地域 テレビ東京に関するニュース

ローソンは9、セブンは8。おでんの「つゆ」にこれだけの地域差

まぐまぐニュース! / 2016年08月30日04時30分

早くもコンビニの「おでん」商戦が始まったようですが、各社ともにウリは「地域密着」と「こだわり」。他にもキリンやマクドナルドが、この2点を追求した商品を売り出して好評を得ています。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で、店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、これら人気商品から「時代のトレンド」について分析しています。 コ [全文を読む]

『世界卓球2017ドイツ』 3つの配信施策を決定! 『世界卓球』では初の試みとなる放送同時配信を実施!

PR TIMES / 2017年05月25日16時30分

テレビ東京系列の放送を視聴できない地域の方でも視聴可能です。【番組ホームページ】 http://www.tv-tokyo.co.jp/wttc2017/ ※ライブ型ストリーミング配信、配信プラットフォームBrightcoveゴールデン・プライム帯の放送を中心に実施します。権利の都合上、一部、配信出来ない映像があります。2. 放送ではお伝えできなかった日本代 [全文を読む]

自宅で自分らしく死ねる。ある若き医師が起こした在宅医療革命

まぐまぐニュース! / 2017年02月15日04時30分

タフな現場にい続けるということと、自分自身が常に成長しなければいけないという意味で、PAは真の医療人だと思っています」 地域と一体になって始めた新たな試み 宅配業ともタッグ~地域ぐるみで在宅医療 やまと診療所で去年の夏、新たなプロジェクトが動き出した。食品メーカー「明治」の宅配センターを取り仕切っている飯田健太さんとタッグを組むというのだ。 「乳製品の宅配 [全文を読む]

破綻した旅館をことごとく再生。なぜ星野リゾートの奇跡は続くのか?

まぐまぐニュース! / 2016年12月12日04時45分

さらに10月、「星のや東京」は「アジア太平洋ホテル投資会議」の、この地域で1年間に開業したホテルの最優秀賞を獲得。過去にはあのシンガポールの「マリーナベイ・サンズ」も受賞した名誉ある賞だ。 「日本に来るから日本旅館なのではなくて、『快適ですばらしいおもてなしを受けることができるから日本旅館に泊まろう』と。こういう市場を世界に作っていきたいと考えています」 [全文を読む]

合成着色料をなくせ。地方スーパー「いちやまマート」のブレない信念

まぐまぐニュース! / 2016年12月08日18時06分

「美味安心」の商品は地域のメーカーに委託して作ってもらっている。このメーカーとはいちやまマートが創業した時以来、50年以上の付き合いだという。 この日は、今までにない大幅に減塩した魚の粕漬けを作るための打合せ。もともと塩分控え目にはしていたが、三科はさらに3割、塩分カットしたいとリクエストした。しかし、これがなかなか難しい。塩分を減らせば、味がぼやけてしま [全文を読む]

元モヒカン頭で仕事嫌いの青年が、たった20円で世界を笑顔にする

まぐまぐニュース! / 2017年03月08日18時30分

ある社員は「食事をするのが難しい地域の子どもたちの少しでも助けになっていると思うと、気分的にポジティブになります」と語る。社会貢献ができるヘルシーメニューは人気が高く、120食が完売。現在、この仕組みを取り入れた企業や官庁は360に上る。 その拠点は東京港区のマンションの1室にある。設立は2007年。ちょうど10歳になるNPOだ。常勤スタッフ3人で、あら [全文を読む]

ホームセンターの異端児「コメリ」はなぜ農村に出店するのか?

まぐまぐニュース! / 2016年11月09日04時45分

コメリの地域密着経営 こんにちは、佐藤昌司です。「コメリ」は、DIY用品や園芸用品を核商品として、ホームセンターとハード&グリーンを展開するチェーンストアです。ホームセンター業界は飽和状態にあり、ホーマックやニトリといったリーダー企業が幅をきかせる中、コメリは独特の戦略で両者を追撃しています。 コメリの本社は新潟県にあります。地域人口が1万人程度の農村エ [全文を読む]

無添加パンに大行列。岡山の知られざるパン専門店「リエゾン」の挑戦

まぐまぐニュース! / 2016年12月27日04時30分

「パン屋というのは地域密着で、ご近所とか地域の人に毎日来ていただいて食べていただけるということで、おいしくて毎日食べ続けられて、なおかつ健康を害さない安全安心で体にいいもの、をテーマに作っています」 シンプルな味と安全安心なパンで、週末には1日1000人以上の客が来るという。東京と岡山に3店舗を展開している。 パン屋のオーナーとして成功を遂げた河上だが、 [全文を読む]

一度は闇金に手を染めた元官僚が、年商120億円企業を成功させるまで

まぐまぐニュース! / 2017年03月24日04時30分

この世に「ムダなもの」なんてない 不要なモノはない~世界で活躍する日本の中古品 タイの首都、バンコク郊外の貧しい地域にある小学校。そこにエコリングのトラックがやってきた。 箱の中身は日本からの中古品。子どもたちが行列して待っていた。古着が配られると、子供たちがつぎつぎと手を伸ばしていく。エコリングタイの支社長、伏見太一は「寄付です、全部。無料で差し上げて [全文を読む]

カリスマ投資家がカンブリア宮殿で語る「ブレイク企業」発掘の法則

まぐまぐニュース! / 2017年03月15日01時28分

「湾岸の風景はロマンチックで、地域そのものが人気になると自分で感じた。結果的にオープンしたら大ブームになって、株価は3倍になりました」 そんな経験以来、藤野は自らの足で現場を回るようになった。 投資は「悪」か「希望」か 世界は投資でできている~カリスマが説く投資の薦め ここ数年、増え続けている海外からの観光客。リタイア後のシニアの姿も少なくない。彼らに話 [全文を読む]

海外でも驚異の利益率。世界はニッポンの「MUJI」に恋してる

まぐまぐニュース! / 2016年12月20日05時00分

順調に業績を伸ばす「無印良品」ですが、海外事業においてもその勢いはとどまることはなく、東アジア地域を中心に着々と成長を続けているいるようです。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、その理由のひとつに「MUJI passport」というスマホアプリがあると断言。一体このアプリには消費 [全文を読む]

ANAが悲願のJAL超え。元整備士の異端社長が変えた日本の空の旅

まぐまぐニュース! / 2016年11月29日10時36分

就航している国・地域の数は190と、最も多い。 2000年代になると、アジアでLCCが台頭。空の価格破壊が始まり、既存の航空会社はどこも危機感を抱いていた。しかし、当時アジア戦略を統括していた篠辺は、逆にチャンスだと考えた。 そして2011年、全日空自ら日本初のLCC、ピーチ・アビエーションを設立。篠辺は、日本のLCCの生みの親でもあるのだ。2013年には [全文を読む]

和牛からこぼれた肉汁が爆発する、感動「肉レストラン」の秘密

まぐまぐニュース! / 2017年04月21日02時59分

地域自慢の和牛を最高の味に仕立てて発信する。千葉の熱い思いが地域を元気にする。 地元集結!絶品ハンバーグ~和牛農家の未来は? 一関市で100年続く老舗の酒蔵「磐乃井酒造」。千葉の依頼により、ここであるものが作られていた。大きな釜で炊き上げられたのは、地元岩手のひとめぼれ。これを冷ましながら、麹菌をふって作り上げるのが、酒造りの元となる米麹だ。 「格之進」 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】“妖怪ウォッチ”大人気グッズを手に入れるには? アニメを地上波放送していない県は本当に狙い目か。

TechinsightJapan / 2014年08月10日21時30分

その地域では「ブームがまだ来てない」かもしれないという説にネットで賛否が飛び交っている。 アニメやゲームソフトで大人気の『妖怪ウォッチ』の関連グッズが品切れ状態にある件を8月10日のバラエティ番組『アッコにおまかせ!』が取り上げた。バンダイが同アニメの腕時計型おもちゃを発売した際に予約が殺到、店舗でも親子による長蛇の列ができて抽選する事態となったところもあ [全文を読む]

和の伝統産業を守るため「ベビー用品」を作る女性起業家

プレジデントオンライン / 2017年04月12日15時15分

2016年にはホテルの一室を地域の伝統や文化を感じられる空間にプロデュースする「aeru room」事業を始めた。 伝統産業を守るために、なぜベビー用品に着目したのか? 矢島氏と田原総一朗氏の対談、完全版を掲載します。 ■大学時代はニュースキャスター志望 【田原】矢島さんはもともとニュースキャスターか新聞記者志望で、慶應義塾大学の政治学科にお入りになった。 [全文を読む]

【ブレないテレ東】各局「浅田真央引退」一方テレ東は・・・独自路線の「お遍路」

秒刊SUNDAY / 2017年04月12日13時20分

・ コマンドー見たいのに自分の地域じゃテレビ東京みれねぇぞ!チクショー!・ 会社のテレビのチャンネル、テレ東に変えたいwwwwwwwwwwww・ テレビ東京でこの後第三次大戦が始まりますよ!・ 今日テレ東の午後ローコマンドーか・ テレ東はジミー大西と・ 安心と信頼のテレ東・ テレ東さすがだわwww 他のテレビ局全部浅田真央なのにテレ東だけジミー大西wwww [全文を読む]

東京にも進出。新潟発の「非効率すぎる」ファミレスが愛される理由

まぐまぐニュース! / 2017年04月11日04時30分

それが地域の方々に支持され続ける理由ではないかと思います」(金子) 創業者が目指した「何でもあるファミレス」 新潟市内の三宝・本店。お昼時に温厚そうな男性がやって来た。大人しく座って順番を待つおじいちゃんは、三宝の創業者で会長の金子行宏。日本庭園を置くアイデアも行宏会長が提案したものだという。 79歳になった今も、行宏会長は毎日、各店舗を回り味のチェックを [全文を読む]

日本の古き良き物を世界へ。視点を変えて蘇らせた2人の女社長

まぐまぐニュース! / 2017年04月04日01時35分

地域の主産業である漁業は、魚の水揚げは震災前の7割まで回復。水産加工の会社は9割が再開にこぎつけた。 そんな気仙沼に新たな名所が現れた。丘の上に立つ青い小屋。中を覗いてみると、若者たちが詰めかけていた。彼らが熱心に見ていたのは手編みのニット。全国からわざわざ気仙沼までやってきた客たちだ。 タグには編んだ人の似顔絵が描かれている。実際に編んでいる人も奥にいた [全文を読む]

日本の「野菜」は変われるのか? らでぃっしゅぼーやが覆した3つの常識

まぐまぐニュース! / 2017年03月31日18時36分

その地域以外には出回らず、見慣れないものが多いが、「らでぃっしゅぼーや」はこうした野菜100種類を全国から発掘。「いと愛づらし」シリーズとして販売している。 見たことのないほど大きな葉っぱの野菜「大型山東菜」もそのひとつ。白菜の仲間だが玉にならず、夏に採れる。この地域では室町時代から食べられてきたと言うが、メジャーな野菜ではないのでスーパーなどでは扱っても [全文を読む]

旅行大手HIS、衝撃の97%減益。好調JTBとどこで差がついたのか?

まぐまぐニュース! / 2016年12月19日05時00分

従来の旅行業から一歩踏み込んで、地域の開発や地域交流を積極的に推進していきました。旅行を目的ではなく手段ととらえ、ストーリーのある旅を提案しています。 例えば、旅行商品「地恵のたび」では、町おこしに成功した地域を実際に訪ね、その成功事例を学ぶ旅行を提案しています。財政破綻にも負けずに奮闘している夕張を訪ねる旅行や、東日本大震災の復興で活動している企業・団体 [全文を読む]

フォーカス