出身地 高良健吾に関するニュース

「本当の高良健吾さんがわからない」瀧内公美さんとお互いの印象は?

ananweb / 2017年07月13日20時30分

同名小説で作家デビューをはたした廣木隆一監督が、自身の出身地である福島を舞台に描き、自ら映画化した本作。それだけに、監督にとっては「これまでの作品とは全く違う意識で撮った」というほど思い入れの強い作品ですが、重要な役どころに指名されたキャストの方々にそれぞれの思いを語ってもらいました。今回ご登場いただくのは……。 ■ 瀧内公美さん&高良健吾さん!若手女優 [全文を読む]

高良健吾の“人生を変えた”廣木監督!2人の歩んできた軌跡を振り返る!

dmenu映画 / 2017年07月08日07時00分

本作は、廣木監督にとって、出身地である福島に暮らす人々を描いた処女小説を自ら映画化するという特別な作品。「高良にどうしても出演してほしい」という廣木監督の想いがあったそうですが、そんなエピソードからも2人の信頼関係が透けて見えます。 主人公は、東日本大震災以降、仮設住宅で父と二人で暮らす女性・みゆき。週末になると、高速バスで東京に向かい、デリヘル嬢として働 [全文を読む]

『うつくしいひと』のチャリティ上映会が名古屋でも開催!

Movie Walker / 2016年06月03日12時51分

『ピンクとグレー』(15)の行定勲監督が、熊本地震前に出身地・熊本県のPR映画として撮った『うつくしいひと』のチャリティ上映会の輪が全国に広がっている。名古屋では6月18日(土)にピカデリーでの開催が決定した。上映会は2回開催され、行定監督や名古屋出身の俳優・憲俊をゲストに迎え、映画パーソナリティの松岡ひとみがMCを務めるトークショーも繰り広げる。 熊本地 [全文を読む]

高良健吾もびっくり!行定勲監督が明かした甲子園時代の松井秀喜との撮影秘話

Movie Walker / 2017年09月22日23時51分

この本は、監督の出身地である地元・熊本のタウン誌「月刊タウン情報熊本」(通称タンクマ)に連載されたエッセイをまとめたもので、奇遇にも高良は高校生時代にその出版社でバイトをしたことがあるそうだ。高良はBeeTV『女たちは二度遊ぶ』、(10)、WOWOWのドラマ『平成猿蟹合戦図』(14)、映画『うつくしいひと』(16)と続編『うつくしいひと サバ?』(17)と [全文を読む]

柄本時生、大好きな兄・佑の登場に「かっこいいな」 「A-Studio」

CinemaCafe.net / 2017年07月28日19時30分

物語の舞台は震災から5年後、廣木監督の出身地福島。週末になると高速バスで福島から渋谷へ、デリヘルのアルバイトをしにいく主人公・みゆき。ふたつの都市を行き来する日々に、みゆきが求めたものとは──? 戻る場所もなく進む未来も見えない者たちは、もがきぶつかり合いながらも光を探し続ける。それは、いまこの時代を生きる私たちに共通する想いかもしれない。すべてのひとに [全文を読む]

有村架純「いつ恋」爆死は当然だった?ご都合主義の最終回に視聴者が激怒!

アサジョ / 2016年03月24日09時59分

北海道や東北の出身者からは、出身地がステレオタイプな枠に当てはめられていて不愉快という声さえあがっていましたね」 終盤に有村と高良が語り合うシーンでは、有村が東京の悪口をさんざん言い続ける始末。どうやら制作陣が描きたかった現代の若者は東京嫌いのようだが、視聴者にしてみれば「10回にもわたってつまらないドラマを見せ続けられた」との悪口も言い続けたくなるところ [全文を読む]

フォーカス