外国人 濡れ場に関するニュース

「キリスト超え」の前田敦子がハリウッド進出でヌード&セックスシーン要求も!?

メンズサイゾー / 2012年11月16日18時00分

なんでも、「高名な外国人の監督を起用したハリウッド製作映画」で、「ヌードとセックスシーン」を盛り込んだ内容を予定、「外国人のイケメン」との絡みを用意して関係各所との調整に乗り出している映画関係者がいるとか。確かに前田は、ことあるごとに「濡れ場OK」アピールをしており、ヌード自体も「必要なら全く抵抗ないです」とサッパリしたもの。すでにアイドルの肩書は脱ぎ捨 [全文を読む]

次期大河ドラマで菜々緒に歴史ファンが期待する「外国人医師との不貞シーン」

アサ芸プラス / 2016年07月13日17時59分

「築山殿の息子である信康は織田信長の長女である徳姫と結婚するのですが、その徳姫に『外国人医師と不貞を働いている』と信長に告げ口されたことがあります。同時に織田・徳川の一番の敵である武田家と密通している疑いがあると報告されました。これをきっかけに信長は信康の処刑を家康に命じ、信康は切腹。築山殿も殺害されてしまいます。この通説には疑問の声も多いのですが、築山殿 [全文を読む]

女優が封印した「生涯ただ1度の濡れ場」を厳選発掘(4)意外なお宝編・あの今井美樹も…

アサ芸プラス / 2016年06月23日05時57分

まさか、あの豪快な女優に濡れ場があったとは思いもしなかった! あのジャズシンガーに、あの外国人朝ドラヒロインに、知られざる「濡れ場の過去」が存在するのだ。 高倉健が生涯で唯一と言っていいカラミを見せたのが、75年公開の「神戸国際ギャング」(東映)である。向き合った絵沢萠子の顔に雑誌を乗せ、腰だけを動かす奇妙な濡れ場である。 同作品ではさらに、レアな場面があ [全文を読む]

見せたがりな「長澤まさみ」は記者会見時が一番大胆?

アサ芸プラス / 2015年07月01日05時57分

芸能評論家の佐々木博之氏は、「外国人女優は映画祭ではポロリ当たり前の衣装を着るので、それに感化され始めているんですよ。非常にいい傾向です」 と分析するが、それが如実に現れたのが6月13日、映画「海街diary」の初日舞台挨拶の場。共演する綾瀬はるか(30)、夏帆(23)、広瀬すず(17)とともに登壇した長澤は、白いタイトなワンピースのワキ下から、豊満な横胸 [全文を読む]

浜崎あゆみ、電撃離婚の理由は震災の影響? 夫の無断ヌード? それとも...?

メンズサイゾー / 2012年01月17日13時30分

長瀬との関係が冷え始めてから、米国を訪れるたびに"外国人漁り"をするようになり、最終的に結婚相手に選んだのがマニュエルでした。無名の外国人であれば、しがらみはありませんからね。しかし、長瀬の代わりという意識は消えていないでしょうから、そんな相手とうまくいくわけがありませんよ」(芸能関係者) 浜崎は仕事の面でも不安定になりつつあり、2011年の野外ライブイベ [全文を読む]

全日本「魅惑のバストBEST100」2016‐2017(71位~80位)テレ朝・青山愛アナのDカップは番組の清涼剤

アサ芸プラス / 2017年03月13日17時59分

「怒り新党」では複数の外国人男性との“経験”疑惑が。79位 石原佑里子(グラビア 160センチ B90・W59・H88) また1人、キュンとくる素材が登場。どこか青春の甘酸っぱさを喚起させる顔立ちに、美白Fカップの谷間!80位 三輪記子(弁護士 160センチ B88・W63・H92) 東大卒の弁護士でありながら、自慢のボディを駆使して撮り下ろしグラビアも敢 [全文を読む]

後世に伝えたい「ニッポンの大ヒット映画」女優!(5)<大作の色香篇>山口百恵「伊豆の踊子」の幻想的な姿に観客が大拍手

アサ芸プラス / 2016年12月15日12時57分

吉永小百合の自慰シーンや、関根恵子の外国人とのカラミも濃厚だったが、これが映画デビューである大竹しのぶ(59)の初ヌードこそ拾い物。「当時、朝ドラヒロインでありながら映画でヌードになったことで物議を醸したほど。いかにも田舎の少女という素朴で生々しい体つきがよかった。大女優となる第一歩でしたね」(前出・秋本氏) あの健さんの数少ない濡れ場の1つが、倍賞千恵子 [全文を読む]

日本人女性が標的に…性犯罪大国インドの恐るべき現状

デイリーニュースオンライン / 2015年01月27日15時50分

そのため、異教徒の外国人はカースト外の存在ということになる。いわば宗教的な制約を受けることがないため、それこそ「何をしても良い」という発想になってもおかしくはない。 実際、私の知人の中にも、インドでレイプされた日本人女性がいる。 彼女は同じ宿に泊まっていた若い旅行者だった。彼女はインドのことを非常に気に入っており、現地の人と触れ合うことで、さらにこの国のこ [全文を読む]

木の実ナナ 更年期うつ病でバス見ただけでイラついたことも

NEWSポストセブン / 2012年01月01日16時00分

小さいころに顔が外国人みたいだからといじめられて、同級生に傘で顔に傷をつけられたこと。忘れたはずの嫌なことが、次々と思い出されて、それが頭から離れない。大好きで集めていたミッキーマウスのぬいぐるみまで、いい大人がなんでこんなもん持っているんだろうかとか、自分を卑下してしまう。自分を嫌になったのなんて、初めてでした。朝、鏡を見て“わあ、ひどい顔だな”とか思っ [全文を読む]

フォーカス