テレビ東京 視聴率に関するニュース

第13回「テレ朝の時代」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月03日12時30分

日本テレビ=読売新聞、TBS=毎日新聞、フジテレビ=産経新聞、テレビ朝日=朝日新聞、テレビ東京=日経新聞の5大系列。――だが、アレは初めから形成されていたワケじゃないんですね。今回の話でも分かる通り、NETは当初、朝日新聞とは何の関係もなかった。コトの始まりは、NETの経営の主導権を巡る争いだった。1965年、大株主である東映と旺文社の間で、路線対立が起き [全文を読む]

<なぜやめないの?>「視聴率が取れないテレビ番組」でも放送される理由

メディアゴン / 2015年04月30日11時30分

最近では、選挙速報に冷淡だったテレビ東京が衆院選挙の速報に池上彰さんを起用して成功した。安住アナは視聴率をとると思うが、この人はかたくなに選挙報道をやらない。爆笑問題や、上田晋也の起用という考え方もあるが、これらの人々は選挙速報の主な視聴者である大人をはじいてしまうので当たらない。批判覚悟で言うが、大災害や、大事故、大事件から「○○年」という番組も視聴率は [全文を読む]

テレビを動かすのはツイッターよりメール

プレジデントオンライン / 2017年06月08日09時15分

実際に今年の春、テレビ東京は視聴者からの約250通のメールがきっかけで、ある番組を復活させた。人気バラエティ番組『ゴッドタン』などを担当するプロデューサーの佐久間宣行氏と、編成部の森本泰介氏に、その経緯を聞いた。 視聴者の熱い要望に応えて、一度は終わった番組が復活を果たす――。そんな経緯で今年の春からテレビ東京に舞い戻ってきたのが、芸人・千鳥がMCを務める [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

68年スタートの丹波哲郎主演の『キイハンター』(TBS)と、69年スタートの『プレイガール』(東京12チャンネル/現・テレビ東京)がその代表格だった。 『キイハンター』は、「KEYHUNTER」の文字のパネルが人物に変わる印象的なオープニングを覚えている人も多いだろう。メンバーの6人は架空の国際警察特別室に雇われる特殊スタッフという設定。公安が手を出せな [全文を読む]

4,500万円の破格の制作費『おかげでした』、1ケタ視聴率連発で「コスパ最悪」!

サイゾーウーマン / 2014年12月09日13時00分

しかし両番組とも視聴率が20%に届きそうとあって、妥当な金額なのでしょう」(同) また一方、テレビ東京では、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が1本当たり700万円『モヤモヤさまぁ~ず2』1本当たり800万円と、他局に比べて制作費が低い割に、視聴率は好調であることが伺える。しかし各番組が「制作費に見合った視聴率」を稼いでいると考えると、近頃では惨敗ぶりしか報 [全文を読む]

錦織圭の偉業もスルー!? テレビ東京が独自路線を貫き続けるワケ!

tocana / 2014年09月11日09時00分

しかし、どんなときでも我が道を行く、テレビ東京という放送局があることを忘れてはならない。この日もテレビ東京は、錦織圭の試合など無いかのように経済ニュースを淡々と伝えていた。 振り返れば、テレビ東京は地下鉄サリン事件や米国同時多発テロなど、どんな大きな事件が起きても通常編成で挑んだ。古くは湾岸戦争時、他局が横並びで報道番組を流す中、テレビ東京は『ムーミン』 [全文を読む]

ついに会長職を退任 フジテレビと日枝久の30年

経済界 / 2017年05月22日10時00分

文=関 慎夫テレビ東京にも抜かれた視聴率 日枝久――今年大晦日で80歳になるフジテレビのドンが、ついにその座を去ることになった。 5月11日、フジテレビジョンは亀山千広社長がBSフジ社長に、宮内正喜・BSフジ社長がフジテレビ社長となる人事を内定した(6月28日付)。 フジテレビ、BSフジともにフジ・メディア・ホールディングス(FMH)の100%子会社であり [全文を読む]

<「開運!なんでも鑑定団」でパワハラ?>テレビ東京が石坂浩二に尊敬の念を払わない非礼

メディアゴン / 2016年01月30日07時40分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]* * *「テレビ東京が石坂浩二にパワハラ」というニュース。何のことかと思ったら「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)の司会者である石坂浩二の発言部分のほとんどが、編集でカット(削除)されているということであった。この行為は、司会に今田耕司が加わってから2年も続いているという。もちろん、そんなことはない。量の [全文を読む]

大江アナ結婚もWBS視聴率変わらず 女子アナと視聴率の因果

NEWSポストセブン / 2014年10月18日07時00分

『好きな女子アナランキング』で1位に輝いたこともあるテレビ東京の大江麻理子アナが、9月17日にマネックス証券の松本大社長と結婚。ファンからは落胆の声が上がったが、メインキャスターを務める『ワールドビジネスサテライト』(以下、WBS)の視聴率にはどんな影響があるのだろうか。テレビ東京関係者が話す。「不思議なのか、当然なのか、結婚前後でWBSの数字は変わらない [全文を読む]

テレ東躍進の秘密は女子アナ力とブレない企画!?

メンズサイゾー / 2014年01月16日14時30分

昨年末に発売され、テレビ東京初の女性アナウンサーカレンダーであり、テレビ業界初の単独女子アナ暦として話題を集めた『大江麻理子アナウンサー 2014年カレンダー』が売れに売れたという。こうした現状を受けて、「週刊実話」(日本ジャーナル出版)は、「テレビ東京躍進の予感」という記事を掲載。昨年1月に脳梗塞で倒れた大橋未歩アナ(35)の完全復活を皮切りに、2014 [全文を読む]

<フジテレビ凋落の理由>テレビを見なくなった若者に向けた番組ばかりを作る愚

メディアゴン / 2015年11月24日07時30分

テレビ東京も同様。意欲的な企画が多いとされるが、「電通買い取り枠」のスポンサー付きである。蛭子さんのバスの旅の局である。視聴率ダントツの日本テレビはどうか「笑点」の局である。高齢者が視聴率を支えているのはどの局の人も分かっているだろうから五十肩の直し方やパラパラのチャーハンの作り方ばかり一日に何度も見ることになっている。いま、実験的とも言える「トンガった企 [全文を読む]

テレ東『ソロモン流』、視聴率低迷で打ち切り?後番組はジャニーズ司会のバラエティ?

Business Journal / 2014年08月15日01時00分

最近、好調が伝えられるテレビ東京。10月改編では、さらなる視聴率獲得のため名物番組が終了する危機にあるという。テレビ局関係者が話す。 「2005年10月から放送されてきた『ソロモン流』(日曜夜10時〜)が危ないと言われています。最近の平均視聴率はだいたい4〜6%台と振るわず、同時間帯の各局番組の中で最下位になる日も多いです。とはいえ、経済系ドキュメンタリー [全文を読む]

W杯特番の低迷で裏番組が軒並み高視聴率 大河ドラマも恩恵

NEWSポストセブン / 2014年07月20日16時00分

25日(水曜)はテレビ東京が『2014FIFAワールドカップDAILY』を放送し、視聴率は3.1%。そのウラで、日本テレビの『笑ってコラえて!』は17.3%と高い数字を弾き出した。6月の同番組は、11.3%(4日)、8.4%(18日)です(※11日は放送なし)。もちろん、内容がよかったというのもあるのでしょうが、やはりW杯ハイライト番組の裏番組だったこと [全文を読む]

松本人志、視聴率至上主義に苦言!「一般の人は知らなくてもいいこと」

tocana / 2014年04月23日09時00分

彼が、テレビ東京系深夜ドラマ『リバースエッジ 大川端探偵社』の完成披露試写会でもらした「民放のドラマですごい低視聴率を取って、もうゴールデン嫌だな」と、話したことを取り上げた。 松本は、以前まではどれだけ高い視聴率をとったかがニュースになっていたが、最近は低視聴率であることまでも取り上げる報道の姿勢に対し、批判をし「意地が悪いなぁ」と苦言。また、「よくない [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

それと同時にテレビ朝日は5チャンネルへ、テレビ東京は7チャンネルへと移り、フジテレビは番組表で右端へと追いやられた。そしてこの年、フジは7年間守り通した三冠王から陥落する。■そして今――時代は繰り返す三冠から陥落したフジテレビはその後もずるずると後退を続け、今年――開局以来初の全日・ゴールデン・プライムの3部門で年間4位が見えてきた。そして、これと共鳴する [全文を読む]

BS・CSのゴールデン帯総視聴率 NHK、フジ、TBS超える日も

NEWSポストセブン / 2014年10月05日07時00分

首都圏の場合、元々テレビのチャンネルは、NHK、NHK Eテレ(教育テレビ)、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京の7つに限られていた。しかし、1987年のNHK-BS放送の開始を皮切りに、1989年にはNHK-BS2、1991年には日本初のペイテレビとなるWOWOWの本放送が始まり、チャンネル数が増加。 その後も、スカパーなどの参入や民 [全文を読む]

『スマスマ』が月9超え! SMAP特番、高視聴率を連発で「裏番組の嵐が大敗」

サイゾーウーマン / 2014年03月15日09時00分

まずは3月2日に放送された『テレビ東京開局50周年特別企画 50年のモヤモヤ映像大放出! この手の番組初めてやりますSP』(テレビ東京系)。かつて『あぶない少年III』『愛ラブSMAP!』など、数多くのテレビ東京番組に出演していたSMAP。この日の特番ではメンバー全員が18年ぶりに同局に登場し、テレビ東京でしか見ることのできないお宝映像もオンエアーされた [全文を読む]

(前編)「テレビマンが起業家に伝えたい3つのこと」ダウンタウンDXの西田P (@jironishida) から企画のいろはを聴いてきた 【増田 @maskin】

TECH WAVE / 2013年04月13日12時00分

主なものは、「うっひゃーはなさかロンドンブーツ(フジテレビ)」「スキヤキ!ロンドンブーツ(テレビ東京)」「わらいのじかん(テレビ朝日)」「ごっつええ感じスペシャル(フジテレビ)」「松紳(日本テレビ)」など。バラエティ以外も、「ドキュメント松本人志の本当(NHK)」を演出。コントビデオ「ビジュアルバム」を演出。テレビの番組以外にも、様々なジャンルで創作を始め [全文を読む]

「三匹のおっさん3」決定、泉谷しげるは“悪事”封印

Smartザテレビジョン / 2016年11月29日06時00分

テレビ東京系で'17年1月に金曜8時のドラマ「三匹のおっさん3~正義の味方、みたび!!~」(毎週金曜夜8:00-8:54)が放送されることが分かった。 有川浩の小説が原作の「三匹のおっさん」は、キヨ(北大路欣也)、シゲ(泉谷しげる)、ノリ(志賀廣太郎)の幼なじみで組む私設自警団の活躍を描く痛快勧善懲悪ドラマ。 テレビ東京で'14年1月、'15年4月クールに [全文を読む]

福山雅治、月9『ラヴソング』番宣も爆死!! 『めちゃイケ』7.8%、『がんばった大賞』テレ東以下

サイゾーウーマン / 2016年04月24日09時00分

また4日放送の『がんばった大賞』は、過去に類を見ない6.4%という低視聴率で、裏番組のテレビ東京『仰天パニックシアター』の7.7%にさえ惨敗という結果に終わった。 「福山は、10日放送の『絶対!見たくな~るTV』『魁!ミュージック』にも出演しましたが、視聴率はそれぞれ2.2%、1.6%。深夜帯だったため、この数字は仕方ありませんが、9日のお昼放送の『ドラマ [全文を読む]

フォーカス