出演者 志村けんに関するニュース

【衝撃の結果】復活してほしいTV番組ベスト15を発表! 意外な番組がランクイン

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年09月03日06時00分

2005年をもってレギュラー放送は終了したものの人気は今なお根強く、出演者たちの間でも復活を期待する声が高いそうです。 「何故終わったのかいまだに理解できない」 「内P以上のバラエティ番組を知らない」 「出演者が全員おもしろかった」 「出てた人もみんな番組が好きな感じがすごく良かった」 2位 ギルガメッシュないと 1990年代に放送されていた深夜時間帯のバ [全文を読む]

コント番組減少は寂しい?全盛期の番組から衰退理由を考察

しらべぇ / 2016年04月16日21時00分

コント番組は作家や出演者に高い技量が要求される。現在そのような人材が減っていることが番組減少の要因かもしれない。そのような流れの中で奮闘する『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』には頑張って欲しいものだ。(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日対象:全国2 [全文を読む]

安藤なつが、過去の『バカ殿』に出ているとファン驚愕

日刊大衆 / 2017年06月27日09時05分

「番組の公式サイトで、6月20日放送回の“出演者”の欄にしっかり“安藤なつ”とクレジットされてます。放送中は“安藤なつにソックリ”といったコメントが多数上がっていたんですが、間違いなく本人だったようですね。今よりも少し長い髪型で、しかも水着。『M-1グランプリ』以前の、ブレイク前の貴重な映像にファンは驚いたんじゃないでしょうか」(芸能誌ライター) 大ブレ [全文を読む]

肺炎で緊急入院の志村けん 『志村魂』にこだわるワケとは

日刊サイゾー / 2016年08月30日11時00分

「7月下旬の東京公演を皮切りに、出演者は名古屋、大阪と、約1カ月かけて回ります。宿泊ホテルは男女ともに同じで、公演が終わり、寝静まった頃になると、志村から女性の部屋の固定電話に『今から部屋で飲まない?』と“天の声”が届くこともあるそうです。呼ばれた女性が“殿”と2人で、どうなるかはわかりませんがね」(事情通) 志村は、お気に入りの女性を自身の番組や舞台に [全文を読む]

志村けん「『マンネリ』は俺にとっては悪い言葉じゃない」

NEWSポストセブン / 2016年07月26日07時00分

通し稽古では、内容のおかしさにスタッフから笑いがおこるが、出演者からは笑い声も無駄口も一切漏れない。張り詰めた緊張感。少しの妥協もない。バラエティで見せる志村とは、別人かと見紛うような表情だ。 なぜこうまでして、志村は舞台にこだわるのか。「ザ・ドリフターズの『8時だョ!全員集合』という舞台で育ったというのもあるけど、舞台はやっぱり特別だよね。俺のお笑いの基 [全文を読む]

上妻宏光、スカパラ×志村けんのCMに出演

okmusic UP's / 2016年07月13日10時00分

■CMオフィシャルHP http://atarashiku.hyoketsu.com/ ■上妻宏光 オフィシャルHP http://agatsuma.tv/■【イベント紹介文】「上妻宏光“Standard Songs" feat.佐藤竹善-三味線とPIANOで奏でる名曲達-」 7月16日(土) 山口 Jazz Club BILLIE 7月17日(日) 岡 [全文を読む]

『笑っていいとも』を復活させるべき?過去の名場面5選から検証

しらべぇ / 2016年03月11日16時00分

出演者のギャラが高額にもかからず視聴率が低調なことから、「お荷物」などと言われており、継続について驚く声も見られる。めちゃイケは終了すると聞いてたけど、継続するんですね。それのほうが驚いた。— 大庭 (@subetewasugiru) March 10, 2016一部では「2番組を継続するのなら、同じような状況だった『笑っていいとも』を終了させる必要はなか [全文を読む]

TBS60周年特別企画「TBSもさんまも60歳」は近年稀にみる素晴らしいバラエティ

メディアゴン / 2015年10月16日14時30分

出演者の組み合わせで面白くすることである。TBSの大番組には必ず出る進行の安住紳一郎アナと、司会の明石家さんまの元、ひな壇にTBSに貢献の大きい大物芸能人が並ぶ。後列下手(向かって左)から、武田鉄矢、山下真司、草野仁。前列下手から、堺正章、泉ピン子、和田アキ子、郷ひろみ。さんまに、最も近い位置に陣取るのは堺正章である。つまり、ここでのキーマンは堺正章である [全文を読む]

<NHK「これがホントのニッポン芸能史」>「今、落語を勉強している」と語るビートたけしのコント観・芸能観

メディアゴン / 2015年07月15日07時10分

出演者はビートたけしの他に所ジョージ、志村けん、ももいろクローバーZ・百田夏菜子、浅田彰(批評家・京都造形芸術大学教授)。このキャスティングが出来るのは制作プロダクション「イースト」社ならではである。浅田彰のキャスティングの意味がよく分からないが、浅田が時々、意味のありそうな社会学的なまとめをして口を挟む。それに全くリアクションしない「たけし、所、志村」が [全文を読む]

<お色気と破壊のない「バカ殿」>志村けんのコントを見て誰が笑うのか?

メディアゴン / 2015年01月20日00時28分

バカ殿も、現在の「だいじょうぶだぁ」と同じく、不定期で放映される志村が主役のコント番組であり、出演者(クワマンこと桑野信義やダチョウ倶楽部、そしてかつては田代まさし)や登場するコントキャラクターは大体のところで共通している。とはいえ、「バカ殿」に出てくる白塗りの殿さまというキャラクターは、元は「全員集合」にも登場していた。「ドリフ大爆笑」にもこのキャラクタ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ビートたけし、NHK紅白歌合戦のADから受けた無礼。思わず「お前、何言ってんだ?」

TechinsightJapan / 2014年10月07日19時15分

丹念なリハーサルと、出演者の持ち時間を厳しく管理することで知られるNHK紅白歌合戦。自分の仕事として当然のように、大御所2人にも指示したのだろう。だがたけしの「お前、何言ってんだ?」との不機嫌な物言いに、驚いたADは慌ててプロデューサーを呼んできたらしい。 さすがにプロデューサーは丁寧に頭を下げて、2人の持ち時間は1分30秒しかとれない旨の説明があった。続 [全文を読む]

『いいとも!』事件簿 志村けん、松本人志、小田和正など

NEWSポストセブン / 2013年11月05日07時00分

<あそこの客は自分たちが出演者であるかのようにギャーギャーうるさく、ボケをかましているのに変なタイミングで声援しやがる> 【犬猿の仲の大物と一触即発】 <昔は嫌いなやつは嫌いだったんですが、『いいとも!』に出ていると、嫌いよりも興味のほうが先に立つ> あるインタビューで、こう語っていたタモリだが、一触即発の雰囲気になったことがあった。 1984年2月、小 [全文を読む]

「人手不足で......」"偽デザイナー"女を見抜けなかったTBS手抜きチェックの裏事情

日刊サイゾー / 2012年08月01日08時00分

ブログでも肩書きを慶応大学医学部の学生とか、大手芸能プロ所属のモデルだとか次々に変えていましたから、はたから見てもちょっと検索すればおかしいって分かったはず」(Sさん) 女性は6月21日放送、出演者50人が年収を明かす企画で「ルイ・ヴィトンのデザイナー」として登場。フランスの本部にヘッドハンティングされ、15人ほどいるデザイナーのひとりとして年収は1,00 [全文を読む]

【すべらない話】キング・オブすべらない話は「好井まさお」結婚式の話!全体的にハズレ回だったとの声

秒刊SUNDAY / 2017年01月07日23時14分

出演者松本人志・千原ジュニア・宮川大輔・綾小路きみまろ・カンニング竹山・劇団ひとり・渡部建・バカリズム・カズレーザー・好井まさお・亜生人志松本のすべらない話http://www.fujitv.co.jp/suberanai/ーネットの反応・ つまんねー話。そして話長い・ 当たり前の事だけど初めて観た時より面白くなかった。・ やっぱり兵動さんが好き・ 好井 [全文を読む]

鈴木奈々、巨乳姿のおフェロ体操披露で「橋本マナミを超えた!」 『めちゃイケ』の“自主規制”には落胆の声

おたぽる / 2016年10月03日19時00分

しかし、鈴木の胸の部分は、“自主規制”というテロップでモザイク処理され、視聴者には何も見えなかったことから、『見せろや!』『現場スタッフが羨ましい』などと、男性視聴者からは不満の声や、現場にいた男性出演者・スタッフを羨む声が殺到。また、昔は、『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)など、ゴールデンタイムに放送されていた番組でも、女性のバストトップヌードが日常 [全文を読む]

上妻宏光、市川海老蔵主演ドラマ『石川五右衛門』主題歌を担当

okmusic UP's / 2016年09月21日11時00分

■アルバム『粋 -sui-』2016年10月19日発売 COCQ-85304/¥3,000+税 <収録曲> 1. 游 作曲:上妻宏光/編曲:京田誠一 Syn. Prog:京田誠一、尺八:佐藤英二、太鼓:茂戸藤浩司 2. 獅子の風 作曲:上妻宏光/編曲:伊賀拓郎 尺八:藤原道山、Pf・Syn:伊賀拓郎、Bass:渡邉裕美、小鼓(サンプリング音源):田中傳次郎 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】岡村隆史が1位。“幸せになってほしい独身有名人TOP10”芸人が総ナメ。

TechinsightJapan / 2015年11月07日13時32分

出演者からの回答では「坂上忍」の名も挙がったが20位までに入っていない。進行役の有吉弘行は「(坂上忍は)幸せになってほしいとは思われていないんでしょうね」と見解を示したが、佐々木蔵之介の場合とはニュアンスが違うようだ。他に「竹野内豊」、「前園真聖」、「坂田利夫」、「岡本夏生」、「黒柳徹子」の名前も出たが圏外だった。 ちなみに、大久保佳代子は13位でオアシ [全文を読む]

「むしろ砂かけばばあ……?」大島優子のコスプレ再現率が低すぎ!? 劣化の原因は飲酒過多か

日刊サイゾー / 2015年10月15日00時00分

話題性先行のキャスティングなんでしょうが、原作の鬼太郎のように片目も隠れていませんし、他の出演者のメイクより手間がかけられていないように見えます。ネット上でも『こんなロン毛じゃない』『大島だけダサい』という声や『大島は砂かけばばあだろ』『ホームレス?』という辛らつなコメントも目につきます」(芸能記者) 以前、大島が自身のインスタグラムで映画『アベンジャーズ [全文を読む]

NHK「LIFE!」でわかるウッチャンナンチャン内村がテレビでコントをやってはイケない理由

メディアゴン / 2015年09月06日06時50分

出演者がみな演技派なので、生放送の部分も収録済みの部分も芝居のクオリティが全く変わらなかったのは確かだが、元の台本が大して面白くないことに代わりはないので利点としては生かせていなかった。田中扮するプラス車掌というキャラクターが他の演者の変なところを暴露するというコーナーもあったのだが、NHKなので民放の同種の企画と比べれば暴露内容もそれを受けた演者のリアク [全文を読む]

大物女優以上!? 専属スタッフはべらす大御所芸人2人とは?

tocana / 2015年06月22日09時00分

メイクやスタイリストはもちろんのこと、バラエティ番組に欠かせない"カンペ"を出すフロアディレクターまで専属なんです」(テレビ局関係者) カンペとは収録スタジオにおいて出演者に指示を出すカンニングペーパーのことだ。カメラマンの横などに陣取り、大きめの画用紙に書いた文字をタレントに見せて番組進行の補助を行う。 「カンペは通常、番組のADやディレクターによって出 [全文を読む]

フォーカス