腰元 志村けんに関するニュース

【エンタがビタミン♪】ユーミンと志村けんが「アイーン」 『バカ殿』共演に現実味も

TechinsightJapan / 2017年06月24日17時01分

しかも腰元がバカ殿に帯をほどかれて「あーれー」というのは皆がやっているので、シンガーソングライターとしては「歌舞音曲ができる花魁、しかも最高位の太夫がバカ殿のようなメイクをする感じで」とイメージもできている。 「インパクトあり過ぎることをしないとダメ」という彼女の熱意に押されて、志村も「じゃあ来年の正月ですね、だから年末に撮りますね」と返した。すると彼女が [全文を読む]

『バカ殿』で女湯コント4連発! 人気グラドルの“バスタオル谷間“に視聴者大喜び

メンズサイゾー / 2017年01月12日21時30分

志村けん(66)扮するバカ殿と、常連組で腰元役の華子(旧・多岐川華子/28)や野呂佳代(33)らとともにお茶の間に笑いを届けた。そのコントの中に、バカ殿が女湯で大暴れする作品があった。 『バカ殿』の女湯コントといえば定番だが、今回は4連発で、このボリュームにネット上の男性視聴者も大喜び。しかも、これまではほぼ無名の若手女性タレントが入浴しているケースも多か [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ピコ太郎、志村けんと共演ツーショットに子供たちが大喜び 「バカ殿とピコ太郎!なんで今日やらないの!?」

TechinsightJapan / 2016年12月26日15時23分

1月11日放送です」とアップしたのは、バカ殿と並ぶ腰元風な足立梨花、家老風な出川哲朗そしてピコ太郎の姿だ。ピコ太郎だけは時代劇風ではなくいつものヒョウ柄衣装である。 「楽しいクリスマスをお過ごし下さい!」と志村が投稿した同日、生放送された『行列のできる法律相談所 2時間SP』(日本テレビ系)ではピコ太郎が到着するまでプロデューサーの古坂大魔王が代わりに出演 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】野呂佳代、『バカ殿様』で腰元チームのセンターに!?

TechinsightJapan / 2015年10月04日12時55分

そんななか、野呂佳代が10月3日に『kayo Noro 野呂佳代(kayopone)ツイッター』で「昨日からバカ殿様収録始まりました」とつぶやき、腰元姿となった5人の集合写真を投稿している。 人気番組への出演を知ったフォロワーから、「バカ殿呼ばれるって凄いね」「可愛らしい佳代さんの姿、楽しみにしてます」といったコメントが寄せられており、「腰元のセンターだ [全文を読む]

『バカ殿様』志村けんが“セクシー開眼”の長澤まさみに熱烈オファー!「ポスト優香」になる!?

日刊サイゾー / 2017年02月14日09時00分

優香が抜けた後の『バカ殿様』の腰元役で、知名度があるのは磯山さやかくらい。ただ、磯山も優香に比べると、かなりランクが落ちる。その点、長澤は申し分ない。 昨年の「東京スポーツ映画大賞」の授賞式で、綾瀬はるか、広瀬すずとの3人で、同賞の審査委員長であるビートたけしと一緒に「コマネチ」を披露した長澤の茶目っ気は、コント向きのような気がする。志村にもまれてコントに [全文を読む]

<お色気と破壊のない「バカ殿」>志村けんのコントを見て誰が笑うのか?

メディアゴン / 2015年01月20日00時28分

最近は流石にそこまではやらなくなったが、「変なおじさん」というコントキャラクターや、バカ殿を囲む腰元の存在などに、今でも名残りを見ることができる。つまり、若くて着飾った女に囲まれた中でバカをやるというキャバクラのような「低俗」な娯楽性が志村のコントの特徴なのである。キャバクラで分かりにくければ、それこそ大奥や後宮で女官女御を追いかけ回す殿さまを想像してもら [全文を読む]

志村けんにとっての“ポスト優香”にAKB48・板野友美が急浮上!?「ただひとり、特別待遇で……」

日刊サイゾー / 2013年03月15日11時00分

最近では、『バカ殿』で腰元役に抜擢されたグラビアアイドルの森下悠里が、数年前に番組の忘年会で志村にお色気ムンムンで接近して以降、志村との共演が増えたという実績もある。それゆえ、今年の誕生日パーティーは、誰が志村のお眼鏡にかなうのかが注目されたのだ。そんな中、志村は板野にだけ、帰る時に店の出入り口付近まで見送るという“特別待遇”をした。板野は、志村のお気に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】貫地谷しほりの“カツラ”姿 ウケるどころか見惚れる人が続出

TechinsightJapan / 2016年10月24日19時45分

このカツラ姿、昨年の8月から9月まで公演があった舞台『もとの黙阿弥』で長崎屋お琴を演じた際のもので、「志村けんみたいですね」という声もあるが決して『バカ殿様』の腰元ではないので勘違いのないように。ただ、もしそうだったらもっとウケていただろう。 出典:https://www.instagram.com/shihori_kanjiya (Techinsigh [全文を読む]

高良健吾らちょんまげCM増加 狙いはキャラ作りとギャップ

NEWSポストセブン / 2016年09月07日16時00分

例によって「よいではないか」と腰元を追いかけまわしたり、変顔を見せたりしたかと思えば、突如、シリアスな素顔に戻って「はっ!」と掛け声一発。津軽三味線をつま弾き、スカパラとセッションを始める。 この他、「嘘だと思ったら、食べるでござる」の『まるちゃん正麺』の役所広司、『風立ちぬ』を仲良く歌う『伊右衛門』の本木雅弘と宮沢りえ、「この夏、味な出会いがありました」 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】メイプル超合金・安藤なつが「小さく見える」 ど迫力のスリーショット

TechinsightJapan / 2016年03月16日15時32分

以前は女性お笑いコンビのぷち観音として活動、また『志村けんのバカ殿様』ではオチ要員の太った腰元としてよく出演していたため、そちらの方で安藤を知ったという方も多いだろう。 2015年『M-1グランプリ』のファイナリストになってからは、メイプル超合金の人気はうなぎのぼり。コンビでの活動ばかりでなく、バラエティ番組でピンでの出演も目立ってきている。3月18日に放 [全文を読む]

『志村けんのバカ殿様』、1ケタ視聴率続きも“打ち切れない”! フジと志村の同盟関係

サイゾーウーマン / 2016年02月14日16時00分

かつての『バカ殿』では、上半身裸の女性たちを何人も床にはべらせ、その上に志村が寝たり、そんな腰元たちに『そなた初めてか?』と、セクハラともとられかねない発言で城内を追いかけ回していました。こうした、当初の持ち味であったエロさを感じさせるシーンは徐々になくなりつつあります」(テレビ誌ライター) かといって、現在の『バカ殿』にはそれに代わる武器もなく、「旬のタ [全文を読む]

フォーカス