小説家 村上春樹に関するニュース

え、イメージと違う…小説家の顔出しに対する世間の本音は?

しらべぇ / 2016年08月08日21時00分

しらベぇ編集部は全国の20〜60代の男女1,376名に、小説家の顔出しについて本音を探るために調査を実施。果たして、結果は...?■顔出し否定派は少数にとどまる意外にも、小説家の顔出しについて否定的な人は少数派であるということが判明。どんな顔であれ、作者の顔は見てみたい、というのが本音なのだろうか。■野菜嫌いの人はより否定的次に、野菜嫌いかどうかで比較した [全文を読む]

1月25日はホットケーキの日。作家の愛した変わり種レシピとは?

TABIZINE / 2016年01月25日10時00分

とはいえ、シロップをかけたり、バターを乗せたりする定番のホットケーキの食べ方は紹介され尽くしているかと思いますので、今回はちょっと変化球で小説家が愛した(あるいは愛したかもしれない)ホットケーキの食べ方を紹介します。 池波正太郎の愛したベーコンのせホットケーキ 最初は池波正太郎が愛したというホットケーキレシピ。池波正太郎といえば、『鬼平犯科帳』『男の作法 [全文を読む]

世界に“出版韓流”吹き荒れる?「村上春樹級の作家も出てくる」―韓国メディア

Record China / 2016年03月23日09時10分

このうち、小説家のイ・スンウ氏は「村上春樹のような作家が近い将来に韓国文学界からも登場するだろう。翻訳本が多く出ることで、このレベルの作家は自然と生まれてくる。われわれは翻訳の質だけでなく、しっかりとした出版社を選ばなければならない」と語り、同じく小説家のハン・ガン氏は「文学は言葉の壁を越えることが難しい。優れた翻訳者を探すのは人生の伴侶を探すことよりも [全文を読む]

村上春樹の最新作『騎士団長殺し』の内容を複数の霊能者が“霊視”! 性描写なく、ノーベル賞の呪縛から解かれた傑作の可能性!?

tocana / 2017年02月08日13時00分

もちろん、一部には「村上春樹氏の新作というだけで期待し過ぎではないか!?」という冷めた意見もあるようだが、どちらにせよファンにとっても、そうでない人にとっても、これほど注目を一手に集める村上春樹という小説家の影響力はすさまじい。 では、『騎士団長殺し』とは実際のところどのような内容なのだろうか?トカナ編集部からの要請を受けた筆者は、今回大胆にも予測すること [全文を読む]

世界のハルキ・ムラカミを英語で楽しもう!『英語で村上春樹 ENGLISH JOURNAL 2016年2月号増刊』1月22日発売

PR TIMES / 2016年01月22日11時01分

この本は、ハルキ・ムラカミを英語圏の読者が読むように彼の小説を楽しみ、世界で評価されている理由をアメリカの翻訳者と小説家の言葉(=英語)で多角的に理解できるように構成されています。日本語で読むだけでは知りえなかった、「新しい村上春樹」に出会える1冊です。 ●世界の視点でハルキを読む 村上春樹の作品は世界各国で多様な言語に翻訳され、多くの読者に愛されていま [全文を読む]

村上春樹『職業としての小説家』はエッセイの枠を超えたビジネス書!?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月12日06時30分

上記の言葉は2015年9月に刊行した『職業としての小説家』の“あとがき”の一文だ。【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 『職業としての小説家』は、文芸誌『MONKEY』で連載する“村上春樹私的講演録”に大幅な書き下ろし150枚を加えた、渾身の長編エッセイであり、「Amazon ランキング大賞 2015」の「文学・評論」部門において、ピース・又吉直樹『火 [全文を読む]

日本人がネコに夢中になる4つの理由―香港紙

Record China / 2017年08月25日23時00分

▽大ヒットする「ネコ本」文学界の巨匠・夏目漱石、毎年ノーベル賞の受賞が期待される人気作家・村上春樹なども小説家人生の中で、大ヒットした「ネコ本」を残してきた。現在、多くの若手作家も「ネコ」をテーマにした作品を手掛け、多くの出版社もチャンスとばかりに癒し系のネコ本シリーズを打ち出している。また、「にゃんこ本ベスト100」を刊行して、ネコ文化を系統立てて紹介す [全文を読む]

韓国人が愛する小説家ランキング、トップ3に日本人作家が2人ランクイン=韓国ネット「納得できない」「盗作の女王が入っているのはなぜ?」

Record China / 2016年03月04日12時10分

2016年3月2日、韓国・東亜日報によると、韓国人が最も愛する小説家はフランスのベルナール・ヴェルベールだということが分かった。 韓国の教保文庫が過去10年間(2006〜2015年)の小説累積販売量を作家別に集計した結果、フランスのベルナール・ヴェルベールが1位となった。2位以下には村上春樹、東野圭吾、ギヨームミュッソ(フランス)、申京淑(シン・ギョンスク [全文を読む]

村上龍があの名作を書く前に言われた言葉とは?【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年09月25日19時00分

今回は、日本の「今」を拾い上げることのできる小説家の作品を探ってみた。◆文壇に突如現れた新星『限りなく透明に近いブルー』(1976年)でセンセーショナルなデビューを果たした村上龍。処女作の主人公の名前は「リュウ」といい、明らかに自叙伝的な書き方をしている。続けて書かれた今回取り上げる作品『海の向こうで戦争が始まる』(1977年)は、そんな彼の2作目にあたる [全文を読む]

<ネタバレ注意・又吉直樹「火花」を読んでみた(2)>文学に純も大衆もない。面白いか否かがあるだけである。

メディアゴン / 2015年08月05日07時00分

小説家には、何が言いたいのか分からないままに本能的に物語だけを書きあげてしまうタイプの人の他に、言いたいことがまずあって、それを読者に分かりやすくかつ訴求力をもって伝えるために、そこから物語を組み立てていくタイプの人がいていいと思う。後者のタイプであれば、まず言いたいことが分かっている状態から執筆が始まるので、「答え合わせ」も容易にできるはずである。それで [全文を読む]

片付けコンサルタントの近藤麻理恵さん 米タイム誌「世界で最も影響力のある100人」に!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月17日17時20分

今回日本人で選ばれたのは、世界中にファンを持つ小説家の村上春樹氏と近藤麻理恵氏の2名のみであり、近藤氏の世界的な知名度と影響力が伝わる。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 近藤氏の著書『人生がときめく片づけの魔法』(サンマーク出版)は、2010年12月の発売以降、「一度片づけたら、二度と散らからない」独自の整理収納法が話題となり、日本国内で142万 [全文を読む]

浅野忠信×綾野剛で話題のNHKドラマは『カーネーション』×『あまちゃん』の製作陣

AOLニュース / 2014年03月13日14時40分

女優の妻を殺害した容疑をかけられ、逃亡先の台湾で自殺する磐二の親友・原田保役に綾野剛、保の亡妻・志津香役に太田莉菜、事件をもみ消すメディア王・原田平蔵役に柄本明、酒に溺れた小説家・上井戸譲治役に古田新太、出版社の編集者役に田口トモロヲ、事件の核心を握る美女・亜以子役に小雪、と実力派の豪華キャストが脇を固める。音楽は『あまちゃん』など数多くのヒット曲を手掛け [全文を読む]

フォーカス