家としては正しい姿勢かもしれませんが、できればあまり出演はしてほしくないです(笑)」 そして近年の女性アーティストで、最も制作陣から恐れられているのは絢香だという。 「『なぜか収録に夫・水 [全文を読む]

絢香、10周年を終え新たなスタートとなる新曲発売

dwango.jp news / 2017年03月24日14時16分

『コトノハ』は、NHK ドラマ10「ツバキ文具店 ~鎌倉代書屋物語~」(2017年4月14日22時スタート)主題歌として書き下ろされた楽曲。「コトノハ」は「心を種にして出た葉」という意味を持つ。もう会えない大切な人とも、時を超えて言葉が繋いでくれる。今作は「手紙」をテーマに、言葉を通して繋がる心を表現した、珠玉のミディアムナンバーとなっている。 また、先 [全文を読む]

水嶋ヒロ 一発逆転へ!“ピコ太郎”流で狙うハリウッド進出

WEB女性自身 / 2016年10月26日18時00分

「どう見ても、水嶋さんのほうが 主夫 でしたね(笑)」(前出の主婦) 2人は09年に結婚したが、絢香はNHK朝ドラ『花子とアン』の主題歌を歌って大ヒットを飛ばすなど、収入面で水嶋より一歩リードしていることは間違いない。 「ただ水嶋さんは 絢香のヒモ夫 と呼ばれるのを、何よりも嫌っているんです」(芸能関係者) そんな水嶋がいま 一発逆転 を狙っているという [全文を読む]

“国民的新人”花岡なつみ「いずれワンマンライブを」

Smartザテレビジョン / 2015年08月12日06時00分

武井咲主演の木曜ドラマ「エイジハラスメント」(テレビ朝日系)の主題歌「夏の罪」で、8月12日にCDデビューした新人アーティスト・花岡なつみにインタビュー。昨年の「第14回全日本国民的美少女コンテスト」の音楽部門賞を受賞したオスカープロモーション所属のルーキーとあり、勝手に近寄りがたいオーラがある難しいタイプかと思っていたが、取材部屋に来た彼女は、笑顔が印象 [全文を読む]

トリは松田聖子&嵐! 「紅白歌合戦」曲順発表!!

Smartザテレビジョン / 2014年12月25日21時20分

同アニメの主題歌「ゲラゲラポーのうた」やエンディング曲「ようかい体操第一」を一緒に歌ったり、キャラクターが嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」を歌ったりと夢のステージを作り上げる。 前半の締めくくりは、デビュー20周年で初出場となるV6。誰もが口ずさめるヒットナンバー「WAになっておどろう」を“紅白歌手全員参加”で送る予定だ。また、V6は紅組・白組の枠を越え [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】絢香の最新ライブツアーを生配信。朝ドラ『花子とアン』の主題歌『にじいろ』も披露。

TechinsightJapan / 2014年10月30日17時15分

【UULA 公式サイト】(http://uula.jp) (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

フォーカス