彼女 藤原竜也に関するニュース

能町みね子、逃した「大魚」

NewsCafe / 2014年12月03日17時00分

「もともとは"男"の彼女が『オカマだけどOLやってます。』なるブログで注目を集め、その後手術を受けて今は戸籍上も女になった人です」というのは女性誌ライター。 オカマ、オネエ系タレントは数多いが、彼女の立ち位置は? 「歌や踊り、お笑いといった芸があるわけでなく、彼女の場合はあくまで文章力とトークでしょう。東大出という高学歴はこの世界ではトップといえます」 [全文を読む]

吉田鋼太郎 銀座ママと“4度目”結婚!仲人役は藤原竜也

WEB女性自身 / 2016年01月05日00時00分

12月上旬、本誌は彼女同伴で高級ジュエリーショップ『GRAFF』に向かう吉田の姿をキャッチ。別の日にも彼の自宅からポルシェに乗って出かける2人を目撃しており、近所の住民からは「同棲している」との証言もあった。 「決意の指輪デート」から1カ月。新春に飛び込んできた 電撃婚 の陰には、いったい何があったのか。 「A子さんに一目ぼれした吉田さんは、彼女を落とすた [全文を読む]

モテキャラ・石原さとみの人気の秘密は、“見た目と中身のギャップのなさ”!?

メンズサイゾー / 2014年05月28日10時00分

26日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、映画で共演している藤原竜也(32)と山田孝之(30)とともに登場した彼女であったが、番組内では男性陣が「石原さとみを落とすのは誰だ?」というテーマで理想のデートプランを出し合うという一幕もあった。また、24日に放送された『嵐にしやがれ』(同)では、「嵐デート選手権」という企画で嵐のメンバーたちが石 [全文を読む]

藤原竜也 結婚決意の背景にあった勘三郎さんのアドバイス

WEB女性自身 / 2013年06月04日00時00分

彼女は常にそばにいてくれて、ずっと支えてくれた女性です。(似ている芸能人は)あまりいなくて、小動物系なんですかね。ミーアキャットのような女性です」 5月31日、元OLの一般女性(34)と年内に結婚する予定であることを発表した藤原竜也(31)。交際9年、同棲7年を経てのゴールだった。2人の出会いは’04年の夏ごろ。知人の紹介による食事から徐々に交際に発展し [全文を読む]

「エロののか最高!」おのののか、セクシーオフショットに絶賛の声...新ドラマでもインパクトを与えられるか

メンズサイゾー / 2016年07月14日10時00分

バラエティ番組などでの姿から「男に媚びてる」「あざとい」と同性からバッシングを浴びることもあるが、彼女に魅了される男性は多い。 発売中の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)でも色っぽいグラビアを披露しているおの。バストの谷間や太ももをあらわにしている彼女には、ネット上のファンから「可愛くてエロい!」といった絶賛の声が上がっている。 また、12日には自身のI [全文を読む]

さすが日本女子体育大!土屋太鳳が見直された大股開きのスゴ技とは?

アサ芸プラス / 2015年11月08日09時59分

じつは彼女の意外な才能が世間を仰天させている。 それは10月30日。この日は昨年夏に公開され大ヒットを記録した実写映画「るろうに剣心 京都大火編」が地上波初公開された。同作の見どころはなんといっても本格的なアクションシーンで、主演の佐藤健はもちろん、宿敵役を演じた藤原竜也、神木隆之介らも迫力満点の殺陣を披露して話題となった。ところが、それと比較しても遜色な [全文を読む]

佐野ひなこの素顔はみんなが嫌いな‟あの匂い”フェチ!?

Smartザテレビジョン / 2015年10月23日15時55分

ドラマ、映画と活躍の場を広げる彼女の素顔を直撃! 佐野:映画への出演はもちろん、ドラマでも学生役しか演じたことがなかったから、初のコメディー挑戦はいろいろ学ぶことが多かったです。私の役は周りのスタッフをちょっと冷ややかな目で見ているツンデレな女の子です。藤原竜也さん演じる探検隊の隊長・杉崎の熱い部分に影響を受けて、変わっていくところを見てほしいですね。 ― [全文を読む]

連ドラ『リバース』は類いまれな傑作である…怪演の武田鉄矢と藤原竜也は新たな境地へ

Business Journal / 2017年05月12日20時00分

2010年に中島哲也監督で映画化された『告白』(東宝)の大ヒット以降、映画化、ドラマ化にひっぱりだこの湊かなえ作品だが、彼女の小説は映像化と相性がよく、傑作が多い。 現在、TBS系の金曜22時から放送されている『リバース』も、見応えのあるドラマに仕上がっている。 物語の主人公は、藤原竜也が演じる深瀬和久。事務機器メーカーの営業として働く冴えない青年だ。 [全文を読む]

あの原作がドラマに?名作の続編がいよいよ!?お薦めしたい春ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年04月03日13時40分

そんな彼女が母役で主演、これは期待しないわけにはいかないでしょう。今を生きる3人の女性が母になるまでの物語。要チェックです。 釣りバカ日誌 シーズン2 新米社員 浜崎伝助4月21日より毎週金曜20時〜テレビ東京系にて放送 我らの浜ちゃんが帰ってきてくれました。そう、「釣りバカ日誌 シーズン2 新米社員 浜崎伝助」。待望のシーズン2が始まります。もはや説明不 [全文を読む]

「岡山の奇跡」桜井日奈子の次は「大阪の奇跡」!現役高校生モデルに業界人が注目

アサ芸プラス / 2016年08月24日09時59分

彼女は、2014年7月に開催した『岡山美少女・美人コンテスト』でグランプリを獲得。その美貌から『岡山の奇跡』と呼ばれています。今年、高校を卒業して上京。本格的に芸能活動を始め、今回の連続ドラマデビューとなりました。演出の佐藤東弥さんから『裏ヒロイン』と評されるほど、重要な役柄を演じています。彼女が成功したおかげで、他の地域からも『○○の奇跡』を発掘しよう [全文を読む]

『るろ剣』高橋メアリージュンVol2 「あれが志々雄様と由美の愛の形だと思う」

AOLニュース / 2014年09月20日18時00分

彼女のように人を愛し抜く人になりたいですよ。それだけの魅力的な相手がいて、自分を犠牲にしてでも愛し抜くって、女性としては本望というか。それに、たくさん傷ついている人ほど、他人に優しかったりするじゃないですか。由美の半生を想った時、まさしく彼女はそういう人生。本当にカッコいい! あこがれますよね(笑)」。 「実は辛いことってないよりもあったほうが、女性として [全文を読む]

宮崎あおいに中居正広…劇場型犯罪の“犯人役”を演じた意外な俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月05日07時00分

彼女にとっては好きな人と一緒にいるための手段が、三億円事件だったというわけです。これがもし本当に日本中を騒がせた劇場型犯罪の顛末だったとすると、なんとも切ない気持ちになりますね。宮崎あおいによる、ある意味純粋な欲のない少女の演技が、それに拍車をかけています。劇場型犯罪がテーマではありますが、あくまでも本筋はラブトーリーなのです。 若き日の沢田研二が主演! [全文を読む]

藤原竜也、圧巻のクズっぷり! 狂気をはらんだ“首絞めシーン”解禁

ザテレビジョン / 2017年06月02日11時00分

すると、曾根崎はいきなり彼女の首を絞めながら「もっと徹底的に売ってください」と脅迫。 自身の本を出版してくれた“仲間”ともいうべき女性編集者に対しても冷たくむちゃな要求を突きつける姿は、まさしくクズそのもの。しかし、センセーショナルな告白本で話題を集め、曾根崎は社会現象を巻き起こす。彼の真の目的は他にあるのではないかとも思わせる、印象的なシーンだ。 藤原 [全文を読む]

2代目加藤紗里!?東京03豊本にポイ捨てされた濱松恵の怨念が鳥肌モノ

アサ芸プラス / 2017年04月07日09時59分

彼女はまさにメディアをジャックするかのように、豊本への未練とそこから発展した憎悪を爆発させている。「濱松はサンケイスポーツを訪れ、『売名行為と思われてもいい。けじめをつけたい』などとまくし立てた。彼女はシングルマザーですが、豊本からは正式な求婚はされていないものの、『2人の子どもをつくって結婚しよう』と言われたと主張しています。しかし、年末以来、豊本とは会 [全文を読む]

『リバース』テレビドラマ・TBS系4月14日(金)放送スタート! 原作:湊かなえ著『リバース』(講談社文庫)3月15日発売!

PR TIMES / 2017年03月15日10時35分

その縁で、越智美穂子という彼女もでき、ようやく自分の人生にも彩りが添えられる、と思った矢先、謎の告発文が彼女に送りつけられた。そこにはたった一行、「深瀬和久は人殺しだ」と書かれていた。深瀬を問い詰める美穂子。深瀬は懊悩する。ついに“あのこと”を話す時がきてしまったのか──と。 (著者プロフィール) [画像3: https://prtimes.jp/i/17 [全文を読む]

面食い? 理想が高い? おうし座男性を虜にするコツ

恋学 / 2017年01月04日11時00分

それは恋愛においても同様で、彼女として付き合ったなら安定した関係を長く続けたいと考えます。浮気をすることは面倒で厄介と感じるため、美女に誘惑されてもドキドキするより、「困ったなあ。やめてほしいなあ」と思うに違いありません。 また、一人の女性をとことん愛し続けるおうし座の男性は、相手選びにはかなり慎重。のんびり屋でもあるので、「付き合うなら、この人しかいない [全文を読む]

「デスノート」最新作に出演の川栄李奈に直撃! 彼女が憧れるのは“頭が……”

Entame Plex / 2016年10月28日11時30分

今回彼女はデスノートを用いて前作で藤原竜也さんが演じたキラ=夜神月とは真逆に思想なく無差別殺人を行う青井さくらを演じたわけですが、それがなんとも板についていたというか、言うなれば“適役”。果たして彼女はどんな思いでこの難役を演じていたのか……。今回は「デスノート」の魅力や彼女が歩みだした女優人生についてなどとあわせて、いろいろと聞いてみました。――そもそも [全文を読む]

Qちゃんだけじゃない! カジノ狂いで有名な6人の大物芸能人「某大使館で裏カジノを…」

tocana / 2016年08月12日09時00分

だが、関係者によると「彼女が心配していたのはタレントとしてのイメージダウンではなく、記事が出ることで、ゲンの良い『M』に通えなくなることだった」というからわからない。 実は芸能界では高橋クラスのギャンブル狂いが数多くいる。なかでも規格外なのは、AKB48の生みの親である秋元康だろう。 「カジノが大好きで、海外に行けば、夜通し勝負しています。ただ、ビジネスで [全文を読む]

『神の舌を持つ男』が低視聴率更新中 救うのは「あの人」か?

しらべぇ / 2016年07月27日06時30分

ドラマの内容より注目してしまうのが、彼女のエクボとコスプレ姿。一般的によく見られるエクボといえば、元AKB48の大島優子やももいろクローバーZの百田夏奈子などに見られる「頬の横」にあるもの。だが、木村のエクボはそれより高い位置にあり、猫の髭みたいに見えるのだ。これをインディアンエクボと呼ぶらしい。これに対してTwitter上では...これ!!インディアンえ [全文を読む]

「ミサミサ死んじゃうの!?」『デスノート』続編で戸田恵梨香が出演でファン歓喜!! しかし寿命は残りあと5年!?

おたぽる / 2016年03月11日14時00分

前作から引き続き“ミサミサ”こと弥海砂を演じ、女優に成長した彼女が新たな“キラ事件”の重要人物になるとのこと。このニュースにファンは「きたああああああ」「これは楽しみすぎる」「見てみたーい!」「やっぱミサミサは戸田恵梨香っしょ!」と、歓喜の声を上げている。 2006年に公開された『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』で [全文を読む]

フォーカス