ビートたけし 志村けんに関するニュース

東大タレントが語る、ビートたけしと志村けんから学ぶ「家庭教育」とは

まぐまぐニュース! / 2016年03月11日10時00分

お笑いのみならず、映画監督としての才能も世界的に評価されているビートたけしさん。そして、子どもからお年寄りまでを笑いに引き込む日本一のコメディアン・志村けんさん。そんなお二人を知る東京大学大学院修了のタレント・木村美紀さんが自身のメルマガ『木村美紀が明かす家庭教育の秘策』でお二人から学んだ「教訓」について語ってくださいました。 ビートたけしさん、志村けんさ [全文を読む]

【衝撃の結果】復活してほしいTV番組ベスト15を発表! 意外な番組がランクイン

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年09月03日06時00分

ビートたけしが城主を務める『たけし城』に数々のゲームを攻略しながら攻め込み、見事クリアすると賞金100万円がもらえる内容でした。 「大人になったら出演してみたかった」 「クリアさせる気がまったくないのが清々しくて良い」 7位 ダウンタウンのごっつええ感じ ダウンタウンの人気を不動のものとした伝説のバラエティ番組。人気絶頂の中、スペシャル番組が急きょプロ野球 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ビートたけし、NHK紅白歌合戦のADから受けた無礼。思わず「お前、何言ってんだ?」

TechinsightJapan / 2014年10月07日19時15分

NHK紅白歌合戦に出場した氷川きよしの応援でビートたけしが志村けんと一緒に出演し、歌の前にコントのような掛け合いを演じたことがある。当日2人が待機している楽屋に現れたADの言動が、驚くべきものだったという。 まだ10月に入ったばかりだというのに2014年の重大ニュースを振り返ったのが、10月6日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)。ゲストの [全文を読む]

志村けんがたけし特番でドリフ秘話&ギャラ明かす!

Smartザテレビジョン / 2015年12月13日08時00分

本番組は戦後70年となったことしの締めくくりとして、戦後の激動の時代に大きな影響を与えた“戦後、日本人が知っておくべき51人”を独自アンケートで選出し、MCのビートたけしと林修が総ざらい。 「日本を世界に認めさせた10人」「子ども達に夢を与えた6人」「記録よりも記憶に残った6人」などのテーマに分け、美空ひばり、黒澤明、山口百恵、田中角栄、手塚治虫から浅田 [全文を読む]

お笑い3大大会審査員回数最多! ラサール石井の真髄は「笑いの分析能力」にあり!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月15日11時30分

本書は大きく著者がデビューしてから2008年頃に至るまでの経緯を当時のお笑い界の動きと共に紹介した「ノンフィクション編」と、ビートたけしを始めとした5組のトップ芸人についてを分析した「評論編」の2つに分けられています。特に「評論編」は彼にしか書けない、対象となった人物と実際に親交があるからこそ書ける深い内容となっていて必読です。 ・ビートたけしにとって「 [全文を読む]

ドリフを撃破したひょうきん族がカトケンに屈した…盛者必衰の80年代バラエティ番組戦国史

日刊SPA! / 2017年07月06日15時32分

ツービートのビートたけしである。 1981年、彼を中心にマンザイブームで人気を博した若手芸人を集めて作られた番組『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)は、ザ・ドリフターズのお化け番組『8時だョ!全員集合』(TBS系)の真裏の時間帯でレギュラー放送を開始。「土曜8時戦争」と銘打たれたその戦いは、約4年間にも渡り繰り広げられたが、ついに『オレたちひょうきん族 [全文を読む]

志村けんの特番で12年ぶりコント披露の「ドリフターズ」にニセモノがいた!

アサ芸プラス / 2017年03月13日09時58分

ネット・マガジン「ビートたけしのお笑いKGB」の3月号で、その全貌と顛末を吐露している。https://payment.owarai-kgb.jp/ [全文を読む]

『バカ殿様』志村けんが“セクシー開眼”の長澤まさみに熱烈オファー!「ポスト優香」になる!?

日刊サイゾー / 2017年02月14日09時00分

昨年の「東京スポーツ映画大賞」の授賞式で、綾瀬はるか、広瀬すずとの3人で、同賞の審査委員長であるビートたけしと一緒に「コマネチ」を披露した長澤の茶目っ気は、コント向きのような気がする。志村にもまれてコントにもチャレンジすれば、女優としての幅も広がる。それだけに、長澤が『バカ殿様』シリーズにゲスト出演するか注目したい。 (文=本多圭) [全文を読む]

<NHK「これがホントのニッポン芸能史」>「今、落語を勉強している」と語るビートたけしのコント観・芸能観

メディアゴン / 2015年07月15日07時10分

ビートたけしが日本の「コント」の極意を語り尽くす!」と言う触れ込みだ。出演者はビートたけしの他に所ジョージ、志村けん、ももいろクローバーZ・百田夏菜子、浅田彰(批評家・京都造形芸術大学教授)。このキャスティングが出来るのは制作プロダクション「イースト」社ならではである。浅田彰のキャスティングの意味がよく分からないが、浅田が時々、意味のありそうな社会学的な [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】加藤浩次が笑福亭鶴瓶を不思議がる。「テレビで2回も下半身を出して、好感度が高い」

TechinsightJapan / 2015年05月10日21時55分

「みんな通ってきた道だから」と鶴瓶は平然としているが、ビートたけし、明石家さんま、タモリや志村けんにこれをできる若手芸人はどれぐらいいるだろう。かつては“狂犬”と呼ばれた加藤でさえ、鶴瓶にバスケットボールをぶつけても志村にはできなかったそうだ。 志村といえば、自分の頭を叩いて許せる後輩は浜田雅功(ダウンタウン)だけだと認めたことがある。理由は「必ず“ウケる [全文を読む]

テレビから消えた日本エレキテル連合、それでも「朱美ちゃん」を封印する理由

アサ芸プラス / 2015年03月02日17時59分

日本エレキテル連合が22日、「第15回ビートたけしのエンターテインメント賞」の日本芸能賞を受賞。久しぶりに“朱美ちゃんと細貝さん”のいでたちで登壇した二人は、定番ネタ「未亡人朱美ちゃん」を披露した。 しかし、客席の薄い反応に細貝さん役の中野聡子が「もっと笑えよ~」と懇願、本人たちには不本意な反応だったようで、たけしも「出来はいいと思うけどな」とフォローした [全文を読む]

志村けん冠番組、なぜ優香不在?志村真剣告白を優香は母親同席&拒絶で“関係”解消?

Business Journal / 2014年08月08日01時00分

お笑いタレントの熱愛としては、最近ではビートたけしや浜田雅功に不倫騒動が浮上したり、明石家さんまのセクシー女優らとの交際が世間を騒がせた。少し前の話だが2011年にはドリフターズの盟友・加藤茶の45歳差婚が話題となるなど、志村と同世代や同格の芸人たちが女性関係でも“現役”ぶりを見せつけている一方、志村はせいぜい六本木遊びやキャバクラ通いが報じられる程度。 [全文を読む]

クズ発言連発も「梶原嫌い」でウーマン村本の好感度アップ!?

メンズサイゾー / 2014年02月25日14時35分

23日に行われた『第14回ビートたけしのエンターテインメント賞』で審査委員長を務めるビートたけし(67)が、自ら日本芸能大賞に選出したウーマンラッシュアワーに対して「たいして面白くない。私も漫才師だけど漫才師としてはそんなに面白くない」「去年のハマカーン以下だろ」とバッサリ切り捨てた。 さらにたけしは「THE MANZAIは怪しいもんで、ウーマンラッシュア [全文を読む]

佐村河内守と「志村けん・ビートたけしの美談」に類似点...プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.31

東京ブレイキングニュース / 2014年02月18日10時00分

昨年春ごろ「志村けんとビートたけしの美談」がすごい勢いで「いいね」をされていた。 内容は「フライデー事件後、志村けんがたけし軍団の面倒をみていた」という美しいモノだったが、当事者であるグレート義太夫さんが「初耳」だと否定してデマとわかったのだ。「いい話」だと無条件に絶賛してしまう。反対に「いい話」が苦手な人はどこかくすぐったくて見て見ぬふりしてしまう。ウ [全文を読む]

「前任者がサイドビジネスに転身で……」意外にケチだった志村けん“付き人募集”の裏事情

日刊サイゾー / 2013年10月25日09時00分

ビートたけしは常々「お笑い芸人は、金を払ってなるもんじゃない」と、多くの弟子を抱え、多少なりとも給料を払っている。志村もたけしと同じスタンスかと思っていたが、志村と親しいテレビ関係者を取材すると、少し事情が違うようだ。 長年にわたり、これまで志村を担当してきた付き人も、当初はタレント志望だったが、副業として始めた石鹸ビジネスが軌道に乗り、収入が増えた一方 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】出川哲朗、ヒロミがランクイン “おじいちゃん・おばあちゃんになってほしい有名人TOP10”が意外な結果に

TechinsightJapan / 2017年09月19日11時57分

■小学生・中学生男女に聞いた おじいちゃん・おばあちゃんになってほしい有名人TOP10 1位 明石家さんま 2位 志村けん 3位 所ジョージ 4位 タモリ 5位 ビートたけし 6位 梅沢富美男 7位 出川哲朗 8位 ヒロミ 9位 三田佳子 10位 加藤一二三 出川哲朗は53歳、ヒロミは52歳だが、小中学生から見ると“おじいちゃん”としてイメージできるよう [全文を読む]

「後輩芸人に暴力!?」絶縁中の松本人志も知らない“クズ芸人”三又又三の素顔とは

日刊サイゾー / 2017年02月08日17時00分

三又といえば、松本や同じ事務所の先輩のビートたけしをはじめ、芸人仲間が明かす“笑えるクズエピソード”で有名。本人のメディア露出は少ないものの、高い知名度を誇り、2014年にカルビー「ポテトチップス」のCMに起用されたのも、そんな恩恵の一つと言えるだろう。 「これまで、たけしや松本、志村けんの番組に出ることが多かった三又ですが、松本だけでなく、志村からもす [全文を読む]

たけしの「死んでた方がよかった」発言にさんまも驚き

Smartザテレビジョン / 2015年12月12日06時00分

1月2日(土)にフジテレビ系で放送される「新春大売出し!さんまのまんま30周年スペシャル」(昼3:45-夜6:30)に、ビートたけしが9年ぶりに出演。さらに同番組初登場の宮沢りえは明石家さんまと十数年ぶりの共演を果たす。 「こんなジジイ2人で何話すんだよ?」というたけしに、さんまは「そろそろわれわれが芸能界を辞めた方が後輩が伸びるんじゃないか」と、たけしに [全文を読む]

TBS60周年特別企画「TBSもさんまも60歳」は近年稀にみる素晴らしいバラエティ

メディアゴン / 2015年10月16日14時30分

・「風雲たけし城」のビートたけし。・「朝ズバッ!」のみのもんた・「はなまるマーケット」の岡江久美子、薬丸裕英。なぜ、これらの人々はキャスティングされていないのか。ひな壇に集める人をすべて「ドラマ出演者にする」という英断を制作側が行ったからである。「金八先生の」武田鉄矢、「スクール☆ウォーズ」の山下真司、「時間ですよ」の堺正章、「渡る世間は鬼ばかり」の泉ピン [全文を読む]

志村けん コンビ復活した加藤茶を見て結婚はあきらめた?

アサ芸プラス / 2015年08月15日09時57分

7月11日には「これがホントのニッポン芸能史」(NHKBSプレミアム)でビートたけし、所ジョージらとお笑い史にまつわるトークに花を咲かせると、同月21日は、「だいじょぶだぁスペシャル」(フジテレビ系)で、久しぶりに加トちゃんとのコンビを復活させた。8月17日にはコント番組「となりのシムラ」(NHK)で伊藤蘭と37年ぶりの共演と、まさに「志村ブーム」が再燃し [全文を読む]

フォーカス