カイジ 藤原竜也に関するニュース

僥倖! 元フィギュアスケート選手・織田信成の“カイジ“があまりに似すぎで世間ざわざわ......

おたぽる / 2015年07月01日17時30分

1996年から連載が続く、福本伸行氏の賭博マンガ『賭博黙示録カイジ』(講談社)。実写映画版では主人公"カイジ"を藤原竜也が演じたが、この度、元フィギュアスケート選手・織田信成が"カイジ"に挑み、その完成度の高さが巷で話題となっている。 株式会社コロプラは、アプリ『東京カジノプロジェクト』のテレビCMを制作。"カジノ"ということで『賭博黙示録カイジ』をモチー [全文を読む]

ファンキル史上最大のアップデート『地上編』始まる。コンセプトフィルム『ファントム オブ キル ―ZEROからの反逆―主人公【ゼロ】役の声優が藤原竜也に決定!

PR TIMES / 2016年03月29日09時27分

その後は、NHK大河ドラマ「新選組!」(2004年)や映画「DEATH NOTE デスノート」(2006年)、「カイジシリーズ」(2009年)、「るろうに剣心シリーズ」(2012年)「僕だけがいない街」(2016年)など数々の話題作に出演し、高い評価を受けている。[画像1: http://prtimes.jp/i/17717/5/resize/d17717 [全文を読む]

藤原竜也の趣味は飲む・打つ・買う!昭和すぎて「ガチのカイジ」だとネット上で話題に

AOLニュース / 2015年01月06日16時00分

とはいえ「パチンコはカイジの役作りのために覚えた」などオッサン趣味も芸の肥やしという意味合いも強そう。 藤原竜也に少しだけ近づいた気分のオッサンたちも我に返ったのか「顔が良ければどんな趣味も許されるのか」「デスノート見てたら戸田恵梨香とキスしてたぞ」「金のあるカイジなんだよな、楽しそうな人生だわ」と最後は「羨ましい」しか言えなくなっている。 実際演技に関 [全文を読む]

【舞台挨拶全公開・後篇】藤原竜也×松山ケンイチ「デスノートがあるから今がある」

Smartザテレビジョン / 2016年10月25日11時15分

その後、映画「カイジ―」(‘09年)でまた共演させていただいたんですけど、それ以降はないですよね。藤原:「カイジ―」ね、マツケン忙しいから出てくれないかなーと思ってたんです。でも快諾してくれて。忘れもしない、鉄骨渡りというシーンを10日間くらい過酷な朝から深夜まで連日撮ってたんです。待ち時間も結構な時間を待たなければいけなくて、マツケンと光石研さんとね、3 [全文を読む]

福本伸行「横須賀ざわ…ざわ…展」カイジやアカギが記念艦・三笠に集結

しらべぇ / 2016年10月08日17時30分

画像は「横須賀市観光情報 ここはヨコスカ」からのスクリーンショット横須賀集客促進実行委員会が主催する、「福本伸行 横須賀ざわ...ざわ...展 カイジ×アカギ×黒沢の世界」。福本氏の代表作『賭博黙示録カイジ』『アカギ ~闇に降り立った天才~』『最強伝説 黒沢』シリーズにちなんだ催しを展開する。三笠艦内で開催する記念展では作品の出力画約50点を展示。あわせて [全文を読む]

“藤原竜也が窮地に”鉄板パターンで初回10.7%の2桁発進

Smartザテレビジョン / 2016年07月19日11時25分

また、主演の藤原の代表作である映画「バトル・ロワイアル」シリーズや映画「デスノート」('06年)、映画「カイジ」シリーズ、映画「僕だけがいない街」('15年)などを挙げ、「藤原竜也がいつも追い詰められる」「たまには普通の役をやらせてあげて」などとつぶやく視聴者も現れ、大きな盛り上りを見せた。今後、ますます“追い詰められていくはず”の藤原がどうなっていくのか [全文を読む]

“日本史上最も可愛い殺人者”と呼ばれたネバダと【封印映画】の意外な関係とは?

tocana / 2016年06月05日09時00分

その言葉に偽りはなく、映画『デスノート』シリーズや『カイジ』シリーズほか、様々な舞台でも活躍中の藤原竜也は、1997年に蜷川幸雄演出『身毒丸』の主役オーディションで選ばれデビュー。その後「蜷川幸雄の秘蔵っ子」として脚光を浴び続けてきたのだ。そんな藤原竜也の才能に目を付けたいたのは演劇界だけではなく、日本映画界の巨匠も同様だった。映画『仁義なき戦い』の深作欣 [全文を読む]

東京競馬場に行けば藤原竜也に会える!? 信じがたいオヤジ私生活と「1000人斬り」疑惑の真相

Business Journal / 2016年03月14日13時00分

2006年の映画『デスノート』では、死神のノートを駆使して人を殺しまくり、09年の『カイジ』では借金まみれで命がけの戦いを強いられる船に乗せられてしまう役、13年『藁の盾』では幼女趣味の連続殺人鬼で、14年の『るろうに剣心』では、国家転覆を狙う大悪党......確かに、本人が認めるくらいの「クズ」っぷりだ。 見た目もさわやかだし文句なくイケメンなのだが、 [全文を読む]

有吉「登場人物全員面白い!」と爆笑!藤原竜也がUFO交信の「THE夜会」神回に

ザテレビジョン / 2017年06月09日11時15分

Gたかしといえば、映画「カイジ」で藤原が演じたカイジ役を大げさに真似るネタで知られている芸人。 自身のモノマネを自ら行うという屈辱罰ゲームがかかった藤原は、UFOコンタクティの第一人者・秋山眞人を招き、UFOを見たことがある中尾彬も助っ人に呼ぶという気合いの入れよう。 まずは秋山から巨大な水晶をアンテナとして「ベントラ」という“宇宙船”を意味する宇宙語を [全文を読む]

福本伸行の人気マンガ『銀と金』が池松壮亮主演でドラマ化!『カイジ』『アカギ』声優の萩原聖人や藤原竜也の出演は!?

おたぽる / 2016年11月17日22時00分

政治家との取引やギャンブル、殺人鬼との死闘など、色濃く描かれた熱いストーリーで人気を博し、福本ファンの間では、福本の代表作『賭博黙示録カイジ』や『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』と並ぶ「最高傑作」との呼び声も高い。しかし、93年に中条きよしが平井銀二役を演じたオリジナルビデオが制作されたのみで、アニメ化・映画化はされておらず、知名度では前述2作にやや劣る [全文を読む]

良作多し!視聴も録画も追いつかない!?お薦めしたい2016夏(7月期放送)ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年07月11日12時15分

この転落していく主人公を藤原竜也さんが演じるというのですから、これはどうしてもあの名作「カイジ」を思い出してしまいます。ちなみに、この作品の演出は「カイジ」を手がけた佐藤東弥(さとうとうや)さん。まず、期待を裏切られる事はないでしょう。 家売るオンナ 7月13日より毎週水曜22時~日本テレビ系にて放送 主人公である、家を売って売って売りまくる不動産営業ウー [全文を読む]

各漫画賞を総なめにした話題作『僕だけがいない街』実写映画の予告編&主題歌がついに解禁!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年01月19日13時00分

■作品をヒットに導くキャスト&スタッフ悟を演じるのは、『デスノート』『カイジ』『るろうに剣心』など、漫画の実写化作品を必ずヒットに導く力を持つ俳優、藤原竜也。悟をまっすぐに信じ、寄り添うバイト仲間の片桐愛梨を演じるのは、主演作『ストロボ・エッジ』『ビリギャル』が連続ヒットした有村架純。メガホンを取ったのは、TVドラマ「天皇の料理番」で国内のアワードでグラン [全文を読む]

不快感MAX!? 俳優とモノマネ芸人の「微妙な関係」

日刊大衆 / 2017年05月02日11時05分

Gたかしは、藤原の見ている前で「金だ、金だ、金だ! 俺には金が必要なんだよ!」と、映画『カイジ 人生逆転ゲーム』での藤原の演技をモノマネで再現した。最初はにこやかに見ていた藤原だったが、次第に表情は曇りはじめ、ネタが終わった後には「バカにはしてないですよね?」と怒り気味にコメントした。 しかし、Gたかしのモノマネはさらにエスカレート。2013年に公開された [全文を読む]

売れっ子なのに、なぜその役を引き受けた!?罰ゲーム俳優TOP5

しらべぇ / 2016年12月06日06時30分

■第5位:藤原竜也(110票)(画像は『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』予告編のスクリーンショット)「カイジ」シリーズや『藁の楯』、来年公開予定の『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』などに出演。自ら「クズの役しかこなくなった」と発言する藤原竜也が、早くもランクイン。■第4位:中村蒼(115票)(画像は『無痛〜診える眼〜』公式サイトのスクリーンショット [全文を読む]

「そして、誰も見なくなった」!? 競馬に強い男・藤原竜也主演『そして、誰もいなくなった』右肩下がりの「根本的原因」と戦犯?

Business Journal / 2016年08月01日19時00分

3話の最後に絶叫するシーンがありますが、まさに『カイジ』そのものといいますか……テレビサイズの役者ではないのかもしれません」(記者) 藤原の演技に関しては以前より似たようなことを言われていたが、今回もそれは同じということか。ただ、やはりどちらかというと脚本への文句のほうが多い様子である。 また、意外な人物への批判も多く散見されているようで……。 「藤原さん [全文を読む]

新ドラマでもさっそく披露、藤原竜也の“叫び声”はクセになる?

アサジョ / 2016年07月21日09時59分

そのため第1話で藤原が叫んだとたん、ネットでは『キター!』『叫んでこそ藤原竜也』『今回も聞けた』などの喜びの声が殺到しました」(テレビ誌ライター)「藤原といえば“叫び”」が定着したのは06年に映画「デスノート」で叫ぶ姿が印象的な主役の夜神月を演じて以来、09年「カイジ 人生逆転ゲーム」、11年「カイジ2 人生奪回ゲーム」、14年「るろうに剣心 京都大火編」 [全文を読む]

「クズ」役からようやく開放の藤原竜也がそれでもぼやいているワケとは?

アサジョ / 2016年07月07日09時59分

2009年に藤原の主演映画「カイジ」で、佐藤氏は監督を務めている。芸能関係者が語る。「藤原さんは『こんなにダメ出しされたのは蜷川幸雄さん以来』と語っています。ですが、そのおかげで成長できると感じていて、『カイジ』の続編映画や、映画化もされたドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』でもタッグを組んでいます。ただ、『佐藤作品は役に力が入りすぎるせいか、周囲が声を掛 [全文を読む]

「巨星」演出家の蜷川幸雄さん死去......同日に主演ドラマ発表の藤原竜也との「縁」

Business Journal / 2016年05月12日19時00分

ギャンブルを扱った映画『カイジ』での好演など、インパクトの強い役柄も難なくこなしている。 売れっ子となった後も、蜷川さんの"秘蔵っ子"として、数々の蜷川舞台に出演。「蜷川さんの舞台に出ると、自己確認ができるんです。稽古の時からレベルが高くて、俳優としてだけではなく人間としても成長させてもらえます」と以前取材で感謝を口にもしていた。そんな藤原の主演ドラマ発表 [全文を読む]

藤原竜也、芸人・Gたかしが披露した自分のモノマネに「無表情でキレてるwww」と話題に

AOLニュース / 2016年03月23日12時00分

Gたかしは、藤原が主演した映画『カイジ』から、「金だ金だ金だ!!俺には金が必要なんだ!」と大げさな演技でモノマネを披露、登場した瞬間は笑顔を見せる藤原だったが、その後は見る見るうちに無表情になり、終始ただ黙って見つめているのだ。そして芸が終わったGたかしに、藤原は小さな声で「・・・バカにはしてない?」と質問する始末。 その後も、数々の演技を藤原の目の前で披 [全文を読む]

またも漫画の人気キャラに!藤原竜也のハマり具合は?

Movie Walker / 2016年03月01日11時00分

藤原竜也と言えば、映画『デスノート』や『カイジ』、『るろうに剣心』シリーズなどで鬼気迫る演技を披露してきた実力派。なぜだか、人気漫画の主要キャラを演じることが多く、そのなりきりぶりは毎回大きな話題となってきた。 なかでも一番注目されているのは、藤原が発する言葉にできない奇声やフレーズだ。「あ゛あ゛あ゛あ゛!」や余韻たっぷりに語尾を伸ばすなど、原作キャラクタ [全文を読む]

フォーカス