プロ野球 坂本勇人に関するニュース

スカパー調べ プロ野球女子がメロメロ! イケメン選手ランキング 1位「日本ハム・大谷翔平」2位「巨人・坂本勇人」

@Press / 2017年03月02日12時00分

いよいよ3月7日に侍ジャパンが出場するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドが開幕し、3月31日にはプロ野球のセ・パ両リーグが開幕します。スカパー!では、プロ野球セ・パ公式戦を生中継中心に徹底放送します。また、すでに2月から各チーム、球団のキャンプおよびオープン戦の模様や特別番組を放送しています。スカパー!は、今年も放送を通じて、プロ野 [全文を読む]

オールスターゲーム2016応援の人気レースでも大谷が圧勝!!

@Press / 2016年07月19日11時00分

人気プロ野球解説者の里崎智也氏をはじめ、熱狂的なプロ野球ファンであるタレントやお笑い芸人が名誉会員となり、プロ野球の応援フリークたちによる非公認団体として今年3月に発足した「日本プロ野球応援協会(Japan Baseball Cheering Association/以下JPBCA)」。「投・打・捕・走」の成績ではなく、「応援」という新しい視点でプロ野球[全文を読む]

シーズン真っ只中で再燃した野球賭博・裏社会問題はやはり「底なしの沼」なのか......『諸悪の根源』は巨人とNPBの「慣れ合い」か

Business Journal / 2016年07月28日13時00分

プロ野球界の「すべての膿を出し切る」というつもりで調査を行なったのではなかったのか。 今年のプロ野球開幕直前、巨人の高木京介投手の謝罪会見で一応のケリがついたように見えた野球賭博問題。だが、この数カ月間でNPB(一般社団法人日本野球機構)が行なったことは膿を出し切るどころか、さらなる“どす黒い瘡蓋(かさぶた)”を作ることだったようだ。 28日発売の「週刊文 [全文を読む]

楽天・則本昂大が成し遂げた“野茂超え”

ベースボールキング / 2017年06月02日12時00分

プロ野球新記録が誕生! 楽天のエースが、金字塔を打ち立てた。 6月1日、Koboパーク宮城で行われた楽天-巨人の一戦。先発マウンドに登った則本昂大には、ある記録がかかっていた。『7試合連続2ケタ奪三振』。この日10個以上の三振を奪えば、連続2ケタ奪三振のプロ野球新記録が誕生する。 昼間の雨の影響で試合開始が30分遅れたなか、立ち上がりは三者凡退のスター [全文を読む]

巨人ファンは最後まで諦めない!!

@Press / 2016年09月07日10時00分

人気プロ野球解説者の里崎智也氏をはじめ、熱狂的なプロ野球ファンであるタレントやお笑い芸人が名誉会員となり、プロ野球の応援フリークたちによる「日本プロ野球応援協会(Japan Baseball Cheering Association/以下JPBCA)」が、最新のプロ野球ペナントレース応援ランキングを発表しました。同協会が公式ツールとして認定・採用している一 [全文を読む]

【巨人】矢野謙次と大田泰示、札幌で再会する「元・巨人」の男たち

文春オンライン / 2017年06月09日11時00分

人生もプロ野球も…。ついに巨人が75年の長嶋監督時代の11連敗を更新する球団ワーストの13連敗。「負けたことがあるというのがいつか大きな財産になる」と『スラムダンク』の山王工業・堂本監督の台詞が身に沁みるチーム状況。で、しばしの現実逃避で思うわけだ。あの頃は強かったなと。栄光の原巨人時代、今は日本ハムで活躍する代打の切り札・矢野謙次と未来のスラッガー大田泰 [全文を読む]

巨人主力選手などに「元暴力団組長」と交流が! 外だけでなく、同時期には「有名な身内OB」との関わりを禁止する通達も!?

Business Journal / 2016年07月27日21時00分

広域指定暴力団の元組長A氏と、プロ野球の複数の選手に“接点”があったことを28日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じているようだ。 NPB(一般社団法人日本野球機構)が6月中旬、「手配書」としてA氏に近づかないよう通達していたようだ。現状、同誌は巨人の坂本勇人、長野久義、内海哲也など8球団28名(OB含む)に接点があったとしている。 昨年より一部選手の「野 [全文を読む]

モー娘。牧野、こぶし広瀬、つばき谷本…ハロプロはマニアックな「野球好き」がいっぱい!?

日本タレント名鑑 / 2017年03月27日11時10分

「ハロプロ」と「プロ野球」といえば、かつて“黄金時代”といわれた大人気の時代があり、一時期、別勢力に押され気味で勢いを失っていた時期も存在するものの、根強いファンに支えられ、今やスタンダードな人気になっている…そんな共通点があります。 最近はハロプロ以外でも、マニアック、オタク気味の知識を持つ野球好きが増えています。元SKE48で現在フリーアナウンサーとし [全文を読む]

【プロ野球】シーズンオフの風物詩!? ミスタープロ野球が広めた「自主トレーニング」にまつわるアレコレ

デイリーニュースオンライン / 2017年01月05日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■自主トレが広まったのは「ミスタープロ野球」から? 自主トレが注目されるようになったのは、やはり「ミスタープロ野球」こと長嶋茂雄の影響だ。 巨人での現役、監督時代を通して日本一の標高を誇る富士山を愛した長嶋は、1967年から1973年まで、富士山がよく望める伊豆・大仁にて自主トレを行った。 [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

今年も盛況のうちに幕を閉じたプロ野球。セ・リーグ打者では筒香嘉智が本塁打王と打点王の二冠を獲得。パ・リーグではレアードが初の本塁打王に輝く活躍を見せた。 しかし、野球の数字は打率、本塁打、打点、安打数、出塁数、盗塁数といった目立つものだけではない。 タイトルではないスタッツで「裏王者」となった選手たちを紹介しよう。まずは野手編。 ※野球の見方が変わるスマホ [全文を読む]

【プロ野球】セ・リーグのCSを盛り上げたDeNAと巨人。「敢闘賞」選手は、同学年のこの二人!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月21日16時05分

文=藤山剣(ふじやま・けん) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】チームを引っ張る男たちの活躍は? 12球団“キャプテン”通信簿

デイリーニュースオンライン / 2016年10月18日17時05分

CS、日本シリーズと熱い戦いが続くプロ野球。今季のプロ野球では広島、ヤクルト、オリックスを除く9球団がキャプテン制を採用し、シーズンを戦った。 ポストシーズンはまだまだ続くが、シーズンを通じて、“キャプテン”たちの活躍はどうだったのだろうか? チームを背中で率いる男たちの成績を採点してみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

後半戦に突入したプロ野球。3月の開幕が昨日のよう。季節の移ろいは早いものである。 ところで贔屓球団の開幕スタメンを覚えているだろうか? その時点ではベストメンバーであるはずの開幕スタメンだが、蓋を開けてみれば、ケガや不振などで打線のてこ入れを余儀なくされるのが常だ。 しかし、概ね、「メンバーの固定化」は強いチームによく見られる特徴だと、解説者・評論家などは [全文を読む]

“プロ野球死亡遊戯”中溝康隆、最新刊!『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』3月25日発売!!坂本勇人選手インタビュー、ファン直撃・三村マサカズ(さまぁ~ず)インタビュー掲載!

DreamNews / 2016年03月24日12時00分

大人気ブログ「プロ野球死亡遊戯」主宰者・中溝康隆の最新刊『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)が、3/25に発売される。本書は、巨人2軍の20選手以上のリアルをサラリーマン社会に置きかえて収録。青年コミック誌「ヤングアニマル」の連載コラムを再編集・加筆した一冊です。現役選手インタビュー・坂本勇人/立岡宗一郎/小林誠司、ジャイアンツファン直撃・ [全文を読む]

【野球賭博で激震】あらためて振り返る伝統の巨人軍”背番号の重み”

デイリーニュースオンライン / 2016年03月16日07時00分

プロ野球開幕に胸躍らせるこの時期、残念なニュースが飛び込んできた。名門球団・巨人軍が関与した、一連の野球賭博に関する報道だ。 日本プロ野球創生期から「球界の盟主」として君臨してきた巨人軍。偉大な先達たちが築いてきた歴史と伝統によって、その絶大なる人気は現在も継承されている。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! 例えば、背番号に [全文を読む]

巨人キャプテンの伝統!? 「3万円ケチって」女性スキャンダル発覚の坂本勇人は大丈夫か

日刊サイゾー / 2015年03月02日09時00分

キャンプシーズンが到来し、徐々に盛り上がるプロ野球だが、今シーズンから巨人のキャプテンを史上最年少で務める、巨人・坂本勇人内野手(26)の“ベッド写真”が「フライデー」(講談社/3月6日号)に掲載された。 同誌によると、坂本と一夜を共にし“ベッド写真”を撮影したのは、女優の片瀬那奈に似た、巨人のキャンプ地・宮崎市内のキャバクラに勤める、長身・巨乳の女性。今 [全文を読む]

田中理恵 坂本勇人との熱愛で迫られる“人生の選択”

WEB女性自身 / 2014年03月19日07時00分

3月14日発売の写真週刊誌『フライデー』で、元体操五輪代表・昨年12月に現役引退を発表した田中理恵(26)と、プロ野球・巨人の坂本勇人(25)の熱愛2ショット写真が掲載された。 記事では2人の知人が、田中と坂本は結婚を前提に交際していると明かしている。しかも早ければ、今年末にもゴールインとも。坂本は、将来の妻となる女性の条件として「24時間、自分を支えてく [全文を読む]

野球選手の「好きなタイプ」 女性人気高いほど具体名挙げず

NEWSポストセブン / 2014年02月20日16時00分

オープン戦も始まり、今年のプロ野球もいよいよ盛り上がりを見せてきた。そうしたなかで、ファンにとって、観戦に欠かせないアイテムといえば、『プロ野球選手名鑑』だ。 選手のプライベートな一面まで垣間見える情報が載っており、ファンならずとも楽しめる。『週刊ベースボール増刊 プロ野球全選手カラー写真名鑑』(ベースボール・マガジン社)には、各選手の『好きなタイプ』が記 [全文を読む]

プロ野球選手の特技 昔は『口で屁の音出す』『江川いびり』等

NEWSポストセブン / 2012年02月15日16時01分

キャンプも中盤に入り、いよいよオープン戦も始まるプロ野球。そろそろ、出版各社の選手名鑑も出揃う時期である。選手名鑑の楽しみは、単にチームの新陣容を見るだけに留まらない。ファンにとっては、選手の『趣味・特技』や『理想のタイプ』といった普段知ることのできない一面をのぞけるという喜びもあるのだ。 『2012プロ野球全選手カラー写真名鑑』(週刊ベースボール増刊2/ [全文を読む]

プロ野球「好かれる選手or嫌われる選手」番記者たちの座談会

日刊大衆 / 2017年06月10日07時05分

プロ野球が開幕して2か月あまり。いいスタートを切った選手がいれば、つまずく選手もいる。成績によって他人への対応も変わるもの。そこで、本誌は選手たちの対応について暴露してしまおう。■座談会参加者A=球界に精通したベテラン記者B=数球団の情報を持つ遊軍記者C=西日本の球団に詳しい若手記者D=夕刊紙のエース記者A 今回のテーマは「好かれる選手」「嫌われる選手」。 [全文を読む]

フォーカス