高杉晋作 高良健吾に関するニュース

高良健吾 出会いは高校時代…東出昌大は「特別な人」

WEB女性自身 / 2015年08月31日06時00分

演じた高杉晋作のざん切り頭姿の雰囲気を残しつつ、とても穏やかな目をしていた。「終わった瞬間、ちゃんと高杉晋作として生きてこられたのか?と自分自身に問いました。答えは、正直、出ません。ただ、幸せだったなあと。ずっと高杉が近くにいたし、彼からはもちろん、吉田松陰や文、久坂玄瑞、そして、現場から多くのことを学びました」 そのなかでも、久坂玄瑞を演じた東出昌大は、 [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』 吉田松陰と桂小五郎が共演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、妹の文(ふみ・井上真央)の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画に反対する血判状が返ってくる。松陰は激怒し、絶交を宣言する。 しかし、史実では血判状は桂小五郎(維新後に木戸孝允に改名)が江戸から萩に帰る際に、久坂、高杉から預かり、松陰に渡したとされて [全文を読む]

『花燃ゆ』の舞台に衝撃 「高杉晋作の生家」にニセモノ疑惑

NEWSポストセブン / 2015年06月01日07時00分

同市の旧城下町・菊屋横町には、吉田松陰の弟子である幕末志士・高杉晋作の「生家」があるとしても有名なのだが、これに関する疑惑があると6月1日発売の週刊ポスト(6月12日号)が報じている。 高杉は、武士と庶民の混成部隊「奇兵隊」を組織、長州藩を倒幕に向かわせた。大河ドラマでは若手人気俳優の高良健吾が高杉役を務めている。 菊屋横町には「高杉晋作誕生地」の石碑が立 [全文を読む]

高良健吾 「高杉晋作を生ききった後の自分の変化が楽しみ」

NEWSポストセブン / 2015年03月22日07時00分

『花燃ゆ』での役どころは、幕末の風雲児・高杉晋作。 「大河で高杉晋作さんの役に選ばれ、やると決めた時点で覚悟を持った。それほどの作品と人物だと考えています。27才になって思うのは、溢れ出すもので表現するだけでは足りないということ。きちんと言葉にして、感情にして、物語を通してその人物を生ききりたいと思う。表に出るものだけを100と思わずに演じています。それが [全文を読む]

「花燃ゆ」松下村塾が始動!久坂&高杉が松陰と運命の出会い

Smartザテレビジョン / 2015年02月21日20時02分

そして久坂と共に、“松下村塾の双璧”と呼ばれた高杉晋作役の高良健吾のSPインタビューをお届け!大河ドラマ初挑戦となる高良が演じるのは、常に面白いことを求め続けた幕末の風雲児・高杉晋作。久坂玄瑞と並んで、松下村塾の双璧といわれた才覚者。「高杉晋作のことをあまり知らなかったので、とにかく資料を読んで勉強しました。その過程で『面白きこともなき世を面白く』という辞 [全文を読む]

俳優・高良健吾が30代目前で向き合った宿題ーー役から「逃げなくなった」【INTERVIEW】

FASHION HEADLINE / 2015年06月25日22時15分

現在、放映中のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の高杉晋作を始め、これまで様々な役を演じてきた高良さんだが、教師役はこれが初めて。「撮影前の方が不安で、いろいろ考え過ぎてました。“子供たちはすごい”とよく聞くじゃないですか。本当にそうだと思うんです。そういう子たちが目の前に児童として何十人もいるということに不安があった。自分がちゃんと向き合えるのかと。でも撮影に入 [全文を読む]

高良健吾が天童荒太のベストセラー『悼む人』に懸けた思い 「運命的なものを感じた」

AOLニュース / 2015年02月16日22時00分

最近のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」高杉晋作まで、これまで死と向き合う役柄が少なくなかったため、"悼む人"静人として今作のテーマを体現する十分な経験は経ていた。「いろいろな死があって――殺された奴、自分から死ぬ奴、寿命も事故も――役柄のおかげで成長することがたくさんあった。役柄のせいで、と思うこともあって。でも、同じ死はひとつもなかったから、考えなければいけな [全文を読む]

高良健吾 デビューから10年で確立されてきた“仕事の選び方”

WEB女性自身 / 2015年02月09日09時00分

時代劇をやるなら、ちゃんと時代劇でなくちゃいけないし、高杉晋作という偉人を演じるなら、いまは僕が、日本でいちばん晋作さんのことを感じてなきゃいけないと思っています。今は、それをとにかくやりまくります、30歳になるまで(笑)」 [全文を読む]

幕末版『花より男子』の目線で見る『花燃ゆ』の魅力

WEB女性自身 / 2015年01月31日13時00分

一生結婚しなかった松蔭が、唯一女性に心を寄せる場面は、プラトニックだからこそ、キュン♥としそう」 高杉晋作役は高良健吾(27)。代々毛利家に使えた名門・高杉家の長男。文武にも秀で、松下村塾の代表的志士に。「高杉晋作といえば、イギリス公使館を焼き討ちするわ、たった80人でクーデターを起こすわ、27年の生涯は波瀾万丈。三味線をたしなみ色遊びも達者だったので、彼 [全文を読む]

幕末ドラマ好きから不満噴出!「花燃ゆ」の“役者カブリすぎ”に困惑の声

アサ芸プラス / 2015年01月13日09時59分

でも、伊勢谷は『龍馬伝』の高杉晋作役で魅せた風雲児ぶりの印象が強く、今回も同じ長州藩の話ということもあって雰囲気モロかぶり。強いて言えば、高杉役のときにはなかったチョンマゲが今回はあったことが新鮮かな」(32歳・一般事務) 幕末ものの登場人物の常連としておなじみの吉田松陰だが、その人物設定にも戸惑いを隠せないようだ。 「『龍馬伝』で生瀬勝久が演じた松蔭はテ [全文を読む]

2015年は「とにかく見てもらう」ことに懸ける! 「花燃ゆ」高杉晋作役・高良健吾が熱意を語る!!

Smartザテレビジョン / 2015年01月04日10時00分

塾生の中でも最も著名な高杉晋作を演じるのは高良健吾。ことし俳優デビュー10年を迎える高良に、熱い意気込みを聞いた。 幕末の風雲児・高杉晋作を演じる高良は大河ドラマ初出演。のちに奇兵隊を率いたあまりにも有名な偉人を、高良はどう捉えているのか問うと「みんながイメージする高杉晋作は、全てを成し遂げたあとの高杉像だと思うのですが、今演じているのは高杉が松下村塾に入 [全文を読む]

吉田松陰&高杉晋作の辞世の句をデザイン!「花燃ゆ」オリジナルグッズが登場

Smartザテレビジョン / 2014年12月30日09時00分

また、伊勢谷友介演じる吉田松陰の辞世の句「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」がデザインされたものと、高良健吾演じる志士・高杉晋作の辞世の句「面白き こともなき世を おもしろく」がデザインされたものも販売される。 さらに、吉田松陰バージョンと高杉晋作バージョン、2種類のオリジナルマグカップも発売。共にドラマの中心的人物で、幕末に大き [全文を読む]

井上真央主演、「花燃ゆ」は大河ドラマ版の「花より男子」!?

アサ芸プラス / 2014年12月22日09時59分

高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文など歴史好きでなくとも知っている有名な門下生たちの中で、“運動部のマネジャー”のような存在だ。物語も単なる時代劇ではなく、家族愛、友情、青春、恋愛から大奥の女の世界まで盛りだくさんのテーマで、飽きることがなさそう。 ヒロイン・文を井上真央が、吉田松陰を伊勢谷友介、高杉晋作を高良健吾、伊藤博文を劇団ひとりが演じるのも楽しみだが、や [全文を読む]

「主演の黒島結菜って誰?」7月期連ドラ『時をかける少女』が抱える不安要素とは?

サイゾーウーマン / 2016年05月15日16時00分

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』にも、高杉晋作(高良健吾)の妻・雅役で出演した。同10月期の『サムライせんせい』(テレビ朝日系)では、黒髪清楚系のイメージから一転して、金髪ギャル役に挑戦。今年3月18日放送のスペシャルドラマ『さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~』(日本テレビ系)ではヒロイン役を務めた。 「確かに今の黒島は上り調子で、人気も上昇中。で [全文を読む]

文から美和へ「花燃ゆ」第弐集発売

Smartザテレビジョン / 2015年09月15日17時12分

松陰役の伊勢谷友介や松陰の盟友・小田村伊之助役の大沢たかおをはじめ、松陰の門弟・久坂玄瑞役に東出昌大、高杉晋作役に高良健吾、吉田稔麿役に瀬戸康史ら実力派キャストをそろえている。 第弐集には第13回から第31回までを収録。日本の未来を切り開こうと挑み続けた兄・吉田松陰と、夫・久坂玄瑞が命を散らす。愛する人たちを失った文は、表の政治を内から支える中枢を担う毛 [全文を読む]

大河『花燃ゆ』 出演者華やかだが「史実と違い過ぎ」の声も

NEWSポストセブン / 2015年06月09日07時00分

獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、文の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画に反対する血判状が返ってくる。松陰は激怒し、絶交を宣言する。郷土史家はこのシーンの不可解さを指摘する。 「血判状は桂小五郎が江戸から萩に帰る際に、久坂、高杉から預かり、松陰に渡したとされている。ところが、ドラ [全文を読む]

あの名ぜりふをもう一度「花燃ゆ」BD&DVD化決定

Smartザテレビジョン / 2015年05月15日18時13分

松陰役の伊勢谷友介や松陰の盟友・小田村伊之助役の大沢たかおをはじめ、松陰の門弟・久坂玄瑞役に東出昌大、高杉晋作役に高良健吾、吉田稔麿役に瀬戸康史と実力派キャストをそろえている。 第壱集には第1回から第12回までを収録。松陰と伊之助の出会いや、脱藩の罪で囚人となった松陰の獄中でのエピソード、監獄を出て松下村塾を開き門下生が集まる様子、さらに文が久坂と恋に落 [全文を読む]

イケメン俳優揃いの大河『花燃ゆ』に20代歴女「目の保養だ」

NEWSポストセブン / 2015年02月15日07時00分

松下村塾の塾生で、奇兵隊を率いた高杉晋作は高良健吾、ヒロイン・文の最初の夫となる久坂玄瑞は女優の杏と結婚したばかりの東出昌大。「これほど目の保養になる豪華な大河はなかなかない」(同前)と絶賛するのも頷ける。 ※週刊ポスト2015年2月20日号 [全文を読む]

大河『花燃ゆ』 女性に見てほしいとイケメンをキャスティング

NEWSポストセブン / 2015年01月18日07時00分

吉田松陰には伊勢谷友介(38才)、後に文の夫となる久坂玄瑞には東出昌大(26才)、高杉晋作には高良健吾(27才)、入江九一には要潤(33才)が起用され、旬のイケメンが勢揃いだ。 「舞台は幕末から明治。西洋諸国の進出に危機感を募らせた若者たちが、明治維新を推し進め、命を懸けて日本を変えようとする姿をぜひ、女性に見てほしいと思いました。そのための入り口の1つ [全文を読む]

NHK大河「花燃ゆ」 視聴率は出遅れ気味でも期待できるの評

NEWSポストセブン / 2015年01月10日16時00分

井上真央という紅一点の周辺には、松陰の伊勢谷友介、小田村伊之助の大沢たかお、久坂玄瑞に東出昌大、高杉晋作に高良健吾、入江九一に要潤……キラ星のようにイケメンが勢揃い。キャッチコピーは「幕末男子の育て方。」とか。NHK大河としては、かなりチャラいフレーズですが、中身はどうしてどうして。ドラマの骨格は太い。多少、筋立て優先のご都合主義に閉口しましたが、全体とし [全文を読む]

フォーカス