広告 トヨタ自動車に関するニュース

広告・コミュニケーション関係者必見の1冊『広告をナメたらアカンよ。』が発売!

PR TIMES / 2016年09月01日14時17分

≪発売前に重版決定!≫ 広告から読むコミュニケーションの本質論 株式会社宣伝会議(東京都港区、代表取締役 東彦弥)は、9月1日より新刊書籍『広告をナメたらアカンよ。』(1700円+税)を全国の書店およびAmazon(https://www.amazon.co.jp/dp/4883353532)にて発売いたします。発売にあたり、書籍の紹介や著者である山本高史 [全文を読む]

プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希(前編)

ガジェット通信 / 2012年09月17日18時00分

■プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希(前編) 広告業界に新しい概念「コミュニケーション・デザイン」を提唱し、業界内外からもその動向が注目され続ける岸さん。いわば革命者であり開拓者でもある彼が手がける仕事は、企業広告はもとより、商品開発や事業デザイン、アーティストのプロデュースなど多岐にわたります。旧来の“広告”に対する考え方に一石を投じた“コミュニ [全文を読む]

広告業界の企業研究、圧倒的な実力の電通が展開する、グローバル化、デジタル領域、東京五輪

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年02月25日12時00分

学生の人気もトップ、広告業界のガリバー電通 「2016年卒 新卒就職人気企業ランキング(http://www.nikki.ne.jp/event/20150601/)」で、総合ランキングの第1位に輝いたのは電通でした。前年度2位からワンランクアップしています。業界別ランキング、文系ランキングでも1位を獲得しています。電通といえば、広告業界のガリバー。国内で [全文を読む]

広告界が選んだ「2014年人気広告ランキング」発表

PR TIMES / 2014年12月01日10時48分

1位はペプシNEX ZERO 桃太郎「Episode.ZERO」篇株式会社宣伝会議(本社:東京都港区 代表取締役:東 彦弥)では、『宣伝会議』1月号(2014年12月1日発売)にて、誌上企画「2014年広告総決算 宣伝会議グランプリ」を実施いたしました。2014年に発表された18の広告賞の主要な受賞作に、企業の宣伝担当者からの投票結果を合わせて集計し、「ベ [全文を読む]

顧客とブランドをつなぐ新たな広告コミュニケーションツールとして、トヨタ自動車が、スパイスボックスのダンボール製VRゴーグルMilboxを採用。

PR TIMES / 2015年04月07日12時02分

株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、当社が3月より販売を開始したダンボール製VR(バーチャルリアリティ)ゴーグルMilbox(みるボックス)が、顧客とブランドをつなぐ新たな広告コミュニケーションツールとしてトヨタ自動車株式会社(本社 愛知県豊田市、代表取締役社長 豊田章男)に採用されましたので、お知らせいたします。Mi [全文を読む]

名古屋メシとスマホは、同じ原理でできている

まぐまぐニュース! / 2016年08月23日04時45分

広告などもほとんど打たれていないとのこと。クチコミで広まって、ここまできている。それもそのはず、「美味しいから」にほかならない。 蓬莱軒はなぜひつまぶしの代名詞なのか? 心に響いた言葉は、「美味しかったら、必ず人から人に伝わります」というひとことだった。飲食店に行くのは、広告がきれいだからとか、値引きをしているからではない。大事な人と、美味しいものを、「楽 [全文を読む]

86“KOUKI”進化の真価 トヨタ自動車 多田哲哉(4)欧州を走り込み確信したクルマ作りの真髄

&GP / 2016年10月15日19時00分

そんなイベントの告知が、全国紙の一面広告に出たんですよ。それを見たクルマ好きの父は、迷わずエントリー。ラリーってなんなのか、よく分からないまま、優勝賞金のすごさに惹かれてね。各地の予選にはプロドライバーがたくさん出ていたのですが、私たちが住んでいた四国には速いドライバーが少なかったこともあり、たまたま父が優勝したんですよ。訳が分からず走っていたら、なぜか [全文を読む]

「今年最高のコピー」決まる !

PR TIMES / 2013年04月30日16時17分

一般部門6134点(グラフィック3910点、テレビCM/WEB映像1701点、ラジオCM401点、WEB広告122点)の中から、TCCグランプリ1点とTCC賞9点が決定。また、TCC非会員が応募する新人部門では、422名の中から、最高新人賞1名と新人賞9名が選ばれた。TCCグランプリに選ばれたコピーは、エイベックス・エンタテインメント「dビデオ」のTVCM [全文を読む]

元SMAP・木村拓哉が“CM契約ゼロ”危機!「トヨタ」に続いて「ダンディハウス」も契約終了

日刊サイゾー / 2017年06月01日20時30分

三浦が同ブランドの広告キャラクターを務めるのは、2002年以来15年ぶり。運営するミス・パリ・グループは、三浦の起用を「今年50歳を迎えられてもなお“磨き続ける”その姿は、メンズエステのリーディングカンパニーとして日本中の男性をカッコよく磨き上げてきた『男のエステ ダンディハウス』をまさに象徴するものです」「自分自身を磨き続けることは決して簡単なことでは [全文を読む]

名古屋流ビジネスが成功する秘訣は「売ろうとしない」こと

まぐまぐニュース! / 2016年12月05日04時30分

広告などもほとんど打たずクチコミで広まって、ここまできているのは「美味しいから」にほかならない。 心に響いた言葉は「美味しかったら、必ず人から人に伝わります」という一言。飲食店に行くのは「大事な人と、美味しいものを、楽しく食べに行くのだ」ということを再度思い起こさせてくれた。ひつまぶしは世の中に多いけれど、やはり蓬莱軒さんを一番に思いおこすのは、「この味」 [全文を読む]

日本に潜む「第2のグーグル」

プレジデントオンライン / 2017年05月22日09時15分

それによってパーソナライズされた広告も、すでに普及しています。しかし、これまでは人の属性がわかっても感情まではわからず、お酒が好きな人だけど2日酔いの状態のときにビールの広告を流すといったミスマッチが起こっていました。 Affectivaは顔の表情を解析して、人のフィーリングを把握する技術を持っています。この技術を活用すると、映画の試写をしたときにどこのシ [全文を読む]

広告を言語分析して生まれた「2016年を象徴するキャッチコピー」が衝撃的

しらべぇ / 2016年11月21日10時00分

(scyther5/iStock/Thinkstock)広告は「時代を映す鏡」ともいわれる。この1年間の広告コピーの特徴から、いまの日本を映し出すとしたら、どんなものになるのだろうか。コピーライターやCMプランナーが所属する日本最大の団体「東京コピーライターズクラブ(TCC)」は、1年間の広告コピーを自然言語処理に掛け、統計的な手法を使うことで今の時代を象 [全文を読む]

地方新聞を一挙にジャック!トヨタ・アクア&ドラクエのコラボレーション広告

clicccar / 2016年07月02日20時33分

TVCMのほか、お気に入りのモンスターとアクアを配合して特別な「アクア」を生み出せる配合シミュレーターなどが行われていますが、先日、47都道府県の地方新聞にコラボ広告が掲載されました。 その広告が 現在、webにて一挙に公開中です。 たとえば、北海道ではいかにも寒そうな氷系モンスターの「ひょうがまじん」とコラボするなど、各地域の特色にちなんだモンスターが [全文を読む]

【元旦広告を総チェック】朝日・読売・毎日を五郎丸がジャック

しらべぇ / 2016年01月01日06時00分

元日の新聞は、各企業が全面広告で新年の訪れに華を添える。今年も、朝日・読売・毎日のおもな3つの全国紙で目立ったいくつかの広告をピックアップしてご紹介しよう。(1)ラグビー日本代表、五郎丸選手が読書書きぞめならぬ「読みぞめ」と題した、講談社の広告だ。(2)ネイマール選手はカラー広告で今年はリオデジャネイロ五輪が開催される。サッカーのブラジル代表、ネイマール選 [全文を読む]

トヨタ自動車がDODAの転職先人気企業調査で1位に!

clicccar / 2015年06月15日06時03分

またIT/通信関連ではYahooやLINEなどのインターネット/広告/メディアを手掛ける企業のランクアップが目立つ状況となっています。 ■DODA(デューダ) Webサイトhttp://doda.jp/guide/popular/?sid=TopGuide01 ■インテリジェンス Webサイトhttp://www.inte.co.jp/library/s [全文を読む]

海外ビジネスのプロ150人が選んだ『グローバル化に成功していると思う日本企業ランキング』~グローバル化が著しい、あの小売製造企業がTOPに~

DreamNews / 2014年10月27日17時00分

■IT、広告、サービス業など、非製造業の海外進出に注目 大手電機メーカーや食品メーカーを抑えて3位に名前があがったのは、EC事業を行う楽天株式会社。2010年の記者会見で「社内の公用語を英語化にする」とした宣言は記憶にあたらしく、その理由を三木谷代表は「日本企業をやめて、世界企業になるための一歩と考えている」としていました。1位にあがったファーストリテイ [全文を読む]

証券会社の広告満載のマネー各誌から、“あえて”NISA活用法を整理~来年荒れ相場か

Business Journal / 2013年12月26日14時00分

年末も近いので、マネー誌を徹底比較したい。今回取り上げるのは「日経マネー」(日経BP社)、「ダイヤモンド・ザイ」(ダイヤモンド社)、「ネットマネー」(産経新聞出版)の3誌だ。 大まかな傾向としては、「日経マネー」は日本経済新聞社の系列が出しているだけにマネー誌の定番だ。今号の大特集は『2014年の稼ぎ方』と題し、堺屋太一(作家・評論家)、舛添要一(政治学者 [全文を読む]

理想の副収入源? ポイントを貯めて換金できる広告アプリ「スマートCM」とは

週プレNEWS / 2012年10月17日19時00分

「スマートCMはリワード(報酬)型広告のアプリで、アンドロイドでもiOSでも、無料でアプリをダウンロードして、選んだCMを見て、『いいね!』『イマイチ』などの簡単な評価をするだけで、換金可能なポイントがもらえる仕組みになっています」 流れるCMは基本的にテレビと同じで、長さは15秒か30秒。そのため、電車待ちの時間やトイレで用を足すときなど、1分もあれば [全文を読む]

iPhoneアプリ開発者は注目 アプリ内広告で自分のアプリをプロモーションできる『iAd for Developers』が日本でも開始

ガジェット通信 / 2012年01月18日17時00分

アップルが提供しているアプリ内広告ネットワークの『iAd』。これまではアプリ内に広告を表示して収益を得る手段として利用されてきましたが、1月18日からアプリ開発者が自分のアプリをプロモーションするために利用できる『iAd for Developers』が日本でも開始しました。国内ではリクルートがiPhoneアプリ『ホットペッパー グルメ』で『iAd for [全文を読む]

全てのマーケティング・コミュニケーションを「仕事」にする人、必見!『手書きの戦略論 「人を動かす」7つのコミュニケーション戦略』発売

PR TIMES / 2016年04月22日12時09分

現役戦略プランナーが、戦略論の歴史的変遷とプランニングの考え方を“手書き図”でわかりやすく解説広告・マーケティングの専門誌を発行している株式会社宣伝会議(本社:東京都港区)は 4 月 22 日(金)、現役戦略プランナーがコミュニケーション戦略を解説する新刊『手書きの戦略論 「人を動かす」7つのコミュニケーション戦略』を発売します。様々な最新理論やバズワード [全文を読む]

フォーカス