坂本勇人 内海哲也に関するニュース

アディダスとベネッセが、スポーツも勉強も全力で頑張るお子様へ応援するマストバイキャンペーンを実施!!

PR TIMES / 2013年04月15日19時26分

香川真司、内田篤人、鮫島彩、村上佳菜子、内海哲也、坂本勇人あこがれの選手サイングッツをプレゼント! マルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社(本社:東京都港区六本木、代表取締役:ポール・ハーディスティ)と、通信講座「進研ゼミ」などでお子さまの学びを支援する株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市南区、代表取締役社長:明田 英治)は、共同で [全文を読む]

アディダスとベネッセが、スポーツも勉強も全力で頑張るお子様を応援するマストバイ キャンペーンを実施!!

PR TIMES / 2014年03月17日17時16分

また、抽選で45名様に香川真司、内田篤人、清武弘嗣、酒井高徳、田中陽子、村上佳菜子、太田雄貴、内海哲也、坂本勇人といった国内外で活躍するアディダス契約選手の直筆サイングッズをプレゼントします。さらに、WEB(パソコン・携帯)で応募した人の中から抽選で10名様に人気のアディダス エナメルバッグもプレゼントします。 アディダスでは「みらいのヒーロー、ヒロインへ [全文を読む]

アディダスとベネッセが、スポーツも勉強も全力で頑張る お子様を応援するマストバイ キャンペーンを実施!!

PR TIMES / 2014年03月17日15時01分

アディダス キッズ商品を購入し、キャンペーンに応募すると全員にアディダス6色ボールペンをプレゼント! さらに、香川真司、内田篤人、清武弘嗣、酒井高徳、田中陽子、村上佳菜子、太田雄貴、 内海哲也、坂本勇人の、あこがれの選手の直筆のサイングッズが45名様に当たる! マルチスポーツブランドのアディダスジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール・ハーデ [全文を読む]

二塁は若手に? 不振の中井は由伸監督の“恋人”になれるか

NEWSポストセブン / 2017年05月28日07時00分

打線の軸は坂本勇人と阿部慎之助で、周りを外国人や長野久義などが固めている状況は、原辰徳監督時代と代わり映えしない。 その中で、目を引くのが開幕からセカンドに起用している中井大介だ。開幕戦でいきなり2安打を放つも、その後は不振に陥り、打率は2割台前半に。セカンドには片岡治大やルイス・クルーズなどが控えるにもかかわらず、高橋監督は我慢強く使い続けた。野球担当記 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC 代表選手・監督・コーチ ■投手 大谷翔平(22=日本ハム)右投左打 増井浩俊(32=日本ハム)右投右打 宮西尚生(31=日本ハム)左投左打 菅野智之(27=巨人)右投右打 秋吉亮(27=ヤクルト)右投右打 牧田和久(32=西武)右投右打 則本昂大(26=楽天)右投左打 松井裕樹(21=楽天)左投左打 千賀滉大(23=ソフトバンク)右投左 [全文を読む]

【プロ野球】シーズンオフの風物詩!? ミスタープロ野球が広めた「自主トレーニング」にまつわるアレコレ

デイリーニュースオンライン / 2017年01月05日17時05分

例えば巨人の場合、内海哲也、山口鉄也を中心とした投手陣や、阿部慎之助を中心に長野久義、坂本勇人らが加わった野手陣が、いずれもグアムで自主トレを行ってきた。 特に野手陣は、リーダーである阿部が若手選手たちの滞在費、当地での施設使用費などを全て負担するというものだ。その様子は以前、スポーツニュースでも取り上げられたことがある。 しかし、阿部は2016年から長野 [全文を読む]

“プロ野球死亡遊戯”中溝康隆、最新刊!『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』3月25日発売!!坂本勇人選手インタビュー、ファン直撃・三村マサカズ(さまぁ~ず)インタビュー掲載!

DreamNews / 2016年03月24日12時00分

現役選手インタビュー・坂本勇人/立岡宗一郎/小林誠司、ジャイアンツファン直撃・三村マサカズ(さまぁ~ず) 等を収録。“プロ野球死亡遊戯”中溝康隆、最新刊!『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)3/25発売!!間もなく6500万PVに達する大人気ブログ「プロ野球死亡遊戯」主宰者・中溝康隆の最新刊『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社 [全文を読む]

40年ぶりの連続日本一を目指す"読売ジャイアンツ"と、日本一奪還を目指す"福岡ソフトバンクホークス"の選手登場曲を集めたコンピレーション発売!

PR TIMES / 2013年06月27日16時03分

『読売ジャイアンツ 選手テーマ曲2013』には40年ぶりの連続日本一を目指す"読売ジャイアンツ"の選手が、バッターボックス登場時に使用するテーマ曲を収録!お馴染みの阿部慎之助選手のテーマ曲Earth, Wind&Fireの「September」や坂本勇人選手のテーマ曲GReeeeNの「キセキ」他、このCDでしか聴けない、選手オリジナルver.の楽曲も収録! [全文を読む]

【巨人】因縁の地・仙台で「挑戦者」として再出発する由伸巨人

文春オンライン / 2017年05月30日11時00分

今季ここまでキャプテン坂本勇人とスーパーエース菅野智之の投打の柱、セットアッパーを務めるマシソンの大車輪の活躍で、フラフラになりながらなんとかAクラスに踏みとどまっているのが現状だ。 そんな苦しむ由伸巨人を横目に30勝12敗でリーグ首位を快走する楽天は、日本一の翌年入団の松井裕樹が2年連続30セーブ以上と球界屈指のクローザーへと成長し、野手では生え抜き野手 [全文を読む]

主力選手高齢化が深刻な巨人…生え抜きスターが育たない!

週プレNEWS / 2017年05月15日11時00分

「最近でこそ若い選手を抜擢(ばってき)している高橋由伸監督ですが、試合を決めているのはベテランの阿部慎之助や坂本勇人。もっとフレッシュな新戦力が出てこないと、将来が思いやられます…」 広島や阪神、日本ハムでは20代の若手選手が次々と現れ、グラウンドを駆け回っているのに対して、巨人の主力選手の高齢化は深刻だ。 打者では阿部慎之助(38歳)、村田修一(36歳 [全文を読む]

OP戦から不振が続く巨人・長野久義

ベースボールキング / 2017年04月06日10時00分

昨季首位打者の坂本勇人が打率.353、4番の阿部慎之助も開幕から打撃好調で打率.412、3本塁打、10打点、新外国人のマギーも5日のDeNA戦に移籍後初の猛打賞を記録するなど、状態をあげている。 坂本、阿部、マギーといった主力が開幕から期待通りの働きを見せる中、2011年に首位打者を獲得するなど長年打線を引っ張ってきた長野久義の状態が少し心配だ。 『6番 [全文を読む]

開幕5連勝の巨人に野村氏「投げる人が投げて、打つべき人が打っている」

ベースボールキング / 2017年04月05日21時20分

続く4回に坂本勇人の犠飛で追加点を挙げた。 先発した内海は、走者を出しながらも粘りの投球で7回を1失点に抑えた。3点リードの8回から登板したマシソンが1点を失ったが、9回は守護神のカミネロが三者凡退に抑えた。 巨人の開幕5連勝にニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた野村弘樹氏は「投げる人が投げて、打つべき人が打っている。そういう野球をしている」と話 [全文を読む]

【プロ野球】今年の巨人は逆大穴? 優勝奪還に黄信号。オープン戦“最下位”の理由は?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月04日17時05分

WBCで坂本勇人を欠いたとはいえ、チーム打率が12球団中最下位の.196では勝てるはずがない。 特に主力陣の調子がすこぶる悪かった。阿部慎之助が打率.182、村田修一が打率.128、長野久義が打率.208。阿部、村田の尻を叩くために獲得したマギーも打率.148。2年目の飛躍が期待されたギャレットにいたっては打率.077の大不振だった。 気を吐いたのは立岡宗 [全文を読む]

オープン戦最下位の巨人が抱える「4つの不安要素」

ベースボールキング / 2017年03月27日17時30分

WBCの侍ジャパンに坂本勇人、菅野智之、小林誠司といった投打の主軸を派遣したと言っても、4年前の13年大会では12球団最多の7名が代表選出されながらもオープン戦首位で終えたことを考えると、チーム全体の選手層があの頃より薄くなっているのは事実だろう。今回はオープン戦から見えてきた由伸巨人の4つの不安要素をチェックしてみよう。◆ 1.レギュラー陣の高齢化 こ [全文を読む]

大型補強が話題の巨人、投手陣のビミョーな派閥関係

NEWSポストセブン / 2017年01月24日16時00分

たとえば、1年前に派閥を解消した阿部慎之助(37)が、後輩捕手・小林誠司(27)とチーム(というか派閥)再結成に動き、グアムで自主トレを行なったにもかかわらず、同じグアムで自主トレをする元同派閥の坂本勇人(28)や長野久義(32)らの「チーム・サカチョー」と合流しないのも、微妙な距離感の表れだ。 「休みの日には一緒にゴルフをしていますから、関係は悪くないと [全文を読む]

高橋由伸監督を悩ます巨人の複雑なチーム内派閥事情

NEWSポストセブン / 2017年01月23日16時00分

実は、巨人では過去に最大派閥だった『チーム阿部』がいったん“解体”された経緯があるのです」(前出の担当記者) もともと阿部は、坂本勇人(28)や長野久義(32)といった生え抜きの主力を誘ってグアムで自主トレをしてきた。そこに藤村大介(27)や大田泰示(26、昨年11月にトレードで日ハムに移籍)ら若手も合流。 「グアム滞在中の食費や宿泊費まですべて阿部が負担 [全文を読む]

巨人&阪神の大物OBが喝!「優勝できなかった理由はコレだ!」

日刊大衆 / 2017年01月07日10時00分

坂本勇人は大丈夫だけど、長野がもう少し頑張らないと、巨人は浮上できないだろうね」――伸びそうな若手は? 「一人もいない。重信慎之助にしても橋本到にしても、それぞれチャンスはもらっているんだけど、そのチャンスを生かしきれないまま、また二軍に落ちてしまう」――巨人は若手が育たないとよくいわれますが、どこに問題があるんでしょうか。「巨人は人気球団なんで、二軍選手 [全文を読む]

大谷翔平 巨人のコスト感なら10億払ってもいい

NEWSポストセブン / 2016年10月19日07時00分

◆高額年俸選手「コスパ」一覧【主な投手編】1アウト当たりのコスト大谷翔平(日本ハム、22):23.81万円涌井秀章(ロッテ、30):38.87万円メンドーサ(日本ハム、32):50.38万円マイコラス(巨人、28):87.27万円内海哲也(巨人、34):124.22万円松坂大輔(ソフトバンク、36):13333.33万円【主な打者編】1塁打当たりのコスト大 [全文を読む]

【プロ野球】《引退選手のドラフトをプレイバック》派手さはないが存在感抜群。サブロー(ロッテ)がバットを置いた

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日16時05分

いや、ファンだけでなく、元チームメイトでもある巨人の坂本勇人、長野久義、阿部慎之助、山口鉄也、内海哲也、クルーズまでもがQVCマリンフィールドに駆けつけた。 まだ順位が確定していないシーズン終盤の大事な時期に、主力メンバーがこぞって他球団選手の引退試合の観戦に訪れるなんて、異例も異例。それでも「行きたい、行かなければ」と思わせる何かがあったのだろう。 「 [全文を読む]

巨人を再震撼させた原元監督への「1億円恐喝男」を独占直撃(1)Kからの球団への恐喝内容とは?

アサ芸プラス / 2016年09月11日09時56分

何人もの有名選手が懇意にしていたようで、特に巨人は、坂本勇人(27)、長野久義(31)、内海哲也(34)ら、多くの主力選手が交遊していた。Xは試合後に選手を引き連れて六本木に繰り出しては、食事を共にし、二次会ではキャバ嬢やタレントのような20代の美女たちを集めてもてなし、球界人脈を広げていたんです。選手たちのいい兄貴分のような存在でしたが、笑った時でも目の [全文を読む]

フォーカス