最新作 村上春樹に関するニュース

ハルキストよ、待望の時が来た! 村上春樹の最新刊『騎士団長殺し』いよいよ2/24(金)発売開始

PR TIMES / 2017年02月17日16時29分

[画像1: https://prtimes.jp/i/18760/219/resize/d18760-219-343486-0.jpg ]TSUTAYAでは、この最新作をいち早くファンの方々にお届けするため、全国の6拠点で発売向けて盛り上げるそれぞれ趣向を凝らしたカウントダウン企画をご用意。また、一部店舗では前夜2月23日(木)の夜にファンのためのイベント [全文を読む]

印刷しすぎて!? 村上春樹の『騎士団長殺し』バカ売れでも“大赤字”の怪現象

日刊サイゾー / 2017年07月30日19時00分

今年の上半期、出版業界で大きな話題を集めたのが、村上春樹の最新作『騎士団長殺し』(新潮社)だ。発売時には大きな話題となり、ベストセラーランキングでも上位に入っている同作だが、業界内での評価は違うようだ。 『騎士団長殺し』は、村上春樹にとって『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)以来4年ぶりの長編小説。発行元の新潮社は、初版で異例となる10 [全文を読む]

村上春樹、文芸誌『MONKEY』で復刊してほしい翻訳小説を語る! ロングインタビューも掲載

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月21日17時30分

同号では、最新作『職業としての小説家』の発売を記念し、作家の川上未映子による村上春樹のロングインタビューが掲載されている。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら また、特集の“古典復活”では、村上と柴田の古典小説をめぐる対談を収録。さらに、2人の“復刊してほしい翻訳小説リスト100”も掲載されている。そのほか、夏に来日したカズオ・イシグロの講演会や、同 [全文を読む]

韓国で村上春樹人気が「台風」並みに!?最新作の韓国語版発売で=ネットにはアンチコメントも「反対に、日本で韓国人作家がブームを起こしたら…」

Record China / 2017年07月13日11時40分

韓国のインターネット書店「インターパーク図書」によると、6月30日に村上氏の最新作『騎士団長殺し』韓国語版の予約販売を開始したところ、すぐさまベストセラーにランクイン、6月第4週と7月第1週と2週間続けて販売数1位を記録した。最新作への注目の高まりに伴い、これまでの村上氏の代表作『1Q84』や『海辺のカフカ』『ノルウェイの森』『女のいない男たち』などの販 [全文を読む]

村上春樹氏最新作「ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 電子特別版」発売

ITライフハック / 2015年11月20日10時00分

それが旅行というものです」■電子書籍作品概要作品名:「ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 電子特別版」著者:村上春樹出版社:文藝春秋発売日:2015年11月21日価格:1500円■作品紹介■文藝春秋■ITライフハック■ITライフハック Twitter■ITライフハック Facebook■モバイルに関連した記事を読む・人気声優甲斐田裕子さんが [全文を読む]

村上春樹さん最新作『ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 電子特別版』11月21日 いよいよ発売!

@Press / 2015年11月19日10時00分

それが旅行というものです」 『ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 電子特別版』 著者:村上春樹 2015年11月21日発売 販売価格:1500円 http://books.bunshun.jp/ud/book/num/1639036400000000000B 詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press [全文を読む]

ブッカー賞作家が書いた「フィリップ・マーロウ」シリーズ『黒い瞳のブロンド』

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月05日12時00分

全世界で800万部の大ヒットの北欧ミステリー『窓から逃げた100歳老人』ってどんな話? この私立探偵小説の里程標というべきシリーズの“最新作”『黒い瞳のブロンド』(早川書房)が発売された。チャンドラーがこの世を去ってから55年、今回“新作”を手掛けたのはアイルランドの作家・ベンジャミン・ブラックである。ブラックはブッカー賞作家であるジョン・バンヴィルがミ [全文を読む]

村上春樹の最新作100万部超え 「ネタバレ」はどこまでセーフか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年04月26日21時31分

作家の村上春樹さんの最新作が4月12日の発売から7日で発行数100万部に達するという記録的な売れ行きをみせている。本のタイトルは『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』。発売以前からネット通販サイトのAmazonで、予約数が2万部を超えるなど、多くの人が待ち望んでいた作品だった。発売当日には、深夜0時に販売を開始する書店もあり、購入してそのまま徹夜で読 [全文を読む]

村上春樹最新小説が本日発売 前日深夜カウントダウンイベント、多数のファンで活況

Business Journal / 2013年04月12日07時10分

前作『1Q84』はBOOK1〜3のシリーズ累計部数で300万部を超えるベストセラーとなったが、最新作『色彩を持たない〜』も、発売前から予約が殺到し、すでに4刷の累計50万部となっている。また、総合オンラインストアのAmazon書籍ストアにおいては、3月25日に予約が1万冊、4月6日に2万冊を突破し、村上氏関連の小説においては最速のスピードとなっている。 [全文を読む]

オドレイ・トトゥらフランス3女優のウエディングシーン入手!『エタニティ 永遠の花たちへ』

CinemaCafe.net / 2017年09月12日16時30分

松山ケンイチ、水原希子、菊地凛子が出演した『ノルウェイの森』や、ベトナムを舞台にした『青いパパイヤの香り』『夏至』などで知られるトラン・アン・ユン監督の最新作『エタニティ 永遠の花たちへ』。本作で競演を果たしたオドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョというフランスの人気実力派女優3人、それぞれのウエディングシーンの本編映像がシネマカフェに到着し [全文を読む]

トラン・アン・ユン監督、最新作で主演女優と衝突?「私は操り人形じゃない」

映画.com / 2017年06月25日20時35分

[映画.com ニュース] 運命に翻ろうされる3世代の女性たちが、愛の物語を織りなす「エタニティ 永遠の花たちへ」が6月25日、開催中のフランス映画祭2017で特別上映され、メガホンをとったトラン・アン・ユン監督が東京・有楽町朝日ホールでのトークイベントに出席した。 19世紀末のフランス、上流階級に生まれたヴァランティーヌは20歳で結婚し、双子の男の子を筆 [全文を読む]

村上春樹の最新作『騎士団長殺し』の内容を複数の霊能者が“霊視”! 性描写なく、ノーベル賞の呪縛から解かれた傑作の可能性!?

tocana / 2017年02月08日13時00分

現代日本を代表する作家の一人であり、世界的にも熱烈なファンをもつ村上春樹氏の最新作が今月24日に発売される。大注目のタイトルは、ズバリ『騎士団長殺し』(新潮社)。「第1部 顕れるイデア編」と「第2部 遷ろうメタファー編」からなる長編小説だ。 しかし、(毎度のことながら)発売日まで新作のテーマや内容は、まったく外部に漏れ伝わってこない。そのため、世界のハルキ [全文を読む]

村上春樹がノーベル文学賞にこだわらない理由とは?―中国紙

Record China / 2017年01月02日20時30分

村上春樹の最新作で初の自伝となった「職業としての小説家」の中国語版がこのほど、中国の大手編集プロダクション・新経典文化から出版された。村上春樹は同作で、「努力を続けて、ただの一般人だった自分が小説家になる夢を叶えることができた。本当にやりたいことをするなら、飛行機が離陸すように十分な滑走路が必要だ」とその胸に秘めた思いを語っている。揚子晩報が伝えた。面白い [全文を読む]

アリシア・ヴィキャンデル初来日記念イベント!“和のおもてなし”&誕生日サプライズに感激

ハリウッドニュース / 2016年09月29日15時00分

アクション映画の最高傑作、<ボーン>シリーズの最新作『ジェイソン・ボーン』(10月7日日本公開)の公開に先駆け、アリシア・ヴィキャンデルが緊急来日。29日に東京・八芳園にて、“和のおもてなし”による初来日記念イベントが行われた。『リリーのすべて』(15)でアカデミー賞助演女優賞を獲得したアリシアは、今世界で最も注目を浴びている新星女優。<ボーン>最新作では [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計書籍の最新動向を解説『2015年honto11月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2015年12月08日12時11分

2015年11月ランキングについてhonto総合書店広報担当が解説 TVドラマが好調の池井戸潤最新作『下町ロケット 2 ガウディ計画』が総合ランキング1位を獲得し、前作も上位を維持。総合ランキング2位以下は、ラノベの定番『魔法科高校の劣等生 18』、東野圭吾最新作『人魚の眠る家』がランクイン。 紙書籍は、村上春樹の『ラオスにいったい何があるというんですか? [全文を読む]

一十三十一&弓削匠『THE MEMORY HOTEL』インタビュー

NeoL / 2015年12月01日04時11分

2012年リリースのアルバム『CITY DIVE』以降、日本のシティポップ・ムーブメントを代表するシンガーとしての地位を確固たるものとした一十三十一の最新作『THE MEMORY HOTEL』は、これまでとはひと味違った、ミステリアスな一面をわたしたちに見せてくれる。このインタビューでは、一十三十一と、『CITY DIVE』以来アートディレクターとして一十 [全文を読む]

村上春樹小説作品 初の電子化『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』12月4日電子版発売!11月5日より先行予約開始

@Press / 2015年11月05日11時00分

最新作『ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 電子特別版』の予約も始まっています。発売は11月21日。単行本との同時発売になります。 電子特別版は、各章毎に、単行本には入りきらなかったカラー写真を、数点ずつ入れて構成。写真を増やすことによって、旅の雰囲気がより伝わる作品となっています。 ラオスへの聖なる旅、アメリカでのグルメ、荒涼たるアイス [全文を読む]

天才作曲家/ピアニスト、ジョヴァンニ・アレヴィが日本向けベストアルバムを3月18日(水)に発売

okmusic UP's / 2015年03月13日12時30分

【その他の画像】Giovanni Alleviアルバムは『THE PIANO OF GIOVANNI ALLEVI His Best 1997-2015』と名付けられ、1997年の1stアルバム『13 Dita』から2015年1月20日に発売された最新作『Love』までを網羅した形となり、17才の時に初めて作曲したと言われる「Japan」をはじめ、「Tok [全文を読む]

名匠ホドロフスキーが耳をすませ続けて生まれた映画『リアリティのダンス』とは

AOLニュース / 2014年07月11日18時05分

『ホドロフスキーのDUNE』 短期集中連載最終回 ホドロフスキー監督が23年間"耳をすませ"続けた結晶、最新作『リアリティのダンス』が示すこと1975年、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の『DUNE』は、資金難で頓挫する。38年を経た2013年5月、未完の大作をめぐるドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』と共に、カンヌ国際映画祭でワールドプレミアされ [全文を読む]

「獲る気満々だったのに」村上春樹、またもノーベル文学賞落選の裏事情

サイゾーウーマン / 2013年11月04日13時00分

最新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)は、発売から7日間で発行部数100万部突破と発表され、下馬評こそ上々だったが、やはり本作でも受賞することはできなかった。 「毎回大型書店などでは、村上のノーベル文学賞受賞キャンペーンが打たれるほどのお祭り騒ぎになりますが、一方で当の村上本人は素知らぬ顔……というのが世間のイメージでしょう。しかし [全文を読む]

フォーカス