沈黙 村上春樹に関するニュース

ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別(総合、本の通販ストア、電子書籍ストア、店舗:丸善、ジュンク堂書店、文教堂)ランキング発表!!(2017年1月22日~2017年1月28日)

PR TIMES / 2017年01月31日10時13分

~映画公開中の『沈黙 改版(新潮文庫)』が総合ストアランキング第2位に急上昇!!~株式会社トゥ・ディファクトは、同社が運営するハイブリッド型総合書店「honto(https://honto.jp/)」における週間ランキング(集計期間:2017年1月22日~2017年1月28日)を本日発表いたしました。[画像: https://prtimes.jp/i/11 [全文を読む]

ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別(総合、本の通販ストア、電子書籍ストア、店舗:丸善、ジュンク堂書店、文教堂)ランキング発表!!(2017年1月29日~2月4日)

PR TIMES / 2017年02月07日10時19分

[画像: https://prtimes.jp/i/11577/215/resize/d11577-215-520725-0.jpg ]■hontoランキングhttps://honto.jp/ranking■出版社合同企画 実用書100円キャンペーンhttp://honto.jp/cp/ebook/2017/practical-100yen<honto総合 [全文を読む]

ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別(総合、本の通販ストア、電子書籍ストア、店舗:丸善、ジュンク堂書店、文教堂)ランキング発表!!(2017年1月15日~2017年1月21日)

PR TIMES / 2017年01月24日10時57分

[画像: https://prtimes.jp/i/11577/209/resize/d11577-209-818148-0.jpg ]■hontoランキングhttps://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『蜜蜂と遠雷』恩田陸 幻冬舎(https://honto.jp/netstore/pd-book_28060709 [全文を読む]

ボブ・ディラン、“反骨の詩人”の「破天荒伝説」

日刊大衆 / 2016年11月01日11時30分

代表曲もアレンジを変えているので、ちょっと聴いただけでは分からないほどです」(前出の編集者) ノーベル賞受賞決定後、沈黙を続けているが、過去にはグラミー賞やピュリッツアー賞を受け取っている。「賞をもらうのは嫌いじゃないので、沈黙はディラン流の演出かも。ああ見えて食えないジイサンですからね(笑)」(前出の富澤氏) 代表曲『ライク・ア・ローリングストーン』のよ [全文を読む]

村上春樹、ノーベル文学賞逃す ネット民は一斉に「やれやれ」

しらべぇ / 2016年10月13日20時09分

僕はしばしの沈黙の後「ピース」とだけ呟いた。やれやれ。僕は射精した。— りゅう (@ryuryuryuryu91) 2016年10月13日やれやれボブ・ディランなら仕方がない。— mooran(むーらん) (@mooran) 2016年10月13日ボブディランだと?やれやれ— bobby (@bystmygn) 2016年10月13日やれやれ、僕はそうツイ [全文を読む]

“エロかわいい”キス顔!妻夫木とも…水原希子のキスシーンを振り返る

dmenu映画 / 2017年09月16日07時00分

ぼーっとして」と緑が返した後、しばらく沈黙が流れて、どちらからともなく静かに唇を合わせる……という不思議なキスでした。原作・村上春樹のシュールな世界観を残しつつ、しかしこの上なく濃厚でドラマチックなシーンに仕上がっています。監督を務めたトラン・アン・ユン氏も、水原の演技を賞賛するほどでした。 また、公開に先立って開かれたモニター試写会でのアンケートには、“ [全文を読む]

スクープ連発の著者が放つ決定的証拠! 『完結「南京事件」 日米中歴史戦に終止符を打つ』 やっぱりなかった「南京大虐殺」!死者数は「40万人」ではなく「34人」!

DreamNews / 2017年08月29日10時00分

現在、『ひと目でわかるシリーズ』は、『ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実』に続き第10弾『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇」の真実』は、同書に掲載されている天皇家の家系図から、皇太子殿下より天皇の血が濃い男子の従兄弟が3名いらっしゃることを明らかにして、「女性宮家」推進派を沈黙させ話題になった。(著者)水間政憲(価格)1,600円+税 〈発売日〉 [全文を読む]

【書評】香山リカ氏の運動の先にどんな歴史の見取り図あるか

NEWSポストセブン / 2016年03月13日07時00分

決定的だったのは、湾岸戦争に冗舌だった文学者が沈黙した9.11でCNNが多国籍軍を「クルセイダーズ」と呼んだ瞬間、せっかくデュルケムの言うところの脱呪術化した近代があっという間に神話と魔法の「大きな物語」に収斂されたことだ。 世界は再神話化されてしまった。だから本書における、「物語は終わった。80年代ニューアカに出自を持つ歴史は終わった、という“物語”」 [全文を読む]

<ネタバレ注意・又吉直樹「火花」を読んでみた(2)>文学に純も大衆もない。面白いか否かがあるだけである。

メディアゴン / 2015年08月05日07時00分

それでもこのタイプの人も沈黙することがある。それは、(2)言いたくないからだとしか考えられない。なぜ言いたくないのかといえば、背後にある主張を暴露した瞬間に全てが陳腐化してしまうからだと考えられる。前述の例であるが、「お金ばかり追求している人の人生は貧しい」などという言説は、すでに言い古された極めて凡庸な言説である。今回『火花』で筆者が考察した「自分らしく [全文を読む]

フォーカス