本当 濡れ場に関するニュース

風俗でくも膜下出血、死にかけた漫画家の実話が映画化! こだわったものとは?

週プレNEWS / 2017年02月03日21時00分

「地獄から天国だ~!」と思ったら、本当に天国に逝(い)きそうに…。 ―無事生還おめでとうございます! ちなみにプレイ中に倒れたってことは、アソコは元気なままだったんですか? 中川 いや、たぶん下に溜まった血液が全部頭に行っちゃったので…。結局イケなかったですし。 ―イク前に倒れるってどんな感覚なんですか? 中川 前触れもないんです。風俗嬢は可愛いし、ここは [全文を読む]

『東京ラブストーリー』から今、有森也実が語る後悔と解放「女の幸せも味わってみたかったな…」

週プレNEWS / 2017年05月13日17時00分

岸谷(五朗)さん主演の『仁義』(『新・仁義の墓場』)とか、ああいう映画に出会うと本当にすごい嬉しくなるんです。 『檸檬』(『たとえば檸檬』)や『TAP』(『TAP 完全なる飼育』)とか「なんのために女優をやっているのか?」っていうと「人間を演じたい」からなんですね。だから、いろいろと悩んだ時期もありましたし。 ―そもそも、『東京ラブストーリー』で一躍、名前 [全文を読む]

人生をやり直したのは「普通」に生きたかったから、もうやり直したくないのは今が幸せだから/『カルテット』第九話レビュー

messy / 2017年03月15日22時00分

本当の名前を言って」と(いつもの面倒くささで)メンバーに熱弁を奮いますが、では、真紀の本当の名前は。 大菅刑事が鏡子に語った真紀の生い立ちは、こうでした。「本名は山本彰子(やまもと・あきこ)、富山市出身。10歳の時に母を事故で亡くし、その後、母親の再婚相手である義理の父親に預けられた。その父親から日常的な暴力を受け、家出を繰り返すものの連れ戻されていた。平 [全文を読む]

初ロマンポルノ出演 とろサーモンが撮影中に興奮

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月20日17時23分

久保田は「世間はまだP-P-A-Pだと思いますが、こちらはP-O-R-N-O、ポルノということで、本当のおっぱいナッポーペンを見ていただきたいですね」と自己紹介から客席の笑いを誘った。■久保田にハマると思って撮ったシーンは……とろサーモンの二人の起用の経緯を聞かれた白石監督は「3、4話を演出したドラマ 『火花』で村田さんとはじめてご一緒しました。芝居がすご [全文を読む]

ヘンリー・カヴィル、濡れ場で下半身が反応しすぎる

Movie Walker / 2015年08月11日13時36分

でも本当のところ、肉体的には非常に不自然な仕事です。誰かに向かって睾丸を叩きつけているだけで、実際には何もしていない」と話している。【UK在住/ブレイディみかこ】 [全文を読む]

土屋アンナ 「再ブレイク」と「濡れ場披露」の裏に示談金稼ぎ

アサ芸プラス / 2014年09月24日09時59分

本当なら示談金ぐらい簡単に払えるスケールの話なのですが‥‥」(前出・事務所関係者) 「再ブレイク」の裏には、抜き差しならない懐事情があるようだ。 [全文を読む]

武井咲が「彼氏つくる」宣言、松坂桃李に猛攻アプローチ開始!?

メンズサイゾー / 2012年11月09日13時10分

監督も『カメラが回ってないとこでもイチャイチャしてて、本当のカップルみたいだった』と。二人の共演は今作が初めてではないので、すでに友人として親しくはなっていたそうですが、武井にしてみれば彼は“恋人”第一候補のようですよ」(芸能記者) [全文を読む]

ヤバイ演出も顔面偏差値で乗り切る、滝沢秀明の輝き! 美顔エリート集団としてのジャニーズ

messy / 2016年07月23日15時00分

信頼を取り戻すべく未亜はお詫びに行のだが、森に「その誠意が本当なら体で払ってよ」と脅され、未亜は承諾……。この会話を未亜のスマホ越し(通話中だった)に聞いた海里はすぐさま彼らのいるホテルにダッシュ。未亜を抱きしめホッとする海里だったが、そこで行われていたのは枕営業ではなくコスプレパーティだった。オネエの森に気に入られ、海里も無理矢理、海賊のコスプレをさせら [全文を読む]

安達祐実のオフィシャルギャラリーにアクセス殺到、自撮りにはない「撮影者=夫」のパンチ力

ウートピ / 2016年07月15日19時58分

現在、サーバーがダウンしてしまいました」「本当本当にありがとうございます。 そして、アクセス出来ない方…申し訳ありません」とツイート。アクセスの殺到に、安達も「ありがとうございます!嬉しい」とツイートしている。ソファで横になる安達、散らかったテーブルで肉まんを食べる安達、鼻をかむ安達といった日常の一コマを切り取った写真のほか、屋外のスナップやスタジオで作 [全文を読む]

今度は野村周平?ジャニーズと韓流を落とした水原希子の恋愛遍歴

デイリーニュースオンライン / 2016年06月23日12時05分

これには松本と水原が濃厚な濡れ場を演じた際に、まるで本当のカップルの雰囲気を醸し出していたからとされている。男の噂が途切れない水原だけに、野村のファンは不安を隠せないようだ。 「イケメンで中国語も堪能。スノーボードの選手として活躍していた過去など、非の打ちどころがない野村ということもあり、ファンからすると『よりにもよって水原か…』『女の見る目ないのかも』と [全文を読む]

“一度は抱いてみたい”女優・真木よう子 離婚による「エロス倍増」と男たちの「争奪戦」

日刊サイゾー / 2015年09月29日00時00分

ただ、彼女も過去に、女優・常盤貴子の夫で劇作家の長塚圭史との“繁華街不倫疑惑”が報じられたのを中心に、恋愛に関してキナ臭い噂は多かったので、本当の理由は別にあるのかもしれません。なんにせよ、離婚する理由はあふれていましたね」(同) もともと“超肉食”とささやかれていた真木よう子。13年に放送された『最高の離婚』(フジテレビ系)では、片山氏との結婚のキューピ [全文を読む]

石原さとみ 三十路間近でついに色香全開?「スキンシップが男を引き寄せる?」

アサ芸プラス / 2015年08月15日17時57分

「石原がラブシーンを演じると、撮影中は相手に本当の恋人かと錯覚させるといいます。それは、本当にほれないといいラブシーンにならないという信念が彼女にあるからです。だから受け身ではなく、自分から積極的に抱擁していく。女優として一皮も二皮も剥けたからでしょうね」(前出・ドラマ制作関係者) 芸能評論家・三杉武氏も石原の可能性に期待する。「今、日本には少ない『一糸ま [全文を読む]

綾野剛やっぱりダメ男だった?元カノ戸田「言葉の暴力が…」

messy / 2015年04月16日18時30分

売れた途端に天狗になってしまったというのが本当であるならば、実にダサい。 それにしても、スピード離婚を報じられている米倉涼子(39)といい、戸田といい、世間的には気が強いイメージで通っている女優たちが、私生活ではモラハラを受けても「だって好きだから」でじっと耐えているとは大きなギャップを感じる。戸田は綾野と別れたあと、綾野とも親しい俳優の勝地涼(28)と交 [全文を読む]

安達祐実「大きな挑戦だった」20年ぶりの主演作でフルヌードに

WEB女性自身 / 2014年10月27日23時00分

本当の愛を知り、女性としての心に目覚めていく遊女の朝霧を演じた安達は、「これは純愛。人を愛する気持ちは現代でも共感していただける部分が多いと思います」と説明し、「苦しく切ない状況もあるけれど、人を愛することは素晴らしいということを感じていただけたら嬉しいです」とアピールした。主演映画は約20年ぶりとなる安達。「演技も今までとは違うアプローチで、ヌードになる [全文を読む]

「性行為を通じて自我の形成を描きたい」実写化されたマンガ『うわこい』作者・糸杉柾宏が“性“を描く理由

おたぽる / 2014年05月31日13時00分

――まず、マンガ『うわこい』はどういうきっかけで始まったんですか?糸杉 本当タイミングですね。たまたま当時「月刊ヤングキング」(現・月刊ヤングキングアワーズGH/少年画報社)の編集さんと知り合って、声をかけてもらって。それで実際すぐ連載というのはなかなかないんですが、お会いしてすぐ雑誌を送ってもらうようになったんですね。これは編集さんも本当にやる気なんだな [全文を読む]

日南響子がスターダストを退社…自殺未遂騒動から復帰も前途は多難

メンズサイゾー / 2014年04月01日17時10分

日南は4月1日に「只今戻りました、本当はもっと早く何かアクション起こしたかったのですが、それが出来ない状況におりましたので、コメント出し遅くなって申し訳ありません。今日からまた呟いてくのでよろしくお願いします。近々嬉しいお知らせも出来ると思います。楽しみにしてて下さい」とツイート。続けて「今日がエイプリルフールでも復帰については本当ですので!安心してくだ [全文を読む]

松潤に演じて欲しい! セクシーすぎるBLのショコラティエたち

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月03日11時30分

素直じゃないし、口うるさくてわかりづらい彼だが、休憩中、肘をついた手にあごをのせ、後輩のいる前で「本当…休みなんて無きゃいいのに」「休みの日は…お前に会えない」と物悲しい表情でさらっと口にしたりする。松潤なら、こんなさり気なさがとてもよく似合う。 [全文を読む]

やっぱりおカネ!? 沢尻エリカ、泥沼化していた高城剛との離婚がやっと決着したワケ

メンズサイゾー / 2013年12月31日12時00分

本当のことを話してほしい」と呼び掛ける高城氏に対し、沢尻は関係者を通じて離婚を求めるのみで騒動はドロ沼化していた。 業を煮やした高城氏は、週刊誌の取材に「エリカを脱がせてカネにしようとしている連中がいる」などと暴露。「エリカの薬物依存は周知の事実」「大麻だけでなくエクスタシー(MDMA)なども使用していた」と証言し、エイベックスがそうした弱味を利用して沢 [全文を読む]

自ら「ヤリマン」を公言!? 奔放すぎる女優・岩佐真悠子がエロキャラ開眼

メンズサイゾー / 2013年11月22日16時00分

であれば、赤裸々発言を連発している今の岩佐こそが本当の彼女ということだろうか。今までは事務所の方針やイメージなどもあって露骨なエロ発言はあまりできなかったのだろうが、20代後半に差しかかり腹をくくって全裸まで見せたことで素の自分で勝負できるようになったのかもしれない。 エロキャラ開眼で今後はどんな発言が飛び出すのか。作られたイメージを脱ぎ捨ててハダカになっ [全文を読む]

女優復帰で亀裂!? 鈴木保奈美と石橋貴明に“離婚”のウワサ

メンズサイゾー / 2013年06月23日12時00分

2011年から『江~姫たちの戦国~』(NHK)や『リセット~本当のしあわせの見つけ方~』(TBS系)などでドラマ界に返り咲き、『のぼうの城』『プラチナデータ』などの映画にも出演している。 「今年1月から放送されたWOWOWの連続ドラマ『女と男の熱帯』でのドタキャン騒動はありましたが、復帰後の歩みは順調。トレンディードラマで一世を風靡した当時と変わらぬ雰囲気 [全文を読む]

フォーカス