山口百恵 としごろに関するニュース

山口百恵、春夏秋冬が味わえる新感覚のベストアルバムついに発売!

okmusic UP's / 2017年05月25日00時00分

山口百恵のベストアルバム『GOLDEN☆BEST山口百恵 日本の四季を歌う』が5月24日にリリースされた。【その他の画像】山口百恵1973年にシングル「としごろ」で歌手デビューし、結婚をきっかけに引退したが、今なおその輝きを失うことのない、昭和を代表する歌姫であり、スーパースターの山口百恵。 『GOLDEN☆BEST山口百恵 日本の四季を歌う』は従来のヒッ [全文を読む]

萩本欽一「静謐な魂の百恵さんと茶目っけのある昌子ちゃん」(1)

アサ芸プラス / 2013年08月01日09時59分

そういうわけで、番組が生んだ最大のスター、山口百恵さんとも、ほとんど会話を交わしてません。 1つ印象に残っているのは、ステージの袖、真っ暗な空間にジッと立つ百恵さんの後ろ姿です。 その日の収録には百恵さんを含め、番組出身の新人歌手と西城秀樹さんが出演してくれました。 秀樹さんの歌のコーナー。他の新人さんは楽屋でスタッフたちとおしゃべりをしています。 百恵 [全文を読む]

山口百恵、春夏秋冬で綴る“ベスト・アルバム”発売!

Entame Plex / 2017年05月24日16時00分

1973年にシングル「としごろ」で歌手デビューし、結婚をきっかけに引退をしたが、今なおその輝きを失うことのない、昭和を代表する歌姫でありスーパースターの山口百恵。 本日24日に発売された『GOLDEN☆BEST山口百恵 日本の四季を歌う』では、従来のヒット曲を年代順、チャート順に収録するのではなく、“日本の四季”というテーマのもと、彼女がレコーディングした [全文を読む]

“淳子超え”で、路線変更した百恵の「青い果実」

アサ芸プラス / 2013年01月11日10時00分

森昌子、石川さゆり、そして山口百恵(53)の「ホリプロ三人娘」と名づけられた合同イベントに、ふらりと寄ってみたのだ。 川瀬は陽水のほかにモップス、後に浜田省吾を担当するなど「フォーク&ロック畑」にいたが、まだデビュー間もない山口百恵の曲に心を奪われた。 〈あなたが望むなら、私、何をされてもいいわ〉 大胆な内容ではあるが、メロディと詞がピタリと一致した気持ち [全文を読む]

百恵と淳子、大本命はアグネスだった

アサ芸プラス / 2013年01月17日09時59分

そんな風潮に一石を投じたのが桜田淳子や山口百恵が登場した「スター誕生!」である。あべは、彼女たちの迫力にたじろいだ記憶があると言う。 「オーディションを勝ち抜いてきた人たちは、私たちとは目線が違っていました。アグネスにしたって、祖国を離れて日本に来ているという決意がありましたよ」 あべは73年5月に「コーヒーショップで」でデビュー。同じ月に百恵も「としごろ [全文を読む]

フォーカス