カフェ 村上春樹に関するニュース

村上春樹作品に登場する朝食も、『檸檬』パフェも完全再現!東京“至福の喫茶店&カフェ案内”

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月16日09時00分

お気に入りのカフェで読む本は、なぜあんなにも心に沁みるのでしょう。深く、濃く、ときにほろ苦い。まるでコーヒーの薫りそのものです。そんな“わたしのカフェ”を見つけられたら…。『本好きさんのための 東京 コーヒーのお店』(川口葉子:著、ダ・ヴィンチ編集部:編/KADOKAWA)は、そんな人たちのための “夢のカフェ”ガイド。2015年『ダ・ヴィンチ』10月号の [全文を読む]

指ネコ「またたび」ソロ活連載【4】小説に登場するメニューが味わえるカフェ

TABIZINE / 2016年08月09日12時00分

今日はちょっとユニークなカフェを紹介するね。東京・駒場公園にある日本近代文学館。ぼくのお気に入りのブックカフェがあるんだ。 ■あわせて読みたい 指ネコ「またたび」ソロ活連載 【1】おしゃべり禁止のカフェに行ってみた 【2】たまに行きたくなる昭和な純喫茶 【3】お酒を飲みながら読書できる隠れ家 壁一面に本がぎっしりで、まるで図書室みたいな「BUNDAN C [全文を読む]

ノーベル賞騒動「迷惑」宣言の村上春樹、やっぱり候補に入ってなかったのか!?

リテラ / 2015年01月17日21時00分

昨日も、書店の村上春樹コーナーや、ハルキストと呼ばれる春樹ファンたちがカフェに集まり受賞の報せを待つ様子、春樹ゆかりの海外のファンの声など、今年こそはと受賞を期待する特集が展開されていた。 そして、別の作家の受賞が発表され「がっかり」......というところまでが、風物詩となっている感もある。ここまで落選が続くと、結局このまま獲れないんじゃないか、と不安に [全文を読む]

村上春樹と岡本太郎の特設サイトが人気!どちらも共通するのは読者との「繋がり」

しらべぇ / 2015年04月26日10時00分

また、骨董通りにある岡本太郎さんの邸宅兼アトリエをそのまま利用した「岡本太郎記念館」には、村上春樹さんが命名した「ア・ピース・オブ・ケイク」というカフェがあったりとお二人の繋がりもあるようです。 2つのサイトがいまオープンしたのには、深い部分できっと繋がっている気がします。どちらのサイトも読み応えありますので、G.W.の時間があるときに読んでみてはいかが [全文を読む]

『君の名は。』三葉は処女か オトナ童貞が激論

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月26日17時18分

そんな自分から見て、映画の中の男子高校生が「今日もカフェ行くだろ?」みたいことを自然に言っているのが衝撃的だったんです。「東京の高校生ってそんな感じなの?」って。それで今回、僕以外のみんなが東京生まれってことで、どう思ったのかって聞きたかったんですよね。菊池 言わないですよね。霜田 人生でほぼ言ったことないですね。特に高校生の時に1600円もするあんな高い [全文を読む]

ノーベル文学賞はボブ・ディランで、村上春樹また落選! そもそもノーベル文学賞候補なのか!?

リテラ / 2016年10月13日21時30分

今年も、書店の村上春樹コーナーや、ハルキストと呼ばれる春樹ファンたちがカフェに集まり受賞の報せを待つ様子、春樹の海外のファンの声など、今年こそはと受賞を期待する特集が展開。そして、別の作家の受賞が発表され「がっかり」......というところまでが、すっかり風物詩となっている感すらある。 10年以上続くこの空騒ぎについては、2015年には春樹自身も「正直なと [全文を読む]

千駄ヶ谷、芦屋…散歩で楽しむ村上春樹作品の世界

WEB女性自身 / 2014年05月08日16時00分

こんなに文学散歩を楽しめる作家は、太宰治くらいまでさかのぼらなければいないんですね」 こう語るのは、ブックカフェ『6次元』店主で『さんぽで感じる村上春樹』(ダイヤモンド社)著者のナカムラクニオさん。 「特に人気なのが、ルーツをたどる散歩。まず、少年時代を過ごした神戸。そして、大人になってからの千駄ヶ谷。経営していたジャズ喫茶『ピーターキャット』もあった場所 [全文を読む]

「テーマあいまい?」識者語る春樹がノーベル賞獲れぬワケ

WEB女性自身 / 2013年10月16日07時00分

東京・荻窪駅近くのブックカフェ「6次元」に落胆の声が上がった。村上春樹氏(64)のノーベル文学賞受賞が来年以降に持ち越しとなった瞬間だった。「川端康成、大江健三郎ならこれほど熱中しませんよ。純文学界から“大衆的すぎる”と批判される村上さんだからこそ、ノーベル文学賞を獲ってほしい。いずれは必ず受賞するはずです」(「6次元」オーナーであり村上春樹研究者のナカム [全文を読む]

今年もまた落選! 村上春樹はそもそもノーベル文学賞候補じゃないとの説が!?

リテラ / 2015年10月09日08時00分

きのうも、書店の村上春樹コーナーや、ハルキストと呼ばれる春樹ファンたちがカフェに集まり受賞の報せを待つ様子、春樹の海外のファンの声など、今年こそはと受賞を期待する特集が展開されていた。 そして、別の作家の受賞が発表され「がっかり」......というところまでが、すっかり風物詩となっている感すらある。落選はじつに10年連続で、ここまで続くと、結局このまま獲れ [全文を読む]

カフェ激戦区のチェンマイで「日本を感じるカフェ」2選

GOTRIP! / 2014年11月17日06時30分

それは、小さなカフェが激増していること。 一番の激戦区はニマンヘミン通り周辺とリバービューが人気のピン川エリアなのですが、筆者はそれらのエリアで、日本人であることがうれしくなるようなカフェをふたつ見つけました。 そこで個性派カフェがしのぎを削るチェンマイのカフェブーム最前線から、筆者が見つけた「日本が感じられるカフェ」をご紹介したいと思います! ●「日本語 [全文を読む]

今年も落選!村上春樹はそもそもノーベル文学賞候補ではないとの説が!?

リテラ / 2014年10月10日08時30分

昨日も、書店の村上春樹コーナーや、ハルキストと呼ばれる春樹ファンたちがカフェに集まり受賞の報せを待つ様子、春樹ゆかりの海外のファンの声など、今年こそはと受賞を期待する特集が展開されていた。 そして、別の作家の受賞が発表され「がっかり」......というところまでが、風物詩となっている感もある。ここまで落選が続くと、結局このまま獲れないんじゃないか、と不安に [全文を読む]

『さんぽで感じる村上春樹』-ダイヤモンド社より2014年4月24日配本-

PR TIMES / 2014年04月24日11時57分

著者はハルキストが集うブックカフェギャラリー 「6次元(*)」を運営するナカムラクニオと道前宏子の2人。濃い内容ですが、「写真」と「地図」、 そして「短い文章」という構成により、すっと読めます。 CONTENTS 1.「風の歌を聴け」さんぽ 【神戸】村上春樹文学の源流を歩く 2.「1973年のピンボール」さんぽ 【三鷹】と【神戸】で失われた時間を探す 3. [全文を読む]

村上春樹にわずかでもかすったことのある方、必読! 爆笑必至の舌鋒書評トーク

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月30日07時20分

値段もお手頃、そこらのカフェでお茶するよりもお得ですよ! 文=立花もも (ダ・ヴィンチ電子ナビより) [全文を読む]

「ブサイクな小太り」太田光が売れっ子作家をメッタ切りにするワケ

メンズサイゾー / 2013年05月04日12時00分

そんな現状に対して、太田は、「あの不細工な男たち(ハルキスト)は、何を考えてるんだろうね」とまで言い、新作が出るたびに書店に並びカフェで本を読む熱心な村上ファンが理解不能であると語っていた。「日本で一番売れている作家で、世界的にも名前の通った村上春樹さんに対して、なかなかここまで言える人はいないですよね。しかし、それがかえって新鮮で、真実味があるとも受け止 [全文を読む]

オドレイ・トトゥらフランス3女優のウエディングシーン入手!『エタニティ 永遠の花たちへ』

CinemaCafe.net / 2017年09月12日16時30分

本作で競演を果たしたオドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョというフランスの人気実力派女優3人、それぞれのウエディングシーンの本編映像がシネマカフェに到着した。ヴァランティーヌ(オドレイ・トトゥ)がジュールと結婚した理由、それは、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したが、それでも諦めないジュールに [全文を読む]

ホワイトデーのプレゼントにオススメの絵本5冊

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月07日11時30分

絵画好きな彼女と、美術館のカフェでお茶でもしながら、そっと贈りたい1冊。■2.『ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします』(佐々木マキ/絵本館) すっとぼけたヤギの頭に黒いコート、大きなカバンが印象的なムッシュ・ムニエル。彼は、村上春樹氏の小説の表紙や挿絵でも知られる漫画家・イラストレーターの佐々木マキ氏の作品に度々登場する魔術師だ。 ムッシュ・ムニエルが [全文を読む]

フォーカス