加藤綾子 宇垣美里に関するニュース

カトパン×水卜の2強時代を崩す、ふたりの新世代女子アナに注目!

週プレNEWS / 2016年01月17日06時00分

フジテレビの加藤綾子アナがある番組で『バラエティ番組ではマジメに振る舞うより、面白いと思った時は遠慮なく、大きく笑うようにしている』と語っていましたが、今の女子アナに求められるのは素のリアクション。 若手アナの中で、それが一番自然にできているのがTBSの宇垣美里アナ。大学まで関西で育ったこともあって、出演者とのかけ合いも言い回しが面白かったりする。TBSの [全文を読む]

ユミパンが『めざましテレビ』に抜擢。今年の新人アナは「黄金世代」だった!

週プレNEWS / 2014年10月12日06時00分

日本テレビの水卜(みうら)麻美アナやフジテレビの加藤綾子アナなどが注目を浴びる一方で、その下の世代はやや伸び悩んでいる感のあった女子アナ業界。だが、今年入社の新人アナたちは各局ともに粒ぞろいで、まさに「黄金世代」と呼ぶにふさわしいのである。 その代表格といえるのがフジの永島優美アナ。9月末から『めざましテレビ』と『バイキング』を担当しているほか、10月には [全文を読む]

カトパンがフジ亀山社長退任で大ピンチ!?Eカップ強調衣装で艶系路線に!

アサ芸プラス / 2017年05月23日17時58分

フジ出身のカトパンこと加藤綾子だ。「局アナ時代から、亀山社長はカトパンが大のお気に入りで、フリー転身後も重宝してきたと言われています。しかし今回、カトパンは後ろ盾を失ったことで、これからもフジでレギュラーを持ち続けられるという保証はない。ちょうど退社から1年経って他局への出演も事実上解禁された今、まさに正念場を迎えようとしています」(フジ関係者) その意気 [全文を読む]

「美女アナ四季報」26人の人気相場は波乱含み!(1)海外の取材クルーもNHK・杉浦アナのバストに…

アサ芸プラス / 2016年10月09日09時57分

フリー転向組の暴落、「加藤綾子の再来」と呼ばれる新興株の登場──視聴率ウオーズ「第3四半期」スタート前に知っておきたい、26人の「美女アナ四季報」を一挙公開しよう! 決算発表シーズンに入り、企業の好不調の差が如実に表れている。「シン・ゴジラ」や「君の名は。」が大ヒットした東宝は、16年8月中間連結の業績予想を上方修正。一方、百貨店の松屋は訪日外国人の買い上 [全文を読む]

ロリ系巨乳アナ・宇垣美里、スカートがめくれ上がる姿がセクシーと話題に

メンズサイゾー / 2015年12月09日17時15分

水卜に続いたのはフジテレビのエース・加藤綾子(30)。このトップツーは2013年から変わっていないが、トップ10には『ブラタモリ』のアシスタントを務めるNHKの桑子真帆(28)が初選出され、昨年10位だったフジテレビの山崎夕貴(28)が5位に入るなど新星の台頭も目立った。 だが、このランキングは10代~50代の男女1000名のアンケート結果をもとにしたも [全文を読む]

TBS・宇垣美里 VS テレ東・鷲見玲奈 “新世代NO.1バスト”はどっち?「朝から胸が縦横無尽に…」

アサ芸プラス / 2015年07月31日09時57分

元TBS・枡田絵里奈アナとNHK・杉浦友紀アナが結婚、さらにはフジ・加藤綾子アナの去就がスポーツ紙で報じられるなど、女子アナ界は目まぐるしく世代交代している。そんな古豪バスト自慢アナを差し置き、持ち前のロケットのような胸をユッサユサと揺さぶり群雄割拠の先頭に躍り出た新世代2トップを拝み倒す! TBS・宇垣美里アナ(24)、テレビ東京・鷲見(すみ)玲奈アナ( [全文を読む]

TBS宇垣美里アナの熱愛発覚で高笑いの先輩アナたち

アサ芸プラス / 2014年05月23日09時59分

「局としては、フジテレビの加藤綾子アナ(29)のように大きく育てる予定でした。先輩アナの青木裕子(31)や田中みな実(27)のチャラい印象を脱却したかったのに、『これでは今までと変わらない』と、激怒していました」 その一方で、ほくそ笑んでいたのは先輩女子アナたち。 「FLASHに掲載されるという話が局内で話題になると、女子アナたちは『早すぎ、新記録じゃな [全文を読む]

「とんでもない逸材が入ってきた!」TBSの新人女子アナに“第二の田中みな実”の声

メンズサイゾー / 2014年04月09日10時00分

「女子アナ界の女王」の異名をとる加藤綾子アナが所属するフジテレビの新人、永島優美も注目株だ。永島は初代神戸ウエディングクイーン、ミス関西学院に輝いており、サッカー元日本代表の永島昭浩氏の長女ということでも知られている。 そんな中、今春TBSに入社した宇垣美里(うがき・みさと)が「かわいすぎる」「とんでもない逸材」とネット上で話題になっている。同志社大学出 [全文を読む]

フォーカス