映画 窪塚洋介に関するニュース

ローラに窪塚洋介…日本人のハリウッド進出ラッシュに明暗

デイリーニュースオンライン / 2015年10月23日08時00分

とくに今年は、映画『バイオハザードシリーズ』の最新作にローラ(25)が出演。他にも、マーティン・スコセッシ監督の『Silence』(遠藤周作原作:沈黙)に、浅野忠信(41)、窪塚洋介(36)などが出演する。 10月20日発売の「女性自身」(光文社)では、ハリウッド進出タレント&俳優を徹底と調査。映画ライターのよしみちまさみさん、映画コメンテーターの有村昆さ [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

著作が売れたことで見栄や詐欺などで金銭を失い、離婚や大麻所持での逮捕などトラブルが続き、戦争は200日では終わらず、1983年の高部知子さんが娘を演じたドラマに続き、同年渡辺典子さんの映画、1994年の瀬能あづささん、2005年の安達祐実さん、2012年の成海璃子さんでそれぞれドラマ化。さらに舞台化もされています。 不良少女からドジっ子女教師に?『スケバ [全文を読む]

“出演作品はアレで決める”窪塚洋介のとらわれない在り方

ananweb / 2017年07月12日22時00分

――今月公開される映画『アリーキャット』を拝見しました。窪塚さんとDragon Ashの降谷建志さんのお二人がメインで、世の中からちょっとはみ出しちゃった男性2人のやりとりが、切ないんですがかわいらしくて、愛おしい映画でした。 窪塚:男のバディムービーなんですが、ピュアな二人ですよね。俺が演じたマルという男は、不器用で、生きることに貪欲じゃないというか。 [全文を読む]

Hey!Say!JUMP・中島裕翔と菅田将暉の仲を夏帆が怪しむ「デキてるんじゃないかと思った」

Entame Plex / 2015年11月26日22時04分

11月26日、都内にて映画「ピンクとグレー」完成披露試写会が行われ、主演を務めるHey!Say!JUMPの中島裕翔をはじめ、キャストの菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、柳楽優弥、そして、行定勲監督が登壇した。 本作は、アイドルグループ:NEWSの加藤シゲアキが、芸能界のウソとリアルを描いた原作を映画化。本作が映画初出演・初主演となる中島は、「監督が行定さんで、原 [全文を読む]

<窪塚洋介も大役をオーディションで獲得>巨匠マーチン・スコセッシ監督が遠藤周作の名作「沈黙」を映画化

メディアゴン / 2015年08月21日07時00分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]* * *イギリスの古書店から取り寄せて1971年に制作された篠田正浩監督による映画「沈黙 SILENCE」を観た。日本の古本屋では10000円の値をつけている。言わずと知れた、クリスチャンの作家である遠藤周作の谷崎潤一郎賞受賞作『沈黙』の映画化である。1966年に書き下ろされた「沈黙」 は17世紀の日本の史 [全文を読む]

窪塚洋介×降谷建志に海外の“実話”…猫が幸せを運ぶ、日英のキャットムービー

dmenu映画 / 2017年07月14日07時00分

映画は時代を映し出す鏡。猫をテーマにした作品が日英で登場するのもその証だろう。実話を基にしたイギリス映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』。そして、窪塚洋介とDragon AshのKjこと降谷建志が共演する日本映画『アリーキャット』。いずれも猫が縁で、人生の次の一歩を踏み出していく男性の姿を描いている。つまり、猫は人間を救う(ことも多々ある)のである。 [全文を読む]

窪塚洋介×降谷建志がバディムービーで初タッグ!

Entame Plex / 2016年12月19日19時15分

俳優の窪塚洋介とDragon Ashの降谷建志が、2017年7月全国公開予定の映画『アリーキャット』で初タッグを果たすことが発表された。 本作は、野良猫のように街の片隅でひっそり生きている男、そしてひょんなことからバディとなった男。そんな二人の男たちを中心に描いた人間ドラマ。窪塚演じる主人公の朝秀晃(通称マル)は元・ボクシングの東洋チャピンオン。試合中の頭 [全文を読む]

「東京にいたらもたない」豊田利晃が小笠原諸島に移住してまで舞台を創ったワケ

ソーシャルトレンドニュース / 2016年09月16日17時46分

映画監督・豊田利晃の手による伝説的公演『怪獣の教え』が1年ぶりに再演される。『青い春』『ナイン・ソウルズ』『空中庭園』といった作品で高い評価を得てきた豊田監督。だが、昨年の『怪獣の教え』は、単なる“映画監督の舞台進出作品”という枠では語ることのできない、豊田監督自身の手による映像や、自身も所属する音楽ユニットTWIN TAILの生演奏も融合した新たなものに [全文を読む]

永遠のカリスマ! 窪塚洋介、「かっこいい」生き方の秘密を探る

dmenu映画 / 2017年07月17日07時00分

そういう世代のやつらをここから作っていくわけだから、これからは時代の流れも変わってくるだろうし、すごい高いところにアンテナ張ってその流れをリードしていく」~転落事故から復帰後、初主演した映画『同じ月を見ている』インタビュー中の言葉~ 2000年に放映された「池袋ウエストゲートパーク」のキング役をきっかけに大ブレイクしたのち、映画『GO』『ピンポン』『凶気の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】窪塚洋介×降谷建志 悪そうなヤツらの主演ムービーで品川祐が「悪~い役」

TechinsightJapan / 2017年07月15日19時00分

窪塚洋介と降谷建志(Dragon Ash)のW主演映画『アリーキャット』が7月15日より公開された。元ボクサーで警備員のアルバイトをしている朝秀晃(窪塚洋介)が、猫を巡って風変りな自動車整備工の梅津郁巳(降谷建志)と知り合う。2人はシングルマザーの土屋冴子(市川由衣)に出会ったことから騒動に巻き込まれていく。 メガホンをとった榊英雄は映画『捨てがたき人々』 [全文を読む]

【発売当日 緊急重版決定!】大野智表紙&巻頭特集『キネマ旬報NEXT Vol.13』が同誌販売数で最高記録の見込み

PR TIMES / 2017年06月16日14時00分

豪華プレゼントも!~話題の俳優のインタビューを中心に最新の映画情報を掲載した『キネマ旬報NEXT Vol.13』(6月15日発売/926円+税)。皆様より大変ご好評をいただき、同誌販売数で最高記録の見込み、発売当日の6月15日夜に緊急重版が決定いたしました。[画像: https://prtimes.jp/i/26364/3/resize/d26364-3- [全文を読む]

窪塚洋介、降谷建志との映画共演で「初対面なのに昔からのツレみたい」

ザテレビジョン / 2017年06月24日06時25分

7月15日(土)より公開される窪塚洋介主演の映画「アリーキャット」のプレミア上映会がユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われ、キャストの窪塚、降谷建志(Dragon Ash)、市川由衣、品川祐、榊英雄監督が登壇した。 本作は、野良猫のように街の片隅でひっそり生きる男、通称マルこと朝秀晃(窪塚洋介)が、ひょんなことからバディーとなった男、通称リリイこ [全文を読む]

Dragon Ash降谷建志、窪塚洋介との初共演作で「新人俳優」といじられる

映画.com / 2017年06月23日23時00分

映画.com ニュース] 窪塚洋介とミュージシャンの降谷建志(Dragon Ash)が初共演した映画「アリーキャット」のプレミア上映会が6月23日、都内の劇場で行われ、窪塚と降谷をはじめ共演の市川由衣、品川祐(品川庄司)、榊英雄監督が上映前の舞台挨拶に登壇した。 ボクシングの元東洋チャンピオン・朝秀晃(窪塚)と自動車整備工場で働く梅津郁巳(降谷)が、スト [全文を読む]

市川由衣、窪塚×降谷W主演作のヒロインに「夢にも思いませんでした」

Smartザテレビジョン / 2017年02月24日08時00分

このたび、7月にテアトル新宿ほか全国ロードショーとなる映画「アリーキャット」のヒロイン役で、市川由衣が出演することが分かった。 本作は、野良猫のように街の片隅でひっそり生きる男が、ひょんなことからバディーとなった男と一緒に、一人の女を守るために奮闘し、アツイ思いを取り戻していく物語。闇社会に絡んだクライムサスペンスの要素を持ちつつも、人生に躓いた人間の再生 [全文を読む]

主演映画公開直前に休養の沢尻エリカ 過激濡れ場の後遺症か

NEWSポストセブン / 2012年05月18日16時00分

「別に…」発言で物議を醸した『クローズド・ノート』以来、5年ぶりの映画復帰作となる主演映画『ヘルタースケルター』が7月14日に公開される沢尻エリカ(26才)。公開に向けてPR活動をガンガン行う予定だったというが、5月15日、突然沢尻の活動休止が発表された。 同映画の原作は2004年に第8回手塚治虫文化賞・マンガ大賞を受賞した岡崎京子さんの同名漫画。クランク [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】窪塚洋介&伊勢谷友介 「似すぎてカッコよすぎる」2ショットにファン歓喜

TechinsightJapan / 2017年09月07日15時20分

フォロワーも「イケメンコンビですね」「この2ショット豪華だわー」「大好きな二人 素敵! いつか映画で共演する姿が観たいです」「似すぎてカッコよすぎる2人!」「夢の組み合わせかと」と伊勢谷との共演を喜んでいる。 この夏は、映画『アリーキャット』で降谷健志(Dragon Ash)とW主演を務めた窪塚洋介。現在は俳優業だけでなく、卍LINE名義で歌手として、ま [全文を読む]

注目の若手俳優・白洲迅「心のマッサージ的存在」の作品とは?

ananweb / 2017年07月03日12時00分

映画通の俳優・白洲 迅さんが「この夏、男の友情に涙したい」をテーマにおすすめ映画をセレクトしてくれました。「スポーツや学生生活を通して育まれる友人関係、男兄弟がお互いを想い合う感情。そして、年齢や身分が違う2人の間に生まれる固い絆など、男の友情にはいろんな種類がありますよね」と語る白洲さん。学生時代は野球に没頭し、自らも熱い友情を経験してきた。彼が夏を感じ [全文を読む]

日本のテレビと決別した窪塚洋介がハリウッド映画界で引っ張りだこになっている

messy / 2017年01月21日15時00分

1月17日に映画『沈黙-サイレンス-』のジャパンプレミアが都内で行われ、監督のマーティン・スコセッシや共演者と共に登壇した俳優の窪塚洋介が、圧巻のスピーチを披露した。 窪塚は念願だったスコセッシ作品に出演できた感激を表し、ジャパンプレミア当日を「役者人生の最良の日」と表現。さらに周囲に向けて、スコセッシが同作の制作のために長年にわたり何度も日本に足を運んだ [全文を読む]

窪塚洋介、和服姿で『沈黙』LAプレミアに参戦!スコセッシ監督とレッドカーペットを闊歩

Movie Walker / 2017年01月07日15時24分

遠藤周作の小説を、巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化した『沈黙-サイレンス-』(1月21日公開)のロサンゼルスプレミアが、現地時間1月5日にDGA(DIRECTORS GUILD OF AMERICA)で開催された。レッドカーペットにはスコセッシ監督をはじめ、主演のアンドリュー・ガーフィールド、日本から窪塚洋介、浅野忠信、塚本晋也、イッセー尾形らも駆け [全文を読む]

窪塚洋介&浅野忠信をマーティン・スコセッシ監督も絶賛! 映画『沈黙』場面写真解禁

AOLニュース / 2016年10月25日12時00分

戦後日本文学の最高峰とも称される遠藤周作の小説「沈黙」を巨匠マーティン・スコセッシ監督が完全映画化した『沈黙-サイレンス-』が、2017年1月21日(土)より全国公開される。 17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いたポルトガル司祭の目に映った想像を絶する日本を舞台に、人間にとって本当に大切なもの [全文を読む]

フォーカス