事務所 三吉彩花に関するニュース

西内まりや「ゴリ押し」戦略が空回り…“第二の安室”化計画に批判殺到

デイリーニュースオンライン / 2015年10月19日08時00分

だが、事務所のプッシュが強すぎる感が否めず、どこか迷走している状況も相まって「ウザい」などと非難が集まっている。 ドラマ主題歌起用に原作ファンが猛反発 西内が主題歌を担当する『エンジェル・ハート』は、往年の人気漫画『シティーハンター』の続編を実写化した作品。俳優の上川隆也(50)がシティーハンターこと冴羽リョウを演じ、モデルで女優の三吉彩花(19)がヒロイ [全文を読む]

南波一海と嶺脇育夫のアイドル三十六房 EN! #11 完全版

エンタメNEXT / 2015年11月05日23時00分

それは何故かっていうと、メジャーだし、一緒に頑張ろうっていう大手事務所さんがいたからできたことだとも言えますよね。 ――話をまとめると……結局は事務所っていう(笑)。 南波 それはそうですよ(笑)。 嶺脇 だからNegiccoが奇跡なんですよ。 南波 でもドラマもあるじゃないですか。事務所は置いといて、ももクロもダスト組から路上ライブやって……みたいな。そ [全文を読む]

あの芸能人二世・子供タレントたちの仁義なき戦い!博多華丸、元アイドル、ますおか…

Business Journal / 2016年03月05日17時00分

15歳のモデル・岡田結実が、2月21日付けのブログで大手芸能事務所オスカープロモーションに所属したことを発表した。実は岡田はお笑いタレント・岡田圭右(ますだおかだ)の娘であり、父親譲りの目鼻立ちがハッキリとした美少女だ。 子役モデルを経て2010年から『天才てれびくん』シリーズ(NHK教育)に4年間出演し、ファッション誌「ピチレモン」(学研プラス/すでに休 [全文を読む]

BABYMETAL、三吉彩花……さくら学院卒業生の勢いが止まらない! 松井愛莉にはゴリ押し批判の声?

おたぽる / 2016年01月10日09時00分

「さくら学院は、大手芸能事務所アミューズのキッズ事業室から選抜された女子小中学生10名で2010年に結成された、学校生活とクラブ活動をテーマにした女性アイドルグループ。『アイドルを超えた、スーパーレディーになる』という“校則”どおり、卒業生には、今やアイドルの枠を超えて世界中に活躍の場を広めているBABYMETALや、専属モデルを務めるファッション雑誌『 [全文を読む]

三吉彩花や篠原涼子だけじゃない、あのタレントの意外なアイドル時代

アサ芸プラス / 2015年11月27日09時59分

グループの活動が休止した2002年にタレントへと転身し、現在の事務所に移籍した2009年ごろから女優として頭角を現すようになりました」 ほかにも永作博美はribbonに在籍、中谷美紀と菅野美穂は桜っ子クラブさくら組で活動していた。片岡愛之助との別れ話で注目された熊切あさ美も、芸能界デビューはチェキッ娘の一員としてである。ほかには活動実績は少なかったものの、 [全文を読む]

ドラマ「エンジェル・ハート」成功の鍵は三吉彩花の美脚!?

アサ芸プラス / 2015年10月03日17時59分

「同じ事務所の松井愛莉や、『Seventeen』モデル仲間の広瀬アリスと仲がいいですね。食べ物はラーメンが好きなものの、栄養を意識して普段は和食を中心に食べているそうです。身長は親の遺伝で大きくなるのはわかっていたため、中学時代から『高身長の場合、足が太いと美しくない』と意識してケアしていたそうです。鍛えたり、半身浴をしながらマッサージをし、『細過ぎず、ほ [全文を読む]

なぜ10代女優がバラエティーに進出? 背景に事務所戦略の変化

NEWSポストセブン / 2017年05月06日07時00分

これは単なる偶然ではなく、芸能界をとりまく変化と事務所の戦略によるものです。◆松岡茉優や二階堂ふみの成功で低年齢化 かつて10代女優は、「女優として演技で実績を積むまでバラエティー番組は出ない」というスタンスが主流でしたが、松岡茉優さん(22歳)や二階堂ふみさん(22歳)らがバラエティー番組への出演を女優業のステップアップにつなげた成功例を受けて、低年齢 [全文を読む]

ジャニーズ“猛プッシュ”Jr.、性感マッサージで“本番強要”報道! ファンは「吐きそう」の声

サイゾーウーマン / 2017年02月21日08時00分

2006年、ジャニー喜多川社長にスカウトされる形でジャニーズ事務所に入った京本。12年には深夜ドラマ『私立バカレア高校』(日本テレビ系)や、翌年にもKis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔主演ドラマ『仮面ティーチャー』(同)に出演し、舞台『滝沢演舞城 2013』で、親子初共演を果たしたことも話題となった。また、セイコーホールディングスの創業130周年記念CM「美 [全文を読む]

あざとカワイイぶりっ子男子・伊野尾慧、天性のアイドル気質

messy / 2016年05月24日23時30分

元々美形でポテンシャルは高いとファンの間で評判で、昨年からようやく事務所が猛プッシュを始めたんですが、フィギュア選手役はピッタリ過ぎて、さらにファンが増加することは間違いないと思います」(芸能ライター) 今月21日に放送された『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)では、伊野尾が『スクール革命』(同)収録の裏側に潜入。Hey!Say!JUMPのメンバーに『メレ [全文を読む]

予想は当たった!?今年は3名が転入! 2016年度さくら学院転入式レポート

エンタメNEXT / 2016年05月14日07時00分

森先生は「深津さんサイドを敵に回すのはやめような、事務所の大事な先輩だから」と釘を刺すが、森も物怖じしない性格のようで、自ら進んで火中の栗を拾いにいく(笑)。満を持して披露した中身は、「ハハハハ!」と高笑いをするもので、場内からは「え~~!?」の声が(笑)。森先生は「あとで深津さんのマネージャーに菓子折持っていく」と苦笑いだ。 ここで在校生からの質問タイム [全文を読む]

三吉彩花、globeのMV主演に「ミスマッチ」と批判の声 演技力低く「女優業は厳しい」との指摘も

おたぽる / 2016年05月12日09時00分

昨年放送された『エンジェル・ハート』(日本テレビ)では、ヒロイン役に抜擢され、事務所からは期待をこめて後押しされていたもののブレークには至らず。これから女優として活躍していきたいのであれば、完璧なスタイルで妬まれがちなところを逆手に取って、菜々緒が悪女役でブレークしたように、モデル出身ならではのスタイルの良さを売りにしたキャラを開拓していく必要があるでしょ [全文を読む]

「こじはるかと」伝説のセブンティーンモデル・鈴木えみの現在。

messy / 2015年11月17日12時00分

ネットではたびたび、事務所の後輩である北川景子に似てると指摘されてきた鈴木だが、2人にはファッション雑誌『Seventeen』(集英社)で専属モデルを務めていたという共通点もある。『Seventeen』の専属モデルは人気女優への登竜門ともいわれ、卒業生には、武井咲、剛力彩芽、水原希子、榮倉奈々、桐谷美玲、波瑠など、第一線で活躍する女優が名を連ね、現役モデ [全文を読む]

武藤彩未がアコースティックに彩る「今日は見に来ないとダメなライヴ」

エンタメNEXT / 2015年10月07日09時00分

さらに「先ほど事務所の方と協議して、武藤彩未にも出てもらうことになりました!」と告げると会場内は大歓声。当の武藤もビックリしたように「いいんですか!?」と大喜びだ。 さて、アンコール1曲目。2012年3月、同じ日本橋三井ホールでこの曲を歌ってさくら学院を卒業していった思い出の曲、『See you ...』。「今日はひとりだけど、でもみんなここにいると思いま [全文を読む]

フォーカス