技術 トヨタ自動車に関するニュース

日本に潜む「第2のグーグル」

プレジデントオンライン / 2017年05月22日09時15分

■世界に通用する日本の3分野 AI(人工知能)やロボットなど、いま世界が注目する最新技術の多くはアメリカ発が多い。それに対して、かつて技術大国と呼ばれた日本はなぜ最先端の技術が少ないのか、と問われることがあります。 私から見ると、この問いは少しズレています。なぜなら、日本にはイノベーションにつながる技術が数多く眠っているから。いまはまだビジネスに結びつい [全文を読む]

世界が注目! 期待のスタートアップ日本の50社

Forbes JAPAN / 2017年01月16日08時00分

空気圧の精密制御技術を用いた内視鏡操作システムや、次世代手術支援ロボットシステムを開発。創業者:原口大輔創業年:2014.5資金調達:東レエンジニアリング、beyond next ventures、ジャフコから約8億円■カブク目指すは「モノづくりの民主化」。個人、法人向けの3Dプリンターを用いたワンストップ製造プラットフォーム「rinkak」を提供。創業者 [全文を読む]

カチオン電着塗装関連技術 特許総合力ランキングトップ3は関西ペイント、日本ペイント、BASF

DreamNews / 2016年03月10日10時00分

株式会社パテント・リザルトは2016年3月10日、日本に出願されたカチオン電着塗装関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめました。株式会社パテント・リザルトは2016年3月10日、日本に出願されたカチオン電着塗装関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調 [全文を読む]

業界&企業研究・トヨタ自動車:燃料電池車などエコカーが拓く、新しい社会の実現

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年12月17日12時00分

しかし、ハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)、燃料電池車などの新しい技術による業況は好調で、明るい展望もあります。トヨタグループの傘下には、ダイハツ工業、日野自動車などの完成車のメーカーの他に、デンソー、アイシン精機などの部品メーカー、そしてトヨタファイナンシャルサービスなどの金融、トヨタホームとミサワホームといった住宅の事業も展開しています。トヨタ [全文を読む]

【未来予想図2050】トヨタの「2050年の未来」に向けた6つのチャレンジ、PHV・FCV・EVの時代に

FUTURUS / 2015年10月24日21時00分

■ ■1:新車CO2ゼロチャレンジ ハイブリッド技術を核に FCVなどの次世代車の技術開発を推進、普及を加速。 CO2排出量を2020年に22%以上削減、2050年に90%削減(2010年比)する。 source:http://newsroom.toyota.co.jp/ 具体的には2020年頃以降、FCVの世界販売を3万台/年以上、国内販売を1万数千台 [全文を読む]

過熱する自動運転技術開発競争まとめ。自動車は人工知能(AI)の夢をみるか?

FUTURUS / 2015年10月20日21時00分

source:http://www.shutterstock.com/ 東京モーターショー2015の開幕を控え、各メーカーから自動運転技術に関する発表が相次いでいる。 いうまでもなくここ最近、予防安全技術となる自動ブレーキ搭載車が増えているが、その先の自動運転を見据えているのは自明だ。そこで今回各メーカーの自動運転技術について、まとめてみたい。 ■ 首都高 [全文を読む]

日系自動車メーカー、新たな技術協力の戦い―中国紙

Record China / 2016年11月17日08時50分

日本のトヨタ自動車の豊田章男社長とスズキの鈴木修会長はこのほど、両社が自動車の汚染物質排出削減や燃費低下など環境と安全をめぐる技術で業務協力を展開し、今後の資本提携についても可能性を残すことを明らかにした。これにより日本の自動車業界はトヨタ、日産、ホンダが鼎立する状態が形成され、自動車技術の新たな協力に向けた戦いが始まった。経済日報が伝えた。 トヨタは日本 [全文を読む]

トヨタ:「わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!」を開催

JCN Newswire / 2012年08月23日16時36分

トヨタ技術会による「TESフェスティバル2012」と豊田市による「とよたものづくりフェスタ2012」で構成Aichi, Aug 23, 2012 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)の社内有志の団体であるトヨタ技術会*1(会長: トヨタ自動車(株) 副社長 加藤光久)、豊田市ならびにとよたものづくりフェスタ実行委員会*2(委員長: 保田 [全文を読む]

トヨタが2019年度に家庭用ロボットの量産を開始する?

clicccar / 2016年07月12日07時03分

伊勢志摩サミットで、日本のものづくり技術を世界にPRすべく、開発中の家庭用ロボット「HSR」(Human Support Robot)を展示したトヨタ自動車。 同社は高齢者や手足が不自由な方の支援に向け、実際に介護の現場で利用者の視点をフィードバックしながらロボット開発を行っています。 そうしたなか、日経新聞によると先頃ドイツのライプチヒで開催されたロボッ [全文を読む]

トヨタ、「わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!」を開催

JCN Newswire / 2015年09月25日15時39分

トヨタ技術会による「TESフェスティバル2015」と豊田市による「とよたものづくりフェスタ2015」で構成Toyota City, Japan, Sept 25, 2015 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)の社内有志の団体であるトヨタ技術会*1(会長 : トヨタ自動車(株) 副社長 加藤光久)、豊田市ならびにとよたものづくりフェスタ [全文を読む]

トヨタ、「わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!」を開催

JCN Newswire / 2014年08月27日15時57分

トヨタ技術会による「TESフェスティバル2014」と豊田市による「とよたものづくりフェスタ2014」で構成Toyota City, Aug 27, 2014 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)の社内有志の団体であるトヨタ技術会*1(会長: トヨタ自動車(株) 副社長 加藤光久)、豊田市ならびにとよたものづくりフェスタ実行委員会*2(委 [全文を読む]

トヨタ、人事異動について

JCN Newswire / 2013年06月28日18時29分

(1)常務理事氏名: 魚住 吉博新: 元町工場(工場長)物流領域(領域長)旧: 元町工場(工場長)物流領域(領域長)兼同領域 車両物流部(部長)(2)基幹職1級氏名: マシュー キャラホー新: レクサス企画部(部長)旧: レクサス企画部(主査)氏名: 矢頭 裕貴新: 販売店業務部(主査)旧: <出向>広汽トヨタ自動車(有)氏名: 西村 昭夫新: [製品企画 [全文を読む]

ニュアンスのDragon Drive、トヨタ自動車の新smart G-BOOKアプリケーションに採用

@Press / 2013年05月31日16時30分

トヨタ自動車は、Dragon Driveの音声認識技術を新smart G-BOOKのセンター型音声認識「エージェント」に採用することで、自然な話し言葉による施設やニュースの検索を実現しました。例えば、「近くのガソリンスタンドを検索」「今営業中のイタリアンレストランを探して」「プロ野球の結果」などのように、ユーザーは自然な話し言葉による指示で情報の検索を行う [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2016トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2017年06月16日11時00分

この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2016年に最も引用された企業は、トヨタ自動車、次いで日産自動車、本田技研工業となりました。 1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、「ワイヤレス給電のコイル」に関する特許(特許第4453741号)で、後発 [全文を読む]

トヨタ自動車・マツダが環境技術などで協業を発表

FUTURUS / 2015年05月25日20時16分

おもな内容は、“クルマが持つ魅力をさらに高めていく”ことを念頭に、両社の経営資源の活用や、商品・技術の補完など、相互にシナジー効果を発揮しうる、継続性のある協力関係の構築に向けた覚書に調印したというものだ。 実際の提携内容に関しては、たとえばクリーンディーゼルとか燃料電池といったジャンルに関する具体的な言及はなく、かなり抽象的な内容になっていた。そのため [全文を読む]

金属空気電池関連特許 特許総合力ランキングトップ3は本田技研工業、EVEREADY BATTERY、トヨタ自動車

DreamNews / 2014年07月17日12時00分

一方で、環境問題への関心が高まりや、技術革新の中核を担う電気自動車や燃料電池自動車の普及に伴い、現時点で最もエネルギー密度が高いと考えられるリチウムイオン二次電池を超える次世代エネルギー源の有力候補として、再度注目を集めています。 そこで本調査では、金属空気電池関連特許の特許を抽出し、各個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースとして、特許の質 [全文を読む]

【自動車メーカーに関するアンケート調査】将来性を感じる自動車メーカー、4位の「スバル」は2011年調査時より増加。トップ3は減少

PR TIMES / 2014年04月16日09時53分

最も乗ってみたいメーカーでは「BMW」が4位■『将来性を感じる』では「スバル」が2011年調査時より増加、上位3位は減少───────────────────────────────────────────◆信頼性・安心感がある、品質・技術が優れている自動車メーカー信頼性・安心感があると思う自動車メーカーは「トヨタ自動車」(71.1%)がトップ、「本田技研 [全文を読む]

トヨタ自動車株式会社より表彰 優れた功績が評価され、「グローバル貢献賞」を獲得

PR TIMES / 2013年03月01日09時43分

・トヨタ自動車がサプライヤーに贈る最高の賞 ・ボッシュは4回目の受賞 ・優れた品質、コミュニケーション、コストの最適化、パートナーシップが高い評価につながる 日本/東京 - グローバルな規模で革新技術とサービスを提供するリーディング・サプライヤーであるボッシュ・グループは、トヨタ自動車株式会社殿より「グローバル貢献賞」を受賞しました。この賞は、トヨタ自動車 [全文を読む]

ホンダが人工知能の開発でボストン大学と共同研究を開始!

clicccar / 2017年05月22日11時33分

5月10日には米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)が、自動運転技術におけるAI活用でトヨタ自動車(以下トヨタ)との提携を発表。 2020年を目処にトヨタが市場導入を見込む、AIテクノロジーを使った自動運転システム用のハードウェアとソフトウェアを提供するそうです。 「DRIVE PXプラットフォーム」を搭載することにより、カメラやLidar、レーダー [全文を読む]

AI分野の研究テーマ日米比較「医療・ヘルスケア」はアメリカがリード、日本は「生産技術」に注力

PR TIMES / 2016年11月18日12時49分

~アスタミューゼが約500万件の研究テーマデータベースを分析~ 自動運転やロボットから医療、金融、サービス業に至るまで幅広い分野での活用が期待され、これからの社会の基幹技術とも目されるAI。2015年のグローバル市場規模は約6200億円、2025年時点では約12.4兆円に上ると見込まれています。また、人工知能の要素技術となる機械学習・深層学習関連の2015 [全文を読む]

フォーカス