実写 藤原竜也に関するニュース

マツコが指摘!漫画・アニメの実写化への文句はもうダサい?

しらべぇ / 2016年10月31日20時00分

※画像は映画『デスノート Light up the NEW world』公式ホームページのスクリーンショット漫画やアニメの実写化は、そのニュースが出る度に批判を浴びる。10月26日に放送されたバラエティ番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日)では、「漫画やアニメが実写化されたときに憤慨する人に腹が立つ」という視聴者からの投稿を紹介しており、マツコ・デラ [全文を読む]

「好きな俳優ばかり!」僕街の原作者が映画を絶賛

Movie Walker / 2016年03月23日17時25分

そんななかでの実写映画化となったが、制作チーム曰く「(原作者の三部は)この実写映画化に対して非常に協力的でした。すべてを制作チームに任せてくれました」とのこと。 一方の三部も「監督が平川雄一朗さんでしたし、制作前に話しているなかで信頼して任せて大丈夫と思ったので、映画の製作陣に好きに作ってほしい、ルールも好きに解釈していいとお伝えしました」と、映画化の際 [全文を読む]

「これじゃドラマが映画の番宣」!? 『デスノート』新映画製作にファンが大混乱!

おたぽる / 2015年09月14日19時00分

まず、主人公・夜神月(らいと)役に藤原竜也、L役に松山ケンイチ、弥海砂には戸田恵梨香を配して2部構成で実写映画化。前編が06年6月、そして後編『デスノート the Last name』が同年11月に公開された(08年にはLが主人公のスピンオフ映画『L change the WorLd』も公開)。さらに、06年10月~07年6月にかけてアニメ版も放送された [全文を読む]

今年の実写邦画作品No.1のメガヒットとなるアクション時代劇「るろうに剣心」第2弾『るろうに剣心 京都大火編』 U-NEXTで配信スタート!

@Press / 2014年12月17日11時30分

『るろうに剣心 京都大火編』は、シリーズ累計5800万部を超える和月伸宏の大人気コミックを、NHK大河ドラマ「龍馬伝」やサスペンス大作「プラチナデータ」を手掛けた大友啓史監督が実写化した平成24年8月に公開の「るろうに剣心」の続編で、原作のクライマックスにあたり、人気の高いエピソード「京都編」を描いた2部作の前編です。“京都大火編”と“伝説の最期編”(平成 [全文を読む]

オタクが実写化にモノ申す?漫画原作「2017冬ドラマ」3作品

しらべぇ / 2017年01月07日07時00分

その中で、しらべぇ編集部内の漫画オタク記者が独自視点で3作品をピックアップし、実写化に期待する点を解説したい。(画像は日本テレビ公式サイトのスクリーンショット)(1)『東京タラレバ娘』(日本テレビ系「水曜ドラマ」枠)(画像出典:Amazon)アラサーのただれた恋愛事情を、ド正論でぶった切った東村アキコ先生の作品『東京タラレバ娘』。新刊が出るたびにツイッター [全文を読む]

「東京喰種」実写化の波紋…惨敗アニメの二の舞い防げるか?

デイリーニュースオンライン / 2016年06月20日08時05分

ここのところ『鋼の錬金術師』『ジョジョの奇妙な冒険』など立て続けに報道されている人気マンガの実写化。6月16日には、人気マンガ『ワンピース』に関する実写映画化報道まで飛び出したが、集英社が否定したことで幕を閉じた。しかし、同じ集英社の人気マンガ『東京喰種トーキョーグール』は17日に実写映画化が正式発表され、ファンの間で賛否渦巻いている。 ■実写映画化が正式 [全文を読む]

「棒過ぎるだろ」東出昌大『デスノート』新作映画の主演決定にファンから悲鳴!「それよりも『ゲスノート』を…」の声も!?

おたぽる / 2016年02月05日20時00分

昨年9月のTVドラマ版『デスノート』放送後に製作が発表されていた、2006年に公開された実写劇場版の正統続編とされる、新実写劇場版『デスノート2016』について出演キャスト、今年秋公開予定といった最新情報が発表された。 本サイトで昨年10月に既報のとおり、デスノート対策本部特別チームの捜査官・三島創役に東出昌大、三島とともにデスノートを追う世界的探偵・竜崎 [全文を読む]

映画『僕街』主題歌を務めるのは期待の大型新人!

Movie Walker / 2016年01月15日11時30分

三部けいの人気コミックを原作に、藤原竜也&有村架純共演で実写映画化した『僕だけがいない街』(3月19日公開)。本作の本予告映像とポスター画像が解禁され、主題歌に大抜擢された大型新人・栞菜智世の歌声も解禁された。 本作は、“リバイバル”という時間が巻き戻る不思議な現象に巻き込まれた主人公の悟が、現在〈2006年〉と過去〈1988年〉の2つの世界を行き来しなが [全文を読む]

『デスノート』『ど根性ガエル』、「主人公&時代設定を改悪」と炎上! 日テレ7月ドラマは爆死!?

サイゾーウーマン / 2015年05月26日13時03分

このため、ネット上では『天才対天才だから成り立つのに』『なぜわざわざ改悪してまでドラマ化するんだ』『つまらなくなりそう』と、嘆くコメントが多く上がっています」(芸能ライター) 日テレでは、同じく7月スタートの土曜午後9時枠のドラマも“実写モノ”で、松山主演のドラマ『ど根性ガエル』が放送される。漫画・アニメとして40年以上も愛されている有名作品だが、ドラマで [全文を読む]

『進撃の巨人』撮影現場・軍艦島に水原希子?石原さとみ目撃情報などネット上が大騒ぎ

AOLニュース / 2014年05月17日22時00分

この実写映画化主役に三浦春馬が決定と発表されたのは4月初めのことだったが、その他のキャスト配役に、なんと水原希子、石原さとみの目撃情報が浮上している。 5月11日に長崎・軍艦島でクランクインした映画『進撃の巨人』。それと時期を同じくした5月12日に、水原が自身のInstagramにアップした自撮り写真の背景が「長崎港周辺ぽい」と話題に。そこから「水原 『進 [全文を読む]

「実写化してほしいマンガ」アンケート取るも…最多は"実写化反対"

NewsCafe / 2013年07月07日12時00分

昨年8月には主演・佐藤健の実写映画も公開され、興行収入30.1億円を記録した。そして先日、その続編の来夏公開が発表され話題となっている。幕末から明治にかけての動乱期を描いた前作に続き、続編では原作ファンの間で最も人気の高い「京都編」がベースになるという。共演は武井咲、蒼井優、青木崇高、江口洋介、藤原竜也…そうそうたる面々だ。同作のみならず、人気マンガの実写 [全文を読む]

古川雄輝主演で「僕だけがいない街」が原作完結後初の映像化!

Smartザテレビジョン / 2017年03月13日06時00分

さらに藤原竜也&有村架純の共演で実写映画化され、今回が3度目の映像化となる。主人公・藤沼悟は時が巻き戻る“リバイバル”という現象により、母親を殺害した犯人を突き止めるために18年前までさかのぼる。自身が小学5年の時に起きた連続児童殺人事件に母親が殺された原因があると確信した悟は、事件の謎を追っていくというサスペンスストーリー。原作では、続きが気になる極上の [全文を読む]

戸田恵梨香の「ミサミサ」復活に歓喜の声が続出...当たり役への再起用にファンの期待高まる

メンズサイゾー / 2016年03月09日19時30分

人気コミックを原作にした同作は、2006年に前後編の二部作で実写映画化。戸田はミサミサ役で映画デビューを飾り、口うるさい原作ファンからも「可愛すぎる」「原作のイメージそのまま」と絶賛される当たり役となった。 今回は「キラ」こと夜神月(藤原竜也)と天才私立探偵・L(松山ケンイチ)の激闘を描いた前作から10年後の設定になっており、世界に散らばった6冊のデスノ [全文を読む]

2012年を振り返る ユーネクスト「U-NEXT」、マンガ原作の映画をピックアップ!

PR TIMES / 2013年01月07日18時18分

なかでも、2012年12月26日より配信がスタートした『るろうに剣心』(※1)は、若手実力派俳優の佐藤健と武井咲の共演、更には大人気マンガの実写化とあって、非常に注目を浴びた作品です。 その他、マンガ原作の邦画として、阿部寛がローマ人を演じた抱腹絶倒の入浴ムービー「テルマエ・ロマエ」、 藤原竜也主演、命懸けのゲームで熱い闘いが繰り広げられる「カイジ2 人 [全文を読む]

フォーカス