日産自動車 トヨタ自動車に関するニュース

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2015トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2016年05月30日11時00分

集計の結果、2015年に最も引用された企業は、トヨタ自動車の7,554件、次いで日産自動車の3,751件、本田技研工業の3,224件となりました。 1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、3年連続で「電動車両へのワイヤレス給電」に関する特許(特許第4453741号)で、後発の特許9件の審査過程で拒絶理由として引用されています。企業別にみると、半導体エネル [全文を読む]

業界&企業研究・トヨタ自動車:燃料電池車などエコカーが拓く、新しい社会の実現

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年12月17日12時00分

トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業は、2020年頃までに総額50~60億円を拠出し、水素ステーション運営費の3分の1を補助することを決定しています。ちなみに、トヨタ自動車は水素貯蔵・圧縮関連技術の有効特許件数でもトップの実績があります。ハイブリッド車(HV)の「アクア」も3年連続で販売台数の首位に輝きました。コストがかかること、航続距離が短いことなどの [全文を読む]

【自動車メーカーに関するアンケート調査】将来性を感じる自動車メーカー、4位の「スバル」は2011年調査時より増加。トップ3は減少

PR TIMES / 2014年04月16日09時53分

最も乗ってみたいメーカーでは「BMW」が4位■『将来性を感じる』では「スバル」が2011年調査時より増加、上位3位は減少───────────────────────────────────────────◆信頼性・安心感がある、品質・技術が優れている自動車メーカー信頼性・安心感があると思う自動車メーカーは「トヨタ自動車」(71.1%)がトップ、「本田技研 [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2015年05月25日12時00分

集計の結果、2014年に最も引用された企業は、トヨタ自動車の7,932件、次いで日産自動車の4,259件、本田技研工業の3,368件となりました。 1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、昨年に引き続き「電動車両へのワイヤレス給電」に関する特許(特許第4453741号)で、後発の特許22件の審査過程で拒絶理由として引用されており、昨年の13件から大幅に増 [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2015年05月25日12時00分

集計の結果、2014年に最も引用された企業は、トヨタ自動車の7,932件、次いで日産自動車の4,259件、本田技研工業の3,368件となりました。 1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、昨年に引き続き「電動車両へのワイヤレス給電」に関する特許(特許第4453741号)で、後発の特許22件の審査過程で拒絶理由として引用されており、昨年の13件から大幅に増 [全文を読む]

【大予測:自動車業界】トランプ氏のツイートで激震 その3

Japan In-depth / 2017年01月13日23時00分

特に日産自動車とマツダです。ルールが変われば、それに対応してビジネス・ストラトジーも変える、日産自動車のゴーン社長はそう思っていることでしょうが、ことはそう簡単ではありません。日産自動車は既にメキシコ最大の自動車生産会社であることは前述しましたが、現在の85万台という年間生産能力を、近い将来、100万台の大台に乗せる計画が進行しています。 [全文を読む]

「日本車メーカー」を胸スポンサーに持つ海外クラブ、いくつ分かる?

サッカーキング / 2017年05月11日17時54分

例えばJリーグであれば、名古屋グランパスがトヨタ自動車、横浜F・マリノスが日産自動車など、主要株主が胸スポンサーを務めるケースはいくつかある。 しかし、すでに世界的知名度を誇る日本車メーカーが海外クラブをスポンサードする例はなかなか珍しいのだ。今回は、そうしたレアなケースを見ていこう。※対象のユニフォームは2016-17シーズンおよび2017シーズンのも [全文を読む]

【大予測:自動車業界】トランプ氏のツイートで激震 その2

Japan In-depth / 2017年01月12日23時44分

まだトランプ氏に名指しはされていませんが、日産自動車とマツダの経営陣は、正直戦々恐々でしょう。実際、米国がNAFTAから脱退する、ないしはメキシコ製自動車にBig Border Taxを課す、ということになれば、最もその影響を受けるのは、日産自動車とマツダだからです。そして、彼らを信じてついて来た、系列の自動車部品企業でしょう。メキシコには完成車メーカーの [全文を読む]

【大予測:自動車業界】トランプ氏のツイートで激震 その1

Japan In-depth / 2017年01月11日23時00分

三菱自動車の燃費測定不正、日産自動車による三菱自動車買収、スズキの燃費偽装、トヨタ自動車とスズキの提携合意、日産自動車によるカルソニックカンセイ売却、タカタ救済問題、云々。1年前には予測も出来なかったイベント群のオンパレードでした。さて、2017年は丁酉(ひのととり、ていゆう)の年。丁酉の年は歴史的に波乱含みの出来事が多い年、2017年も昨年にも増して騒が [全文を読む]

リスクモンスター、第2回「100年後も生き残れると思う日本企業」のアンケート調査結果を発表

@Press / 2015年07月31日10時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」が3位となり、以下「東海旅客鉄道(JR東海)」、「パナソニック」、「日産自動車」、「日立製作所」、と続きました。(図表A)業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業(ホンダ)、日産自動車)、電気機器製造業3社(パナソニック、日立製作所、キヤノン)、飲食料品製造業4社(味 [全文を読む]

[遠藤功治]【営利、我が国初の3兆円乗せへ】~大手自動車会社決算と今後の課題 トヨタ 1~

Japan In-depth / 2015年06月01日18時00分

特に、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、マツダ、スズキの5社につき、最近のトピックスも含め、考査することにします。今回はまず、トヨタ自動車を取り上げます。 1.トヨタ自動車 2015年3月期の売上高は前年度比6%増の27兆2,345億円、営業利益は同20%増の2兆7,505億円となり、共に2期連続で過去最高益を更新。純利益も19.2%増の2兆1,733億円 [全文を読む]

第1回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査結果を発表

@Press / 2014年07月07日09時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位(同22.7%)、「日産自動車」が3位(同18.0%)となり、以下「パナソニック」(同15.3%)、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」(同14.9%)、「日立製作所」(同14.2%)、「東海旅客鉄道(JR東海)」(同13.9%)と続きました。(図表A)業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業(ホンダ)、 [全文を読む]

第2回「世界に誇れる日本企業」調査結果を発表

@Press / 2014年04月28日11時30分

次いで「ソニー」が2位(同40.6%)、「本田技研工業(ホンダ)」が3位(同40.5%)となり、以下「パナソニック」(同36.6%)、「日産自動車」(同31.1%)、「キヤノン」(同29.0%)、「任天堂」(同26.5%)と続きました。(図表A)業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車)、電気機器製造業7社(ソニー、パナソニッ [全文を読む]

ドレスアップ&チューニングCARの祭典!『東京オートスタイル 2012』8月4日(土)、5日(日)東京ビッグサイトで開催

@Press / 2012年06月29日17時30分

自動車メーカーからは、トヨタ自動車(GAZOO Racing)、日産自動車がカスタマイズドカーの出展を決定しました。 また、有力アフターパーツメーカーからは「トヨタ86」、「スバルBRZ」のカスタマイズ・デモカーも展示されます。 ■『東京オートスタイル 2012』は東京ビッグサイトで初開催するドレスアップ&チューニングカー(カスタマイズドカー)の祭典です [全文を読む]

第5回「世界に誇れる日本企業」調査 1位はトヨタ自動車で変わらず!技術力や品質が重視される結果に

@Press / 2017年05月29日09時30分

■調査結果(1) 世界に誇れる日本企業の1位はトヨタ自動車!ランキング1位は「トヨタ自動車」(回答率53.5%)で、次いで「ソニー」が2位(同29.0%)、「パナソニック」が3位(同26.4%)となり、以下「本田技研工業(ホンダ)」(同25.9%)、「任天堂」(同24.4%)、「日産自動車」(同23.0%)、「キヤノン」(同21.6%)、「全日本空輸(AN [全文を読む]

日産ゴーンCEOの三菱自動車会長就任 根本的に問題あり

NEWSポストセブン / 2016年12月09日16時00分

カルロス・ゴーン日産自動車CEOが、三菱自動車の会長に就任する。各報道は、ゴーン氏のやり手ぶりに驚くといった程度のトーンばかりだが、経営コンサルタントの大前研一氏はゴーン氏の就任は、企業のガバナンスとコンプライアンスにかかわる根本的な問題だと指摘する。なぜ問題があるのか、大前氏が解説する。 * * * 三菱自動車工業を傘下に収めた日産自動車のカルロス・ゴー [全文を読む]

世界的なブランドランキングでトヨタが過去最高の5位を記録!

clicccar / 2016年10月10日08時03分

2015年→2016年第6位→ 5位:トヨタ自動車(+9%)第12位→ 9位:メルセデスベンツ(+18%)第11位→11位:BMW(+12%)第19位→21位:ホンダ(-4%)★第38位→33位:フォード(+12%)第39位→35位:ヒュンダイ(+11%)第44位→38位:アウディ(+14%)第35位→40位:フォルクスワーゲン(-9%)★第49位→43 [全文を読む]

第3回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査 上位4社は自動車2社と鉄道2社で昨年と同じ企業に!

@Press / 2016年09月30日13時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位(同14.2%)、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」が3位(同13.5%)となり、以下「東海旅客鉄道(JR東海)」(同12.4%)、「日清食品」(同12.3%)、「日産自動車」(同11.6%)、「味の素」(同11.0%)と続きました。(図表A)業種では、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業(ホンダ)、日産自動車) [全文を読む]

トヨタが2019年度に家庭用ロボットの量産を開始する?

clicccar / 2016年07月12日07時03分

一方の「ペッパー」も昨年の発売以降、日産自動車など多くの企業が営業の場に試験導入を開始しており、その活躍の場が広がりつつあります。 日本では高齢化や人口減少を背景に、ロボットと共生する社会が予想よりも早く到来することになるのかもしれません。 (Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車) [全文を読む]

カリスマ経営者に求められる能力とは?第2回「経営者のイメージが強いと感じる日本企業」調査結果を発表

@Press / 2014年11月04日18時00分

次いで「ジャパネットたかた【高田 明】」、「楽天【三木谷 浩史】」(同30.6%)が同率2位となり、以下、「トヨタ自動車【豊田 章男】(同24.0%)、「日産自動車【カルロス・ゴーン】」(同23.8%)が、上位5社となりました。(図表A) 業種では、2位にランクインしたジャパネットたかたなどの小売業が計6社(ファーストリテイリング(ユニクロ)、セブン-イレ [全文を読む]

フォーカス