現在 小沢健二に関するニュース

小沢健二19年ぶりシングルCD発売!「大人になった」歌声に感じる歳月

しらべぇ / 2017年02月22日08時00分

現在の小沢の姿を多くのファンが目にすることになりそうだ。■19年の歳月が奏でるもの21日に情報解禁。翌22日に発売開始となる緊急事態に、ファンは驚きと喜びに満ち溢れている。しらべぇでファンの感想を集めてみた。小沢健二とピチカートファイブとフリッパーズギターを拗らせたまま生きてるからこれでまた何とかやっていける— きにら (@wuv_l) February [全文を読む]

小沢健二、本人と親交のある著名人も出演する「流動体について」MV解禁

okmusic UP's / 2017年03月07日04時00分

現在、過去のシングル曲の MV が小沢健二オフィシャルサイト「ひふみよ」で公開されており、期間限定で楽しむことができる。■「流動体について」MVhttps://www.youtube.com/watch?v=z6nTSmftb08■シングル「流動体について」2017年2月22日(水)発売 TYCT-39050/¥1,200+税 <収録曲> M1.流動体につ [全文を読む]

生放送でサプライズも?小沢健二の”電撃復帰”に奇妙なウワサ

デイリーニュースオンライン / 2017年03月08日11時45分

小沢の元々のファンは、現在30代後半の世代がほとんどということもあって、生活も収入も安定している層ですし、今後発売されるであろうCDなどの関連グッズの売り上げは、ある程度見込めるでしょうね」(音楽関係者) ■ミュージシャン”10年復活説”の奇異 気になるのは、このタイミングでの電撃復帰となった理由だ。ネット上では、YMOやX JAPAN、LUNA SEAな [全文を読む]

おじさんになったポップアイコン・小沢健二、突如活動再開の裏に何がある?

日刊サイゾー / 2017年03月01日23時30分

「“渋谷系のプリンス”と呼ばれた小沢も現在48歳。とはいえ、テレビに映る小沢はハゲていたわけでもないし、太っていたわけでもなく、むしろ同世代の一般男性に比べれば経年劣化は少ないほうだったかもしれません。ただ、かつてのような童顔の王子様然としたオーラはすっかり消え失せ、ただの中年男性にしか見えなかったことが、往年のファンだった視聴者をザワつかせていました。 [全文を読む]

フリッパーズ・ギターの知名度とリアルタイム世代の出世との関係性とは

しらべぇ / 2015年07月28日09時00分

だが、現在この曲を知っている人はどれくらいいるのか。ここでもアンケート https://mind-sonar.com/target/Wc3a68463-063b-453e-8e52-bb09f28faf63 をおこなった。 【質問】『恋とマシンガン』(フリッパーズ・ギター)という曲を知っていますか? また前の質問と同じように、30代、40代の回答をピックア [全文を読む]

ポップミュージックの最前線へ SEKAI NO OWARIの「挑戦」を読み解く

リアルサウンド / 2014年07月20日17時17分

フランスの映像作家ラファエル・フリードマンが監督を務めた本作は、ドキュメンタリー、フィクション、アニメーションなど様々の映像表現によって現在のSEKAI NO OWARIの4人の姿をとらえた作品となっている。監督をフランス人の映像作家に託した理由は、バンドの完全な部外者から見た4人のそのままの姿を、何の先入観も固定観念もなく映画に収めてほしかったからだった [全文を読む]

倖田來未「ラブリー」カバー論争、小沢健二にとっては「悪い話ではない」?

サイゾーウーマン / 2013年02月19日13時00分

そもそも、カバー曲とは、現在の音楽業界でどういった扱いを受けているのだろう。音楽業界関係者は語る。「新曲のCDセールスが絶望的な状況の今の音楽業界において、かつてヒットした実績のある名曲のカバーを出すというのは、手堅く売り上げが見込める、お手軽な音楽ビジネスの1つといえるでしょう。楽曲の制作と候補曲の選定が省かれるのも、作り手にとっては楽ですからね」 昔 [全文を読む]

杉田かおるは今――小学館幹部社員と神奈川県で農業ライフ!?

サイゾーウーマン / 2013年02月08日09時00分

「すでに福岡では生活していませんが、杉田は現在、神奈川県内にある農家と契約し、変わらず農業生活を送っているそうです。ラブホデートが報じられた男性は妻と離婚し、現在は杉田の正式なパートナーに。彼は小学館勤務の幹部社員で、いわば“通い夫”状態で杉田との交際を続けているようですね」 この間には、退屈な地方生活に見切りをつけ、東京に戻っているという報道もあった。 [全文を読む]

超多忙! 星野源の穴を埋めるのは、あの大物ミュージシャン?

アサジョ / 2017年04月13日10時15分

昨年放送のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の爆発的な人気により、星野は現在、俳優としても歌手としても多忙を極めている。「世間の需要はすでに同じ事務所の先輩である福山雅治から星野へと移行しています。しかし、星野は12年12月にくも膜下出血の治療のため、活動を休止した過去があります。事務所も星野が最近オーバーワーク気味なことをわかっているため、休 [全文を読む]

ヴィンテージポスターから再発見するその時代背景やカルチャー

NeoL / 2017年03月22日13時54分

2005年からは音楽レーベル「Grand Gallery」をスタートし、現在までに200以上の作品をリリース。また、同年、 渋谷宇田川町にセレクトショップ「Grand Gallery」を開店。2011年に現在の代々木公園前に移転。 衣類、雑貨、CD、レコード、洋書、ポスターなど独自の視点で揃えた品物を展開。 VINTAGE POSTER SCRAP ヴィン [全文を読む]

小沢健二本人も出演 19年ぶりシングルのMVが遂に解禁

dwango.jp news / 2017年03月07日10時29分

現在、過去のシングル曲のMVが小沢健二オフィシャルサイト「ひふみよ」で公開されており、期間限定で楽しむことができる。 [全文を読む]

プロレス小説を最後に引退した作家・樋口毅宏 「オカダ・カズチカがいなかったらこの本は書いてなかった」

週プレNEWS / 2016年11月04日11時00分

現在、本人が住む京都を訪れ、創作の原点と引退の真相に迫った――。 *** ―本作は「樋口毅宏引退作品」と謳(うた)っています。引退の真相はズバリ、昨年末にお子さんが生まれたことですか? 最近は育児に専念しているようですが…。 樋口 もう完全に主夫です。息子のショーンくんを育てていた時のジョン・レノン状態。妻が働きに出ている日中ずっと、僕がすべての家事・育児 [全文を読む]

さかいゆう、シングル「ジャスミン」リリースツアーがスタート

okmusic UP's / 2015年12月01日18時00分

ニューアルバムにはシングル「ジャスミン」はもちろん、現在J-WAVE 冬のキャンペーンソングとして絶賛OA中の「Doki Doki」など進化したさかいワールドがつまった楽曲が収録されている。初回生産限定盤には、さかいがこれまで発表してきた数々のカバーソングを集めたカバーCDが特典として付属される。さかいのカバー楽曲・センスは幅広く、「ジャスミン」のカップリ [全文を読む]

『夫婦フーフー日記』佐々木蔵之介×永作博美インタビュー

NeoL / 2015年05月31日13時29分

現在と過去が共存する世界観ですが、演じるのは難しくなかったですか? 佐々木「どうだろう…。今回、2つの時間を同時に撮り進めたわけじゃなく、別の場所で撮影してるんです。例えば病室のシーンであれば、まず生前のヨメとダンナが語り合ってる場面を撮影して。それを確認した上で、基本的には後日、グリーンバック上で撮った現在形の2人を合成している。過去の自分を客観的に見ら [全文を読む]

東京スカパラ、ベストアルバム発売にあたり小沢健二によるライナーノーツが実現

okmusic UP's / 2015年02月28日13時00分

より多くの方に豪華BOX盤を手にしてほしいというメンバーの想いから、現在メンバー&スタッフ間で豪華BOX盤の販売に関して今後の対応を考えているとのこと。現時点で豪華BOX盤が予約出来なかった方は今後の情報をチェックしよう。■アルバム『The Last』2015年3月04日発売 【10,000個限定生産 豪華ボックス盤】(CD4枚+DVD3枚他) CTZR- [全文を読む]

アプガの新井愛瞳が群馬の非公式マスコットに/2015年は元旦からアイドルをetc…◆アイドルNEWS一週間ナナメ読み

エンタメNEXT / 2014年12月27日06時00分

専用といっても会場は品川J-SQUAREで、現在発表されてる開催日時は全て週末ということで、要は定期イベントといった形でしょうか。公演は「ライブ30分、物販1時間」「チケット一律1000円+ワンドリンク300円」「1日8公演」というショートなスタイル。現在SCK GIRLS、神宿、アモレカリーナなどが第1回公演に出演発表しています。 <関連リンク> htt [全文を読む]

小沢健二16年ぶりテレビ出演に、アラフォーファンが歓喜「ボーダー着てる!」「奇跡の40代!」

日刊サイゾー / 2014年03月20日17時30分

また、07年には、現在の妻と共に、「映画『おばさんたちが案内する未来の世界』を見る集い」なる自主製作映画の上映会を主催。2人が説明や音楽をかぶせるスタイルで、日本各地を行脚した。 「この方向転換には、かつてのファンから賛同する声も上がっていたが、『ついていけない』『目指している世界が伝わってこない』『グローバリズムの危険性に気づいてほしい、という訴えはわか [全文を読む]

SPICY CHOCOLATEのパクリ騒動で再評価される“ネタ元”ORIGINAL LOVEと渋谷系の現在

日刊サイゾー / 2014年02月14日13時00分

当初は4人編成だったが、現在はボーカルの田島貴男のソロプロジェクトとして活動を続けている。だが、なんといっても音楽ファンには、1990年代に一世を風靡した“渋谷系”アーティストの代表格として知られている。 「当時、田島は『渋谷系』と呼ばれることを、とても嫌っていましたね(笑)。渋谷系って、音楽的なブームメントとしては非常に大きかったですが、どちらかというと [全文を読む]

「テゴマスは小沢健二」!? NEWS・加藤シゲアキが「渋谷系」を勉強中

サイゾーウーマン / 2012年05月21日08時00分

現在は、メンバーがそれぞれテレビやラジオで活動中、グループとしての活動が待ち望まれているところだが、そろそろツアーが発表されるというウワサも聞こえている。(画像はこちら) 1月にジャニーズ初の作家デビューを果たし、カルチャー系ラジオ番組へも出演するなどジャニーズ随一の文系男子ぶりを発揮している加藤シゲアキ。自身のラジオ番組でも、本や映画、音楽などカルチャー [全文を読む]

あの王子様はいま? 渋谷系アーティストたちの現在を大捜査

サイゾーウーマン / 2012年01月05日08時00分

メールマガジン(数本配信したのみで現在は廃止状態)、ラジオ出演や雑誌インタビューなど点々と本人の肉声に触れることはあったものの、コンサートやテレビ出演といった生身の姿を確認できる機会は一切なかった。 そんな状態が続いていた2年前、突如としてオープンしたオフィシャルサイトで告知された13年ぶりのコンサート発表は「もう音楽活動を行うつもりはなくなったのか」と目 [全文を読む]

フォーカス