朗読 村上春樹に関するニュース

―村上春樹の世界を音と朗読で味わうコンサート!無料デジタル放送「i-dio(アイディオ)」で楽しめる「TS ONE」でメディア初完全放送―「村上春樹を『聴く』」 7月1日(金)20時放送

PR TIMES / 2016年06月28日11時28分

[画像1: http://prtimes.jp/i/4829/884/resize/d4829-884-121450-2.jpg ]★アジア3カ国で開催されたコンサートから東京公演をメディア初放送!日本を代表する作家・村上春樹氏の作品を彩る数々の楽曲と朗読を織り交ぜたコンサート「村上春樹を『聴く』」(主催:独立行政法人 国際交流基金)。昨年から今年にかけて [全文を読む]

新作刊行記念!“音”と“朗読”で味わう村上春樹の世界! TS ONE特別番組「村上春樹を『聴く』」

PR TIMES / 2017年02月20日14時27分

★アジア3カ国で開催されたコンサートから、東京公演をアンコール放送![画像1: https://prtimes.jp/i/4829/1055/resize/d4829-1055-481359-0.jpg ]日本を代表する作家・村上春樹氏の作品を彩る数々の楽曲と朗読を織り交ぜたコンサート「村上春樹を『聴く』」(主催:独立行政法人 国際交流基金)。2015年秋 [全文を読む]

世界のハルキ・ムラカミを英語で楽しもう!『英語で村上春樹 ENGLISH JOURNAL 2016年2月号増刊』1月22日発売

PR TIMES / 2016年01月22日11時01分

朗読やインタビューの音声ダウンロード特典付き プロのナレーターによる『象の消滅』『レーダーホーゼン』の迫力ある朗読と、村上作品の代表的翻訳者ジェイ・ルービン氏のインタビュー音声ダウンロード特典付き。興味深い素材でじっくりリスニング学習ができます。 ●BOOKLIST[英語で読める村上作品] さらに村上作品を英語で味わいたい方のために、おすすめのペーパー [全文を読む]

京都で話題の“雑誌を体感する空間”「MAGASINN KYOTO」ってどんなところ?

&GP / 2016年09月24日21時00分

海外の小さな出版社の写真集やハンドメイドの本などを取り扱う京都の書店「ユイブックス」が<京都とカルチャー>というテーマでセレクトした本棚や、村上春樹の作品を朗読してからそこに出てきた料理を提供するイベント「村上春樹の晩餐会」など、ほかの宿では体験できないような経験ができます。 「現在は、東京・駒沢にある書店兼ギャラリーの『スノウショベリング』、京都の書店 [全文を読む]

YellowKornerがトークイベントを開催 YELLOWKORNER × PARCO Presents「THE POET SPEAKS ギンズバーグへのオマージュ」(5月21日開催) 「川合将人 × 山田遊 インテリアと写真」(5月25日開催)

@Press / 2016年05月13日10時30分

フィリップの代表曲にのせて、パティがギンズバーグと自身の詩を朗読する他、パティの弾き語りや、フィリップのピアノ独奏も含む豪華な内容です。各国で即完売を記録してきた本作、日本公演では、作家 村上春樹と柴田元幸が、劇中朗読される詩の翻訳を手掛けました。▼THE POET SPEAKS ギンズバーグへのオマージュ公式サイトhttp://www.parco-pla [全文を読む]

「どこへ行くのか判らない船でも、乗っている方がよかった」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば148】

サライ.jp / 2017年05月28日06時00分

ムットーニ作品では、仕掛け細工の人形が船の上から波の中へ、ゆっくりゆっくり落ちていく姿に、『夢十夜』第7話の朗読と、めぐる太陽の光や船の汽笛の音が重なる。 『夢十夜』第7話は、話の全体が、どこか漱石自身の洋行体験と重なっているように見える。とはいえ、そこにはもう少し大きなテーマが隠されているだろう。 海上をひた走る船は、やみくもに欧化政策を進めようとする [全文を読む]

フィリップ・グラス×パティ・スミス×村上春樹&柴田元幸が夢の共演

okmusic UP's / 2015年12月23日19時00分

彼女がポエトリー・リーディングからアーティストとしてのキャリアをスタートし、朗読の名手であることは、その言葉のエネルギーに満ち溢れたコンサートを一度でも観た人なら誰もが納得するだろう。2011年の来日時には、「Fuji-san」と名付けられた楽曲を演奏し、ツアーを通じて集めた義援金を東北へ寄付するなど、被災地の復興支援に尽力した姿も記憶に新しい。フィリッ [全文を読む]

吉高由里子と近藤春菜ら“バキューム”で、本家Perfumeを完コピ【AAAコンサート】

Woman Insight / 2015年12月02日20時00分

神木隆之介さん、吉高由里子さん、三浦春馬さんは、“生きる”をテーマにした、森雪之丞さんの詩『あなたに泣いてほしくて』を3人で朗読。 岸谷五朗さんと寺脇康文さんは、地球ゴージャス『ジャメーリアよ!蜂起せよ』、そしてウルトラマンティガとともに『Brave Love, TIGA』も大合唱。 そしてトリを務めたのは、今年結成15年を迎えたPerfume。“バキュ [全文を読む]

フォーカス