恋人 高良健吾に関するニュース

俳優・柄本佑が「一番ドキドキする手つなぎ」を井ノ原快彦と実践して話題に 「不思議なBL感」

AOLニュース / 2015年11月13日21時00分

高良さんとは、どんな手のつなぎ方が一番ドキドキするか、"恋人つなぎ"をいろいろと試しているということなんですが・・・」とタレこみ情報が読まれると、柄本は笑いながらも動揺が。有働が「ちょっとここでやってみたくださいよ!」とふられると、「ええー!(笑)」と驚くも、井ノ原快彦は「どういうこと?僕が高良くんだとしたらどんな感じ??」と興味津々で柄本の隣に移動した。 [全文を読む]

高良健吾“借金を抱えた5股男”役で主演 城田優は金髪“女性”役でヒロイン怪演<バイバイ、ブラックバード>

モデルプレス / 2017年08月30日08時00分

■原作・伊坂幸太郎氏コメント この小説は毎回、同じシチュエーション、「出会いの場面」と「恋人に別れ話を切り出す」ところから話がはじまります。それだけに、単調にならないよう、出てくる女性や物語の雰囲気に変化をつけることに力を注ぎましたから、各話の共通点や違いが楽しめる「連続ドラマ」と いう形で映像化してもらえるのは、本当にありがたいです。もともと森監督の作 [全文を読む]

アジカンが高良健吾主演作と再タッグ 映画『横道世之介』に主題歌提供

リッスンジャパン / 2012年10月02日19時00分

家族や友達や恋人や、世界そのものが、愛おしくなるような、そんな作品でした。そういう想いに、そっと花を添えるような、そんな楽曲を作ることができたと思います」とコメント。その言葉通り、主題歌「今を生きて」は魅力的な主人公のキャラクターを象徴するような祝祭感に満ちたミディアムナンバーとなっており、アジカンの新たな一面も垣間見える楽曲に仕上がっている。映画『横道世 [全文を読む]

真木よう子、二階堂ふみに「自分にはないものを持っている」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年04月03日19時30分

「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」 「僕もとうとう金魚と寝ることになったか――」 奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく――。 そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人 [全文を読む]

真木よう子、「必死でウグイスのフォローしてました(笑)」【二階堂ふみ&真木よう子インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年04月02日21時00分

「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」 「僕もとうとう金魚と寝ることになったか――」 奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく――。 そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人 [全文を読む]

有村架純と高良健吾、「いつ恋」現場での仲がまるで恋人のよう!?

アサ芸プラス / 2016年02月29日17時58分

まるで恋人みたいに仲がいいので、『このまま付き合っちゃえば話題になって視聴率も上がるのに』なんてスタッフの間でも話題になっていますよ」(フジテレビ関係者) ドラマの共演をキッカケに親交を深めて結ばれるカップルは多いが、2人の関係はどうなるか──。(しおさわ かつつね) [全文を読む]

二階堂ふみの、あの艶めかしくてエロティックな赤い衣装が…

Woman Insight / 2016年02月26日19時00分

「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか――」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく――。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人の行方を [全文を読む]

dTV宣伝担当に聞いた、ひとりでコッソリ観たいエッチな作品♡5選

Woman Insight / 2016年12月29日20時30分

自殺した親友の恋人(菊地凛子さん)と、大学の同窓生(水原希子さん)との間で揺れ動く松山ケンイチさんがとても色っぽく、ベッドシーンの映像も雰囲気があっておしゃれです。(PG12指定/2010年 日本) →http://video.dmkt-sp.jp/ti/10016218 *「dTV」は、月額500円で、国内外の映画、ドラマ、アニメ、音楽からBeeTVまで [全文を読む]


『いつ恋』最終話はなぜ“ファミレスでの会話劇”で幕を閉じた? 脚本家・坂元裕二の意図を読む

リアルサウンド / 2016年03月28日06時10分

木穂子はデザイン事務所で働く恋人からプロポーズされる。劇団の衣装作りに参加することで新しいスタートを切った市村小夏(森川葵)は、今まで支えてくれた中條晴太(坂口健太郎)と恋人となる。 どれもとってつけたような結末だ。しかし、ここは役者の名演と映像の力で何とか乗り切ったように見える。物語の尻つぼみ感は否めない。だが、そんな欠点を補うくらい、北海道までやって [全文を読む]

視聴者が主体として考える作品とは──開始3分で面白さを伝える方法『いつ恋』第4話

日刊サイゾー / 2016年02月10日19時00分

普通の恋人同士になろうね。なれるよね」と練に言うのだった。ここまでで、ドラマの第4話が開始してからおよそ3分だ。 ドラマとはこういった脚本の上に、役者が演技でニュアンスを表現し、監督が演出を加えることにより、情報量が足されていく。基本的には情報量と面白さは比例関係にあり、情報量が多く含まれた映像作品は面白い、あるいは見応えがあるといった表現で評される。だが [全文を読む]

それぞれの夢『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第19週】

WEB女性自身 / 2017年02月12日06時00分

ドラム奏者としてプロを目指していた二郎(林遣都)は東京のスカウトから誘いを受けていたが、すみれに促されたさくらから恋人の五月(久保田紗友)が妊娠していることを伝えられる。五月が姿を消した本当の理由を知った二郎は、すぐに五月がいるすみれたちの家を訪ねる。 そのころすみれの家では、五月が喜代(宮田圭子)に編み物を教わっていた。「よう一人で育てようと思いましたね [全文を読む]

地に墜ちそうなフジ“月9”ドラマ 山田涼介主演『カインとアベル』は同枠初回ワーストで発進

日刊サイゾー / 2016年10月19日18時00分

そんな中、横浜から本社に異動してきたヒロイン・矢作梓(倉科カナ)に心惹かれていくが、実は梓は兄の恋人で、そのはざまで苦悩することになる……という展開。 「フジのドラマは低視聴率続きで、大物俳優、女優を次々につぶしており、主役オファーをかけても、断れられるケースが増えています。なんともならない状況で、今クールはジャニーズ事務所のプッシュもあり、“若手育成枠” [全文を読む]

大原櫻子の“囚われた宇宙人”姿に嫉妬の声が殺到! “わんわん動画”流出で野村周平に怒りの声も?

おたぽる / 2016年08月15日12時00分

先月18日、野村が自身のTwitterに、犬の耳や鼻を自分の顔に合成する人気アプリで、大原と一緒に楽しんでいる動画をアップした際には、「恋人気分かよ!」「離れろ!」などと、大原ファンを立腹させる事態となった。 「野村といえば、これまでにも、本田翼や広瀬すずなど、共演した女優との親密なツーショット画像をSNSにアップし、それぞれのファンから批判を浴びていたの [全文を読む]

あの結婚報道は何だったのか!?くりぃむ・有田の同棲報道にローラは安堵?

アサジョ / 2016年05月13日09時59分

「先日、熊本にお忍び訪問して炊き出しに参加した彼女ですが、身につけている黒のキャップが同じく支援が目的で熊本を訪れた高良健吾が被っていたキャップとおそろいだと話題になり、新恋人は高良では? という噂が上がっていました。ですがその後、熊本を訪れた三浦翔平も似たような黒キャップを被っていましたし、単なる偶然だと思います(笑)。また、一部ではSMAP・中居正広と [全文を読む]

フジ低迷の象徴?「いつ恋」”ワースト更新”も世代間ギャップで賛否両論

デイリーニュースオンライン / 2016年03月24日08時04分

そんななか、恋人の井吹朝陽(西島隆弘)は自分が音の好きな人ではないと気づき、意識を取り戻した音に別れを告げる。曽田練(高良健吾)は、祖母を世話するために故郷へ帰った音を追いかけて北海道に赴く。昔二人で行ったファミレスで再会を果たした練は、すさんでしまった音の気持ちを温め、再び心を通わせ合ってハッピーエンドを迎える、という展開。 放送が開始されて間もなくツイ [全文を読む]

有村架純『いつ恋』がワースト更新か?月9不名誉記録がかかる最終回

デイリーニュースオンライン / 2016年03月21日08時05分

2年付き合った恋人の井吹朝陽(西島隆弘)と曽田の間で揺れる杉原が、終盤に階段から転げ落ちて病院送りになってしまうという展開。 序盤から脚本や演出に疑問や批判の声が多数あがっていた本作だが、今回もヒロインが二人の男に挟まれて悩み、さらにヒロインの生死が急に重要になるベタな展開に、SNS上では「いつ恋を見てると最近爆笑してしまう」「主人公ひん死の最終回って昭和 [全文を読む]

月9『いつ恋』同世代そろい和気あいあい「男女の隔たりなく…」

WEB女性自身 / 2016年02月29日06時00分

私が演じる木穂子は、恋人の練(高良健吾)の所有権は自分が持っているというギリギリのところでつないでいたのに、小夏(森川葵)にズバッと言われて、練と音(有村架純)がアイコンタクトを取った瞬間に 終わったな と。演じていて、本当につらくて、リハから結構泣いちゃいました」 そう語るのは、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系・月曜21時〜) [全文を読む]

『いつ恋』音はなぜドラマ名を口に? 脚本家・坂元裕二が描く「リアリズム」と「ドラマの嘘」

リアルサウンド / 2016年02月22日07時10分

練の恋人・日向木穂子(高畑充希)、練に片思いをしている杉原音(有村架純)、同じ介護施設で働いている音のことが好きな伊吹朝陽(西島隆弘)、練と同郷の幼なじみで練のことが好きな市川小夏(森川葵)、小夏の恋をかなえてあげたい中條晴太(坂口健太郎)。 ふとした偶然から、静恵おばあちゃん(八千草薫)の家に、練たち6人がそろう。はじめは楽しく食卓を囲んでいた練たちだが [全文を読む]

月9『いつ恋』が視聴率8.9%に急降下も“賛否両論”なワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年02月14日07時00分

しかし恋人がいるから「諦める。また冷たくします」と宣言。そして曽田はアパートに帰って、ずっと待ってくれていた日向を抱擁する。 まさかの二股展開の第4話に、賛否両論が拮抗中だ。「切ない」「ハマる」「名シーンと名言多すぎ!」と絶賛する"いつ恋ファン"が発生するかたわら、「内容が古臭い」「男が最低すぎる」「ヒロインがパッとしない」「東京を悪く描きすぎて不快」と低 [全文を読む]

フォーカス