予定 トヨタ自動車に関するニュース

トヨタ:国際宇宙ステーションに滞在する、ロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」完成

JCN Newswire / 2013年06月26日18時04分

そして、同年11~12 月頃からISSに滞在する若田光一JAXA宇宙飛行士の到着を待ち、世界で初めてとなる“宇宙における人とロボットとの会話実験”を、きぼう日本実験棟内で実施する予定です。<今後の予定(打上げ日程と場所)> ※作業状況により変更する可能性があります2013 年8 月4 日: 種子島宇宙センターからISSに向けて打上げ予定2013 年8~9 [全文を読む]

ニュアンスのDragon Drive、トヨタ自動車の新smart G-BOOKアプリケーションに採用

@Press / 2013年05月31日16時30分

」<サービス提供予定>トヨタ自動車の新smart G-BOOKは、Android搭載スマートフォン向けは6月3日より、iOS搭載スマートフォン(iPhone)向けは6月中旬より、それぞれ提供が開始されます。アプリケーションの利用料金や対応機種などの詳細については、 http://g-book.com/pc/smart_G-BOOK/ をご覧ください。 [全文を読む]

世界の自動車各社が中国への電動車投入を優先するワケは?【上海モーターショー2017】

clicccar / 2017年04月22日09時03分

中国では大気汚染が深刻なだけに、EVなど新エネルギー車159台が展示されるなど、ショーの目玉となっており、トヨタ自動車(以下トヨタ)も今年10月から3年間に渡って中国各地で実証実検を行う予定の燃料電池車「MIRAI」を出展。 中国には北京、上海、広州等の都市圏を中心に5ヶ所の水素ステーションが存在しており、同社でも中国における研究開発拠点「TMEC」内に [全文を読む]

トヨタ自動車、太陽光で製造する「CO2フリー」水素の実証試験へ!

clicccar / 2016年07月04日08時03分

トヨタ自動車では、来年3月までに太陽光発電システムや水素製造・供給システム、FCフォークリフト、定置用の燃料電池などを宮田工場に導入予定。 同社によれば、CO2フリー水素を利用するFCフォークリフトの導入により、火力発電由来の電力を使う電動フォークリフトに対して一台あたりのCO2排出量を半減できる見込みといいます。 今後トヨタ自動車では、工場内のCO2排 [全文を読む]

加賀電子(株) 代表取締役および役員の異動に関するご案内

DreamNews / 2015年04月23日16時30分

尚、本件につきましては、平成27年6月26日開催予定の第47回定時株主総会および取締役会において正式に決定する予定であります。何卒ご高承の上、今後ともよろしくご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。平成27年4月23日各 位上場会社名 加賀電子株式会社コード番号 8154 東証第一部本社所在地 東京都千代田区神田松永町20番地代表者の役職氏名代表取締 [全文を読む]

顧客とブランドをつなぐ新たな広告コミュニケーションツールとして、トヨタ自動車が、スパイスボックスのダンボール製VRゴーグルMilboxを採用。

PR TIMES / 2015年04月07日12時02分

このたびのトヨタ自動車をはじめ、現在さまざまな事業会社から新しい広告コミュニケーションを実現するためのツールとして引き合いをいただいており、今後も広く販売を行っていく予定です。■トヨタ自動車による採用についてトヨタ自動車では、お客様と直に接することができる全国の販売店で、お客様にブランドや製品価値をよりわかりやすく的確に理解していただくための新しいコミュニ [全文を読む]

2015年は水素の年に!? トヨタMIRAIが増産体制! 日野、ダイムラーは燃料電池バス発売へ

clicccar / 2014年12月11日06時03分

トヨタ自動車が12月15日に発売を予定している世界初の量産FCV「MIRAI」。 同車の発表後、企業や官公庁などから注文が相次いでいるようで、国内2工場に200億円を投資して現在の生産能力(700台/年)を3倍に引き上げるそうです。 国内需要に加えて、来年の夏以降にスタートする欧米への輸出にも対応する必要があるため、増産体制を早期に整えることにした模様。 [全文を読む]

日英バイリンガル対象「東京ウインターキャリアフォーラム 2014」開催

PR TIMES / 2014年12月09日16時29分

~12月20日(土)・21日(日)に東京ビッグサイトにて~ 株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:夏井丈俊)は、2014年12月20日(土)と21日(日)の2日間、日英バイリンガルの海外大生・交換留学生・外国人留学生のほか、職務経験者、MBA取得者及び取得予定者を対象としたジョブフェア「東京ウインターキャリアフォーラム 2014」を東京ビッ [全文を読む]

トヨタ、中国にハイブリッド用電池製造合弁会社を設立

JCN Newswire / 2013年11月14日16時08分

トヨタは現在、トヨタ自動車研究開発センター(中国)有限会社(以下、TMEC)を中心に、2015 年頃に発売する車両への搭載を予定し、中国産ハイブリッドユニットの開発に取り組んでいる。今回設立した新会社では、TMEC で開発をしているハイブリッドユニットの主要コンポーネントの一つである、電池の組み立てを行う。新会社は今後、電池の組み立てに関する施設の建設、設 [全文を読む]

「トヨタ車の味作り」にラリーは欠かせない!? モリゾウ選手のラリー遍歴【今さら聞けない!ラリーのイロハ・その5】

clicccar / 2017年03月11日11時33分

イベントをサプライズ訪問をした際、予定になかった新型ラリーカーのデモランに同乗をします。それは、自身が前年の富士スピードウェイでお披露目をし、ラリーにデビューして間もない86。 その際「テストドライバー魂に火が付いた」のか、これまた予定になかった自ら運転しての試乗。ドーナッツターンに果敢に挑戦しますが、これがギリギリ決まらない。 残念な結果だったイベント [全文を読む]

~カローラ生誕50年~カローラがお客様へ感謝を届けるため、日本全国を巡る参加型イベント「笑顔の花冠プロジェクト」スタート

PR TIMES / 2017年03月06日16時00分

3月6日 トヨタ自動車(株)高岡工場を出発し、全国のトヨタカローラ店を花冠(カローラ)をバトンに、全国を巡回しながらゴールを目指すトヨタ自動車株式会社ならびに全国のトヨタカローラ店は、カローラ生誕50年を記念して、2017年3月6日(月)~8月下旬(予定) の約5カ月に渡り「笑顔の花冠プロジェクト」を開催します。「笑顔の花冠プロジェクト」では全国のカローラ [全文を読む]

「トランプ旋風」でトヨタに続きGMも米国内投資を表明!

clicccar / 2017年01月19日07時03分

トヨタ自動車(以下トヨタ)は1月10日、米デトロイトモーターショー17で8代目となる新型カムリを発表した際、トランプ次期大統領が要求している米国内への投資や雇用拡大に応える形で、今後予定している米国工場への投資計画を発表しました。 また、これまで60年間に渡って米国に220億ドルの投資を重ねてきており、13.6万人の雇用実績があることを強調、米国における自 [全文を読む]

トヨタが新型カムリとレクサスLSを発表、米国に1.1兆円の巨大投資!【デトロイトショー2017】

clicccar / 2017年01月10日17時42分

これまでの累計販売台数は1,800万台を超えており、8代目となる今回のモデルは、米国で年内に、日本では今夏の発売を予定しているそうです。 また「LS」は1989年に発売した初代モデル以来、これまでに80万台以上を販売。今回のフルモデルチェンジで5代目となり、米国では年末に発売を予定している模様。 新聞報道などによると、豊田章男社長はニューモデル発表時の記者 [全文を読む]

吹き荒れる「トランプ旋風」。トヨタはかわせるか?

clicccar / 2017年01月09日08時03分

次期米国大統領に1月20日就任予定のトランプ氏が、米国内の雇用機会拡大を目的に、選挙の際に公約として掲げていた方針を早くも発動させる動きを見せており、これを受けて日米の自動車業界が騒然となっています。 トランプ氏は「強いアメリカの復活」、「アメリカ・ファースト」の考えのもと、自国内の企業が人件費が安いメキシコに生産拠点を移すことで雇用が奪われているとして [全文を読む]

トヨタが次期カローラにTNGA第2弾の2.0Lエンジン搭載!

clicccar / 2016年11月26日19時03分

トヨタ自動車が2019年に発売予定の次期カローラに、新開発の2.0Lエンジンを搭載するそうです。 同エンジンは、プリウスで初採用した新設計思想「TNGA」に沿って開発、日米欧など世界で年間100万基規模の生産体制を整える模様。 新聞報道によると、直4「AR」型エンジンの後継基となるようで、性能的には2.0Lながらも2.5L相当のパワーを発生するとか。 生産 [全文を読む]

トヨタがFCV「ミライ」の技術を大型トラックに応用へ

clicccar / 2016年11月24日08時03分

2020年の東京五輪に向けては、観客や出場選手の送迎用等に100台を超えるFCバスの投入を予定しています。 また2017年3月にトヨタブランドからFCバスの販売を予定しており、東京都交通局が運行する路線バスとして2台が採用される見込み。 同社は今後、大型FCトラックの実現により、「貨物輸送におけるゼロ・エミッション」に貢献することを視野に入れて調査を行な [全文を読む]

トヨタ、中国の研究開発センターを拡張

JCN Newswire / 2016年11月18日16時21分

2018年末以降の完成を予定している。TMECは、2010年に「中国のためのクルマづくり」に向け、開発体制の現地化と強化を目的に設立された。以来、中国産ハイブリッドユニット搭載車の中国市場への普及を目指し、取り組みを推進。2012年には主要ハイブリッドユニットの現地生産会社として「トヨタ自動車(常熟)部品有限会社*2」(ハイブリッド用トランスアクスルの製造 [全文を読む]

受賞なるか?トヨタ「C-HR」が欧州COTYにエントリー!

clicccar / 2016年11月14日20時33分

国内向け「C-HR」についてはトヨタ自動車東日本の岩手工場で生産される予定。既に受注台数が9,000台を超えるなど、生産計画台数を大きく上回っているようで。来年には2倍以上の生産ペースに引き上げられる模様。 車体のスリーサイズは全長4,360mm、全幅1,795mm、全高1,550mmと堂々としており、ホイールベースは2,640mmとなっています。 グレ [全文を読む]

「おかえり」って言われたい!トヨタが作るロボット「KIROBO mini」

&GP / 2016年10月05日20時30分

発売は、全国のトヨタ車両販売店を通じ、2017年から始まる予定。全国販売に先立ち、今冬には東京都・愛知県の一部販売店で「KIROBO mini」の先行販売を計画しており、Webによる事前予約の受付を予定しています。本体価格は、4万2984円となる見込みです。 トヨタ自動車「KIROBO mini」 >> http://toyota.jp/kirobo_m [全文を読む]

【CEATEC2016】トヨタの手のひらサイズのコミュニケーションロボット『KIROBO mini』が3万9800円で発売決定

ガジェット通信 / 2016年10月03日17時40分

東京都と愛知県の一部トヨタ車両販売店で今冬に先行販売を開始、2017年には全国で発売を予定しています。本体価格は3万9800円(税別)を予定。このほかスマートフォンアプリの使用料として、月額300円程度を予定しています。 発売が決まったことで会場人気の高まりが予想される『KIROBO mini』。会場へ行ったらまずトヨタブースをチェックしてみることをオスス [全文を読む]

フォーカス