取り扱い トヨタ自動車に関するニュース

トヨタ燃料電池車販売加速 想定価格より安く設定されたから

NEWSポストセブン / 2014年10月18日07時00分

その取り扱いについては、万全の安全策を講じることが法的に求められている。 「しかしここ近年水素の取り扱い技術が向上していることを考えると、一連の規制は行き過ぎている。つまりそうした規制を緩和していかなければ設置は進んでいかないだろう」(経済産業省幹部) 水素ステーションの設置に関して安倍首相は「全国に100か所以上の設置を進める」との目標を掲げるが、これも [全文を読む]

トヨタ「全総合職」の在宅勤務導入を検討へ…女性活躍の「あと押し」につながる?

弁護士ドットコムニュース / 2016年05月07日09時45分

しかし、そもそも総合職と一般職の社員は、労働の態様、待遇などの面で異なる取り扱いを受けています。そして、会社に応募する人も、総合職・一般職という区分に応じて、応募する運用が定着しています。 したがって、入社を希望する時点で、総合職・一般職と異なる取り扱いを承諾したうえで、入社していると考えられます。在宅勤務について異なる取り扱いをすることも、一般的には問 [全文を読む]

“世界初”企業機密を守るiPhone用カメラソリューションを開発

@Press / 2014年02月14日16時00分

反面、そうした企業では機密情報の取り扱いも多く、特に「撮影」という簡単な操作で外部に情報を流出させかねないカメラ機能付き携帯電話やスマートフォンの利用を制限することで情報漏洩対策を講じている企業が大多数でした。 一方、通常業務において作業等の記録を保持するために写真撮影を必要とするケースもありました。こうした場合は撮影画像の管理ルールを厳格に定め、撮影者や [全文を読む]

トランプ大統領の「正しい取り扱い方」とは

日刊大衆 / 2017年02月22日12時30分

したがって、ただアメリカの言いなりになるだけの交渉相手は嫌がるんです」 [全文を読む]

もはやなんでもあり―Amazon.co.jpが「カーリース」を取り扱い開始

インターネットコム / 2015年12月18日14時20分

Amazon.co.jpは、「カーリース」を取り扱い開始した。毎月一定金額を支払うと新車に乗れるリース契約でさまざまなモデルを入手できる。オリックス自動車と協力している。 Amazon.co.jpの「カー用品ストア」では2014年に中古車の販売を始めていたが、今回、新車も含めたリースに手を広げた。カー用品ストアという名称はそろそろ「カーストア」とか「自動車 [全文を読む]

トヨタ自動車、燃料電池関連の特許実施権を無償で提供

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年01月06日08時30分

トヨタはこれまでも、知的財産(特許)の取り扱いについてはオープンポリシーを基本とし、第三者からの実施の申し込みに対しては「適切な実施料により特許実施権を提供」してきた。燃料電池関連の特許についてはこれをさらに一歩進め、無償で特許実施権を提供することによって「FCVの普及を後押しし、水素社会の実現に積極的に貢献していきたいと考えている」そうである。 もちろ [全文を読む]

VW、自動車販売世界一なのに日本市場でサッパリな理由

プレジデントオンライン / 2017年02月28日09時15分

日本では該当車の取り扱いがなかったものの、ブランドイメージが大きく悪化し、販売台数減につながってしまったわけだ。しかし、それ以外にもさまざまな理由があるのは言うまでもない。 「VGJは2016年、ビジネスを考え直し、中期的な方向性を示す『ロード・トゥ2020』を策定した。昨年からのステージ1において、基盤強化を図ってきた」とシェア社長は話す。 具体的には「 [全文を読む]

損保Jと日本興亜、「国内最大」のためだけに合併→速攻で首位陥落の危険…興亜は完全消滅か

Business Journal / 2016年05月31日06時00分

●内紛の火種がくすぶる損保ジャパン日本興亜 東京海上や損保ジャパン、三井住友海上も同種の自動車保険の取り扱いを始めているが、欧米勢に比べて出遅れている。人工知能(AI)をサービスにどう生かすかも重要な経営課題だ。4人の新社長の腕の見せどころである。 [全文を読む]

トヨタが年内に1.0Lクラスの小型ターボモデルを発売?

clicccar / 2016年01月28日08時03分

そこで、トヨタとしては登録車で軽自動車並みの取り扱い易さと走行性を両立させたいと考えている模様。 ダイハツの協力を得てコンパクトカーの品揃えを増やし、国内販売の上積みを図る計画のようです。 ちなみにダイハツが昨秋の東京モーターショーに出展した「D-base(ディーベース)」は次世代のスモールカーのあり方を提案したコンセプトモデル。 同モデルのインテリアの [全文を読む]

タカタ、経営危機と債務超過の現実味高まる 業績悪化、底なしの制裁金&損害賠償地獄…

Business Journal / 2015年12月03日06時00分

硝酸アンモニウムは取り扱いが難しいものの、部品を小型化できるメリットがあり、これがタカタ製インフレーターの競争力にも結びついていた。タカタでは、硝酸アンモニウムの安全性を強調してきたが、高まる不安を打ち消すため、硝酸アンモニウムの使用を段階的に取り止めることにした。●ホンダの豹変 事態が大きく動いたのは、タカタがNHTSAと合意を発表した11月4日だ。ホン [全文を読む]

話題のトヨタ「ミライ」、試乗の感想「最高」 課題は「ユーザのメリットのなさ」克服

Business Journal / 2014年11月27日06時00分

車名は「MIRAI(ミライ)」で価格は723.6万円(税込)、取り扱いディーラーはトヨタ店、トヨペット店となる。 6月に経済産業省は「水素・燃料電池戦略ロードマップ」をまとめ、7月には安倍晋三首相がミライのプロトタイプに試乗。そこからFCVに対する一般の関心も大いに高まり、年末のトヨタとホンダによるビッグイベントに向かって地ならしが行われてきた。東京都の舛 [全文を読む]

フォーカス