演技 窪塚洋介に関するニュース

窪塚洋介、和服姿で『沈黙』LAプレミアに参戦!スコセッシ監督とレッドカーペットを闊歩

Movie Walker / 2017年01月07日15時24分

「監督が常に見てくれていて、豊かな演技が出来た」という通辞役の浅野は、アンドリューとの共演について「彼は相当役になりきってたから、役と同様あまりコミュニケーションは取らず、厳しく接してくれてとても有り難かった」と振り返った。 「感無量です。作品を観てもう言葉が出なかった」と語るイッセーは、「ガーフィールドとは、全部本番のコミュニケーションだった。(演技[全文を読む]

窪塚洋介&市川由衣 Dragon Ash・降谷建志の印象は「純粋」

Entame Plex / 2017年08月14日14時00分

“新人俳優”降谷の演技力も折り紙つき。「すごい素敵だった」と窪塚は語る。物語は、元・ボクシングチャンプで警備員の仕事をするマル(窪塚)と自動車整備工場で働くリリィ(降谷)が出会うところから始まる。そこにシングルマザーの土屋冴子(市川由衣)がストーカー・玉木敏郎(品川祐)について相談を持ちかけ、話は大きな陰謀を巻き込み加速していく……。Entame Plex [全文を読む]

窪塚洋介×降谷建志に海外の“実話”…猫が幸せを運ぶ、日英のキャットムービー

dmenu映画 / 2017年07月14日07時00分

ハンサムなルックスで、物怖じせず、堂々たる演技を披露している。その凛とした佇まいには、猫ならではの神秘性があり、なぜこのストーリーが世界的に支持されたかもよくわかる。 男たちの再出発を、猫がやわらかく包み込む 『アリーキャット』(C)2017「アリーキャット」製作委員会 『アリーキャット』は、猫の世話をするのが何よりの楽しみである男が、その猫が行方不明にな [全文を読む]

ローラに窪塚洋介…日本人のハリウッド進出ラッシュに明暗

デイリーニュースオンライン / 2015年10月23日08時00分

演技はもちろんだが、アクション俳優としても評価が高く、人間性も共演者から信頼をもたれている。共演したキアヌ・リーヴスには、「人間的な面でも素晴らしい」と称賛されるほどだ。 さらに映画関係者によれば、真田のハリウッドでの活躍にはある二つの野望があるという。 「一つは、海外映画での間違った日本観を正したいという想い。真田さんは、海外からみたステレオタイプの日 [全文を読む]

窪塚洋介、国際俳優の可能性

NewsCafe / 2017年01月24日11時45分

選ばれなかったら、神が審査員に余計なことをしゃべったんだと思う』などと大口をたたきましたけど…」 デスク「えっ、浅野はいい芝居してたけど、ヤツが取るのか」 記者「いやいや、助演男優賞でイッセーがノミネートされるという見立てはあります」 デスク「う~ん…、オイラ的には窪塚の演技がよかったぞ」 記者「主人公を裏切る元漁師、キチジロー役ですね」 デスク「そうそう [全文を読む]

日本のテレビと決別した窪塚洋介がハリウッド映画界で引っ張りだこになっている

messy / 2017年01月21日15時00分

撮影中は厳しい環境で演技をしなければならないことも多かったようだが、それを窪塚は「幸せな時間だった」と語っている。 この窪塚のスピーチにはスコセッシも感謝の言葉を述べたそうで、ネット上でも「やっぱり窪塚兄さん熱い男だわ」「どこまでカッコいいんだよこの人は!」「窪塚のスピーチに映画見る前から感動」「一言一言が胸に響く! すげぇわこの人」と絶賛の声が続出してい [全文を読む]

『沈黙−サイレンス−』アンドリュー・ガーフィールドの宣教師姿が公開!

ハリウッドニュース / 2016年11月10日12時05分

レベルアップしたその演技に期待は高まるばかりだ。 関連記事 「glee」のジェイマ・メイズ、第1子となる男の子を出産>ミランダ・カー、エヴァン・スピーゲルとの婚約パーティー開催>マイリー・サイラスが号泣、大統領選にショックを受ける動画を投稿>ジゼル・ブンチェン、夫トム・ブレイディに政治の話を禁止>マイケル・ブーブレが3歳息子のがんを公表、活動休止へ> [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

土門に思いを寄せる少女役に、演技初挑戦の未唯mieさんが出演。さらに茜さんの娘役の石原真理さんが、また信じられないほどに可愛いのです。 そして、不良更生ドラマとして有名なのが『スクール☆ウォーズ ~泣き虫先生の7年戦争~』。非行や校内暴力で荒れていた時代背景と、実際にあった無名ラグビーチームが日本一になったことをヒントにした小説『落ちこぼれ軍団の奇跡』をミ [全文を読む]

主演映画公開直前に休養の沢尻エリカ 過激濡れ場の後遺症か

NEWSポストセブン / 2012年05月18日16時00分

演技であることを忘れるような3つの過激な濡れ場ですが、これが沢尻さんをかなり追い詰めたんじゃないかといわれています」(前出・テレビ局関係者) 沢尻は、監督の蜷川実花に「りりこの役がなかなか抜けない…」と漏らしていたという。 ※女性セブン2012年5月31日号 【関連ニュース】沢尻エリカ映画試写見た男性「冒頭の絡みから度肝抜かれた」沢尻エリカ“新恋人” 「自 [全文を読む]

フォーカス