ランニング 村上春樹に関するニュース

ノーベル文学賞、なぜボブ・ディランだったのか―中国紙

Record China / 2016年10月15日18時10分

さらに、毎年のように「受賞候補」とされながらも一度も受賞していない日本の作家・村上春樹に対して、ランニング好きであることから冗談を込めて、「ランニングではだめ。歌を歌わないと!」との声まで上がっている。ボブ・ディランの受賞理由について、スウェーデン・アカデミーのサラ・ダニウス常任秘書は、ボブ・ディランは「偉大な詩人、偉大な作曲家」であることを指摘し、「大い [全文を読む]

『村上さんのところ』コンプリート版は、単行本8冊分!「村上主義者」でなくてもハマる!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月22日06時30分

私自身が疎いせいもあろうが、音楽、そしてランニングに関する話題は、ついついそそられる内容ばかりで、実際にCDを何枚か買ってしまったし、ごくごく短い距離だが、週1ペースで走るようになってしまった。決して「村上主義者(村上春樹ファン)」ではないのだけれど…。 メールは届いた順に並んでいるのだが、電子書籍版では質問のテーマごとに読める機能もついていて、これが思い [全文を読む]

村上春樹も実践する冬の有酸素運動~ランニングハイが脳に効く!習慣化には3つのポイント

ヘルスプレス / 2016年12月24日15時15分

年末の重い寒空を見上げると、ちょっとランニングでも......。そんな気分になりにくい。だが、少しの時間があればジョギングしてみよう。LSD(ロング・スロー・ディスタンス)がいい。 可能な限り、ちょっと長めの距離を、ゆっくりのマイペースで走ってみよう。ジョッギング中も後も体が爽快になるだろう。 作家の村上春樹氏は「無になるために走る」という。作家のジョイス [全文を読む]

海外記者が断言。日本ほど「ランニング中毒」な国はない

まぐまぐニュース! / 2016年08月10日21時00分

あなたの周りにも必ずといっていいほど、身近な「ランナー」が週末の走行距離を自慢してくる、ということはありませんか? 日本人のランニングブームは40年近くも続いているといわれ、愛好者は年々増えています。この状況はすでにブームを通り越し、立派な文化と呼べそうです。1人のランニング愛好家のイギリス人がそんなミステリアスな日本のランニング文化についての本を出版しま [全文を読む]

『情熱大陸』に出てみたい?妄想が痛すぎる人たちも

しらべぇ / 2015年12月26日07時00分

毎日執筆とランニングをひたすら繰り返す...そんなライフスタイルに影響されてランニングを開始、テーマソングはもちろん葉加瀬太郎の『情熱大陸』です。創作に対する想いを語る妄想、直木賞の受賞インタビューで変人を装う妄想、翌日のスポーツ新聞の一面を飾る妄想などをしていました。今はしがないライターとして生きてます。年収は想定の10分の1以下」(25歳男性・ライター [全文を読む]

ベートーヴェンの朝のコーヒーは「コーヒー豆60粒」を死守! 気になる天才たちの日課はやっぱりスゴかった

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月19日11時30分

『資本論』を著したカール・マルクスは「金についての本を書いた者で、こんなに金のない者はいままでいなかったと思う」と書き残すほどに金銭感覚がなく、無駄遣いに没頭し、うつ病をぶり返すのを怖れていたホアン・ミロは、ボクシングやランニング、水泳といった激しい運動を含む決まった日課を毎日かたくなに守り、こうした日課が、人づきあいや文化的な催しで妨げられることを嫌った [全文を読む]

加藤嘉一「30歳を迎え、生きていくのがほんの少しだけ楽になりました。」

週プレNEWS / 2014年05月12日11時00分

「全力で走り続けなければ」「立ち止まってはいけない」30年間そうやって生きてきたぼくの心に変化を与えてくれたのは、やはりライフワークのランニングでした。 自分自身に誕生日プレゼントを贈るなら、あなたは何を選びますか? 私事で恐縮ですが、4月28日に30歳になりました。“大台”に突入する前に、ライフワークであるランニングの分野でフルマラソンの「サブスリー」( [全文を読む]

加藤嘉一「小説の世界観よりも、村上春樹という人間の生き方に興味を持っています」

週プレNEWS / 2012年10月09日15時00分

ぼくが毎日走っている、ハーバード大学の脇を流れるチャールズ川沿いは、村上さんも好きなランニングコースらしいので、いずれ出会うような気がしてなりません。 村上さんの哲学には共感できる点が少なくない。例えば、「一日は23時間しかない。1時間はランニングに費やす」という姿勢や、早起きして午前中に執筆を終わらせ、午後は人と会ったりして、夜は何もしないというライフス [全文を読む]

やる気を引き出す「最強ルーティン」をつくる

文春オンライン / 2017年06月02日07時00分

ランニングのために1時間早く起きるのは、日常的に夜遅く帰宅するタイプの仕事ではなかなかハードルの高いことかもしれません。そんな場合は、10分くらいの筋トレはいかがでしょうか。これは筆者自身も実践しています。腕立て伏せやスクワットなどの自重トレーニングなら、自宅で手軽にできますし、一定の心拍数の上昇が期待できます。 さて、運動して一汗かいたらひとっ風呂浴びる [全文を読む]

村上春樹氏“小説は楽しい、何にだってなれる” 英イベントでファンと交流

NewSphere / 2014年08月31日11時00分

また、ランニングも趣味であることはよく知られている。 イベントでは、執筆以外の話もあったようだ。村上氏はジャズ愛好家で、以前ジャズクラブを経営していたこともあり、日本では、ジャズピアニストのセロニアス・モンクについての本も9月に出版される予定だ。 「小説を書くときは、音楽の要素が必要なんだ。曲が無意識に浮かんでくる。とても多くのことを音楽から学んだよ。ハー [全文を読む]

フォーカス