トラブル 大渕愛子に関するニュース

【エンタがビタミン♪】タイタン・太田光代社長、大渕弁護士を擁護「入院中の人にコレなに」

TechinsightJapan / 2015年12月22日15時00分

特に大渕弁護士とトラブルになったとされている女性側の弁護士が取材を受け、質問に答えていることに不満を抱いているようだ(タイタン側は相談依頼者の守秘義務の観点から、取材に答えていない)。「今更論をプロが何を言っているの。司法の資格で弁護士を選んだのなら、品位のもとに謹んで頂きたく存じます」とツイートしている。 不安を抱えながら入院した当日の夜に、このようなニ [全文を読む]

“ミニスカ謝罪”の大渕愛子弁護士がテレビ自粛続行、“空席”にし続けた日テレ『行列』の本音

日刊サイゾー / 2017年03月28日20時30分

「ミニスカート姿で現れた謝罪会見では、『法テラスの制度をよく知らなかった』という驚きの告白をした挙げ句、『教えてくれるボスや先輩もいなかったので、手探りでやっていた』とずさんな仕事ぶりを明かした大渕氏ですが、過去にもトラブルが何度も報じられており、もともと弁護士としての信用などなかった。しかし、メディアが“美人すぎる弁護士”などと持ち上げたせいで、本人が [全文を読む]

大渕愛子、法曹界では「見下されている」! 離婚危機で話題作り&守秘義務トラブルの今

サイゾーウーマン / 2015年02月11日13時00分

ここ最近の大渕は、なにかとトラブルが報じられており、ネット上では批判が殺到している。 同番組に出演した鈴木によると、ある番組の収録前、大渕に対して「実は新婚なのにダンナが全然求めてくれない」という夫婦生活の悩みを打ち明けた。大渕は「そういう相談は今一番多い。いつでも相談してね」と言い、鈴木も本気で悩んでいただけに感激して何度も頭を下げたそうだ。しかし直後の [全文を読む]

大渕愛子弁護士に懲戒処分「行列ができる」弁護士に問われる品格

デイリーニュースオンライン / 2016年08月05日12時05分

同番組でもおなじみ、大渕愛子弁護士(38)に大トラブルが発生した。2010年10月、養育費請求をしようとする依頼人女性から、日本司法支援センター(法テラス)が定めた額以上に着手金を不当に受け取り、東京弁護士会から業務停止1ヶ月の懲戒処分を受けたのだ。 だが、そんな『行列』出身の弁護士は、人間性に難がある人たちばかりのようで……。 「『24時間テレビ』(日本 [全文を読む]

懲戒請求の大渕愛子弁護士だけじゃない! 『行列のできる法律相談所』弁護士たちのカネと権力体質

リテラ / 2015年12月24日21時00分

これ以前にも、大渕氏は、依頼者から弁護士費用を支払ったにもかかわらず訴訟が提起されなかったなどとして、損害賠償と慰謝料支払いを求める裁判を起こされるなどトラブルが絶えず、昨年9月には2名の元依頼者が「被害者の会」を結成していた。 こうしたトラブルについて、大渕氏は世間に広く説明する義務があるだろう。法のもと、依頼者の利益を守るのが弁護士の本分であるはずだ [全文を読む]

弱音は本音だった!? 引退報道否定も徐々に仕事が減りそうなふなっしーの“中の人”問題

日刊サイゾー / 2014年11月10日13時00分

「フジテレビやテレビ朝日はイベントの現場で取材のやりとりをめぐってトラブルがあったとかで、日テレに比べて出演NGの番組が多いようだ。今後も“中の人”の機嫌次第でトラブルが増えそう。そんなことが重なれば、ふなっしーを敬遠するテレビ局や媒体も増えていくだろう」(ワイドショー関係者) もはや、来年以降も生き残るには、しかるべきところにマネジメントを託し、“中の [全文を読む]

【ウラ芸能】あの美人弁護士に「強敵」?!

NewsCafe / 2014年06月20日15時00分

記者「『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)や『ぴったんこカンカン』(TBS系)などに出演する"美人"で知られる大渕愛子弁護士(36)って知ってますか」デスク「ああ、中大法学部在学中に司法試験に合格したっていう優秀なタレント弁護士だな」記者「彼女、東京・表参道に事務所を構え、秘書は元タカラジェンヌというハデぶりで、最近はふなっしー好きとしても知られ、自 [全文を読む]

暴行トラブルが闇に?ふなっしー、メディア関係者からも人気急落

デイリーニュースオンライン / 2016年08月18日12時05分

「今回、テレビ局がこのイベントに来た理由は、ちょうど2日前にインターネットの配信番組に出演していたふなっしーが一般人に頭を殴られるトラブルに巻き込まれていたこと。話題性はあったのですが……」(芸能記者) ■謎の男性マネジャーの存在 スポーツ紙記者も言う。 「ふなっしーは基本的に質問にNG項目がなく、カンも非常に良い。旬の話題を何でも聞ける存在なんです。た [全文を読む]

大渕愛子、出産後に待つ地獄

NewsCafe / 2015年03月01日17時00分

大渕はそもそも法律事務所の経営者で、男女間の問題を主に扱っていますが、守秘義務や金銭面をめぐるトラブルが相次ぎ、昨年9月には大渕の元クライアントらが『被害者の会』を立ち上げ、何件か訴訟も起こされました」 テレビに出始めたころは美し過ぎる弁護士などと持ち上げられたが、確かに本業の法曹界ではあまりいい噂は聞こえてこない。 「先日の『行列のできる法律相談所』(日 [全文を読む]

「婚前契約」をめぐる日本と欧米の反応の違い

JIJICO / 2014年10月31日10時00分

また、親族間のお金の貸し借りがトラブルに発展し、相談を受けることがありますが、大概は「身内で借用書なんて水くさい」と、契約書の類いを作成していないことがほとんどです。こういった場合も、信頼関係がベースにあり、書面という形にすること自体を回避する考え方に基づいているようです。 今後、日本でも「婚前契約」を締結する方向にシフト? そういう考え方の違いが如実に [全文を読む]

【ウラ芸能】世界の大物をKOした小物とは…

NewsCafe / 2014年08月31日15時00分

金山には浮気癖があるし、暴行事件で現行犯逮捕された過去もあるヤンチャ男と弁護士なんて合わんよ」記者「大渕も『美人すぎる弁護士』と言われていますが、依頼者から損害賠償や慰謝料の支払いを求める訴えを起こされたり、紛議調停になったりとトラブル続きで怪しすぎ」デスク「そういえば、彼女って、ふなっしーの強烈なファンで、マンションの一室は完全にふなっしールーム。勝負パ [全文を読む]

机上妻子写真に「未婚の私をバカに…」とお局OLセクハラ訴え

NEWSポストセブン / 2013年10月24日07時00分

髪型をほめるのも避けるべき、などとセクハラの常識は以前より浸透したように思うが、トラブルは増え続けている。ある企業の法務担当者はこう嘆く。 「男性上司が女性社員のお尻や胸を触ったり、エッチな言葉を投げかけるなんていうことは論外だし、実際にはほとんどない。セクハラだと声をあげる女性は増えているけど事情を聞くと、セクハラは言い過ぎだろうという微妙な話がほとんど [全文を読む]

TV美女42人が大咆哮!「アイツは絶対許せない」(3)平井理央→カトパン「小学生以下のおバカ」 田中みな実→藤森慎吾「チャラ口説き」

アサ芸プラス / 2012年02月16日11時00分

かつての人気アイドルは、マスコミにも太いパイプを持っていますしね」 TBSの田中みな実アナ(25)は、周囲とのトラブルをみごとに自己演出化。前出の放送作家が話す。 「セルフプロデュースの達人でしょう。例えば、昨年11月13日の『サンデー・ジャポン』では、オリエンタルラジオ・藤森慎吾(28)の『息もピッタリ。ロケだけじゃないしね、御飯食べるの』と得意のチャラ [全文を読む]

フォーカス