過去 窪塚洋介に関するニュース

「東京にいたらもたない」豊田利晃が小笠原諸島に移住してまで舞台を創ったワケ

ソーシャルトレンドニュース / 2016年09月16日17時46分

中盤では、豊田監督の創作の根底にあるものについて触れ、後半は、実際の『怪獣の教え』の脚本や過去の作品の台詞をもとに、豊田作品の言葉を解明することを試みた。 ■『怪獣の教え』の方向に悪くなってきてしまっている日本――初演から1年が経ちます。この1年間で豊田さんが日本社会に感じた変化はありますか?「この作品は、小笠原から見えた、東京・都市やシステムを描いていま [全文を読む]

“出演作品はアレで決める”窪塚洋介のとらわれない在り方

ananweb / 2017年07月12日22時00分

――マルには隠された過去があり、後遺症に苦しみつつ世の中の片隅でひっそり生きている。彼の日々は自堕落ですが、窪塚さん自身は、そういう経験ありますか? 窪塚:う~ん、俺、16歳から俳優の仕事をしているんですけれど、なんていうか、“自堕落な日”はあっても、“自堕落な季節”はないですね。そういう意味では、マルにシンパシーを感じたりってことはないです。ただ、基本 [全文を読む]

窪塚洋介&浅野忠信をマーティン・スコセッシ監督も絶賛! 映画『沈黙』場面写真解禁

AOLニュース / 2016年10月25日12時00分

「監督とのオーディションで言葉を超えた感覚を共有できた」と語る浅野に対してスコセッシ監督は、「彼はキチジロー役のオーディションを受けたが、過去の出演作品を観て、通辞役が良いのではないかとオファーした。結果はパーフェクトだった」と語っている。 遠藤周作が原作執筆にあたってテーマとしたのは"人間の弱さ"。強い信念を持って日本にたどり着いた若き司祭ロドリゴに執拗 [全文を読む]

映画『沈黙』スコセッシ監督が来日 窪塚洋介・浅野忠信のキャスティング理由を語る

ガジェット通信 / 2016年10月19日22時00分

「浅野さんもキチジロー役のオーディションを受けたが、彼の過去作品を観て、通辞役が良いのではないかと思い、お願いをしたらパーフェクトでした」と説明した。 スコセッシ監督の印象について問われた窪塚は、「初日に監督がきれいなスーツを着ていて、汚い酒場で撮影だったんですけど、演出を伝える時に床に手をついて再現していて“スーツが汚れる!”と思いました(笑)」「それく [全文を読む]

注目の若手俳優・白洲迅「心のマッサージ的存在」の作品とは?

ananweb / 2017年07月03日12時00分

過去出演作にドラマ『ごめんね青春!』など。 ※2017年7月5日号より。取材、文・野村紀沙枝 (by anan編集部) [全文を読む]

市川由衣、窪塚×降谷W主演作のヒロインに「夢にも思いませんでした」

Smartザテレビジョン / 2017年02月24日08時00分

付き合っていた男性にストーカーされ、その男性と別れ話をつけるためにボディーガードを秀晃に頼むが、同時に人には言えない過去を持ち、別の男性たちにも追われる。 一人息子を守るため、全てにカタを付けようと、秀晃と郁巳たちの手を借りて、立ち向かうという役。 昨年の1月下旬~2月上旬に撮影された本作。雪が降るなどとても寒い時期での撮影だったが、本作品では逃走シーンや [全文を読む]

この世のものとは思えない美しさ...中条あやみ、涼しげな知的美女ぶりで話題に

メンズサイゾー / 2016年06月21日20時30分

さらに、このキャンペーンでは過去に出版されたさまざまな文庫本の表紙を中条が担当する企画も実施。その表紙は写真集さながらのデザインになっており、「全部手に入れなきゃ」と意気込む人も相次いでいるようだ。 「同キャンペーンでは、これまでに多部未華子さん(27)や蒼井優さん(30)といった人気女優たちがイメージキャラクターを担当し、書店の"夏の風物詩"として店頭に [全文を読む]

Hey!Say!JUMP・中島裕翔と菅田将暉の仲を夏帆が怪しむ「デキてるんじゃないかと思った」

Entame Plex / 2015年11月26日22時04分

それというのも過去に柳楽の“激太り”と“激ヤセ”はニュースにまでなっており、本人の話では「多いときは25kg太った」とのことだ。 イベントは終始なごやかなムードで、最後に中島が「僕の至らない点もあると思いますけど、ただアイドルが出ているだけの映画ではないことと、皆さん62分後に『エッ!?』となると思うので覚悟していてください! ありがとうございました!」と [全文を読む]

フォーカス