ボランティア 高良健吾に関するニュース

高須院長が評価を高めた理由…「偽善批判」に屈しない有名人チャリティー活動の“正解”とは

週プレNEWS / 2016年06月11日06時00分

一体、有名人にとって、どんなチャリティー活動が“正解”なのか? ボランティアやチャリティーなど慈善活動の歴史に詳しい東京大学准教授の仁平典宏(にへい・のりひろ)氏に「どうすれば有名人は叩かれずにチャリティーができるのか」、その方法を聞いた。 *** ―熊本地震の際、有名人のチャリティー活動に対して「偽善だ!」という批判が一部で盛り上がった件を、どう考えて [全文を読む]

高良健吾、熊本地震から1年半…再び防災への訴え「大切なのはイメージトレーニング」

ORICON NEWS / 2017年09月10日13時29分

給水などのボランティアを仲間と共に行った。「どの避難所でも水を配る時に並ぶと必ずお年寄りと子どもたちを優先的に並ばせていた」姿に感動を覚えた。さらに「大変な状況でもユーモアを忘れない人がいる。その人たちが必ず、その場所で何かをほぐしている。ユーモアのパワーを感じました」と振り返った。 現地に入った高良だからこそ分かる災害への備えを問われると「いろんな装備は [全文を読む]

ダレノガレに紗栄子、森高千里…熊本震災に駆けつけた芸能人たち

デイリーニュースオンライン / 2016年05月08日17時05分

高良健吾(28) 熊本市出身の俳優・高良健吾は、2度目の大地震直後の4月18日から熊本に入り、熊本市内の避難所で給水ボランティアを行った。4月20日には俳優・伊勢谷友介(39)と熊本市内の小学校で炊き出しを行っている。 紗栄子(29) 宮崎県出身のタレント・紗栄子は4月30日、熊本市の月出小学校などを訪れ、1000人分のしょうが焼きを振る舞った。また、絵 [全文を読む]

ローラが熊本で炊き出しボランティア! 背景にある信念とは? かつて語っていた、社会的弱者への思いと貧困体験

リテラ / 2016年04月28日12時45分

高良健吾や中居正広らに続いて、タレントのローラも昨日27日に熊本県益城町の避難所をお忍びで訪問し、炊き出しのボランティアに参加していたことが明らかになり話題となっている。 ローラは「どうしても熊本に行きたい」と強い希望でアメリカの仕事から帰国後すぐ駆けつけ、「(これからも)ドンドン発信したい。また戻ってきます」と今後の支援活動も誓っていたという。 天真爛漫 [全文を読む]

被災地支援芸能人への批判に被災者「よそ者には関係ない」

NEWSポストセブン / 2016年04月28日07時00分

SMAPの中居正広(43才)が、“お忍び”で炊き出しのボランティアに参加していたからだ。 近隣の住民は、《おいおいうそだろ長小に中居くんがなんでいるんだよ》《ありがたいなー、有名人の人が来てくれるとミーハー心で地震への恐怖を一瞬忘れられるよね》 とツイッターに書き込んだ。 関連死を含めた死者数は49人、住宅損壊約1万棟、避難者は8万人以上(4月25日時点) [全文を読む]

中居正広の震災ボランティアをテレビが報道しなかった理由!『スマスマ』も震災支援企画なしで解散騒動の影響が

リテラ / 2016年04月26日12時00分

マスクにサングラス姿で、完全なお忍びのボランティアだったが、チャーハンをつくっていた姿を被災者が気付いてツイートし、一気に情報が広まった。 この行動は、まさに中居らしい。中居は、テレビでは"人嫌い"というキャラで押し通しているが、素顔は非常に情に厚く、情報番組などで社会問題を語るときは、むしろ弱者の側に立った発言をすることが多い。東日本大震災でもやはり福島 [全文を読む]

月9いつ恋「見るたびに共感より疑問が増える」と女性作家

NEWSポストセブン / 2016年02月29日16時00分

私も様々な介護現場に取材で足を運んできたし、ボランティアで今も関わっている。もちろん現実にはブラックな職場も存在しているし、そうでない介護現場もある。では、物語の設定と描き方としては、どうなのだろうか。「周囲を徹底的にネガティブに描くこと」によって、主人公の正しさや真面目さ、清らかさを際立たせる手法は、もはやこの複雑な時代のリアルを描き出す人間ドラマの手 [全文を読む]

高良健吾、地元・熊本地震の経験踏まえ「知っておく備え」の重要さを力説

映画.com / 2017年09月10日13時30分

昨年4月に地元の熊本で大地震が起き、自身もボランティアとして何度も現地入り。校庭に「のみ水ください」というメッセージを書いた熊本市内の中学校は母校でもあり、「市内でも大人が1日500ミリのペットボトル1本という状態だった。地元に残っている仲間や、こっちに出てきている友達と連絡を取り合い自分たちのつてでいくらでも運ぶことができた」と振り返った。 当時の様子 [全文を読む]

女神降臨!佐々木希、熊本での“恋人対応”に被災者も「いい匂いがした」

アサ芸プラス / 2016年05月09日13時00分

熊本県出身の高良健吾をはじめ、SMAP・中居正広、ローラなど、多くの著名人が炊き出しやボランティアに参加し、熊本地震の被災地を支援した。 特に、ファンと笑顔で接している動画がネットで拡散された中居と、自身のインスタグラムで熊本の学生たちとの集合写真をアップしたローラは、その対応ぶりにも注目が集まり、世間からも称賛の声が集まっている。 しかし、この2人以上に [全文を読む]

熊本に芸能人の支援の輪「日清のどん兵衛」10年分は誰が寄付?

WEB女性自身 / 2016年04月27日06時00分

俳優では、熊本出身の「月9」俳優・高良健吾(28歳)が、18日、お忍びで避難所となっている熊本市内の小学校に仲間たちと給水タンクを積んだ2トン車で駆けつけ、約30分間給水ボランティアを。山下智久(31歳)は、18日放送の『ネプリーグSP』(フジテレビ系)内のクイズで獲得した賞金100万円を全額寄付。 ミュージシャンでは、X JAPAN・YOSHIKI(5 [全文を読む]

藤原紀香とは大違い?熊本地震で“神対応”をみせた著名人たち

デイリーニュースオンライン / 2016年04月23日09時10分

●TERU(GLAY、44) 2011年の東日本大震災でも寄付やボランティア、復興支援ライブ等の支援活動が評価されたGLAY。熊本地震の後、ボーカルのTERUのツイッターには「拡散希望」のツイッターが相次いだ。TERUは熱いメッセージや的確な情報とともに、約36万人のフォロワーに拡散を続けている。そんなTERUにネット民がつけたあだ名は、愛をこめて「拡散 [全文を読む]

批判は承知の上?藤原紀香の「やらない善よりやる偽善」自己アピール

アサジョ / 2016年04月22日09時59分

熊本出身の俳優、高良健吾は現地に2トン車で駆けつけて給水作業のボランティアに従事。被災者に迷惑がかからないように、目立たない服装だった。 歌手の浜崎あゆみは救援物資を呼びかけ、毎日福岡県から被災地へ支援便を届けるルートを確保したことを自身のインスタグラムやツイッターで報告した。 これらには賛同、称賛の声が多数寄せられているが、なかには反感を買っている芸能人 [全文を読む]

「火の国」「80分睡眠」藤原紀香が鼻につくのはあの癖が染み付いているせい!?

アサ芸プラス / 2016年04月21日09時59分

熊本県出身の俳優・高良健吾は「自分にできることはすべてやりたい」と支援を約束し、その後給水支援のボランティアを行った。さらに、プロ野球・福岡ソフトバンクの内川聖一は、15日の試合後のヒーローインタビューで「本当にこういうことってあって欲しくない」と率直な気持ちを涙ながらに語り、多くの人を感動させた。 一方、気の毒なほど何を言ってもブーメラン状態なのが藤原 [全文を読む]

フォーカス