西島秀俊 大島優子に関するニュース

あの栄光はいずこに!? 武井咲、AKBグループが消えた……「2016 CM女王」は吉田羊に

日刊サイゾー / 2016年12月09日18時00分

男性タレントでは、3位タイ(11社)が嵐・櫻井翔、二宮和也、西島秀俊、遠藤憲一。7位タイ(10社)がDAIGO、TOKIO・長瀬智也、嵐・松本潤。 ここ数年の同ランキングで顕著なのは、“流行り物”は消え去る運命にあるということだろう。わずか3年前に首位だった武井咲は、14年が8位タイ、15年が11位タイと後退し、ついに今年はランク圏外に消えた。一時は企業 [全文を読む]

主婦に聞いた「スタッフとして働いていてほしい有名人」 スーパーマーケット部門第一位は“献立の相談にのってお買い得商品を教えてくれそうな”北斗晶さん!

PR TIMES / 2014年10月03日18時02分

2014年9月現在)主婦に聞いた、「スタッフとして働いていてほしい有名人」スーパーマーケット部門第一位は、“献立の相談にのってお買い得商品を教えてくれそうな”北斗晶さん!喫茶店・Cafe部門には“ずっと見ていたい”人気イケメン俳優がずらり!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー調査対象:東京・神奈川・埼玉・千葉在住の20~50代 [全文を読む]

「2015年タレントCM起用社数ランキング」今年の顔を飾った3人の女優とは?

AOLニュース / 2015年12月10日21時00分

また、10社起用では俳優の西島秀俊、スポーツ界から昨年、年間首位の元プロテニスプレイヤー・松岡修造と同じくテニスの錦織圭選手が昨年に続いて上位をキープしている。次いで9社に起用されたのはV6の岡田准一、8社では落語家の笑福亭鶴瓶、俳優の松坂桃李、向井理、関ジャニ の村上信五がランクインし、三代目J Soul Brothersの登坂広臣も上半期に続き年間でも [全文を読む]

香里奈の主演ドラマが爆死したのは「ベッド画像」のせいではなかった!?

アサ芸プラス / 2015年10月22日09時59分

翌年の「リアル・クローズ」(フジテレビ系)では黒木瞳や西島秀俊といった共演者を従えながら、平均視聴率は9.96%止まり。現在と違って当時の10%割れは、大ニュースを言えるほどの低視聴率だったのである。 ようやく2011年の月9ドラマ「私が恋愛できない理由」(フジテレビ系)で16.0%のヒットを記録したが、同作品は吉高由里子と大島優子も加えたトリプル主演作で [全文を読む]

“最後の砦”佐藤健ドラマ『天皇の料理番』が、まさかの急落……TBSはドラマ枠をさらに削減へ!?

日刊サイゾー / 2015年05月08日20時30分

』、西島秀俊主演『流星ワゴン』が10%台と若干の回復を見せたが、同局についた「連ドラ不調」のイメージは拭えないままだ。 「TBSにとって、『天皇の料理番』が今期の“最後の砦”だった。昨年の韓流ドラマ枠『韓流セレクト』の終了に続き、今年3月には月曜夜8時台の連ドラ枠を廃止したTBSですが、すでに局内には『ドラマでは数字が取れない』という空気が充満。さらなる連 [全文を読む]

業界関係者683人に聞いた、業界満足度の高い2015年冬ドラマランキング

日本タレント名鑑 / 2015年05月07日16時55分

『流星ワゴン』は西島秀俊・香川照之・吉岡秀隆・井川遥と10年以上メインを張ってきた実力派、『デート ~恋とはどんなものかしら~』も杏・長谷川博己と、ここ数年ずっと主演を任されている名優です。 『流星ワゴン』は平均10.31%と視聴率的には7位ですが、最低8.2%、最高11.2%と振れ幅が狭く、固定ファンを逃さない良作であったことがうかがえます。『デート ~ [全文を読む]

AKB48がついにランク外へ……「2014年テレビCM量」に見る広告業界の“AKB離れ”と、メンバーの不安

日刊サイゾー / 2015年02月27日20時30分

ランキング上位には、上戸彩(1位)、堺雅人(2位)、松岡修造(3位)、堀北真希(6位)といった、出稿数の多い携帯電話会社のCMに出演中のタレントが名を連ねたほか、昨年ブレークした西島秀俊(4位)や、同ランキング常連の武井咲(5位)らがランクインした。 一方で、2013年に4位だった大島優子や、8位だった島崎遥香はランク外へ。AKB48が初めてトップテン入 [全文を読む]

年間CM起用ランキング上位者から学ぶ印象術

JIJICO / 2014年12月23日18時00分

女性部門2位以下には、有村架純さん、上戸彩さん、大島優子さん、桐谷美玲さん、堀北真希さん、男性部門では、相葉雅紀さん、阿部寛さん、本田圭佑さん、大野智さん、西島秀俊さんがランクインしています。 上位者の共通点は「少なくとも嫌われない」印象 タレントが登場するCMは、全体の約3割程度と決して多いとは言えません。それにもかかわらず、企業がCMにタレントを起用 [全文を読む]

フォーカス