代表曲 華原朋美に関するニュース

華原朋美、9年ぶりの全国ツアーから最新ステージを放送。オリジナルヒット曲と名曲カバーで磨きのかかった歌声を堪能!

PR TIMES / 2014年11月25日18時39分

代表曲の「I'm proud」や中島美嘉のカバー曲「雪の華」など、数々の名曲を伸びやかで力強い歌声で届けた華原。GLAYのカバー曲「HOWEVER」では、「みんなで演奏するイメージがいいと思い、ギターとベースの方と3人で前に出て歌うようにした」など、ステージを重ねるうちにパフォーマンスも変化させていったという。 また、特に印象深かったのは、globeのカバ [全文を読む]

12月のららぽーと豊洲は、家族で楽しめるイベントがたくさん!

PR TIMES / 2014年11月20日14時02分

〈 Contents 〉■クリスマスイベント情報・華原朋美クリスマススペシャルライブ・ポケモンクリスマススタンプラリー in ららぽーと豊洲・ポケモンミニツリーを作ろう!手作りワークショップ・ピカチュウがやってくる!・サンタクロース撮影会■NEWSHOP「J.S. FOODIES」オープン情報■全館ポイントアップデー■「ユナイテッド・シネマ豊洲」4DX(R [全文を読む]

華原朋美、セルフカバー・ベストAL音源の着うた(R)を配信

AOLニュース / 2013年06月05日18時04分

武部聡志氏をプロデューサーに迎え、デビュー曲「keep yourself alive」からの代表曲を全曲リアレンジした今作は、華原のパワーアップした歌唱力と圧巻のサウンドで、今の華原朋美が感じられるアルバムとなっている。 その収録曲の中から、自身初のミリオンセラー作品となった2nd シングル「I BELIEVE」の着うた(R)が、6月5日(水)よりレコチ [全文を読む]

華原朋美の今を届ける、セルフカバーベストアルバムのタイトルと全容が公開

okmusic UP's / 2013年05月21日18時15分

華原朋美が、デビュー曲「keep yourself alive」をはじめとする代表曲をオーケストラ、およびアコースティック・サウンドをベースに全曲リアレンジしたセルフカバーアルバムをリリースすることが決定。その最新ビジュアルが公開されるとともに、アルバムタイトルおよび全容も公開された。 4月17日に約7年振りとなる新曲、ミュージカル「レ・ミゼラブル」の劇中 [全文を読む]

華原朋美、セルフカバー・ベストアルバム音源解禁&「I BELIEVE」着うた(R)配信スタート

okmusic UP's / 2013年06月05日00時00分

華原朋美が6月26日(水)にリリースする自身のヒット曲をセルフカバーしたベストアルバム「DREAM-Self Cover Best-」の音源が解禁された!【その他の画像】華原朋美デビュー曲「keep yourself alive」からの代表曲を全曲リアレンジした今作は、武部聡志氏をプロデューサーに迎え、各楽曲とも、パワーアップした歌唱力、圧巻のサウンドで、 [全文を読む]

「坂崎幸之助のももいろフォーク村デラックス 第50夜 完全版」放送、32曲3時間の豪華競演ライブ再び

エンタメNEXT / 2015年08月31日07時00分

最初に登場したゲストのなぎら健壱は、ももクロとステージに立つと「KISSの気持ちが分かるな(笑)」と会場を笑わせ、代表曲の『いっぽんでもニンジン』を共に歌った。 森高千里とのコラボでは、玉井詩織が『渡良瀬橋』、佐々木彩夏が『私がオバさんになっても』を森高本人と歌い、佐々木を除いた成人メンバー4人は『気分爽快』も披露している。 華原朋美とは百田夏菜子が『I [全文を読む]

『デジモノステーション』のパーティーに華原朋美がサプライズ登場!

@Press / 2014年03月24日22時00分

自身の代表曲「I'm proud」「I BELIEVE」などの代表曲をマイク1本で熱唱、非凡な歌声で会場を魅了しました。13年ぶりにオリコントップ10入りした話題のアルバム『MEMORIES-Kahara Covers-』からは「やさしさで溢れるように」(JUJU)を初披露。「えーと最近はちゃんと仕事をしているのでしっかりお給料もらっています! だから少し [全文を読む]

2位華原朋美…男性が選ぶ「幸薄そうな顔の女性芸能人」圧勝の1位は?

美レンジャー / 2017年08月18日07時30分

2位は『I’m proud』や『I BELIEVE』など数々の代表曲をもつ、歌手の華原朋美。歌手として成功し、抜群のルックスの持ち主でありながら“幸薄顔”のイメージなのは、小室哲哉との破局後ずっと繰り返しされる体調不良やスキャンダル報道のせいかもしれません。「男運悪そうだし、ワガママ過ぎて幸せになれなさそう」、「可愛いし美人なのにもったいないよね」と、多く [全文を読む]

華原朋美「最近馬しか乗ってなかったから」コンサートで心配

dwango.jp news / 2017年07月22日21時19分

数々の代表曲はもちろん、ファン垂涎の隠れた名曲まで、新旧を織り交ぜ繰り広げられる中、MCでは観客とのやりとりが笑いを誘うなど、華原ならではの温かみやユーモアが垣間見られる。幅広い年齢層のファンが集まった客席は、誰もが口ずさめる名曲の数々を堪能していた。今回のツアーで華原がファンを想って自ら歌詞を書いたという新曲(CD未発売)を披露し、「みんなの前で歌うこと [全文を読む]

華原朋美「愛の絶頂期」自身のヒット曲を振り返る

日刊大衆 / 2017年05月31日07時05分

ゲストの岡本真夜(43)との交流や、代表曲『I’m proud』がヒットした当時、恋人だった小室哲哉(58)との関係について語った。 華原と岡本はデビューが同時期で交流があり、最近も千秋(45)、相川七瀬(42)と4人でランチに行ったことを明かした。4人のグループ名を聞かれた華原は「ミリオンズです」と宣言。ミリオンヒットを飛ばした4人ならではのグループ名に [全文を読む]

華原朋美デビュー記念日にライブ「過去の話をするのは今日で卒業」

dwango.jp news / 2015年09月09日12時23分

冷たい雨が降る中、集まった全2回公演で700人の観客の大きな声援と拍手に包まれてステージに現れた華原は、デビュー曲『Keep yourself alive』や『I’m proud』など代表曲を披露し、これまで支えてくれたファンへ向けて20年分の想いを歌にのせた。 「色々な事がありましたが、そういった話しをするのは今日で卒業したいです。この日を皮切りに前を [全文を読む]

プロレスラーとの熱愛ネタを引っ張る華原朋美“恋愛依存体質”の意外な功罪とは?

おたぽる / 2015年08月25日13時00分

代表曲「I’m proud」を披露し、歌手活動復帰を果たしている。15年5月には、小室哲哉が楽曲を提供した「はじまりのうたが聴こえる」(ユニバーサルミュージック)をリリースした。こちらも、小室との恋愛体験をモチーフに、前向きに生きるメッセージが込められている。自身の体験を表現に昇華できるのは、アーティストとしての才能だろう。華原朋美のさらなる活躍を応援した [全文を読む]

華原朋美、9年ぶりとなる今秋の全国ツアーから最新ステージをWOWOWにて放送決定

Entame Plex / 2014年11月25日23時05分

華原の代表曲ひとつでもある『I'm proud』や中島美嘉のカバー曲『雪の華』など、数々の名曲を伸びやかで力強い歌声で披露した。また、GLAYのカバー曲『HOWEVER』では、「みんなで演奏するイメージがいいと思い、ギターとベースの方と3人で前に出て歌うようにした」など、ステージを重ねるうちにパフォーマンスも変化させていったという。そして、特に印象深かった [全文を読む]

華原朋美、一組限定プレミアムライブ決定

dwango.jp news / 2014年09月16日12時33分

今回のカバーアルバムでは、1960年代から2010年代まで約半世紀に渡る全ての年代の代表曲を網羅し、今年デビュー20周年を迎えるGLAYの大ヒット曲『HOWEVER』をはじめ、映画「喰女-クイメ-」のイメージソングとなった中森明菜『難破船』やLUNA SEA『ROSIER』、シェネルの『ビリーヴ』、不朽の名曲『見上げてごらん夜の星を』などをカバーしている。 [全文を読む]

華原朋美、新アルバムジャケットで見せた”美・腹筋”

dwango.jp news / 2014年08月12日10時00分

前作では華原自身の青春時代ともいえる90年代を中心とした楽曲セレクトだったが、今回は時代の枠を大きく広げ1960年代から2010年代まで約半世紀に渡る全ての年代の代表曲を網羅した、まさにオールタイム・ヒット曲集といえる選曲だ。シンガーとしての華原朋美に影響を与えた楽曲から、自ら新たな“記憶”を創り出すべくこれまでに歌唱したことがなかったジャンルにも果敢にト [全文を読む]

【ライブレポート】「DREAM~TOMOMI KAHARA CONCERT 2013~」華原朋美、7年ぶりの単独ライブを独占放送!

PR TIMES / 2013年12月30日09時30分

コンサートはセルフカバー・ベスト盤「DREAM -Self Cover Best-」からの楽曲や代表曲を中心に、2部形式で行われた。1部は華原朋美が体験した苦悩の日々を自身の朗読と歌で綴っていく。1曲目は「夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-」。抜群の歌唱力に深みが加わった熱唱に、観客は一気に引き込まれていく。朗読では衝撃的ともいえる過去を [全文を読む]

紅白歌合戦 「紅白はとっくの昔に死んでいる」と音楽評論家

NEWSポストセブン / 2013年12月23日07時00分

もちろん、当時と今ではテレビを見る環境なども変わってきていますが、当時はその年を代表する歌手が出場し、その年の代表曲で1年の締めくくりとなってきました。だからそれだけ注目を集め、国民的番組といわれたわけです。今では、その年の代表曲がない歌手も出場し、過去のヒット曲を歌う歌手も珍しくなくなった。本来の紅白の主旨とは変わってきています。紅白というブランドの中で [全文を読む]

華原朋美、セルフカバーALの詳細を発表! 最新ビジュアルも公開

AOLニュース / 2013年05月21日20時00分

デビュー曲「keep yourself alive」をはじめとする代表曲を、オーケストラおよびアコースティック・サウンドをベースに全曲リアレンジし収録した今作のタイトルは「DREAM-Self Cover Best-」。かつて"夢やぶれた"彼女が、新たな夢を持って再び一歩踏み出していく、そんな想いを表したものとなっている。 また、5月上旬に都内スタジオで [全文を読む]

華原朋美、セルフカバーベストアルバム6月発売へ

okmusic UP's / 2013年04月27日00時00分

このアルバムは、デビュー曲「keep yourself alive」からの代表曲をオーケストラ、及びアコースティックサウンドをベースに全曲リアレンジ! 華原朋美の”今“の歌声で届けるセルフカバーベストアルバムになる予定だ。もちろん、話題の新曲「夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-」も収録される。 初回限定盤DVDには、1995年発売、自身初の [全文を読む]

新生・華原朋美 始動! 7年ぶりのニュー・シングルついに完成!

AOL ミュージック / 2013年03月18日19時53分

また、カップリングには自らの代表曲である「I'm proud」を表題曲同様にフルオーケストラ・レコーディングで収録、こちらも壮大な楽曲へと変貌を遂げている。さらには「夢やぶれて-I DREAMED A DREAM-」のピアノ・ヴァージョンも収録。フルオーケストラとはまた違った表現力豊かな歌声に、ヴォーカリストとして成長した華原朋美を感じることができる。 [全文を読む]

フォーカス