プロフィール 藤原竜也に関するニュース

藤原竜也の趣味は飲む・打つ・買う!昭和すぎて「ガチのカイジ」だとネット上で話題に

AOLニュース / 2015年01月06日16時00分

噂の粋をでないが「20歳で1000人切りした」とか「中学校内をバイクで走った」など様々な都市伝説がある藤原竜也だが、プロフィールをみると「長渕剛の大ファン」「好きなマンガ『魁男塾』」、映画は黒澤明監督や深作欣二監督などを好む、秩父出身で西武ライオンズのファンなど、やはりその手のフラグが立ちまくっている。 とはいえ「パチンコはカイジの役作りのために覚えた」 [全文を読む]

競馬情報提供サービス『JRA-VAN』新イメージタレントに藤原竜也さんを起用~「データでケイバが見えてくる」新CMも公開中~

@Press / 2015年01月05日13時00分

【藤原竜也さんプロフィール】 出身地 :埼玉県 生年月日:1982年5月15日 血液型 :A型 身長 :178cm 【『JRA-VAN』とは】 JRAシステムサービスが運営するオンライン有料競馬情報サービスです。 おもに以下の情報および機能をご提供しています ■リアルタイムでのデータによる競馬予想支援 ■最新オッズ確認機能 ■全レース動画の閲覧※1 ■パ [全文を読む]

「家政婦のミタ」“クズキャラ”長谷川博己のナゾすぎる私生活、少し明らかに

Smartザテレビジョン / 2017年04月14日11時25分

以前、「家政婦のミタ」(日本テレビ系)で演じた阿須田恵一役の“クズ”演技が話題にもなった長谷川について番組が調査したところ、関係スタッフですら詳しいことを知らず、公式プロフィールにいたっては身長・靴のサイズ・出演作品のみ。 長谷川自身も「趣味・特技とか(の欄)もあったんですけど、俺…僕、特になくて」と本当に困ったようす。 そんな長谷川が、欧州でバックパッ [全文を読む]

藤原竜也、芸人・Gたかしが披露した自分のモノマネに「無表情でキレてるwww」と話題に

AOLニュース / 2016年03月23日12時00分

<関連動画はこちら> ■参照リンク 『行列のできる法律相談所』公式サイト http://www.ntv.co.jp/horitsu/ 藤原竜也 プロフィール http://www.horipro.co.jp/fujiwaratatsuya/ ■3月のAOL特集 美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】 [全文を読む]

ショーンKはまだ甘い?過去に経歴・年齢詐称した有名人列伝

デイリーニュースオンライン / 2016年03月20日19時05分

所属する事務所の意向でデビュー時のプロフィールで年齢詐称をしていた例が後を絶たない。 ●はるな愛(43) 「1976年生まれ」と公表していたが、2009年1月、本当は「1972年7月21日生まれ」であることがテレビ番組で判明。本人もブログで認めた。 ●夏川純(35) 事務所との話し合いにより「1983年生まれ」と公表していたが、複数メディアにより本当は19 [全文を読む]

『リバース』テレビドラマ・TBS系4月14日(金)放送スタート! 原作:湊かなえ著『リバース』(講談社文庫)3月15日発売!

PR TIMES / 2017年03月15日10時35分

(著者プロフィール) [画像3: https://prtimes.jp/i/1719/1263/resize/d1719-1263-304134-1.jpg ] 湊かなえ(みなと・かなえ) 1973年広島県生まれ。2007年第29回小説推理新人賞を「聖職者」で受賞。2008年、受賞作が収録された『告白』を刊行。同作で2008年週刊文春ミステリーベスト10 [全文を読む]

ショーンKだけじゃない! あの芸人の「肩書」は大丈夫?

日刊サイゾー / 2016年04月19日18時00分

そういえば、安倍晋三首相も『南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学』の記述が突如、プロフィールから抹消されていました」(テレビ関係者) はたして、第2のショーンKとなるのは誰だ? [全文を読む]

蜷川実花が撮る100人の女と100人の男 『NINAGAWA WOMAN 2』 『NINAGAWA MEN 1』 2013年1月30日 2冊同時刊行!

PR TIMES / 2013年01月30日11時03分

【著者プロフィール】蜷川実花 (にながわ みか)フォトグラファー・映画監督木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映像作品も多く手がける。2007年、映画『さくらん』監督。’08年、個展「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回し、合計18万人を動員。’10年、Rizzoli N.Y.から写真集「MIKA NINAGAWA」を出版、世界各国で話題になる。’12年2 作目監督 [全文を読む]

フォーカス