車両 トヨタ自動車に関するニュース

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2015年05月25日12時00分

1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、昨年に引き続き「電動車両へのワイヤレス給電」に関する特許(特許第4453741号)で、後発の特許22件の審査過程で拒絶理由として引用されており、昨年の13件から大幅に増加しています。企業別にみると、TDKの6件が最も多く、ソニーの4件、富士通テンの2件のほか、パナソニック、Apple、General Electri [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2015年05月25日12時00分

1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、昨年に引き続き「電動車両へのワイヤレス給電」に関する特許(特許第4453741号)で、後発の特許22件の審査過程で拒絶理由として引用されており、昨年の13件から大幅に増加しています。企業別にみると、TDKの6件が最も多く、ソニーの4件、富士通テンの2件のほか、パナソニック、Apple、General Electri [全文を読む]

トヨタが交差点事故を撲滅する予防安全システムを実用化!

clicccar / 2014年11月08日08時03分

同社の現行の安全運転支援システム「DSSS(ドライビング・セーフティ・サポート・システム)」には交通インフラとの連携により一時停止や赤信号の見落とし防止、車両前方の死角に存在する車両を予めドライバーに知らせる機能などが搭載されています。 (出展 トヨタ自動車) 今回、インフラ協調に加えて「車・車間」や「人・車間」通信による出会い頭衝突や右折時衝突の未然防 [全文を読む]

トヨタ、人事異動について

JCN Newswire / 2013年06月28日18時29分

(1)常務理事氏名: 魚住 吉博新: 元町工場(工場長)物流領域(領域長)旧: 元町工場(工場長)物流領域(領域長)兼同領域 車両物流部(部長)(2)基幹職1級氏名: マシュー キャラホー新: レクサス企画部(部長)旧: レクサス企画部(主査)氏名: 矢頭 裕貴新: 販売店業務部(主査)旧: <出向>広汽トヨタ自動車(有)氏名: 西村 昭夫新: [製品企画 [全文を読む]

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ、ホンダ、日産

DreamNews / 2016年10月27日14時00分

1位のトヨタ自動車の注目度の高い特許には、「車両ネットワークシステムのセキュリティ向上に関する技術」や、「エンジンの正転を許容する一方で逆転を禁止する係止装置を備えた車両用変速機」に関する特許などが挙げられます。 2位の本田技研工業は、「必要なブレーキ負圧を確保することができると共に、内燃機関によって駆動する補機の駆動を適切に制御することができる車両用制 [全文を読む]

レーシングドライバー・モリゾウ選手とトヨタ自動車・豊田章男社長がいる現場

clicccar / 2016年05月31日11時33分

近年は、多くの自動車メーカーがワークスもしくはそれに準ずる体制で参戦し、最先端の市販レース用マシン規格を満たしたGT3車両が多く参戦しています。 車両のバリエーションは、今の日本のスーパー耐久に各種ワンメイクレース車両が混走しているようなイメージです。 さて、今年はTOYOTA GAZOO RACINGがアルテッツァで参戦してから10年目の区切りを迎えま [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2016トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2017年06月16日11時00分

このほかには「船舶用水冷エンジンの発電装置」に関する特許(特願2009-094909)や、「電動車両への電力供給装置」に関する特許(特許第5077701号)などが引用された件数の多い特許として挙げられます。 2016年に、本田技研工業の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業はトヨタ自動(378件)となっており、デンソー(168件)、マツダ(114件)、 [全文を読む]

車両用キーレスエントリ関連技術 特許総合力ランキングトップ3は東海理化電機製作所、デンソー、トヨタ自動車

DreamNews / 2015年11月11日11時00分

株式会社パテント・リザルトは2015年11月11日、日本に出願された車両用キーレスエントリ関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめました。株式会社パテント・リザルトは2015年11月11日、日本に出願された車両用キーレスエントリ関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参 [全文を読む]

【レポート】自動車メーカー4 社が、PHV、PHEV、EV の充電インフラの共同推進する!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年07月30日10時30分

本日(7月29日)、トヨタ自動車株式会 社(本社:愛知県豊田市、 社長:豊田章男)、日産自 動車株式会社(本社:神奈 川 県横浜市、社長:カルロス ゴーン)、 本田技研工業株式会社(本社:東 京都港区、社長:伊東孝紳)、 三菱自動車工業株式会社(本社:東 京都港区、社長:益子修)の 自動車メーカー4 社は、電動車両(PHV、PHEV、EV)の充電器の設置 [全文を読む]

モータースポーツヘリテージ『日産ラリー車 特別展示』

@Press / 2017年03月22日21時00分

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/124966/img_124966_1.jpg ラリーに参戦した車両展示を行っている「モータースポーツヘリテージ」にて、トヨタ自動車だけでなく広く日本の自動車メーカーの車両も展示することにより、その取り組みや歴史を紹介することを目的に企画しました。第一弾として、日産自動車のラ [全文を読む]

【フロスト&サリバン】アフリカ自動車市場:2025年に向けて成長拡大が期待

DreamNews / 2016年09月16日12時30分

」フロスト&サリバンは製造業が将来的にアフリカで主要な産業になると見ており、中でも自動車製造及び車両組立が今後最も有望な産業として見込まれています。アフリカの製造業は資本や労働力、インフラ面での課題が存在しますが、将来的には政策の改善や民間セクターによる投資の拡大、ビジネス環境の改善が見込まれています。また、ナイジェリアやケニアといった国々は「ローカルコン [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2015トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2016年05月30日11時00分

1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、3年連続で「電動車両へのワイヤレス給電」に関する特許(特許第4453741号)で、後発の特許9件の審査過程で拒絶理由として引用されています。企業別にみると、半導体エネルギー研究所の2件をはじめ、パナソニック、Apple、日立マクセル、東芝、ヘッズなどとなっています。このほかには、トヨタホームとの共同保有である「複数 [全文を読む]

もしハイブリッドやEVが水没したら感電しないの?

clicccar / 2015年09月22日08時03分

前回お届けした洪水時の車両水没時の対応に関連して、今回はハイブリッド車やEVユーザーなら気になる車両の「感電」対策について、メーカー対応がどうなっているのかについて調べてみました。 (出展 トヨタ自動車) HVやEVには約200V以上の高電圧システムが搭載されており、事故などで露出した高電圧ケーブルなどに接触すれば、感電による死亡または重傷を負う恐れがあり [全文を読む]

【自動車部品業界】他社牽制力ランキング2014トップ3はデンソー、矢崎総業、住友電装

DreamNews / 2015年05月26日11時00分

1位デンソーの最も引用された特許は、「車両の充電状態などを屋内に情報伝達する車両充電装置」に関する特許(特許第4840337号)で、後発の特許9件の審査過程で拒絶理由として引用されており、企業別にはパナソニックIPマネジメントの6件、アイホン、日本宅配システム、LS産電(韓)の各1件となっています。このほかには、「防犯機能を有する車両充電システム」に関す [全文を読む]

トヨタ自動車が運転席から車外を「透視」する技術を開発!

clicccar / 2015年04月11日11時33分

2010年に実用化済みの「パノラミックビューモニター」は車両前後と左右ドアミラーに仕込んだ4つのカメラで撮影した映像をCG合成することで、車両周囲の風景を含めた360度の3D俯瞰画像を車内モニター画面に表示する機能。 そして今回両社が共同開発した「シースルービュー」は従来技術を一歩進め、クルマのボディやシートなどの車両部品をあたかも透かして見たようにドラ [全文を読む]

トヨタが2022年までにFCVの価格を大幅引き下げか?

clicccar / 2015年03月23日06時03分

車両価格は723.6万円ですが、国からの補助金202万円に加えて、各県がさらに100万円程度の補助金上乗せを発表しつつあり、実質400万円台前半で購入可能、加えて23万円以上の税優遇が受けられることでも注目されています。 (出展 トヨタ自動車) 今秋には欧米にも輸出される予定で、欧州では66,000ユーロ(約860万円)、米国では57,500ドル(約69 [全文を読む]

トヨタ「MIRAI」とホンダFCVとの違いはここ!

clicccar / 2014年11月20日11時33分

全長4,890mm、全幅1,815mmと、同社のクラウン並みのサイズで、全高は1,535mm、ホイールベース2,780mm、車両重量1,850kgとなっています。 また、来夏からの欧米等への輸出を考慮した最高速度175km/hの実力を持つゼロエミッションカーであることが判明しました。 FCVの心臓部となる燃料電池「FCスタック」の体積出力密度は3.1kW [全文を読む]

トヨタがプリウス、アクアの派生SUV投入か?

clicccar / 2014年10月25日06時03分

<参考スペック>ホンダ VEZEL(1.5L) 車両サイズ 全長4295×全幅1770×全高1605mm W/B 2610mmガソリン FF 192.3万円 (20.6km/L) 4WD 213.9万円 (19.0km/L) HV FF 225.3万円 (27.0km/L) 4WD 246.9万円 (23.2km/L) 日産ジューク(1.5L)車両サイズ [全文を読む]

Kit Car「PIUS」トヨタ自動車へ、オリジナル仕様での供給を受託

@Press / 2013年08月28日09時30分

■主要諸元(TOYOTAオリジナル PIUS) 種別 :電動四輪車 駆動方式 :ギア減速式後輪駆動 寸法・重量 全長 :2,500mm 全幅 :1,230mm 全高 :885mm ホイールベース:1,500mm トレッド FR :1,130mm RR :920mm 最低地上高 :120mm 車両重量 :250kg 乗車定員 :1名 性能 最小回転半径 : [全文を読む]

トヨタ自動車北海道がISIDの統合人事パッケージ「POSITIVE」を採用

JCN Newswire / 2013年04月16日14時36分

■背景■トヨタ自動車北海道は、トヨタ自動車の国内および海外の車両組立工場に駆動ユニットを供給する製造拠点です。トヨタグループの成長に伴って事業を拡大し、従業員数は3,000 名超に達しています。同社では、システムの老朽化や業容拡大に伴う人事管理業務の運用負荷増大などを背景に、人事系基幹システムの刷新を決定し、複数のパッケージシステムを比較検討した結果、IS [全文を読む]

フォーカス